農業経営の法人化による地域のメリット

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所



担い手が不足している地域では



耕作放棄地の解消・転作の推進

 農地所有適格法人一般企業が、農作業等の受委託の受け手になることによって、耕作放棄地や転作等の推進が図れます。
 高齢化のため農作業を委託したいという農家が増えています。


 集落営農を行っている場合、作業の受託だけでなく、農地の権利を取得することができる農地所有適格法人とすることにより、経営の継続性が期待できます。


担い手の育成

 農業を職業としたいという者にとっても、農地所有適格法人農業を行う一般企業に就職することで、給与を得ながら農業技術を学ぶことができ、新規就農の受け皿となります。地域の将来の担い手育成に役に立ちます。


 担い手の不足は、農業を守っていく上で重要な問題です。



地域経済の発展のために



経営の多角化

 農地所有適格法人一般企業が、加工・販売・交流等へ事業を多角化することで、地域住民の雇用創出や特産品の開発、他地域との交流が実現でき、地域経済の発展が期待できます。


 やりがいのある農業を目指すことが、農業を守り、食の安全にもつながります。



自然環境保護のために



農業を守る

 農地所有適格法人一般企業が、農地・農業を守ることによって、自然環境を保護し、災害から地域を守ることができます。失われた自然を元に戻すことは不可能です。


 農地は、自然を守るとともに、災害から地域を守ってくれます。





食料自給率と農地の重要性

農村・農地の重要性







農業経営の法人化とは?

農地所有適格法人



既存の会社で農業参入を考えている方

農地所有適格法人以外の法人も農地を借りることができます!

一般企業・NPO等による農業経営




農業経営のスペシャリストを目指して

認定農業者制度
 5年後の自分たちの経営目標を設定し、その実現のための方法を市町村へ提出し、認定されることによって、様々な支援が受けられるという制度です。






農地・農業に関する情報!
農地制度


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続き等を行う司法書士・行政書士をご紹介いたします。

090-1609-1514


カスタム検索