利用権設定等ができる土地

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所







利用権設定等促進事業により集団的に権利の設定、移転を行える土地は?



@  農地と採草放牧地(農業経営基盤促進法では、これらを「農用地」といいます。)


A  混牧林地 

 主に木竹のために利用されているが、これと併せて肥料用又は家畜の飼料用のための採草又は放牧の目的に供されている土地。


B  農業用施設用地

 農業用用排水施設・農業用道路・その他農用地又は混牧林地の保全、利用上必要な施設
 畜舎・蚕室・温室・農産物集出荷施設・農産物乾燥調製施設・農産物貯蔵施設等⇒(農産物の生産・加工・販売施設)
 たい肥舎・種苗貯蔵施設・農機具収納修理施設等⇒(農業生産資材の貯蔵・保管施設)


C  農用地開発用地・農業用施設開発用地

 現況は山林や原野であるが、開発を行って農用地又は農業用施設の用に供することが適当な土地。


D  農業用施設開発用地

 現況は農用地であるが、転用を行って農業用施設用地とする土地。

農地法では、農地・採草放牧地を農業用施設とする場合には、許可が必要です。










利用権設定等促進事業



農地・農業に関する情報!
農地制度


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続き等を行う司法書士・行政書士をご紹介いたします。

090-1609-1514


カスタム検索