芭蕉略年譜

★正保元年(1644) 1歳 伊賀上野赤坂町に生れる。父、松尾与左衛門、母、百(桃)。正保元年は12月26日からなので、改元前の寛永21年とする説もある。
★承応元年(1652) 9歳 この頃、藤堂主計良忠(蝉吟)の小姓となった。
★明暦3年(1657) 14歳 「犬と猿の世の中よかれ酉の年」を詠んだと伝えられる。
★寛文2年(1662) 19歳 藤堂新七郎家に出仕したのはこの頃。
★寛文4年(1664) 21歳 「佐夜中山」(重頼編)に、宗房の名で発句二句を収録。
★寛文5年(1665) 22歳 藤堂蝉吟主催、貞徳13回忌追善百韻に一座。蝉吟は翌5年4月25日没。
★寛文6年(1666) 23歳 良忠逝去。故郷を出奔して京都に上る。
★寛文12年(1672) 29歳 「貝おほい」を編む。2月江戸に下がる。
★延宝3年(1675) 32歳 桃青の号で、西山宗因の俳席に出る。
★延宝8年(1680) 37歳 「田舎の句合」「常磐屋の句合」の判詞を書く。冬、芭蕉庵に入る。
★天和2年(1682) 39歳 芭蕉の号が見られる。「武蔵曲」刊行。芭蕉庵類焼。甲斐にて越年。
★天和3年(1683) 40歳 「虚栗」刊行。母死す。芭蕉庵再建。
★貞享元年(1684) 41歳 8月「野ざらし紀行」の旅に出る。途次、名古屋で「冬の日」成立。
★貞享2年(1685) 42歳 木曽路を経て江戸に帰る。「甲子吟行」(野ざらし紀行)を書く。
★貞享3年(1686) 43歳 春、芭蕉庵で「古池や蛙飛込む水の音」作。「春の日」刊行。「秋風の吟」を書く。
★貞享4年(1687) 44歳 鹿島に旅し「鹿島紀行」を書く。10月「笈の小文」の旅に出る。12月下旬帰郷。
★元禄元年(1688) 45歳 三月吉野へ。帰途、信州に回り「更科紀行」を書く。
★元禄2年(1689) 46歳 3月27日江戸を出発、「おくのほそ道」の旅に出る。9月伊勢の遷宮を拝し、上野を経て、膳所で越年。
★元禄3年(1690) 47歳 「洒落堂の記」を書く。4月幻住庵に入り、「幻住庵記」を書く。「ひさご」成立。大津で越年。
★元禄4年(1691) 48歳 4月落柿舎に入り、「嵯峨日記」を書く。7月「猿蓑」を刊行。11月1日、3年ぶりで江戸に帰り、橘町の仮寓に入る。
★元禄5年(1692) 49歳 5月芭蕉庵再興。「芭蕉を移す詞」の文がある。
★元禄6年(1693) 50歳 5月許六が彦根へ帰るのを送り、「柴門の辞」を書く。秋「閉関之説」を書いて、人を避けた。
★元禄7年(1694) 51歳 5月8日、江戸を出立、西国行脚に出る。6月寿貞尼が芭蕉庵で没す。7月から伊賀の無名庵に滞在。9月奈良を経て、大阪の酒堂の家に入る。9月29日より泄痢にかかり、10月5日に花屋仁佐衛門の裏の貸座敷に病床をうつした。10月12日歿す。