那 須 岳                    2003.3.29〜30
   
月 日    3月29日(土)〜30日(日)

天 候   晴れ

メンバー  一戸、山口、徳江、星野、山際、小川、尾藤

コース   3/29 大宮駅西口===久喜IC===那須IC===矢吹IC===白河ラフォーレ(泊)
                                             
      3/30 起床・朝食―――白河ラフォーレ-----―矢吹IC-----―白河IC-----―大丸温泉那須岳登山口―――

           峰の茶屋―――熊見曽根―――清水平―――三本槍岳―――清水平―――熊見曽根―――朝日岳――
  
           峰の茶屋――茶臼岳---―山頂駅-----―山麓駅===大丸温泉===那須IC===久喜IC===大宮

 
快晴の三本槍岳頂上

 3/27から安達太良山に行っていたメンバー(山際・星野・小川・尾藤)と後発隊の一戸グループ(一戸・山口・徳江)と白川ラフォーレで合流して那須岳登山に行ってきました。

 一戸グループがラフォーレ白河に到着したのが午後11時30分頃で、軽く一杯飲んで寝る予定が買っておいたビールを全部飲んでしまい、結局は寝たのが2時頃になってしまった。
6時に宿を出発し那須大丸温泉登山口には8時前に到着、ロープウェィ駅まではショートカットルートで時間を短縮する。9時始発のロープウェイ駅を素通りし那須岳登山口へ。

  雪に埋もれた鳥居を過ぎ朝日に輝く剣ケ峰・朝日岳・茶臼岳を眺めながらの登行だ。道は茶臼岳の山腹を横切るように付いている。ご夫婦だろうか先行パーティの後ろを追うように峰の茶屋を目指す。雪が風に飛ばされ所々結氷しているところもある。

朝日に輝く朝日岳
茶臼岳の斜面を登って行く

峰の茶屋の避難小屋

剣が峰の大トラバースに挑戦

 峰の茶屋でアイゼンに履き替え三本槍を目指す。
明礬沢に一気に滑り落ちる剣ケ峰の雪壁右斜面をスリップしないように大トラバースする。
途中で早立ちの先行者とのすれ違い、緊張する場面だ。このトラバースが終わると今度は鎖場の連続となる。
風で雪が飛ばされて地面が露出している箇所もあるが痩せた岩稜の上下降だけにピッケル・アイゼンをしっかり効かし、スリップは致命的になるので慎重に行動する。朝日のコルについてやっと一息入れる。

 このコルからひと登りで熊見曽根の岩峰に着く。展望は最高なのでここで小休止とする。ここから目の前の 1900m峰のピークを左側から巻き清水平に下るが雪面はクラストしトレースはないので道標に向かって適当に下って行くが運が悪いと股下まで踏み抜いてしまう。
1900m峰ピークを越えてくる夏道ルートも清水平の導標付近にはトレースない。今度は北温泉分岐からスダレ山の夏道ルートも敬遠し三本槍のコルを目指して巻いて行く。この辺りは吹雪かれたら何も分からなくなってしまうだだ広い斜面で適当に登っていく。小潅木にはエビの尻尾が付着し綺麗だ。


剣が峰の鎖場、ここは慎重に

熊見曽根の岩峰にて休憩

 
三本槍を目指し1600m峰のトラバース道を行く

大雪原の清水平にて


三本槍頂上からの展望

三本槍への急登

三本槍の下り、尻セード下る徳江さん


やっとコル付近にでるとワカンの跡が一直線に三本槍の急登に伸びている。この急登を越えると一旦平坦になりもう一度高度を上げると一等三角点(1916.9m)のある那須連峰の最高峰三本槍の頂上だ。
真っ白の鋭鋒の旭岳と大白森山や流石山から大倉山のボリュームのある白い山稜、南会津の七が岳や博士山の山稜も浮かび上がっている。巨大なエビの尻尾もあり、ゆっくり展望を楽しみ春山を満喫する。下りは尻セードで一気にコルへ滑り降りる。先程の巻き道ルートに入り、ここから少し下った谷底で風を避けての昼食。
しかし天気がいいなー。

 昼過ぎになるとクラストしていた巻き道も雪が緩み踏み抜く回数が増えてくる。清水平からも巻き道を行く。
熊見曽根のピークで小休止し朝日のコルへ。
ここにザックを置いて朝日岳へアタックする。那須のマッターホルン朝日岳(1896m)は、見る角度によって全く違う顔をしている。熊見曽根や清水平方面から見る姿は 本当にマッターホルンだ。また、雪を寄せ付けない西稜の赤茶けたミニ八ツ峰の岩峰群の迫力ある姿もいい。
狭い頂上で記念写真を撮り下山にかかる。コルから一気に剣が峰の鎖場・大トラバースを越えて峰の茶屋に着く。

那須のマッターホルン朝日岳

岩峰の朝日岳山頂


剣が峰の稜線を行く

何岩ですか?


「もう茶臼はいいやねー」
「そうだね、いつでも簡単に来られるもんね」
との声に私自身も「もういいっか」と思っていたところに尾藤さんから
「いや、折角きたんだから絶対行く」
との声が上がり一戸CLから
「前回のリベンジということで行きましょう。茶臼に登っても、このまま下ってもたいした時間差じゃないよ」
との声で茶臼を目指すことになった。


 無限地獄の白煙を右に見ながら岩石の間を登って行く。やがて道はお鉢を巻くように左回りで行く。
途中、水蒸気と地熱で雪が解けている場所もある。しかしなんなんだ、この曇り空は?朝から昼過ぎまでのピーカンが嘘のように駆け曇り、黒いガスの中に太陽がボワット浮かんでいる。
那須岳神社の鳥居(1897.6m三角点)を潜り水蒸気がアッチコッチから噴出している道を進むと小祠のある茶臼岳山頂(1915m)に着く。亜硫酸ガスが出ているので長居は無用だ。

最後のピーク茶臼岳山頂

 下山開始頃には小雪も舞い降りてきた。アイゼンを外し、一戸リーダーを先頭に16時ジャスト最終のロープウェイに乗るべく快調に飛ばし発車5分前に到着した。
山頂駅から4分で山麓駅へ下るロープウェイに乗りあっけなく山麓駅に下り付き、ショートカットコースで私は下ったが皆さんは物足りないのか車道をゆっくり下り大丸温泉駐車場に着いた。

 ここで、真っ直ぐ帰るという山際さん達と別れ、我々男性4人は沢沿いの鄙びた一軒宿の弁天温泉に立ち寄り汗を流すことにした。
内湯は(露天風呂・五右衛門風呂は混浴とのことだがこの時期は温くてまた寒くて入れない)風が通り過ぎ、寒過ぎるが湯は柔らかくよく暖まる。このままここに泊まってしまいたい気持ちになるが明日は仕事だと諦めて、宿の外に出ると本格的な雪となっていた。


写真:星野、山際文:星野