お米を輸入するには・・・

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所







 海外から日本へお米を輸入する場合には、米穀等輸入納付金及び関税を納めることが義務づけられています。
 ただし、個人用として輸入する場合には、過去1年間の輸入数量が100kg以下であることについて、届出をすれば免除されます。



輸入数量の届出

 事前に地方農政局等に届出を行うか、
 到着した海空港の植物検疫カウンターで輸入数量の届出をします。



 輸入するには植物防疫法の規定に基づく検査が必要です。

〜植物防疫所への
検査申請・食品等輸入届出〜

検査申請・届出

検疫証明書の発行・届出済証の発行

輸  入


〜米穀等輸入納付金の納付〜
(通関手続の前に納付)

納付金納付申出書の提出
(数量確認のできるインボイス、B/L、パッキングリスト、契約書等を添付)

納入告知書の交付

納付金の納付

通    関
(納入告知書の領収証書と申出書の写しを税関に提出)



〜個人用としての輸入の場合〜

 「個人用」とは、輸入される方自身が消費するお米のことです。
 他人に販売する目的で輸入するのであれば、「個人用」ではなく「商業用」となります。

 「個人用」の場合、過去1年間の輸入数量が100kg以下であれば、米穀等輸入納付金及び関税が免除されます。

 免除を受けるためには、事前に地方農政局等に届出を行うか、到着した海空港の植物検疫カウンターで輸入数量の届出をします。



農地・農業に関する情報!
農地制度


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続き等を行う司法書士・行政書士をご紹介いたします。

090-1609-1514


カスタム検索