安達太良山                2003.3.28〜29
   
月 日    3月28日(金)〜29日(土)

天 候   晴れ、曇り

メンバー  星野、山際、小川、尾藤

コース   3/28  朝霞駅------和光北IC------矢吹IC------白河ラフォーレ(泊)

       3/29  ラフォーレ------奥岳あだたら高原スキー場------勢至平------峰の辻分岐------峰の辻------

           安達太良山------峰の辻------薬師岳山頂駅------奥岳スキー場-----白河ラフォーレ(泊)

安達太良山、頂上

 3月28日 この時期の山はどこでも同じであるが厳冬期から春山への移行期であり、厳冬期の様に1週間も吹雪くようなこともなく日差しも柔らかく陽が延びたことが一番の安心感がある。
が、はたして安達太良山はどんなもんかなと期待を込めて山際さんの車で、午後6時東上線の朝霞駅を出発した。今日は白河ラフォーレに泊まるだけなので温泉に浸かりゆっくり休むことができた。


 3月29日、白河ラフォーレを出発し奥岳温泉のあだたら高原スキー場に着く。スキー客もまだこの時間では少なくまばらである。ゴンドラは強風のため運休中でいつ再開されるか分からないという。レストハウスでコーヒー を飲みながら再開を待つが一向に目鼻がたたず、勢至平経由で登頂することにした。
この間、窓の外ではスノーボーダーが転倒負傷で救助隊に何人も救助されていた。

スキーハウスの先が登山道の入口で非常に分かりにくい。ゲレンデの横を登って行くジープ道を何回も横切り、樹林の中にくろがね小屋からの源泉を引いている湯樋を越え、一直線に登る急登を頑張ると勢至平の東端に出る。
勢至平は夏ならば草原の広い台地だが今は雪に埋もれている。ここで強風による凍傷対策として目だし帽を被る。勢至の塔からくろがね小屋へは向かわず峰の辻に向かうことにした。

 なだらかな籠山と矢筈が森の黒い岩峰の中間を登って行く。烏川源流へ一端下り登り返す辺りは雪も多く指導標も頭の部分を残し杭は完全に埋没している。広い斜面は吹雪かれたらルートファイテングが相当難しいだろうなと考えながら急登を頑張ると五葉松平からの道に合流する。
遠くに感じていた山頂ももう目の前である。乳首と呼ばれる山頂の岩峰もアイゼンなしで登頂。山頂に鎮座する祠にはエビの尻尾がビッシリと尾を伸ばしている。山頂は風が強く寒いためゆっくりできず、記念写真を撮って早々に山頂を跡にする。


鉄山から馬の背の稜線を見ながら
山頂のエビのシッポ

深い雪に指導標も埋る

矢筈の森の岩峰


 五葉松平への道は先程登ってきた峰の辻の分岐まで戻り、広い山稜を仙女平方面へ向かう。目の前には和尚山の真っ白い山稜が素晴らしい。その時山際さんの帽子が風に飛ばされた。帽子は止まることを知らず烏川左俣の谷底まで飛んでしまった。その帽子を取りに小川・尾藤・そして山際さんまで谷底へ下って行った。3人は谷底から五葉松平へ直接登り返してきた。

 乳首の山頂・矢筈が森の黒い岩峰・籠山と素晴らしい展望を楽しんで、日本庭園を思わせる木立を縫って進む。もうここまでくれば薬師岳のゴンドラ乗り場までは僅かである。人影少ないゴンドラ山頂駅に無事到着。ゴンドラから数人のスノーボーダーに混じってスキーヤーも降りてきたが人数は少ない。今朝は強風で動いていなかったロープウェイの影響か、それとも始めからお客様の少ないスキー場なのか。ともあれロープウェィも再開され、あっという間に山麓駅へ下山。

ラフォーレに程近いスーパーで今夜の宴会のための食材を調達し、ホテルに戻り温泉に浸かってから部屋で楽しい宴会のはじまりです。

篭山(左)と安達太良山(右)

レストハウス前で


写真:星野、山際文:星野