トップページへ
MENU
Gallery Work Private
よっ、久しぶり!  (2/2)

 すると数日後、天井がバタバタッと鳴って押し入れに何かが降りました。耳を清ますと「クチャクチャクチャ」と確かにゆで卵を食べる音がするのです。急に開けるとびっくりしておならでもされたら困るので、しばらく置いて押し入れを開けるとかじりさしの卵が、それに布団が少し暖かかったりして可笑しくなりました。卵はさすがに少しカビていたので処分しました。

 ところが、また数日して天井がバタバタ。押し入れに降りそうだったので「もう降りたらあかんで。」と言いながら押し入れを開けると、な、なんともうイタチ君はそこにいて一瞬目が合ってしまったのです。急いで閉めましたが後の祭り。押し入れの中でイタチ君は慌てふためいてやっとの思いで天井に帰って行きました。やれやれと押し入れを開けるとそこはすごい匂い、イタチのおならが充満していたのです。それはもうすごい匂いで、臭いのかどうかもわからないくらいキョーレツなものでした。イタチ君おそるべしです。

 その後、また押し入れに降りてくることがあって、今度は驚かせてはいけないとじっと見ていると、押し入れの隙間(古い家なもので)から部屋に入ってきて、ぐるっと居間と台所を一周して再び押し入れから天井に帰って行きました。おならの事もあるのでとてもじゃないけど動けませんでした。でも、思っきり目の前に僕たちがいるのに全然気づかないイタチ君も呑気なものです。

 この年は、イタチ君とのニアミスが相次ぎました。彼らには厳しい冬だったのかもしれません。その後も年に1回くらいはニアミスはありますが、裏口で見かけたりで部屋に入ってくる事は無くなりました。そんなイタチ君が今年も我が家の天井に帰って来たというお話でした。


<<< PAGE 1
BACK
About Contact Link BBS Mail

Copyright (c) 2006 oha. All Rights Reserved.