法人による農業経営の方法

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所







 どのような法人が農業経営に参入することができるのか?



《農地を利用する農業の場合》

 農地所有適格法人

 農地所有適格法人は、農地法に規定された要件を満たした法人です。
 農地を借りたり、買ったりして農地の権利を手に入れることができます。

農地所有適格法人


 一般企業等(農地所有適格法人以外の法人)

 農地所有適格法人以外の法人も一定の要件を満たすことによって農地を借りて農業経営を行うことできます。
 ただし、農地所有適格法人のように農地を買い取って所有権を得ることは出来ません。

一般企業・NPO等による農業経営

一般企業・NPO等の農業参入方法(例)


 農作業の受託

 農作業の委託を受けて農業に参加する方法もあります。
 ただし、生産される作物は原則として農地所有者のものとなりますので、農業経営ということにはなりません。農作業に対する報酬を受けるにとどまります。

農作業の受委託契約



  

《農地を利用しない農業の場合》
養鶏・養豚・・・水耕栽培など。

 たとえば、養鶏・養豚などや野菜の水耕栽培などのように農地を利用しない農業もあります。



 農地を利用しない場合には、農地法上の売買・賃貸借等に関する規制は該当しません。

 ただし、農地に農業用の施設等を建設するためには、農地転用の許可が必要となります。



農業経営の法人化とは・・・

法人の農業参入方法(例)

法人化に当たっての心構え

農業の魅力と将来性

関連事業者との連携


農地所有適格法人

一般企業・NPO等による農業経営






〜農業好きのおじさんの随筆〜
トウモロコシ賛歌


〜農業にも運送があります〜
貨物利用運送
トラックなどの運送手段を持たなくても運送事業はできます。







農地・農業に関する情報!
農地制度


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続き等を行う司法書士・行政書士をご紹介いたします。

090-1609-1514


カスタム検索