秋田県にかほ市出身。秋田県立本荘高等学校卒業後、2001年,スイスのバーゼル市立音楽院に入学する。2005年に中退し、チューリヒ国立音楽大学のコンサートクラスに編入する。2006年、同大学にて国家演奏家資格を取得し、卒業する。その後、ルツェルン国立音楽大学のソリストクラスに入学。20085月にソリストディプロマ試験にてルツェルン交響楽団と共演。ペンデレツキーのフルート協奏曲を演奏し、現地の新聞紙上でも好評を得る。同年6月にソリスト資格を最高点で取得後、7月に帰国。

1999年、クラシック音楽コンクール、東北地区本選にて好演賞を受賞。
2000年、秋田県青少年音楽コンクール、管打楽器部門にて最優秀賞受賞。
2007年、スイス、ルツェルンにてソリストとしてアルモニア室内楽オーケストラと共演。
2008年、第8回現代音楽演奏コンクールにて入選
2010年、クラシック音楽コンクールフルート部門、地区本選にて優秀賞を受賞、全国大会にて
    最高位(1〜3位なし、4位)を受賞する。

フルートをこれまでに高橋雅博、酒井秀明、笠井潔、マティアス・ツィーグラー、アンナ・カタリーナ・グラーフに師事。ペトリ・アランコ、オーレル・ニコレ、レバイン・カリン(現代曲)のマスタークラスを受講。現在は泉音楽院(仙台)のフルート、ソルフェージュ、ピアノ、ドイツ語科の講師、仁賀保(秋田)でも教えている。