農地に関する遺言

岡戸秀仁
編集:岡戸事務所







 自分が農業経営を行ってきた農地を誰に承継してもらいたいか考えておくことは重要なことです。

 たとえば、農業を行わない者が農地を相続してしまうことは、農業・農村の発展において好ましいことではありません。

 遺言で誰に承継させるか明確にしておくことをおすすめします。





 農地法では、農地の権利を有する者の責務が規定され、相続によって農地を取得した場合には農業委員会に届出ることが規定されました。

 農地の所有者等に「農地の適正な利用」を徹底するためのものです。



遺言による相続分の指定

農地の遺贈

農業経営者の遺言の重要性

子がない場合の問題点

農地の相続



 農地法では、農地の所有権、賃借権などの権利を有する者は、その農地の「農業上の適正かつ効率的な利用を確保」する責務を有する旨が規定されています。
↓
農地について権利を有する者の責務










農地・農業に関する情報!
農地制度


岡戸秀仁
岡戸事務所

 法律手続き等を行う司法書士・行政書士をご紹介いたします。

090-1609-1514


カスタム検索