おくのほそ道トップ                      

芭蕉「おくのほそ道」

 「おくのほそ道」への旅
 芭蕉が「おくのほそ道」の旅に発ったのは、元禄二年(一六八九年)三月二十七日(陽暦五月十六日)、四十六歳のときであった。
 芭蕉が「おくのほそ道」の旅に発った理由として、いくつかのことが考えられているようだ。
 歌枕にひかれて。
 西行の旅への思い。
 「おくのほそ道」陸奥に対する思い。
 俳諧の奥を求めて。

 ここでは、尾花沢を中心に「おくのほそ道」のページを編集しました。


 芭蕉『おくのほそ道』 「発端」「旅立ち」「草加」から
 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして、旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへて、去年の秋、江上の破屋に蜘蛛の古巣を払ひて、やや年も暮れ、春立てる霞の空に、白河の関越えんと、そぞろ神のものにつきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず、股引の破れをつづり、笠の緒付けかへて、三里に灸すうゆるより、松島の月まづ心にかかりて、住めるかたは人に譲り、杉風が別墅に移るに、
  草の戸も住み替る代ぞ雛の家
表八句を庵の柱に掛け置く。
 弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明にて光をさまれるものから、富士の峰幽かに見えて、上野・谷中の花の梢、またいつかはと心細し。むつまじき限りは宵よりつどひて、舟に乗りて送る。千住といふ所にて船を上がれば、前途三千里の思ひ胸にふさがりて、幻の巷に離別の涙をそそぐ。
  行く春や鳥啼き魚の目は涙
これを矢立の初めとして、行く道なほ進まず。人々は途中に立ち並びて、後影の見ゆるまではと、見送るなるべし。
 ことし、元禄二年にや、奥羽長途の行脚ただかりそめに思ひ立ちて、呉天に白髪の憾みを重ぬといへども、耳に触れていまだ目に見ぬ境、もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう草加といふ宿にたどり着にけり。痩骨の肩にかかれる物、まず苦しむ。ただ身すがらにと出で立ちはべるを、紙子一衣は夜の防ぎ、浴衣・雨具・墨・筆のたぐひ、あるはさりがたき餞などしたるは、さすがにうち捨てがたくて、路頭の煩ひとなれるこそわりなけれ。


 ※参考文献など
 角川文庫『新版 おくのほそ道』(平成十五年三月二十五日初版発行)。