リレー回路(またはシーケンス回路)の基本とは一体何でしようか?
 リレー回路は簡単なパーツの組み合わせで動作していますが、熟練してくると複雑な回路でも、誰でも明快に理解できる様な回路が組めるようになり、非常に奥行きの深いものです。


リレー回路の基本中の基本に自己保持回路があります。
まず自己保持回路について学びます。

その前にリレー回路とは下図(1図)のようなものです。


                                                       1図
両端の黄色の縦線には100vの電圧が加えられています。
従って左上のX00の押しボタンを押せば、リレーM1に100vが加わり、左下の接点M1がオンとなり、出力Y00に100vが加わります。(出力Y00が電球なら、100vの電球が点灯することになります)

そのX00押しボタンを押した状態が下図(2図)です。
(「連枝」では、押し釦の上をクリックすると押し釦がオンし、電気が通ると電線が黄色に変わります)



                                                      2図
上図回路の問題は、押しボタンを離すとX00がオフになってM1がオフになり、
M1接点がオフなってY00がオフになってしまい、最初の画面に戻り、Y00がオフして(電球が消えて)しまう事です。
(「連枝」(れんり)では、押し釦の下をクリックすると押し釦がオフします)。

自己保持回路
そこで回路を下図(3図)のように変えます。


                                                           3図
この回路では押しボタンを押すと、下図(4図)のような電気の流れ(黄色への変化)になります。


                                                      4図
このあと押しボタンを離しても下図(5図)のようにM1への電気の流れが続きます。
一旦、押しボタンによってオンしたM1の接点自身がM1に電圧を加え続けることになるからです。これを自己保持と言い、この(1、2段の)回路を自己保持回路と言います(記憶回路の一種です)。


                                                      5図
これによって、出力Y00はオン(電球は点灯)し続けるわけです。
出力Y00をオフするには、下図(6図)のようにX02を一回押せば良く、この動作を自己保持解除と言います。


                                                      6図
このあと、X02を離して5図のようにオンになっても、すでにM1接点はオフしているため、M1リレーはオンせず(オフを保ち)、3図に戻ります。
 「連枝」(れんり)では以下の回路を、パソコンの画面上に書いて[コンパイル]をクリックするだけで、押しボタンX00を押すとY00に接続されたLEDが点灯し、押しボタンX02によって消灯するマイコン基板の回路のソフトが出来上がります。




関連事項
・ 岩井君のシーケンス教室−T                   表紙に戻る


初心者のためのリレー回路入門