本文へスキップ

「よい演劇をより多くの仲間と、京都で観よう」 KYOTO ROUEN

例会紹介

2018年例会案内 9月

活動報告写真

2018年9月例会
劇団俳優座公演
 
『八月に乾杯!』
作/A.アルブーゾフ 
訳・演出/袋 正
出演/岩崎加根子・小笠原良知

                      
9月21日(金) 18時30分開演
   22日(土) 13時30分開演
呉竹文化センター

 二人が出会った数日間は、これまでの人生を癒し、それぞれの明日に輝きをもたらした――
 リガの保養所。他の何百万人の男と女のように、戦争で手ひどい仕打ちを受けた二人の慎ましいお話。
 名優二人が奏でる、最高の大人のラブストーリー。
 日本でも杉村春子や越路吹雪らによってたびたび上演されてきたアルブーゾフの代表作。岩崎&小笠原コンビで待望の再演!

☆9月例会参加券引取・会費納入期間
    9月13日(木)・14日(金)・15日(土)・18日(火)正午〜20時
    ※上記以外の平日は10時〜18時の開局になります。 ※9月16日(日)・17日(月祝)は閉局しています。


2018年例会案内 10月

活動報告写真
2018年10月例会
こまつ座公演
 
『マンザナ、わが町』

作/井上ひさし
演出/鵜山 仁
出演/土居裕子・熊谷真実・北川理恵・伊勢佳世・吉沢梨絵

 ※写真は2015年初演時。


10月26日(金)18時30分開演
   27日(土)13時開演
                        呉竹文化センター

 1942年、米国カリフォルニア州の日系人強制収容所マンザナ。5人の女性が集められ、収容所を「自治の町」と称賛する朗読劇の上演を指示された。5人の思いがぶつかり合う中で浮き彫りになる、様々な差別や矛盾――。井上ひさし流人間賛歌の傑作!


2018年例会案内 12月

2018年12月例会
劇団文化座公演
 
『 三 婆 』  
原作/有吉佐和子  脚色/小幡欣治  演出/西川信廣
出演/佐々木愛・阿部敦子・有賀ひろみ・他
                      
12月9日(日)15時30分開演
   10日(月)18時30分開演

呉竹文化センター

 本妻と妾と小姑の、一筋縄ではいかない三婆の泣き笑い超絶バトル!
                                          


京都勤労者演劇協会

〒604-0915
京都市中京区寺町通り二条上る東側
ARTビル4階

TEL 075-231-3730
FAX 075-211-7855
E-mail rouen@beige.plala.or.jp