出羽越え(山刀伐峠越え)

芭蕉『おくのほそ道』 「尿前の関(後段)」
 あるじのいはく、これより出羽の国に大山を隔てて、道定かならざれば、道しるべの人を頼みて越ゆべきよしを申す。「さらば」といひて人を頼みはべれば、究竟の若者、反脇指を横たへ、樫の杖を携へて、われわれが先に立ちて行く。今日こそ必ず危ふきめにもあふべき日なれと、辛き思ひをなして後に付いて行く。あるじのいふにたがはず、高山森々として一鳥声聞かず、木の下闇茂り合ひて夜る行くがごとし。雲端につちふる心地して、篠の中踏に分け踏に分け、水を渡り、岩に蹶いて、肌に冷たき汗を流して、最上の庄に出づ。かの案内せし男のいふやう、「このみち必ず不用のことあり。恙なう送りまゐらせて、仕合はせしたり」と、喜びて別れぬ。後に聞きてさへ、胸とどろくのみなり。

曽良『随行日記』
○十七日 快晴。堺田ヲ立。
(一リ半)笹森関所有。新庄領。関守ハ百姓ニ貢ヲ宥シ置也。(サゝ森、三リ)市野ゝ。小国ト云ヘカヽレバ廻リ成故、一バネト云山路ヘカヽリ、此所ニ出。堺田より案内者ニ荷持せ越也。市野ゝ五六丁行テ関有。最上御代官所也。百姓番也。関ナニトヤラ云村也。正厳・尾花沢ノ間、村有。是、野辺沢ヘ分ル也。正ゴンノ前ニ大夕立ニ逢。
昼過、清風ヘ着、一宿ス。


「おくのほそ道」メモ 「山刀伐峠から尾花沢へ」
 五月十五日、十六日は、雨のため堺田の封人の家に泊まらざるを得なかったが、五月十七日(陽暦七月三日)は、快晴であった。旧知である尾花沢の鈴木清風のもとへは、山刀伐峠(なたぎりとうげ)を越えて、昼過ぎに到着した。この山刀伐峠越えは、「おくのほそ道」の旅のひとつのクライマックスとして捉えられている。

 笹森
 場所:山形県最上郡最上町大字富澤周辺。

 一刎集落から山刀伐峠を望む

 (大きい画像が表示されます。)
 場所:山形県最上郡最上町大字富澤周辺。

 山刀伐峠(なたぎりとうげ)
 場所:山形県最上郡最上町と山形県尾花沢市の堺に位置。
 山刀伐峠は、標高四七〇メートル。おくのほそ道の旧道は、歴史の道として整備保存されている。頂上には、加藤楸邨の揮毫による奥の細道山刀伐峠顕彰碑(一九六七年建立)が立っており、全国の俳人や文学に興味のある方が訪れている。

 山刀伐峠、最上町入り口

 (大きい画像が表示されます(画像作成中)。)
 山頂に向う道は、普通車1台が通れる程度であり、峠の下のトンネルを通る県道が一般の道路となっている。

 山刀伐峠、山頂

 (大きい画像が表示されます。)

 山刀伐峠、山頂の碑

 (大きい画像が表示されます。)

 山刀伐峠、歴史の道(尾花沢市)

 (大きい画像が表示されます。)

 山刀伐峠、尾花沢市入り口の田川飛旅子句碑

 (大きい画像が表示されます。)
 駐車場のそばには、俳人 田川飛旅子の「山刀伐に立つ初蝉に取りまかれ」の句碑が立つ。句碑の除幕式は、一九九八年九月十二日田川先生の主宰誌である『陸』俳句会の主催で行われた。

 市野々
 場所:山形県尾花沢市大字市野々。

 関谷
 場所:山形県尾花沢市大字富山。

 正厳
 場所:山形県尾花沢市大字正厳。

 尾花沢
 場所:山形県尾花沢市大字尾花沢周辺。