一般企業の農地貸借の要件
〜解除条件付きの契約〜

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所









 農地所有適格法人以外の法人が農地を借り受けるためには、「その農地又は採草放牧地を適正に利用していないと認められる場合に使用貸借又は賃貸借の解除をする。」 という内容の条件が付された書面による契約が締結されている必要があります。



 「使用貸借契約書」または「賃貸借契約書」に解除の条件が付されていなければなりません。
 また、許可を受けた法人等が、農業経営から撤退した場合の混乱を防止するための取り決めが契約上明記されていることが必要となります。


 農業経営基盤強化促進法に基づく貸借では、市町村が農用地利用集積計画を作成し、これらの事項が明記されます。





 借り手(賃借人等)が農地を適正に利用していない場合



契約の解除

 貸し手(賃貸人)が契約を解除することになります。



貸し手が契約を解除しない場合



許可の取り消し

 農業経営基盤強化促進に基づく貸借の場合には、農用地利用集積計画が取り消されます。


農地が適正に利用されていない場合の許可等の取消し



他の貸借要件

 継続的かつ安定的な農業経営が見込まれること。

詳細


 役員のうちの1人が耕作又は養畜の業に常時従事すること。

詳細







〜農業好きのおじさんの随筆〜
トウモロコシ賛歌


〜農業にも運送があります〜
貨物利用運送
トラックなどの運送手段を持たなくても運送事業はできます。







一般企業・NPO等による農業経営



農地・農業に関する情報!
農地制度


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続き等を行う司法書士・行政書士をご紹介いたします。

090-1609-1514


カスタム検索