トップページへ
MENU
Gallery Work Private
インターネットは百科事典

 昨日、注文を受けていたイラストを納品した。個人からの依頼で、大事に乗っている車を描いてほしいということだった。大事に乗ってるということで、当然今は売っていないし、外車(フランス車)である。それに、理由があって渡された資料は雑誌の片隅の白黒写真のみだった。しかも、現物は見る事が出来ない。理由は、今はまだ解禁前なので明かせないが (解禁が解けたらギャラリーに載せます、7月末)ほろっとさせる話である。

 で、それだけでは描けないので資料を集めなければならない。そこで、インターネットで調べる事にした。検索サイトで検索すると、ありがたい事に結構な数のサイトが見つかった。自分の車の紹介に始まり、細かいパーツの話、ドライブ日記、オーナーズクラブの集会の報告等など。 なぜか、その車に非常に詳しくなってしまった。年式によるウインカーの色や、コンパーチブルが手動か電動かまでわかるようになった。またそこまで浸らないと描き出せないのも確かなので、それだけの資料が集まったので助かった。

 昔は調べ物をするのに本屋へ行ったものだが最近はネットで調べる事が多くなった。この前も、嫁さんが蜂に刺された時に処置方法を調べたし、身内が病気になった時もそうだった。また、気になるニュースなんかもネットで記事を探す。言うなればリアルタイムに情報が更新される百科事典である。たしかに、ネットの性格上すべての情報が正しいと言うわけではないので、そこは自分で判断しなければいけないが、調べていくうちに全体像が見えてくるものである。

 でも、たまにその情報をネットで提供しても、なんら見返りが期待できないような場合でも、ひじょうに有用な情報を提供しているサイトがあったりするので敬服してしまう(発信した情報をみんなが見ると言う事が見返りなのかもしれないが)。人によって有用無用は様々だが、僕は少なくとも間違った情報だけは発信しない様に気を付けている。さらに、1人でも多くの人が役に立ったと思ってくれる情報を発信したいと思う。


BACK
About Contact Link BBS Mail

Copyright (c) 2006 oha. All Rights Reserved.