「連枝」はリレー回路のコンパイラです。
 
 シーケンス(リレー)回路はマイコンが大変な速度で発達し、マイコン制御が複雑化する昨今
  @ 約束事の少なさ
  A 気軽に設計に取り掛かれる。
  B 誰でもすぐ回路図が読める。


 等の理由で機械コントロールの世界で、シーケンサを中心にして、依然として重要な地位をしめているだけでなく、最近ではマイコンやパソコンの世界にも取り込もうという動きが加速しています。

 
 
Windows版 「連枝」は、いくつものソフトウエアの組み合わせがありますが、
最も中心になるのが、ラダー回路図から(中間言語を経て)機械語への変換です。


 (1) ラダー回路図作成エディター
 (2) 画面上でのラダー動作シミュレーター
 (3) 各種マイコンの機械語への変換ライブラリー


 

 以上の内(1)、(2)を「連枝」本体とします。
 (1)のコンパイルによって、(2)で使用する中間言語ができます。
    この中間言語によって、CRTの画面上での動作のシミュレーションができます。
 (3)の変換ライブラリー(本体と別売り)を加えることによって、
   「連枝」のコンパイル機能により、対応するCPUに書込む.HEXファイルが完成します。
 

  上図に示すように、ラダー回路図から中間言語への変換と、
  
中間言語から機械語への変換はともにワンクリックで完了します。
  
また回路図<−>中間言語の相互変換自由にできます。
 

 ○「連枝」では、ニーモニックを回路図と同等に扱うことができ、(シーケンス)ニーモニックからも中間言語と機械語を得ることができます。
  ニーモニック<−>中間言語の相互変換も任意に行えます。
 
○「連枝」では、PICについてはデバッガを用意しています。ターゲットの接点状態をリアルタイムでみることができます。

 ○PIC18FシリーズとH8/3069は、タッチパネルと接続できますが、「連枝」(れんり)のパソコン画面をタッチパネルとして、PIC18Fシリーズのマイコン基板をコントロールできます。その時同時に、各接点状態をデバッガ画面でリアルタイムでモニターもできます。
 

 〇CPUとしてANSI_C8を選択すれば、基本命令の範囲でCに変換することができます(教材用です)、

 

○「連枝」(れんり)の特徴
(1).論理ブロックのANB、ORB等、分岐等、回路設計の自由度が高くなっています。
(2)接点設置、番号設定、コメント設定、線引きが任意の場所で任意の時間にできます。
   従って、考えながら図面を構成でき、前もっての紙上での設計図が不要です。

(3).ほぼ使いたいだけの、タイマ、カウンタ数、リレー数を使用することができます。
(4).設計した回路を、コンパイルすると、[動作画面]ですぐにその動作を見ることができます。
   マウスのクリックにより、任意の接点が動作し、電線の色が変わっていきます。
(5).さらに変換した機械語ファイルを、マイコンに書き込むと、簡単に同じ動作が得られます。
  
(適応マイコンのRAM,ROM容量によって、タイマ、カウンタ、リレー数の制限が生じます)。

 連枝の設計画面

 回路設計画面
 連枝の動作画面
 動作確認(シミュレーション)画面

 連枝の多重画面
I/O接点やリレー接点を抽出して表示します。

 PIC画面
 ボード画面
 キット画面
 連枝のデバッグ画面
 デバッグ画面  連枝のニーモニック画面
 
ニーモニックの画面


 
連枝のタッチパネル画面
 
タッチパネル画面

「連枝」はリレー回路(ラダー図)をL言語と呼んで、アセンブル言語(機械語)へのコンパイル可能な、BASIC等と同等な高級言語として扱っています。

 
このアイデアと技術は1995年発売のMS/DOS版以来既に多くの方々に支持されています。

 *平成12年4月14日ワンチップマイコンのラダー言語によるプログラム作成システム特許第3054726号で特許を取得しています。

 

 ◎スタンダード(S)版とプロフェッショナル(P)版

  1. スタンダード版は以下の基本命令のみ扱えます
    LD、LDI、AND、ANI、OR、ORI、
    PLS、PLF、SET、RST、TIM,CNT、SFT
    プロフェッショナル版は基本命令の他、多くの応用命令が扱えます。

  2. 補助リレーはMリレーの他に、電源断後もオン/オフをキープするLリレーがあります。
    プロフェッショナル版でのみ、Lリレーを扱うことができます。
    プロフェッショナル版では、16ビットデータをキープするDメモリーを指定することもできます。

  3. プロフェッショナル版はPIC16F877、PIC18F452でI/Oピン数の拡張が行えます。
    スタンダード版は単体のみでI/O数はその単体CPUの範囲内になります。
    MCP23008、MCP23017を使用した拡張方法によります
    (スタンダード版は単体のみで
    I/O数はその単体CPUの範囲内になります)。

  4. スタンダード版は個別CPUに対し、ディフォルトの発振周波数のみでしか使用できませんが、
    プロフェッショナル版では複数の発振周波数が選択できます。


  5. プロフェッショナル版ではシリアル通信、I2C通信、CAN通信など各種通信をサポートしていて
    任意のCPU間で各種データを通信できます。
     また
    タッチパネル用変換LBを使用すれば、タッチパネルとの通信や、パソコンとの通信が可能です。
    パソコンの画面でタッチパネル画面を構成でき、それによって「連枝」でサポートするマイコンと通信し機械コントロールができます。また同時にデバッグ画面との多重画面で、接点の状態をリアルタイムでモニターすることができます。


  1.                                   表紙に戻る

リレー回路の設計だけで
マイコンが動作します!
◎「連枝」(れんり)はソフト開発環境として完結しています。
他に必要な、ソフトの開発ツールはありません
[海の素材屋]描く