不良雑貨専門「だっぺ屋」の
山遊雑記沢の主幻想釣行記友遊釣行記川柳画廊貧乏グッズ岩國渓流新聞漫画葛籠イカサマ・ペイント巡回サイト掲示板TOP
2003年7月20−21日

日本吸盤協会なる組織をご存じだろうか?誰も知るまい。簡単に云えば、沢登りも楽しむ釣り師の会と言えば、聞こえはいいが・・・、マニアックな遡行ルートを楽しむ怪しい集団なのである。

会の活動は、黒板に一日の活動予定を記入することから、始まる。実は、この黒板、ただの黒板ではない。これは、イタコ師の「予言の黒板」と呼ばれ、書いたことが事実となると云われているのである。

しかし、それを知らなかった怪長は、お戯れに
「設計寸法 尺二寸」
「実測寸法  八寸」
と書いてしまったのである!!

知〜らないっと・・・。
                                    
さて、黒板の事など忘れ、我々は会津の某沢に入渓した。この沢は、個人的に非常に思い出深い沢である。あれは、4年前・・・オニ・・・あ〜!思い出したくもない!!
いや、2年前なら・・・セミ・・・あ”〜思い出したくもない!!

とにかく、ちょっと個人的にはここを制覇しないと気が済まないのである!

梅雨時というのに、渇水している。メンバーは、暫く、釣りのまねごとをするが、いっこうに魚が姿を見せない。怪長が真剣モードでえぐれから、岩魚を引きずり出すが、チビである。大場所釣りしかできないオレは、チビの顔さえも見ることができない。

となれば、会本来の目的である、マニアックな遡行訓練しかあるまい。早速、副怪長がマニアックルートに挑む。蜘蛛男の異名に相応しく、僅かな足がかりを器用にへつって行く。
それにしても、背筋の伸びた姿は、安心感を与える。このような、素晴らしい遡行術を持ちながらも、まだ、手には吸盤が無いとご謙遜されているのである。

怪長が、手足を有効に使う遡行術の基本技の一つを披露してくれた。
「ダックジャニエル吸盤の舞1脚3点支持」
である。C難度の技だが極めて美しい!審査員の判定は9.8であった。
(足のつま先まで、ピッと延びれば10.0)

真面目な話、怪長の吸盤の舞は構造力学的に見ても、完璧な形である。へそがほぼ重心であるから、それに注意して見て欲しい。
腕と足に均等に体重が分散されていることが判る。この状態なら、3点支持で均等に加重が分散され、絶対に滑り落ちることは無い。従って、写真の様に、片足を上げても全くバランスは崩れないのである。

さすが、怪長である。
ただし、腕力に自信が無いと、この技は危険だ(苦笑)




オレも挑戦してみた。
「バボ〜ン吸盤の舞1腕3点支持Vサイン」
これは、B難度だが、キメのポーズがイマイチで、判定は8.5だった。
写真は掲載する程のモノではないので、ボツ(笑)
それでも一年以上単独修行を積んできたオレである。

怪長達と別のルートをとってみたりする。

本人はうまくへつってるつもりだったが、こうやって見ると・・・・
腰が引けてる(苦笑)

その為に上半身が大分前屈みになっている。もうすこし、上体を起こし、腰を前にすべきだ。

まだまだ、修行が足らん!             
てなことで、遡行を楽しんだのはいいが、肝心の釣りはさっぱりである。結局、魚止めの滝まで全員「ぼ」である。この沢を知り尽くしている怪長、副怪長も首をひねるが、支沢に入れば、大丈夫だろうということで、全員、支沢に突入。

しかし、出てくるのはチビのみ・・・怪長の表情が厳しくなる。大分奥まで行って、やっと怪長に7寸が出る。しかし、それっきりである。もう、オレは釣りはどうでも良かったのだが、ここに連れてきた怪長は、沽券にかかわると思ったのか、足早に先に進んでいき、見えなくなった。

そして、支沢の魚止めに怪長の姿を見つけたとき、ニヤニヤと良型の岩魚を掲げた。
サイズは・・・26.3cm!八寸だ!

八寸?もしかして???

予言の黒板は真実となったのである!略図に書いた、ポイントまで正確に当たってるではないか!その事実に気がついたとき三人の引きつった笑いが渓に木霊した。

これは、フィクションではない。事実なのだ。チミ達は、この「予言の黒板」を信じるかな?信じるわけない??・・・あっ、そう・・・

その後、真面目に釣りをしようと本流のヤマメ狙いに出かけたのだが、本流も渇水のせいか、さっぱり。結局、本流でもマニアックな遡行を目一杯楽しみ、一日を終えた。釣果が芳しくなく、特に怪長は不満そうだったが、オレは今回は遡行を楽しみに来ていたので、本当に満足していた。会の基本理念である、ノーアシスト、ノーザイルを確実に達成できたからだ。

あっ、ところで、この本流で「殺人未遂事件」があったらしいが、そのうち、犯人が、自白書を提出するでしょう(爆)

一日の遡行プログラムを終えた我々は、渓にある無人天然温泉で、汗を流させていただく。さっぱりしたところで、久し振りの渓泊まりだ。たまたま、二つあった大岩を利用して焚き火用の天幕を張ったので、雨が降っても焚き火を囲んで宴会できるのだ。渓に来て焚き火が出来ないと3割は損した気になるのはオレだけではあるまい。
食通の我々はKgあたり1680円の高級豚肉を持ってきた。それがまた美味い!
(おいおい!ドッカで見た文章だぞ?(盗作爆)
酒に酔い、一日を振り返り大笑いし、楽しい夜が過ぎていく。疲れが心地よい眠りを誘い始めたところで、楽しかった一日を思い浮かべながらそれぞれ眠りについた。

翌朝は雨だった。渇水していた渓に嬉しいお湿りである。オレと怪長で早朝のヤマメ釣りに出かけたが、残念ながら、下手くそのオレに釣れるようなヤマメはいなかった。オレの餌を分けてあげた怪長だけが、笑顔を絶やさず、ヤマメ釣りを楽しんでいた。
もちろん、出発前「予言の黒板」にはヤマメの希望サイズを書いてあったのだが、邪念があると、予言は事実にはならないのである。

まっ、それでも、最後に7寸の岩魚が釣れ(本来はヤマメ釣りなので外道)、今回の釣行が「ぼ」に終わらず、ほっとする。

テン場に戻ると、副怪長も起きてきた。遅めの朝食を済ませ、テン場を片づける。楽しかった渓にお別れの時が来た。天は俺達に代わって泣き続けた。またのプログラムを誓い合い、それぞれ北と南に別れてたのである。

で、次のプログラムって・・・それまで会があるのかな?(笑)

                        (完)
                 
オマケ画像

へつりと違って、腰が入って様になってる(自爆)