ラダー回路の設計だけで
   PICH8、AVR素子が完動します!
タブレットPCによる機械のタッチパネル操作が簡単!
WINDOWS/タブレットとの
 格安セットで
 機械制御が完成します。
 

  U−CON28H USB通信キット(新発売)
 WINDOWS タブレットによる操作!
  

Ver.8.51(’16−6/25)を発表いたします。 

RENRI   
れんり

   S版(フリー)で動作します!
模型運転にも最適です。
操作が超簡単なソフトです!
ソフト
ソフト構成
の説明
連枝(れんり)のソフト構成
サポートしている命令
 連枝のライブラリー構成
拡張・通信 拡張、I2C&CAN通信.
タブレット操作  WINDOWS・タブレット対応
価格 ソフト価格表
参考書   出版案内
取扱い説明 「連枝」の使い方入門
 コンピュ−タって何だろう
ハード
回路の
組み立て
連枝(れんり)のハード対応
外部I/O接続
プリント基板製作
マイコンへの
摘要
サポートしてるマイコンの種類
PIC,AVR、H8の対応ピン
ハード製品 標準ハード製品
ハード価格表
  シーケンス回路
の応用
ユーザーコーナー
初歩のシーケンス回路
シーケンス回路論

◎「連枝」はシーケンス回路図によってマイコンの機械語を得るものです。CPUを動作させるROM、RAMはすべてそのCPU内蔵のものを使用します。これにより、CPU素子そのものが、世界最小で最安価なシーケンサになります。

このソフトだけで、開発環境がトータルに揃います。機械語の*.hexファイルへのコンパイルは1or2クリックで完成させることができます。

◎8ピン素子、PIC12F683でA/Dコンバータ等の応用命令の書き込みが出来るようになりました。
       
◎PIC18F452のタイマ(カウンタ)の最大No.が100から167に増加しました。

◎タイマ割り込みにより、任意のオン/オフ幅で任意数のパルスを発生できます(PIC18F45?シリーズ)。

◎4×4のキー・スキャンができるようになりました(PIC18F45?シリーズ P452−SET−LB)。

◎PIC18Fシリーズの場合、同じCPUを2つ並べて、I/Oを増加させることができるようになりました
(応用命令に含まれます)。

◎P版+ライラブラリーで、汎用のI2C素子、SPI素子を動作させることができます。



◎「連枝」(れんり)のスタンダード(S)版をフリーで提供します。以下をクリックするとダウンロードの頁になります。ダウンロードにより実際にPICのコンパイラとしてPIC16F84(A),PIC1F877を完動させる事ができます。
◎また、WINDOWSタブレットを機械制御用のタッチパネルとして利用できます。

’16年6月25日更新        C言語のソースも得られます!
  ダウンロード手順 ->

 ◎4月25日〜6月20日版のPIC16F84用変換ライブラリーに重大なバグがありました。
 交換をお願いいたします。




 



’16/05/19









会社案内
リンク・フリーです


連枝を紹介してくれてます!







 ラジコンカー運転