植物歳時記

 俳句歳時記に出てくる植物の画像と季語説明、例句などの概略を少しずつまとめています。
 私は植物をよく知りませんが、俳句を作るようになって興味をもちました。植物を見て楽しみながら少しずつ調べていきたいと思います。

 ※季語の表題は画像の上に掲載し、傍題は下に掲載しています。季の区分は、おおむね参考とした歳時記によっています。
 ※間違っているところがありましたら、「じゅんの俳句」の掲示板にご連絡ください。
   「じゅんの俳句」(別ウインドウで開く)


ななくさ 七種(七草)

 日本では、正月七日に七種類の若菜を粥にして食べる風習がある。地方によっては、雑炊であったり雑煮であったりする。この粥を「七種粥」といい、この日のことを七種ともいう。七種粥を食べると万病に効くという中国の風習によるものといわれる。
 粥に入れる七種を俎の上で包丁で音をたててたたくことを「薺打つ」「七種打つ」という。この七種の若菜を摘むことを「若菜摘」という。若菜は、七種の総称である。

 せり 芹

 なづな 薺(ぺんぺん草)

 おぎょう 御形(母子草)

 はこべら 繁縷(はこべ)

 ほとけのざ 仏の座(小鬼田平子)

 すずな 菘(蕪)

 すずしろ 蘿蔔(大根)


あきのななくさ 秋の七草

 春の七草に対する秋の七種の草。山上憶良の二首の和歌によって、秋の七草が定まったという。
 「秋の野に咲きたる花を指折りてかき数ふれば七種の花」
 「芽木(はぎ)の花尾花葛花瞿麦(なでしこ)の花女郎花また藤袴朝顔の花」
 この中の朝顔の花は、今日では桔梗のことといわれ桔梗で定着しているが、夕顔の説、木槿の説がある。
 薬用、食用として上代人の生活と深くかかわってきた草花である。

 はぎのはな 萩の花

 おばな 尾花(芒)

 くずのはな 葛の花

 なでしこ 撫子(川原撫子)

 おみなえし 女郎花

 ふじばかま 藤袴

 あさがおのはな 朝顔の花(桔梗)



※参考文献
講談社『日本大歳時記』
講談社『基本季語500選』(山本健吉)
角川書店『俳句歳時記』
角川春樹事務所『現代俳句歳時記』
現代俳句協会『現代俳句歳時記』
岩波書店『広辞苑』