至高の一品! どのような努力もいとわず食すべし。  長文コメント付き
     瞠目の一品! 一度は絶対に食すべし。         中文コメント付き
        優良の一品! お近くにお寄りの際はお勧めです。   短文コメント付き
          普通の一品! お腹がすいているときにはどうぞ。    短文コメント付き
             沈黙の一品! たまたま私の好みではないだけで・・・  文コメント付き

令和2年最高峰五つナルトの名店
62 2月27日(木) (宿題店)
迂直(ウチョク)
最寄駅:JR中央線 荻窪
住所:杉並区天沼3-10-16
醤油らーめん+
肉増し 1150円
今年最初の
五つナルトは荻窪のこちらのお店。
一昨年末12月の開店だから開店してほぼ1年と数か月。もう少し早く訪店したかったのだが今日になってしまった。もともとこの辺りは土地勘が無
い上、杉並特有の迷路のような住宅地(道路が碁盤の目になっていない)にあるので結構迷って到着。このお店には並び方の決まりがあって、店
頭には4人しか並べない。と言うか椅子が四つ置いてあるだけ。それ以上になると50mほど北に進んだ歩道がへこんだ部分に並ぶことになる。店
頭の椅子が空くと並んでいる場所に店員さんが呼びに来てくれる。11時半開店で11時10分頃到着すると店頭は4人で埋まっており、先の並びスペ
ースの7番目。このお店はカウンターのみ7人なので4+7で2番目のロットで入店することができそうだ。通常のお店であれば11時50分頃には入店できて
12時10分頃には食べ終われるのだが、こちらのお店はゆっくりと言うか調理が丁寧なので、入店したのが12時10分頃で食べ終わったのは12時30
分を過ぎていた。あらかじめ時間がかかる旨店頭にも記載があるので私はその後所用が無い時に訪店したが、予定がある人は注意しないといけな
い。ご主人の修行先は一応明らかにはできないことになっているが、少し業界に詳しい人にはわかってしまう(ここでは書かない)大森海岸にある
大行列店(現在は整理券方式になった)ホームメイド麦苗のご主人と同じ修行元で弟弟子にあたるようだ。開店時にはつけ麺とラーメン、それに坦々つけ
麺の3本立てだったようだが、しばらくラーメンの提供はストップしていた。今月から4月までの期間限定で醤油ラーメンを復活させたとのことだったので、
今日は醤油ラーメンをいただいた。麺は自家製麺で、つけ麺の麺が白っぽいのに対してラーメンの麺はやや色味がかっている。全粒粉、と言うかふすま
(米で言えば糠の部分)を加えており、ラーメンの麺の方がややふすまの率が高いのかな。スープはもちろん無化調でにいがた地鶏、鰹、煮干、昆布、
干椎茸等で作っているらしい。このこの麺とスープだけでも充分価値があるが、デフォ以外めったに注文しない私が注文した肉増しがとんでもなく秀逸
だ。肉増しは量も大判5枚と圧倒されるが、周囲を赤めに仕上げたチャーシューはまさに焼豚。口に含むごとに香ばしさが鼻に抜ける。ご主人と助手の方
の接客も1級品だしBGMは竹内まりや、山下達郎、松任谷由実とドストライク。丁寧で時間がかかるのはむしろプラス。この店に五つ付けないでどうする
しーまん・ラーメンの部屋に戻る
大勝軒ファミリーの
ほん田が秋葉原に本店を移転して
275 10月1日(木) (特定日)
天下一品 神田店
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 神田
住所:千代田区内神田3-23-8
(新商品) 味噌
ラーメン 850円
今日10月1日は
10(テン)月1(イチ)日でテンイチ。天下
一品の日だ。昨年まではこの日に来店してラーメンを食べた人には後日使える一杯無料券を配布していたが、今年は新型コロナウィルスの蔓延によ
り、密を防ぐために(天下一品見解)中止になった。代わりにその場で当たりがわかる抽選券を出して、当たりの場合は保冷バックや小皿、外
れの場合には次回使える50円券を配っていた。昼前に訪店したが、確かに例年に比べて行列も全くなかったし、密を防ぐという意味ではある
程度の効果はあったようだ。私は今日の日まで温めておいた味噌ラーメン(昨月末からスタート)をいただいた。いつの間にかこってりもあっさりも
750円に値上げされていて、味噌は+100円の850円。小ご飯のついたランチセット(プライス同じ)でいただいた。POPによれば北海道赤味噌と信
州豆味噌wぽブレンドして使っているとのこと。満を持して投入してきただけあってなかなか美味しい。ご飯にもぴったりと合う。しかし+100円の
価値があるかと言うことになると少々疑問が残る。やはり天一のベストチョイスはこってりだろう。抽選券?くじ運悪い私はもちろんはずれの50円券
276 10月2日(金) 六厘舎 最寄駅:JR地下鉄各線 東京
住所:千代田区丸の内1-9-1
(期間限定)餃子
つけ麺 950円
遠征時の朝食以外
で六厘舎東京駅に行ったのは
実に久しぶりだ。失礼な言い方かも知れないが、六厘舎東京駅は浅草観音様やスカイツリーと同じように、地方の方の観光地と化してしまってい
るので東京で生活する者にとっては否が応でも足が遠のいてしまう。しかし今回「東京駅一番街15周年記念グルメフェスタ」ということで、各店舗
で特別なメニューが用意されたとあっては行かざるを得ないだろう。実は東京ラーメンストリートが開業した時も真っ先に伺って食べた覚えがあるので
15年とは隔世の感がある。開店時に配っていた各店舗の名前が入ったTシャツは額に入れて飾ってある。そろそろ価値が出るのではないかと
秘かに期待している。一番街は15周年だがラーメンストリートは2009年スタート。スタート時は4店舗(第1期)その当時から変わらない場所、変わらない
名前で営業しているのはこの六厘舎(厳密に言うと六厘舎TOKYOだった)とせたが屋系のひるがおだけだ。今回六厘舎が用意したのは餃子
の中身と風味がツケダレに入った餃子つけ麺。麺はレギュラーメニューと同じ(いつからニッセーデリカ@千葉県豊里の麺を使用するようになったんだろう
?)で、ツケダレには辣油が入っている。ホールのお姉さんも「辛い物がお好きならば期間限定の餃子つけ麺もあります」とアナウンスしていたように
大変辛い。私には辣油の入れ過ぎとしか思えない。個人の好みは様々なのだから。もう少し量を抑えるとか、辣油は卓上に置いて好みで
入れさせるなりしたらどうなのか。これではバツゲームかテレ東の辛い物大会のようだ。明日は向かいの玉で出している「香麺」を試してみようか
277 10月3日(土) (新店) つけ麺
一番 本八幡店
最寄駅:JR総武線地下鉄 本八幡
住所:市川市南八幡4-3-1 
つけ麺(大)
820円
本八幡駅南口そば
にできたつけ麺のお店。居酒屋
やラーメン店を経営展開する、いわゆる企業系のお店。ラーメン店、つけ麺店は市川市、船橋市近辺に多く、店名には「一」とつくお店が多い。つ
け麺はデフォで820円と少々高めだが、特盛以上も同料金と腹ペコ向きのお店だ。厨房には5人ほどの屈強そうな若者が揃っているが、分業
化がきちんとなされておらず、忙しい人間は労力超過、暇そうな人間は手持無沙汰と言ったところで、結局完成して出来上がってくるまで結
構時間がかかっている。ツケダレをレンジで温めるのはスープの為にもいいのだが、アップタイムはある程度暖めておくなど工夫はまだまだできそうだ
278 10月4日(日)
日帰り遠征@
(新店) 木更津
タンメン さきたん
最寄駅:JR久留里線 祇園
住所:木更津市太田1-3-9
木更津タンメン
693円
最寄駅は内房線の木更
津から出ている久留里線と言う
ローカル線久留里線の祇園駅。それでも1キロほどあるのでやはり車での訪店が主流のようだ。広い駐車場が併設されているので駐車には困
らない。以前も確かラーメン店で2年ほど前に来たような記憶がある場所だが詳細は不明。基本の店名を冠冠した木更津タンメンをいただいた。
店内のオーダーも「あっさりタンメン1杯」と言っているので、あっさりなんだろうということは分かったが、実際にスープを飲んでみるとほとんど出汁を
感じない。白菜、豚肉等炒めたものが乗っているのである程度の味はあるが、ベースとなっているスープは薄くまるで塩水のようだ。ちょっと残念
279 10月4日(日)
日帰り遠征A
(新店) 濃厚とんこつ
ラーメン むしゃむしゃ
最寄駅:JR各線 木更津
住所:木更津市潮見5-1-30
濃厚豚骨ラーメン
750円
こちらも駅からはかなり
離れていて自家用車で訪れる人
がほとんどのお店。建物にも大きな看板がかかっていて、濃厚豚骨ラーメンのお店と書かれている。入り口を入ってすぐ食券機があり、基本
の濃厚豚骨ラーメンを購入して女性のホール係にわたすと「麺の固さはどうしますか」という例の大陸系のイントネーションで聞かれたので、迷いもせず
「バリカタで」と答えた。そこまで疑いもせずに濃厚豚骨ラーメンの店だと思っていたので当然だ。女性にもちゃんと通じたようで、厨房にもバリカタで
と通してくれているのが聞こえた。そこで改めてカウンターの前面を見ると麺の固さ、脂の多少、味の濃い目が注文できますと書いてある。そこで
更にメニューを見ると豚骨ラーメン店に必ずある替え玉の設定が無い。その代わりにキャベチャーなんてサイドメニューを見つけた時点で、これは豚骨ラーメン
点ではなく豚骨醤油の家系だとやっとわかった。が、やっぱりどこにも豚骨醤油と書かれたものはないし、家系と書かれてもいない。着丼する
とこれは明らかに家系もどきの豚骨醤油。まず都内ではありえないことなのでバリカタなどと注文してしまってやや恥ずかしかった。いまいちの店
280 10月5日(月) 東京煮干し
らーめん 玉(ギョク)
最寄駅:JR地下鉄各線 東京
住所:千代田区丸の内1-9-1
(期間限定)香麺
980円
金曜日に行った
六厘舎の部でも書いたが、東京駅
地下の八重洲側、東京駅一番街(ここは新幹線の線路下なのでJR東海が事業主体)が15周年記念フェスタを行っている。六厘舎では餃子つ
け麺をいただいたが、今日は向かいの玉さんでやはり記念商品の香麺をいただいた。実は11月末日までのフェスタ期間は、一番雅に置いてあ
るリーフレットについているクーポンで200円サービスが受けられる。クーポンをよく読めば税込1000円以上のオーダーが必要と小さな字で書いてあるので
、味玉でもつけようかと思って今日も大陸系のお姉さんにクーポンはどうやって使うのかを聞いてところ、いきなり現金で200円を渡されて、以降
なんの音沙汰もないので980円の香麺のみを780円でいただいてしまった。香麺はカレーラーメン、と言うよりもエスニック風カレー風味麺とでも言うべき
で、かなり多種類の香辛料の風味と、粗く刻んだバジルが味覚をガツンと刺激する。香辛料が苦手な人は問題だが、私はこういうのは好きだな
281 10月6日(火) (新店)  ラーメン
二郎 千葉店
最寄駅:千葉都市モノレール 葭川公園
住所:千葉市中央区中央1-7-8
小ラーメン
700円
千葉市に所用が
あったので懸案の千葉二郎へ。
今年の6月2日に開店して、しばらくはあまりの混雑の為整理券方式にしていた。少々落ちついてきたので8月3日から整理券方式ではなくなっ
たばかりだ。最寄駅は千葉都市モノレールの葭川(ヨシカワ)公園だが、千葉駅から歩いて行っても10分弱で到着できる。11時40分頃到着すると
路上の並びは7名、店内に4名だが、屈強な男性オンリーなので回転は素晴らしく早い。15分ほどで着席。しかも私の後はほとんど並びがなくな
り、12時半頃の帰る時に15人ほどの並びとなっていた。近くには大きなオフィスや学校はないので、まさにタイミングの問題のようだ。麺はインスパ
ではない二郎らしく自家製麺のコシのある平打ち。最近デロ麺のインスパが多い中さすがに本家と言えよう。量的にはなかなかのつわもの。先ほ
ど書いたように屈強の若者ばかりだが9割以上が小ラーメンの注文。くれぐれも粋がって大ラーメンなど注文してはいけない。お腹一杯で大満足。
282 10月7日(水) (新支店) 東京油組
総本店 神田組
最寄駅:JR各線地下鉄 神田
住所:千代田区内神田3-21-8
油そば(W盛)
780円(500円)
神田駅そばに新規開
店した東京油組総本店の新支店。
今月2日に開店だったので、10日(土)までは通常780円の油そばがワンコイン500円で提供されている。普通盛りは麺量160gで汁なしとしては
量が少なめだが、倍量のW盛り320gまで同料金なので男性はそちらを注文する人が多い。チャーシューも小切りのものが数個とあとはメンマぐら
いなので麺量が多くてもそう苦労せずに食べきることができる。ただスープ等は一切つかないので、水分が無いとのどに詰まりやすい方は注
意が必要だ。もともとラーメンもデフォのラーメン、うどんもぶっかけしか食べない私なので、具がほとんどないのは全く気にならない。お腹パンパンだ
283 10月8日(木) (経営交代)
天龍
最寄駅:JR総武線緩行 亀戸
住所:江東区亀戸6-56-9
ニラ肉麺
780円
JR亀戸駅東口から
5分ほどの線路沿いにある中華店
。従来から大盛りのタンメンで有名な店で、一時代前のラーメン中華案内本には必ず乗っていた。昼時は近隣のサラリーマンで結構にぎわっていたが
、年2月に惜しまれながら閉店してしまった。どうやら企業系の会社が経営権を引き継いだようで8月に再開店していた。名物だったタンメンに
しようと思ったが、何となく醤油ラーメンの気分だったのでニラ肉麺に。昼時だが3分ほどの入りで以前に比べると全く閑散としていて寂しい。中華
店の麺としては決して不味くはないが、閉店前が美味しくてボリューミーだったので、普通の味では自分も含めなかなか納得できないのだろう。
284 10月9日(金) (新業態)
九州じゃんがらプラス
最寄駅:地下鉄各線 淡路町
住所:千代田区神田須田町1-2-3
野菜仕立の醤油
らあめん 890円
都内に数店舗を
展開する九州ラーメンの老舗。まだ
白濁したスープが都内では珍しかった頃(私は桂花@新宿と九州じゃんがら@銀座がお気に入りだった)からの老舗。当時秋葉原の本店では
基本のライトトンコツであるじゃんがらしかなかったので、ぼんしゃんを食べによく銀座店迄出かけたものだ。ぼんしゃんにご飯があれば他に何も
いらなかった。そのじゃんがらが新業態のお店を淡路町靖国通り裏に開店した。なんとかろうじてじゃんがら(ライトトンコツ)はあるが、ぼんしゃん
もこぼんしゃんも無い。その代わりにじゃんがらでは見たことが無かった醤油らあめんがある。もちろん今日はその醤油らあめんをいただいた
。名前には野菜仕立のとあるが、普通に注文すればちゃんとチャーシューが入ってくる。ヴィーガン(厳格なベジタリアン)対応なので、出汁にも動物は
使用していないのかな。それできちんと深い出汁を感じるのはさすがじゃんがらと言ったところだ。わずかに麺にじゃんがら魂を感じた気がした
285 10月11日(日)
日帰り遠征
(新支店) 鯛塩そば
灯花 木更津アウトレット店
最寄駅:アクアライン連絡道 木更津金田
住所:木更津市金田東3-1-1
鯛塩そば
830円
館山道からアクア
ラインに向かう道をアクアライン連絡道と
呼ぶ。その最後、もう少しでアクアラインに入ろうとする所が木更津金田ICで、その近くに三井が展開する三井アウトレットパーク木更津がある。元は
干潟だった場所なので広大な敷地を有するアウトレットだ。その中にあるフードコートももちろん巨大なのだが、そこにラーメン店が3軒も入っている。
1軒は全国的知名度の一風堂、もう1軒は千葉県ではRDB第1位のとみ田@松戸が展開する松戸富田製麺。その強大な2軒に対抗する形
のラーメン店は結構出入りが激しくなるのも致し方ないだろう。その場所に鯛出汁ラーメンで名をはせた灯花が出店してきたので様子を見るため
日帰り遠征をしてきた。やはり同じ千葉県なので富田製麺の人気が断トツで高いようだが、新しいこともあるのかあの一風堂にも負けていな
い。しかも鯛塩そばと濃厚鶏白湯つけ麺の2本建てなのだが、一般的に好まれる濃厚鶏白湯よりも鯛塩そばの方に人気があるようだ。やは
りインターネット等が普及しているので、都心にラーメンなど食べに行かない人でも灯花の鯛塩そばは聞いたことがあるからなのかも知れない。
286 10月12日(月) (新店)
中華そば 山下
最寄駅:地下鉄各線 人形町
住所:中央区日本橋人形町2-11-8
背脂煮干中華そば
750円
人形町という町
は表通りよりも裏通りにいい店が
集まっている。ラーメン店ばかりではなく、お座敷洋食や大衆すき焼きの店など美味しいお店がたくさんある。私も生まれた場所から徒歩圏内
だったので、よく家族で来たことがあったのを覚えている。その人形町の裏通りにやまらぁという美味しいラーメン店があったのだが、あまりに
も裏通りで、しかも少々地味な感じだったので残念ながら閉店してしまった。そのやまらぁの跡地に新しいお店が開店した。ご店主は竹ノ塚
の繁盛店焼きあご煮干しらーめんきちにいた方のようで、今度のお店も主力は煮干しを効かせたラーメンだ。ラーメンは濃厚煮干そばと通常の煮
干しそばの2本立て。濃厚は+150円だが味変アイテムが選べるようで食指が動いたが、どうやら普通の煮干し中華そばでも背脂が選べるよ
うになったようなのでおとなしくそちらにした。ちなみにこちらは自家製麺で大盛も同料金で選べるようだが、最近カロリーオーバー気味なので普
通盛りで我慢した。自家製麺だけあって麺は麦の香りが残っているもので大変美味しい。それだけではなくチャーシューも香ばしくて美味しかった
287 10月13日(火) (新支店) 鶏そば
かぐら屋 西新宿店
最寄駅:西武新宿線 西武新宿
住所:新宿区西新宿7-16-10
濃熟鶏そば
850円
単純な直線距
離では西武新宿駅が最寄だが、
いつもと同じく小滝橋通り沿い(この店は少し路地に入ったところだが)なので、新宿駅または大久保駅からの方が近いようだ。まだ鶏白湯
がそんなにポピュラーではなかった頃、水道橋に征麺家かぐら屋と言うお店があり、濃厚な鶏白湯を提供するので有名になり連日行列を形成
していた。その後設備改修のため同じ水道橋にかぐら屋として店舗を移転したが、そのかぐら屋の支店が西新宿にできるとは嬉しい限りだ
。近くには中本や武蔵をはじめ名だたるお店が多い激戦区だ。カウンターには仕切り板を設けてウィルス対策もきちんとしている。テーブル上にはか
ぐら屋の代名詞とも言える、大きなミルに三色ペッパーが入ったものが置かれている。相変わらず上質な鶏白湯で安心して食べることができる
288 10月14日(水) (新業態) やきとり
宮川 四ッ谷店
最寄駅:JR各線地下鉄 四ッ谷
住所:千代田区六番町15-2
すごい鶏らーめん
1000円
本当は昨日お
伺いするつもりだったが、開店が
11時半なのでやや時間が合わず、昨日はかぐら屋@新宿に行ったので、期せずして鶏白湯の食べ比べになってしまった。店名からもわか
るようにこちらは老舗の高級焼き鳥店。平日のランチ限定で鶏白湯ラーメンを提供している。単なる焼き鳥店の二毛作だと思ったら大間違いで
、何とあのい「凪」と築地の鶏肉卸専門店「鳥藤」、そして焼き鳥「宮川」のそうそうたる面子のコラボレーション。鳥藤と宮川、鶏専門家の共同開
発の鶏白湯スープ。それに凪の煮干しスープを合わせたWスープ。麺はもちろん凪特製。あの太ちじれ麺に泣かせることに一反木綿まで3枚も
入っている。これで1000円は本当にお値打ちだ。昨日のかぐら屋の鶏白湯が専門家のスープとすれば、今日のこちらのスープは天才3人の
コラボの妙。どちらとも甲乙つけがたいが、濃厚なのはかぐら屋。後は好みの問題だろう。くしくも今日から醤油も始めたとのこと。悩むなぁ。
289 10月15日(木) (新店) 中華食堂
きずな
最寄駅:地下鉄新宿線 岩本町
住所:千代田区岩本町3-3-1
濃厚とんこつラーメン
750円
最寄駅は地下鉄岩
本町だが秋葉原駅からも徒歩圏
内。入り口周辺はよく見る中国資本の中華店のようで、担々麺など他のメニューの写真も飾ってはあるが、店内に入るとメニューはホルダーに入っ
た濃厚豚骨ラーメン1種類のみ。一応二郎系のようにヤサイやアブラ、ニンニク等注文する。麺は150gが並盛で大盛200gも同料金。麺は細麺、
太麺から選び、豚(チャーシュー)も基本は75gで希望で増やして行く。さらにそのチャーシューは脂のあるものにするかないものにするかまで聞か
れる。これだけのチョイスが合ったら注文だけでも時間がかかるが、その上大陸系のなまりがある日本語なので、理解するのにも時間がかか
る。カウンター内で作っているのがお母さんでホールにいるのが娘さんのようだが、マスクをしているとは言え大声でまくしたてるように二人で会話
をする上に、隣とのアクリル板の仕切りはここにはない。まぁ昼なので危険度は低いとは思うが、絶対に30分以上は店内に居たくない状況だ。
290 10月16日(金) (移転) 福は内
新宿曙橋店
最寄駅:地下鉄新宿線 曙橋
住所:新宿区住吉町6-12
カレーつけ麺
950円
地下鉄新宿線
曙橋駅A2出口を出てすぐの路地
。カウンター5席のみの狭いお店でワンオペだが、実はこちらのご主人は移転前、埼玉県熊谷市で大きなお店を経営していた方だ。実は私も昨年
4月の高崎線沿線遠征の時にお邪魔している。熊谷駅そのものが埼玉県の中でも最北部に近い位置にあるが、そこから更に北に車で15
分ほど行った利根川に近い妻沼地区にある道の駅の中にその店はあった。私はそれまでなぜ埼玉県北部にうどんやラーメン店が多いか良く
判っていなかったが、その道の駅の周囲は見渡す限りの麦畑。なるほど小麦文化圏なのだと納得した覚えがある。そのお店にはそんな外
れた場所にあったにも関わらず、10人以上の妙齢の女性(近隣の農家のおばちゃん達)が働いていてびっくりした。どうして今回東京に移
転してきたかは不明だが、店頭に熊谷商工会議所青年部からの祝花があったことからも、惜しまれつつ円満に移転してきたのだろうと想像
できる。昨年も熊谷でいただいた名物のカレーつけ麺を300g(200g、300gからチョイス可能)でお願いした。相変わらず小麦の香りが残る素
晴らしい麺だった。もちろん割りスープも用意はあるが、このつけ麺は是非割り飯で〆ていただきたい。この〆飯だけでも人気カレー店に劣らな
い一品になっている。客席上部の棚には大量の煮干しと昆布があり、ご店主の並々ならぬやる気が垣間見えた。次回は妻沼産の大和芋だ
291 10月18日(日) (新支店) どうとんぼり
神座 有明ガーデン店
最寄駅:ゆりかもめ 有明
住所:江東区有明2-1-8
おいしいラーメン
750円
江東区有明に
ある複合ビル。1階にはスーパーの
イオンが入っており、その棟の5回がフードコートになっている。近隣には高層マンションが林立し、高所得者たちが住んでいることもあり、イオンも他の
地域よりも高級品をそろえている。他の地域ではほとんどスペースをとっていない輸入生ハムなどの売り場も広くとっているし、鮮魚売り場には
他の地域ではあまり見ない数千円する生の本マグロの冊が並んでいる。かと言ってフードコートも高級かと言うとそうでもなくほとんど他の地域
と変わりない。最近新しくできたフードコートではよく見るようになった神座もしっかり入っている。できてすぐもう1軒のラーメン店である自由が丘
蔭山には行っていたが、こちらがまだだったので本日訪店。相変わらず他にはない神座の洋風ラーメン。たまに食べると本当に美味しい。
292 10月19日(月) (新業態)瀬戸内いりこ
ラーメン 古田島
最寄駅:地下鉄各線 神保町
住所:千代田区神田神保町2-20
瀬戸内いりこラーメン
(こってり) 850円
水道橋駅から神
保町方面に歩いていくと、ラーメン店
だけでもかなりの数がある。角地で周辺の学生や文士たちに愛されていたとんかついもや(天ぷらいもやの関連店)もかなり前に閉店して
しじみ出汁ラーメン店になっていたが、そのラーメン店の店頭にも「居抜き入居店募集」の張り紙が。ここもやはりコロナの影響か?その前を通過
して路地をひょいと覗くと「ふくの鳥」という大き目の居酒屋が見える。その居酒屋が二毛作で昼にラーメンを開始した。店名にもあるように
瀬戸内海のいりこを使用したラーメン。あっさりとこってり(+100円)があり、今日はこってりをお願いした。色的には所謂セメント状の濃厚煮干し
出汁なのだが、食べてみるとそんなにもったりとはしておらず、私にはこれくらいがちょうどよかった。ところがメニューの裏に同じ850円で20
食限定の「極」(こってりと同じ850円)が隠れていて、こちらはとんでもなく濃厚のようだ。まだ昼前だったので、来店者の半分ぐらいがこれ
を注文していた。最近どこに行ってもニボラーが幅を利かせている。私は痛風持ち(煮干しは良くないのだ)なのでこれは控えなければなぁ。
293 10月20日(火) (新店)
麺や べらぼう
最寄駅:地下鉄 銀座一丁目
住所:中央区銀座1-14-5
淡麗煮干(手もみ麺)
850円
地下鉄有楽町
線銀座一丁目駅が直近になるが
浅草線宝町や銀座線京橋からもそんなに遠くない。鳥取ラーメンの香味徳の斜め前になる。1階は調理スペースとカウンター4席のみの狭小店。2
階もあるようだがいずれにしろそんなにスペースは広くない。淡麗煮干がメインのお店で、8月の開店直後は平打ちの手もみ麺1種で営業して
いたようだが、現在ではストレート麺も選べるようになっている。初訪なので最初の基本であった手もみ麺でお願いした。確かに煮干し出汁の
ラーメンと言えばストレート麺の方がポピュラーだが、私はこの平打ち手もみ麺がたいそう気に入った。佐野の青竹打ち麺や喜多方の手打ち麺に
かなり近いものがある。最近なぜかこういった麺に遭遇しなかったもので大層懐かしく感じてしまった。昨日伺ったお店もそうだが、最近
煮干しのお店がかなり増殖していて、そういったお店のほとんどがストレート麺使用だ。このスープにはこの麺でないとと決めつけることは無い
294 10月21日(水) (新店) 蔵前
中華そば 高ひろ
最寄駅:地下鉄各線 蔵前
住所:台東区蔵前3-16-3
煮干しとしらすの
らーめん(塩) 800円
私が蔵前に住
んでいたのは30年ほど前になる。
その頃は蔵前にあるラーメン店と言えば背脂系の元楽ぐらいで、いまや大激戦区となりまさに隔世の感がある。この新店も9月26日に開店し
たばかりなのだが、すでに行列店になっている。少し離れてはいるが、同じ蔵前にいつ規、五ノ神製作所出身の改ができた時(2016年2月
)にも、まさか蔵前にこんなレベルの高いお店ができるのかと思った。そしてこのお店のすぐそば(同じブロック)に今年6月に上々と言うお店が
できた時更に驚かされた。そして今回のこちらのお店。もう蔵前のレベルの高さはゆるぎないものになったと言えよう。今日いただいたのは
煮干しとしらすのらめん(塩)。半数以上のお客が丸鶏醤油らーめんを注文しているが、こちらも捨てがたい風味がある。よく考えれば煮干
しもしらすもイワシの加工品なのだが、やはり煮干しだけの出汁に比べると味に階層が生じるので奥深く感じる。そして揚げちりめんじゃこが
乗っているのだが、これが香ばしい味変になっていて食欲が増進する。チャーシューも脂身の少ないかなりほろほろに仕上げられたもので、大
層美味しい。再訪の方はそれをご存知のようでチャーシューメン1000円を注文するようで、この日は何と13時前にチャーシュー切れ(他の店ではあ
まり聞かない)で早じまいになるようだった。ご主人も「早い時間からチャーシューメンばかり出ちゃった」と嘆いていた。すごい店が出現したもんだ
295 10月22日(木) (新支店) 人類みな
麺類 東京本店
最寄駅:JR各線、地下鉄 恵比寿
住所:渋谷区恵比寿西2-10-3
担々麺(ミンチのみ)
1100円
大阪の大行列店、
人類みな麺類の東京初進出店
。開店したのは7月20日だが、大阪と同じくかなりの行列になってしまっていた(実は2018年の第三回大阪遠征の時にも、店頭まで行って
あまりの行列にあきらめてしまったほどだった)ので今日まで未訪だった。そろそろいいだろうと思って今日訪店すると、何と昨日本日明日
は今月25日に開店する東京2号店、人類みな麺類RED(担々麺専門店。赤坂のTBS前に開店する予定)の担々麺試作で通常の麺メニュー
はお休みだった。それでもいい機会と思い担々麺をいただいて帰ることにした。担々麺はミンチのみの物1100円とチャーシューの入ったもの
1430円のい2種。まずは基本をいただこうとミンチのみのものにした。着丼して真っ先に気になったのは青梗菜の葉の部分が丼の縁に張り付
いていること。おしゃれに見せようと言う演出なのだろうが、何となく不潔に感じてしまい私には嫌悪感が残った。担々麺の味そのものはま
ずまずなのだが、ミンチを細かく挽きすぎている上に加熱しすぎでポロポロパサパサで美味しくない。大変失礼な言い方かもしれないが、赤坂界
隈は赤坂四川飯店をはじめとして、東京でも屈指の担々麺激戦区。このクオリティーでは現在行列を形成している醤油味ほどの凄味はない。
296 10月23日(金) (新業態)
油は快楽
最寄駅:地下鉄各線 六本木
住所:港区六本木1-10-4
鶏あぶら麺(中)
850円
六本木、特に
俳優座の裏あたりは20代の頃
ほぼ毎晩遊び歩いていたあたりだ。その頃とはお店の様子もすっかり変わってしまったが、可愛がってくれたマスターがいたスナックはいまだに
健在だ。今度一度行ってみようかとも思っているが、めっきり夜に弱くなってしまったのでどうにも自信がない。その俳優座の裏に一風堂が
あるが、その一風堂の向かい側にできた新業態のお店。母体は1964年創業のフグ料理の老舗「大友」その昼の二毛作としてボリューム系の
ラーメンを提供し始めた。ヤサイ、ニンニク、アブラ、ショウガ等無料トッピングできるほか、麺量も小150g、中300g、大450gが同料金となっている。それ
でいてわざわざJ系ではなくボリューム系と書いたのは「豚」ではなく鶏のから揚げが乗っているからだ。鶏のから揚げと言えば表裏が有名だ
が、あそこまで大きくない代わりにもっとパリパリしていて大変香ばしい。ヤサイ等通常量んぽ中をいただいたが、私には量的にちょうどよかった
297 10月24日(土) (新業態)
麺処 三虎(ミトラ)
最寄駅:JR常磐線私鉄各線 松戸
住所:松戸市本町20-10
醤油らーめん
690円
松戸駅西口すぐ
の場所に開かれた二毛作のお店
。本業の夜はワイン&ディナー蔵人松戸店というお酒と食事のお店。駅からは近いのだが入り口がわかりずらい雑居ビルの地下1階。お店の
入口を入ってからも天井の大変低い部分(私は思い切りかがまなければ通れなかった。。昼の素面の状態だからまだよかったが、夜に
来て酔っぱらっていたら確実に頭をぶつけただろう)を通ったりして迷路のようだ。私は一人だったのでカウンターに通されたが、素晴らしい
種類の洋酒ボトルが並んでいて、酒飲みとしてはそちらに気が行ってしまった。基本の醤油らーめんの他には味噌等もあるようだが、変わ
っているところでは日替わりの鮮魚刺身を乗せた茶漬けがあるところ。ラーメンスープをかけてお召し上がりくださいとある。この日は鯵だった
が、ラーメンを一口食べたところで少々の鮮魚系風味を感じたが、スープにその日の魚のあらを使っているのかも知れない。鮮魚系の旨味と
生臭みのぎりぎりのところを維持している。魚の種類によって振れてしまうと少々危険かもしれない。二毛作にしては美味しくできている。
298 10月25日(日) (新支店) れんげ食堂
Toshu 西大島店
最寄駅:地下鉄新宿線 西大島
住所:江東区西大島1-30-5
マーボー麺+
半チャーハン 847円
久しぶりの休日出勤
なので、少々遠回りをして地下鉄
新宿線西大島駅近くにできたこちらの新支店に。都内から千葉県北西部にかけて展開していた中華食堂東秀が、店名と少々店内を
リニューアルして順次Toshuというお店に衣替えしている。通常の醤油ラーメン+半チャーハンは非常に安いし、その日の気分で麺類を他のものに
変えることも可能なので非常に便利だ。この日は何となく麻婆の気分だったのでマーボー麺にした。この店はオーダーは卓上にあるパッドで
するのだが、ほとんどのお客はそんなものは無視して店員を呼んで普通に口頭で注文している。店員も何も言わずにオーダーを受けてい
る。時間帯にもよるのだろうが、客層はどう見ても60才以上のシニアばかり。パッドで注文しろと言っても無理があるのだろう。面白い。
299 10月26日(月) (新店) 環七
濃厚タンメン べじ田
最寄駅:東武伊勢崎線 梅島
住所:足立区中央本町5-11-5
濃厚タンメン
780円
タンメンと言うのは面
白い食べ物で、それ単体でと言う
よりも、餃子や鶏唐揚げと一緒に注文するのが定番化している。ラーメンと餃子と言う別の食べ物ではなく、タンギョウという商品名で独立して
語られる。またタンメン+鶏唐揚げもタンギョウという商品名が定着している。タンメンはそれ自体野菜たっぷりの中華麺類なので、なにも餃子や
唐揚げと一緒に食べなければ栄養分が足らないということもあり得ない。それだったら単純な塩ラーメンの方がよっぽど栄養は足らないの
だが、シオギョウやシオカラなどと呼ばれることは全く無い。今日はそのタンメン専門店を攻めてみた。場所は環七と日光街道の交差点にほど近
い絶好の立地。都心にもかかわらず5台分の駐車場もあり、繁盛しない要素はあまりないような場所だが、不思議とこの場所で長続きし
た飲食店はない。今回のお店も決してタンメンの味が悪いわけではないので長くs続くよう頑張って欲しいところだ。野菜たっぷり補給した
300 10月27日(火) (移転) Noodle
Stand Tokyo
最寄駅:JR山手線地下鉄 原宿
住所:渋谷区神宮前1-23-26
TOKYOもり中華
そば 800円
もとは北区赤羽志
茂にあったみらいゑと言うお店が
原宿駅そばに移転してきたのは2017年9月ごろだったと記憶している。その時も千駄ヶ谷に所用があり、そこから歩いて行ったような気
がする。そのお店がすぐ近くにできた食堂コンプレックス、神宮前comichi内に再引っ越ししてきた。志茂にあったころは未食だったのだが、
原宿に越してきたときには、原宿らしくない奥の深い家庭的な味と浅草開花楼の美味しい麺に感動したのを覚えている。今回の移転で
多少メニューは変えてきたが、浅草開花楼の麺は引き続いて使用している。いただいたのは所謂つけ麺のもり中華。その他にも以前から
評判の煮込みまぜそばやヴィーガンラーメン等もある。到着したのは11時40分頃で6分の入りと言ったところですぐ着席できた。ところが今日
はたまたまだったとは思うが、ウーバーイーツの出前分や大量持ち帰りの分などでかなり待たされた。残念ながらその間全く何の説明もない
ので怪訝な思いで着席していた。もちろんこういった時代なので出前や持ち帰りも致し方ないが、来店した人にはちゃんと説明するべきだ
301 10月28日(水) (新支店) 自家製麺
伊藤 神田駅前店
最寄駅:JR各線地下鉄 神田
住所:千代田区鍛冶町 2-12-13
肉そば(小)
800円
昨日の夕飯は
頂き物の霜降り和牛があったの
で、焼いていただいところ見事にもたれてしまった。普段脂のあまりない輸入牛肉ばかり食べているので、たまに霜降りなどいただくと、
sどうにもついていけない体になってしまっているようだ。それに加えて今日は午前中忙しかったので、昼は神田にできた伊藤の新支店
でさっぱりとした煮干し出汁の一杯をいただくことにした。歯科も普段であれば210gの中か280gの大をいただくのだが、今日は140g
の小でちょうど良かった。相変わらず美味しい煮干し出汁で量は少ないながら満足だったが、そう言えば3年ほど前に王子に伊藤が開
いたうどん清(セイ)に行ってなかった。近々機会があったら行ってみたい。夜は高級だが昼ならぶっかけ430円とリーズナブルなようなので
302 10月29日(木) (新店)
ヌァヤーン食堂
最寄駅:JR地下鉄私鉄各線 渋谷
住所:渋谷区渋谷1-5-6
チェンマイカレー
ヌードル 780円
渋谷駅から宮
益坂を登り切って一本左に入った
場所。駅からは少し距離があるが、駅周辺の雑踏感は全くしないので落ち着いて食事ができる。カフェテラスのような開放されたスペースがあ
るので、カウンター席でも半開放のさわやかな空気が通っている。タイ料理のお店なのでランチにはカオマンガイやプーパッポカレーライス、ガパオライス等が
ありどれも美味しそう。麺料理はタイの焼きそばであるパッタイと私のいただいたチェンマイカレーヌードル。カレーヌードル本体の麺は細ストレート麺で、小麦
を使用した中華麺。東南アジア特有のビーフン(米麺)ではないので男性でもお腹いっぱいになる。その他油で揚げた太麺も添えて入っている
のでボリューム感も満点。肉は鶏肉を使用しているが、この値段から考えるとかなり多量に使用してくれている。提供する前にパクチーの有無を
聞いてくれるので苦手な人も大丈夫だ(私は大好物でむしろ増量して欲しい)タイ料理店だが四つナルトに値する麺料理を提供している。
303 10月30日(金) (新店)
LOKAHI(ロカヒ)
最寄駅:JR山手線 大塚
住所:豊島区北大塚2-8-8
中華蕎麦(塩)
780円
最寄駅は都電(サクラ
トラム)の巣鴨新田のようだが、JR
大塚駅からも5分足らずで到着できるのでそちらの方が圧倒的に便利。基本は中華蕎麦の塩または醤油780円で、大山鶏、モミジ等の動物
系と煮干し、鯖節、鰹節等の魚介系からスープの出汁をとっている。(店内蘊蓄による)プラス版の地蛤中華蕎麦880円はそれらに蛤の出汁を
足してあるようだ。その他には限定品として大山鶏と鯛+濃厚煮干し出汁のもあった。基本の中華蕎麦の具には米炊きのバラチャーシューと
塩〆した鶏胸肉の2種盛り、三つ葉にカイワレ。麺は村上朝日製麺の細ストレート麺。茹で時間1分ほどの早茹でタイプ。スープの表面にはやや油が
浮いているが、香味油ではないようだ。総じて優しい味わいなのだが、ややスープの味わいにチープさを感じる。もう少し出汁の強さが欲しい。
304 10月31日(土)
日帰り遠征@
(新業態) 田所商店
タンタンメン部
最寄駅:京葉道路 武石IC
千葉市花見川区武石町1-213-1
山椒味噌担々麺
935円
京葉道路武石
ICの周辺は次から次へとラーメン店
のロードサイド店が進出して一大激戦区になっている。その中で最もICに近い場所にあったのが千葉県を地盤とする、味噌ラーメン専門店の田所
商店だ。正確に言うともっと近くにあったのがかつ丼専門店のかつやだったが、今般かつやが閉店したのに伴い、田所商店がそのかつやの
場所に新業態の店舗を作った。担々麺専門店であえてタンタンメン部としている。メニューは辛味を表面に出した海老担々麺880円が基本で、この
日私がいただいた、いわゆる山椒の痺れを効かせた山椒味噌担々麺935円、それに変化球としてカレー味の担々麺もある。店舗の外にはまだ
祝花がたくさん飾られているが、メガバンク4行の頭取全員から祝花が来ていたのが印象的だった。さすが何店舗も展開している田所商店の
新店舗。新業態とは言えオペレーションはスムースで流れるようだった。管理職らしい方が法被を着て店頭に立って整理していたのも好印象だ。
令和2年10月分
267 9月22日(火) (新店) 家系ラーメン
盛ト家
最寄駅:JR総武線快速 稲毛
住所:千葉市稲毛区小仲台2-6-2
らーめん 塩
720円
稲毛に新しくできた
家系の新店。住所を見ると稲毛駅
前のイオンとほぼ同じなので、てっきりイオンの駐車場建屋の1階にある家系がリニューアルオープンしたのかと思ったが、そこはそのままで新たに
イオンの真ん前に開店した新店だった。以前に比べると稲毛駅周辺は家系ラーメン店が多くなった。少し駅からは離れるが、かなり以前から営
業している虎の穴という家系のお店がある。まだ都内には家系のお店が少ないころからの営業で、一年中行列が絶えなかったをよく覚えてい
る。その影響もあるのだろうか、次から次へと家系の新店が開店しては閉店して行った。こちらも特徴に欠ける割には少々お高めで心配だ。
268 9月23日(水) (新支店) 肉汁麺
ススム 新橋店
最寄駅:JR地下鉄各線 新橋
住所:港区新橋2-20-15
肉汁麺 レベル1
800円
秋葉原に本店が
あるお店の新支店。新橋のおじさん
の聖地新橋駅前ビル1号館の1階。確か以前もラーメン店だったが詳細は忘れてしまった。夜は近隣のおじさま方で混雑している飲食店ビルだが
、昼間は閑散としている。この店舗は外の国道からも入れるのでその分有利かとも思われる。秋葉原の本店では平日も含めて昼時は若者で
一杯になっているが、年齢層の高い新橋で、こってり系でしかも肉たっぷり系のラーメンでどこまで勝負できるか楽しみだ。私は好きだけどね。
269 9月24日(木) (新店) 麺処
morimori 新橋店
最寄駅:JR地下鉄各線 新橋
住所:港区新橋2-16-1
まぜそば(チャーシュー
1枚)醤油味700円
昨日の新橋駅前ビル
は東口にあるが、西口側のおじさ
んの聖地はここニュー新橋ビルになる。このビルの前のSL広場では、よく酔っぱらった人へのインタビューが行われている。私も最近はご無沙汰だが
、以前は新橋でよく飲み歩いていたので、この広場でインタビューされて醜態をさらさないように気を付けていたのを思い出す。そのニュー新橋ビルの
地下1階にある店舗。夜はバー「大地」になるお店の二毛作営業。この麺処morimoriと言うお店は足立区五反野にあるようだが、こちらのお店と
どういった関係なのかは不明。かなり麺量が多く上に二郎形式でヤサイ、アブラ、ニンニク、チーズのトッピングが無料になっているのでお腹は一杯になる
270 9月25日(金) (新支店) らーめん玉
田町店
最寄駅:JR山手線地下鉄 田町
住所:港区芝浦3-1-1
手打式旨味醤油
そば 780円
川崎出自の玉
(ギョク)の新店舗。まだ川崎にし
お店が無かったころに初めてお邪魔して、その自家製麺の美味しい麺に驚かされたものだ。それが今では20店舗に迫ろうという多店舗展開で
成功している。そんなわけで玉と言えばつけ麺で麺の美味しさをストレートに味わった後で、入れ放題の2種(煮干し・柚子)の割スープで〆るべき
なのだが、このところ玉のつけ麺は続いて食べているので今日は手打式旨味醤油そばにした。実はTOKYO Xを使ったチャーシューと店内の特注
機械で削りたての鰹節が味わえるチャーシューメンもそそったが、このところのカロリーオーバーを医師に指摘されているのでやむなく基本メニューで。美味
271 9月26日(土) (新店)
ラーメン フランキー
最寄駅:JR総武線緩行 本八幡
住所:市川市八幡2-7-21
とんこつらーめん
しょうゆ 750円
JR本八幡駅か
らは少し離れた国道14号線沿い
にできた新店。ほとんど情報がなかったのであまりかまえずに入店すると、いきなり白人の女性にお出迎えされて面食らってしまった。マスクを
していても一目で美人とわかる方。その肌の白さはアメリカ系ではなくロシア、ヨーロッパ系の方のような気がした。その流ちょうな日本語から、日本
でも滞在が長い方なのだろう。厨房で腕を振るうご主人の奥様のようなのだが、少々お年が違うようだ。もしそうだとすればかなり羨ましい。
こんなひがみから入ったが、このご主人が作る豚骨醤油はかなりレベルが高い。すごく美味しい家系をさらに洗練させたような味わいがある。
ご出身は惜しまれながら閉店した葛西の人気店江戸川角久のようだ。麺は三河屋製麺製。この麺がまたスープとぴったりと合っている。期待
272 9月28日(月) (新店)
らぁ麺 凱哉
最寄駅:JR総武線快速 市川
住所:市川市市川南1-1-2
醤油らぁ麺
800円
最近はこのコロナ
禍の中、きちんと対策をしている
お店はそれなりに熱心さが感じられるので食べる前から期待できる。ところがこちらのお店はカウンターの隣との間も狭く、最近よく見かけるアクリ
ル板の仕切りもない。カウンター下のケコミ(足が入るスペース)にも荷物置き場やフック等もなく、荷物を入れるためのかごも用意されていない。このよ
うなお店は味の方もあまり期待できないのが常なのだが、珍しく期待以上に美味しい一杯を提供してくれた。おそらく鶏主体でとっているスープ
はコクがあり滋味深い。麺は全粒粉使用のパツパツとした歯切れのいいもの。低温調理した豚チャーシューと鶏胸肉の2種乗せ。そして上に浮かせ
た香味油も良くできている。塩ラーメンには最近流行りのポルチーニオイルを使用しているようだが醤油にも同じものなのかな。斬新で美味しい一杯
273 9月29日(火) (新店)
琉球湧田(ワキタ)食堂
最寄駅:JR地下鉄私鉄各線 渋谷
住所:渋谷区桜丘町30-18
とろ肉ソーキそば
あっさり 780円
駅周辺の再開
発著しい渋谷駅周辺。国道246号
から少し入った桜丘町も今後再開発されるらしい。25年ほど前、この桜丘町周辺を営業して回っていたのが大変懐かしい。当時は桜丘町には
ほとんど飲食店が無く、渋谷駅周辺までよく食事に行った思い出がある。現在では美味しいお店がたくさんできた。今日お邪魔したこちらのお
店も、夜になると南平台のごりょんさんという博多串焼きと野菜巻きのお店になる。そのお店のお昼二毛作営業。とは言ってもこちらのお店は
関連店ですぐそばの沖縄料理店ももっているようで、今日いただいた沖縄そばはお手の物なのだろう。ソーキそばにはあっさり780円とこってり
980円があるが、沖縄そばの醍醐味はその鰹出汁にある。こってりがよければ博多豚骨店にでも行けばいい。あっさりなのだが鰹出汁が強烈
に効いており、充分に満足できる一品に仕上がっている。ほぐしたソーキもたっぷりと入っているし満足できる。シーサーのかまぼこが可愛い。
274 9月30日(水) (新店) 辛焦がし味噌
たん麺 一向(ヒタスラ)
最寄駅:地下鉄各線 神保町
住所:千代田区神田神保町2-4-11
焦がし味噌たん麺
850円
いにしえの神保
町二郎があった場所。現在二郎は
神保町交差点の近くに移転している。現在でも行列が健在だが、この場所に二郎があったころはその行列の長さからよくマスコミにも取り上げら
れていた。その後立川マシマシが入店してまたもや行列が形成されていたが、どうやら長続きはしないようだった。今度のお店は辛い味噌ラーメン
の専門店だ。内装、厨房設備は立川マシマシの頃のまま。辛いと言っても蒙古タンメン的な辛さではなく、野菜を炒める時に唐辛子を入れて辛さを
加えるタイプのようだ。辛さ普通でお願いしたが、少々唐辛子の効いた味噌ラーメンと言ったところで無難に万人受けをするように仕上げている。
238 9月1日(火) (新店)スパイスらぁ麺
喰JACK(クジャク)
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 池袋
住所:豊島区東池袋1-23-5
黒孔雀(太麺)
1000円
池袋東口から
サンシャイン方面に歩いて5分ほど
。ラーメン店が集中している激戦区の真ん中。向こう正面はカラシビの勇鬼金棒池袋店。現地到着したのは11時40分頃だったがすでに鬼金棒は20
人近い行列。私の目指したこちらのお店はなんと外の行列はもちろん店内にもお客はゼロ。新店であることも影響しているだろうが、あまりにも
若者たちはマスコミに出ている話題店に集中しすぎだ。さてこちらのお店は店内に食券機は無し。一蘭方式と言うか、置かれた注文シートに書き込
んで店員さんに渡す方式。まず黒孔雀(醤油味)か赤孔雀(塩トマト味)を選ぶ。私は黒孔雀で。その後フリーの香辛料を6種の中から2種選ぶ。
6種はクローブ、クミン、黒胡椒、ホアジャオ、コリアンダー、ジンジャー。私はホアジャオとコリアンダーを。中学の時理科の実験で使った覚えがある乳鉢と乳棒で
出てきた。ただしそんなに量は入っていないのであっという間に擦り終わる。その次に辛さを選ぶ。1〜20まであり、5辛までは基本料金。20越
えは天獄、獄楽浄土と恐ろしげな名前が付いている。私は3辛で。最後に麺は細麺、太麺を選ぶ。有料オプションで手打ちライスヌードルなんてのも
ある。しばらく待って提供された。大ぶりのチャーシューも入っているので1000円でもCPはそう悪くない。同じ池袋の逆側西口にあるスパイスラーメン
店よりもエスニック感が抑えられていて私には美味しく感じた。まぁ何回も本店神田で食べていることもあるが、並んでまでの鬼金棒よりも良い
239 9月2日(水) (新店)
ラーメン あじさい
最寄駅:JR総武中央地下鉄飯田橋
住所:千代田区飯田橋4-8-14
醤油ラーメン
800円
JR中央総武線
飯田橋駅は従来カーブの途中に
駅のホームがあったので、電車とホームの間に大きな間隔があいてしまう場所があり危険だった。それを解消するためにホームを西側に約100m
移動させたので、以前からの東口は電車の停車位置から相当遠くなってしまった。駅前の舎鈴やつじ田もずいぶん遠くなってしまった。その
つじ田の横道を入った場所につじ田奥の院という別店があったが、しばらく閉まっていたと思う。そこで新しいご店主が仮店として3か月間限定
で営業を開始した。どうやら辻田氏やその他そうそうたる面々の審査があった末の開店らしい。メニューは醤油と塩、そしてそれらのチャーシューメン。
私が注文したのは醤油ラーメン。おそらく鶏を主体とした出汁。チャーシューはバラ巻きチャーシューで、チャーシューメンはバラ巻きと肩ロースの2種乗せになるよ
うだ。醤油ラーメンとしては非常に完成度の高い一品。三河屋製麺製の細麺との相性もピッタリ。どういうわけか私のチャーシューは脂が強すぎだった
240 9月3日(木) (移転)
麺や 陽空(ハル)
最寄駅:JR総武線緩行京成 幕張
住所:花見川区幕張町5-417-136
豚骨醤油ラーメン
(中盛) 825円
本日は千葉県運転
免許センターに所用があったので、
京成本線八千代台駅近くの作新台からこちらに移転してきたこちらのお店にお邪魔した。通常規模は38席と中規模の大きさだが、コロナの影響
で少し席数を減らして営業している。それでもこの辺りの個人店にしては珍しく5台分ほどの駐車場もあるので便利だ。メニューは大別して醤油ラー
メン、豚骨醤油ラーメン、味噌ラーメン等でつけ麺もある。お酒のつまみも若干ではあるがランナップされていて、この日は平日であったにもかかわらず
昼から生ビールで盛り上がっている二人連れがいた。麺を固目でお願いしたのだがきちんと固目で茹でられていた。麺もスープも良くできていた
241 9月4日(金) (新支店) 東京麺珍亭
本舗 池袋西口店
最寄駅:JR地下鉄私鉄各線 池袋
住所:豊島区西池袋5-2-1
油そば W盛り
700円
何となく油そばの
雰囲気になっていたので、池袋
にできた油そばの一大チェーン店新支店にお邪魔した。池袋駅から立教大学に向かい、二股交番(立教は私の母校で、この二股にある交番は
立教生はみんなみんな二股交番と呼んでいる)の少し先。注文したのはいつものように油そばW盛り。こちらのお店は早い時間に行くとチャー
シューの切り落とし部分(くず肉と表記はしているが、捨てる部分と言った意味ではない。美味しい部分だ)を希望で無料トッピングしてもらえるので
もちろんお願いした。他のお店にはなかったかと思われるが、卓上には酢とラー油以外にガーリックマヨネーズも置いてある。以前はなかったと思う
が、オーロラソースのような色をしているのでケチャップも入っているのかな。店内で流している宣伝用ユーチューブでは、白人がこのソースのことをしきり
に英語でほめたたえていたので最近はどこの支店にもあるのかも知れない。油そばを含めて汁なしはたまに無性に食べたくなる時がある。
242 9月5日(土) (新店)
なな屋
最寄駅:地下鉄東西線 原木中山
住所:船橋市本中山7-11-16
白担々麺(ランチ)
500円
地下鉄東西線
終点西船橋駅の一つ手前、原木
中山駅から5分ほどの住宅街の中にできた新店。トレードマークは猫のシルエットのようで可愛くまた印象的だ。通常メニューでは850円の白担々麺が
ランチタイム割引でワンコイン500円で食べられる。その他通常750円の醤油ラーメン、塩ラーメン、タンメン(塩ラーメンとタンメンが同じ値段なのも面白い)も同じく
500円。これでもお得だが最もお得なのは白担々麺だ。麺は村上朝日製麺んぽつるっとした麺。悪くはないがつるっとしていないほうが私は
好みだ。ご夫婦らしき二人で切り盛りしているのもまた好感が持てる。見ているとご主人の仕事が丁寧でしかも早い。いいお店で修行されたか
243 9月6日(日)
日帰り遠征@
(新店)
ラーメンイレブン
最寄駅:JR東金線 求名
住所:千葉県山武郡成東775-2
ラーメン
750円
イレブンと言え
ば新馬場にあったイレブンフーズ
を思い出す。当初は環状8号沿いにあり、午前8時から午後4時までという変則的な営業ながらトラックドライバーから絶大な支持を得て大繁盛
していた。その巨大なチャーシューは店がなくなった今でも、何の関係もない周辺の店に受け継がれていて、あの辺りは巨大チャーシューを売りに
する店が多い。ちなみにイレブンの店名の由来はそれ以前の屋号「みよし」から3+3+4にしたことを知るフリークはもう少ないだろう。その後南
品川に移転したりしたが、惜しまれつつ閉店してしまった。息子さんは大鳥居でイレブン源流というお店を営業している。企業系が名前だけ
使って一時期麹町で営業していたが、そちらも2015年に閉店。お弟子さん?が千葉県の大網で営業していたがそれも2015年に閉店。今
回いきなり復活のニュースが飛び込んできた。場所はJR東金線求名駅が最寄の成東。昼少し前に到着すると大変お若い店主さんが厨房で
作っている。これは全く関係ないのかと思ったら、出てきた一品は巨大なチャーシューにワカメ、角切りに切った生タマネギとまさしくイレブンそのもの
。麺は酒井製麺。昔を知っているものとしては涙が出るほど嬉しかった。満州ギョウザも大変美味しそうだったが連食予定なので次回に。
244 9月6日(日)
日帰り遠征A
(新店) niboshi
noodle 烏(カラス)
最寄駅:JR私鉄 成田空港第一T
住所:成田市三里塚御料1-220
ウルメとカタクチ濃厚NA
煮干し 850円
イレブンからの連
食予定は銚子手前の八日市場
にできた新店。あらかじめ定休日や営業時間等確かめて13時ごろ到着したが、何と店頭には「麺切れにより閉店」の張り紙が・・・。まぁ
開店してまだ日が浅い(開店8月15日)からその辺の予測外れは仕方ないとは思うが、長距離を移動してきたのにがっかりだった。まぁ
開店早々すごい繁盛だが、麺屋一燈や煮干し宮元で修行してきたご店主ならそうだろう。また出直すことにした。帰路の途中にある成田
空港にほど近いこちらの新店に。10台ほど停められる広い駐車場がある。店の裏(つながっている)の古民家の前が駐車場だ。ご店主
のご実家なのだろうか。成田空港という山の中で煮干しとはと思ったが、考えればこの辺りは九十久里浜に近い。まさにイワシの本場では
ないか。基本メニューであろうウルメとカタクチ濃厚NA煮干しを。ちなみにこれに鶏出汁を併せたものもあるが、ここはあえて煮干し単品味で。
まずイワシの一番出汁がグラスで供される。素晴らしい出汁だ。その後固めの細麺が浮いた一品が登場した。都内で言うガツンとした煮干し
ではないが、全くエグミの無い上品なニボシ出汁はかえって難しいだろう。お客の半数は成田空港のANAのキャビンアテンダントやグランドホステス
ばかり。まさに口の肥えた国際級のお姉さま方に開店早々(8月20日)支持されるとはただ者ではないな。行列のない今の内のお店だ
245 9月7日(月) (新店)
麺屋 我論
最寄駅:地下鉄各線 新宿三丁目
住所:新宿区歌舞伎町1-1-5
醤油冷やしらーめん
+煮玉子 1030円
コロナウィルスの感
染が怖くて新宿、特に歌舞伎町
は避けて通っていた。このところ新規感染数も減ってきたし、私が行くのも昼に限られているで、そろそろと思い行ってきた。場所は
ゴールデン街にある5GALLONSというバーの1階をラーメン店として使っているお店。しょせん間借り営業か何かかとは思ったが、ご店主が
八千代にある食の道場出身とあればそれなりの物だろうと訪店した。基本は醤油ラーメンなのだが、まだまだ残暑が厳しいので醤油冷や
しらーめんにしてみた。こちらの煮玉子はメーカーズマーク(美味しいバ-ボンウィスキー)に漬けて作っているとのことなのでぜひともと思い注文
を。ランチタイムはご飯が付くということなのでご飯も。やはりただ者ではなかった。ちょうどスープを仕込んでいるところだったが、きっちりと
温度計とタイマーを使って(もちろん味見もして)仕上げていた。さすが食の道場出身だな。当然素晴らしく美味しかったです。
246 9月8日(火) (新店)
えっちゃんラーメン
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 新宿
住所:新宿区歌舞伎町1-15-8
中華そば
850円
新宿歌舞伎町の
真ん中、凪豚王のあった場所。
いろいろと謎が多い店だが、同じく凪豚王があった神田のちえちゃんラーメンの系列店だということはどうやら判明しているようだ。一部噂され
ている凪との関係はいまだ不明。今日は昼少し前に訪店したところ、カウンター席の後ろのパティションで仕切られているところで誰かがパソコンに向
かい仕事をしていた。お顔が見えなかったので(見えても)どんな人かわからなかったが、以前豚王時代にお邪魔したときも同じ場所で同じ
ように仕事をしていた人がいたのを思い出した。さて味の方はまさにちえちゃんラーメン@神田と同じ、淡色のスープだがどちらかと言えばオイリー
なほうだと思われる。そのスープにに平打ち気味の麺が入り、チャーシューは薄切りながら7〜8枚とたっぷり乗っている。ざく切り気味の長ネギが
大量に浮いている。このスープと長ネギのざく切りは相性がいい。胡椒とニンニクが合いますとの店員さんのお勧めの言葉があったがそのどおりだ
247 9月9日(水) (新店)
宝町サケスクエア
最寄駅:地下鉄浅草線 宝町
住所:中央区八丁堀3-1-11
濃厚海老まぜそば
(大) 600円
以前から仕事の都
合で何度か前は通っていたが、
時間外れや臨休等で行かずのままになっていた。どちらかと言えば店名通り、周囲のサラリーマンが帰りに一杯やるお店。昼も魚のアラ煮定食
が主力商品のようだ。店頭の保温機の中のアラ煮は旨そうだったが、このコロナのさなか厨房から離れた場所に食品が置いてあるという怖い
状況だ。私はあらかじめ決めておいた濃厚海老まぜそばを。基本がワンコインと大変リーズナブルなので+100円で大盛にした。期待通り量はたっ
ぷりだったが、味付けが和風な上に麺がうどんのような麺なので、まぜそばと言うよりは焼うどんのようなテイストだった。少々残念だった。
248 9月10日(木) (新店)
麺屋 鈴春
最寄駅:地下鉄各線 本郷三丁目
住所:文京区本郷2-26-1
醤油らーめん
900円
御茶ノ水駅から
本郷三丁目駅に向かい、壱岐坂
の交差点にできた新店。つい先日まで麺屋一燈の本郷店があった場所。と言うことで押しも押されぬ人気店麺屋一燈の重鎮が独立して開店
したお店。芸能界で言えば久々の大型新人と言ったところだ。カウンター7席、二人掛けが2つとそんなに広くはない店内。午前11時開店で11時
20分頃の到着だったのである程度の並びは覚悟していたが、何とノーウェイティングで入店できてしまった。場所が少々駅から離れているのと、周
囲にラーメン店がほとんどないのでまだまだ評判は高くはなっていないのかも知れない。基本の醤油らーめんをお願いした。やはり思った通り
ただ物ではないスープ。おそらく鶏が主体だと思われるが上品なコンソメのようだ。具には穂先メンマ。そしてチャーシューは豚と鶏の2種乗せ。どれを
とっても全くスキのない出来上がり。修行元のことを考えるとつけ麺の登場が待たれる。というか切望したくなる。大行列店になること必至だ
249 9月11日(金) (新支店) かけラーメン
まさ屋 池袋店
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 池袋
住所:豊島区西池袋1-40-1
極太麺A麺味噌
(並) 380円
蒲田に本店があり、
渋谷に支店があるお店の3号店
。渋谷店のオープンの時に訪店して以来。実に変わったお店で、店名通りかけラーメンしかない。一応二郎インスパということにはなっているが、二郎
でおなじみの野菜はここにはない。かろうじてチャーシューはあるが、それはトッピングメニューでデフォではない。丼とお水のコップはどちらも使い捨ての
ものでいい意味で洗浄を省略している。麺は二種類から選ぶことができ、A麺は平打ちの太麺、C麺は細麺になる。テイクアウトにも力を入れてい
て、むしろそちらの方が本業ではないかと思われる。前回渋谷では生玉子を丼に入れて食べたので多少あふれてしまったが、今日は少し考え
て別器でといてつけて食べてみた。どうやらこの方法が正しかったようだ。三田二郎世代にはどうも生玉子につけて食べるのはデフォではないな
250 9月12日(土) (新店)麺屋 味の郷
八千代緑が丘店
最寄駅:東葉高速鉄道八千代緑が丘
住所:八千代市緑が丘1-1104-3
煮干ラーメン
780円
千葉県の西船橋を
起点として八千代市勝田台を
結ぶ東葉高速鉄道の八千代緑が丘駅前にできた新店。八千代緑が丘駅は駅前に大きなイオンショッピングセンターがあり、都心とも地下鉄東西線へと
乗り入れるので直結しているので立地としては悪くないはずだ。しかしもう開通してかなり経つにもかかわらず、駅前の商業スペースは活気がない
。イオンショッピングセンターにも寄ってみたが、そこそこにぎわっている。どうやら周辺の家族連れは自家用車でショッピングセンターにきて、そこで買い物と
食事を済ませてそのまま帰ってしまうようだ。日用品はそれで完結し、デパートに用があるときは船橋に出てそこで買い物をしてしまうので、駅周
辺は寂れるばかりだ。この新店も数組のお客がいるだけで決して繁盛しているとは言い難い。せっかく駅前に出店したのにこれでは心配だ。
251 9月13日(日) (新店)
袁記(エンキ)
最寄駅:北総鉄道 白井
住所:白井市根459-22
袁記豚メン
759円
千葉県内は昨日行
った八千代緑が丘駅がある東葉
高速鉄道の更に北側に北総開発鉄道(現北総鉄道)が走っている。江戸時代には野馬がいた山野(牧と呼んだ)だけしかなかったこの辺りに
太平洋戦争後引揚者たちが開墾に参加して次々と町ができていった。それら開墾地には開墾した順番に町名がつけられている。初富、二和、
三咲等。そしてそこに東西をまっすぐに結んだ鉄道ができた。それが北総開発鉄道で、ほとんどカーブなしに線路が敷設されている。そのおかげ
でスピードが出せるので、現在では成田空港行きの京成スカイライナーが乗り入れて猛スピードで走っている。もちろん通勤用の車両も走っているの
でますます人口は増える一方だ。そんな北総鉄道白井駅そばにできた中華の新店。駅からは少々離れているが、大きな駐車場を有している
ので昨日のお店とは逆に自家用車を持っている住民で混雑している。店名からもわかるように中国資本の中華料理店で席数もかなりある。
麺類の種類も多く、もちろん中華料理店なので汎用の効く清湯ベースなのだが、コックの腕がいいのか味付けが日本人向けでまずまず美味しい。
252 9月14日(月) (新店) ラーメン
牛道(ギュウドウ)
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 池袋
住所:豊島区西池袋2-47-12
極濃背脂ニンニク
超人ラーメン 680円
店名からも容易に
創造できるが近くにある炭火焼肉
牛道という焼肉屋さんが3号店としてラーメン店を開店した。こういったパターンは最近多く、コロナウィルスに対するアルコール提供店舗の営業時間短縮要
請が影響して、店舗企画段階で急遽営業時間短縮の影響を受けにくいラーメン店に衣替えする例が多い。とくにこの池袋や新宿、渋谷などに
多く見られる。中には付焼刃的なお店もあるようだが。こちらのように本業の焼肉店と上手に仕入れ等補えればそこそこ美味しいラーメンができ
てしまうので、長期間ラーメン店で修行してようやく自分のお店を持った人にとってはたまらないかもしれない。当初基本の醤油ラーメン750円か香
味(塩)ラーメン750円にしようと訪店したが、壁に貼ってあったこの過激な商品名に釣られてしまいこちらを注文した。要は二郎インスパイアのラーメン
で、ニンニクの有無や脂の増量も注文できる。。普通は基本のラーメンが一番安いのだが、別業種の方の発想の方が柔軟なのかも知れない。しか
もご飯を無料でつけることができるので若い人にはたまらないだろう。チャーシューも一般に言うチャーシューではなくて二郎流の豚よりもさらに大きい
肉の塊が乗っかっていた。正直ご飯も頼んでしまったことに反省もしたが何とか完食できた。慣れないところで慣れないものを注文は危険だ。
253 9月15日(火) (新店) 中華そば・もり
中華ひろちゃんラーメン!
最寄駅:西武新宿線 西武新宿
住所:新宿区西新宿7-5-6
もり中華そば
950円
最寄駅は確かに西
武新宿駅なのだが、小滝橋通り
にあるので新宿駅と大久保駅のちょうど中間あたり。ネットの書き込みに、またまたちゃん系のラーメン店か?なんて乗っていた。確かにちえちゃん
らーめん@神田やえっちゃんらーめん@歌舞伎町とメニュー構成が中華そば850円、もり中華950円と同じ。従業員さんの制服も昔ながらの調理
白衣と共通点が多い。とすれば凪との関係はどうなのかと気になるところ。何にしても食べ手としては美味しければいいのだけれど。昔、同じ
小滝橋通りのもう少し大久保駅寄りにはやし家という美味しいつけ麺屋さんがあった。そこの麺量はデフォでも400gあって、当時腹ペコだった私
の空腹をずいぶん慰めてくだたのを思い出した。こちらのもり中華はそんなには量がないのがちょっと寂しい。肉は多いが少々CPが気になる。
254 9月16日(水) (準新支店) 節骨麺
たいぞう 綾瀬店
最寄駅:JR常磐線緩行地下鉄 綾瀬
住所:足立区綾瀬2-27-5
こってりたいぞう
らーめん 700円
総本店は池袋にあ
るお店の新支店。綾瀬駅のすぐ
そば。コロナウィルスの影響で、最近はあまり営業で客先に出向くことが少なくなった。しかしそうも言っていられないので、本日・明日は久々に足立
区の客先周りをすることにした。新支店としてリストアップしていた店だが、そんなわけで昨年の11月開店にもかかわらず今日の訪店になってしまっ
た。このお店は都内近郊に15店ほど展開をしているチェーン店だが、正直そんな特別に美味しいというわけではないので、結構スクラップアンドビルドで
お店の場所がくるくると変わっている。一世代前の豚骨醤油なのだが、店舗数が多いだけにある程度完成された味を提供している。汎用店。
255 9月17日(木) (新店) 食堂ソラノシタ
足立区役所店
最寄駅:東武伊勢崎線 梅島
住所:足立区中央本町1-17-1
昔ながらの中華そば
770円
と言うわけで、昨日
に続き、本日も足立区内の営業
先周り。今日の宿題店は足立区役所の14階食堂に6月に交代で入った食堂ソラノシタ。最初情報を得た時、「え!ソラノイロが区役所の食堂に?
」と思ったが、よく見ると少し店名が違っていた。どうやら居酒屋を中心に展開している地元の企業体のようだ。メインのメニューとしては刺身定食や
煮魚定食なんか置いていてそちらも美味しそうだが、ラーメンを3種のみ置いているところが気になって訪店。ラーメンだけは地元北千住の行列店、
麺屋音とコラボして監修を受けているようだ。ラーメンのメニューは今日いただいた基本の昔ながらの中華そば、チャーシューメン、そしてあら出汁ラーメンの3
種。そのあら出汁ラーメンも気になったが、万一生臭みが残っているといやなので基本の中華そばにした。コロナの影響で席の感覚を大きくとってい
るので、一人で訪店した私は外向きの展望ガラスの真ん前と言う特等席。東向きなので遠く松戸の国府台まで見渡せた。昼前だったのでがら
がらの状態にもかかわらず20分以上待たされた。どうやら定食は得意だがラーメンはそうでもないのかな。味はまずまず。路面店でも通用する。
256 9月18日(金) (新店)
ゑぞ食堂
最寄駅:つくばEX 浅草
住所:台東区西浅草2-10-3
札幌まぜそば
800円
開店以来行列
が途絶えない西浅草のみつヰ
の隣に新開店したお店。別にラーメン店の隣にラーメン店ができるのは珍しくもないが、みつヰのある西浅草は住宅街の真ん中。しかも路地から更に
狭い路地を入ったところにあるお店なので、その隣となるとかなり珍しい。今日も11時半頃到着するとすでにみつヰの前には二人並んでいる。
こちらの新店は私が口開けで帰るまで誰も来なかった。7月25日の開店だからそろそろ2か月になろうとしている。ご店主は北海道の方で、BG
Mは札幌のFM。最近は日本全国のFMがパソコンで聞けるので全く便利だ。メニューは味噌ラーメン800円、味噌つけ麺900円、そしていただいた札幌
まぜそば800円。ラーメンとつけ麺には+200円でご飯と北海道料理の小皿がつけられる。まぜそばにもお願いすれば付けられるようだが、設定さ
れていないのはおそらくその麺量だろう。多分400gほどあるだろう。私は決して小食ではないがお腹いっぱいになってしまった。麺は西山製麺
の輸送用段ボール箱が置いてあったのでおそらくそれだろうが暖簾に字はなかった。充分美味しくボリューミーな逸品だった。繁盛して欲しいな。
第二回大阪(高井田)、和歌山遠征
257 9月19日(土)
遠征@
(新支店)
南国酒家 47chine
最寄駅:JR地下鉄各線 東京
住所:千代田区丸の内1-9-1
朝メニュー 中華出汁香る
清湯そば 780円
本日から遠征
に出発。関西方面は久しぶりだ。
今回の遠征は9時ちょうど出発ののぞみ213号を利用して大阪に入る。もちろん現地に店舗開店の11時には到着したいのでこの時間ののぞみ
なのだが、今回は新しくできた東京駅のダイニングコンプレックス、グランスタ東京を朝に利用するという目的もある。どの店舗も朝8時には開店するのだが
、さすがに朝一から雷の二郎インスパはきついので、通常時間には高価なメニューが多く未訪だったこちらに。8時少し過ぎに到着すると休日の早朝
にもかかわらず先客1名。こちらの朝限定メニュー「中華出汁香るあっさり清湯そばセット」を。ラーメンとセットになっているのは結構なポーションのサラダ。そ
れに清湯の中華そばがセットになっている。朝食にはぴったりのローカロリーなヘルシーメニュー。しかしスープには深い味わいもある。さすが南国酒家。
258 9月19日(土)
遠征A
(大老舗)
中華そば 住吉
最寄駅:近鉄大阪線 布施
住所:大阪市東成区深江南3-20-8
中華そば
500円
すでに大阪のみ
には数回遠征して、めぼしいお店
は何軒か既訪している。(実は人類みな麺類だけは何度もチャレンジしているのだが、その行列の長さに毎回心が折れて諦めている)この宿題は
東京店@恵比寿(こちらもまだ行列なので落ち着いたら)で果たそうと思う。今回は行けてなかった高井田を中心に攻めてみる。ちなみに東京
新橋の麺屋7.5Hz東京店でも食べてはいるが、撤退して閉まったので現地に行くしかない。最初は元祖と言えるこちらのお店に。カウンター8席
の狭いお店。高井田系は富山ブラックのようにスープは真っ黒だが、食べてみるとしょっぱくはないのも共通なところ。到着したのは11時半ごろで
待ちは3名。ほどなく入店していただくことができた。食べている間もひっきりなしに地元のおばちゃんたちが麺とスープを買いに来る。現在はテイ
クアウト全盛な時代だが、この店は1945年の創業以来このスタイルが70年以上も続いているのだろう。実に美味しい。東京にも来てくれないかな
259 9月19日(土)
遠征B
(老舗)
光洋軒
最寄駅:近鉄大阪線 布施
住所:大阪市東成区深江南3-20-15
中華そば
500円
前出の住吉から
僅か15メートルほど離れて同じ広
い道路に面している。住吉が高井田系の元祖と言われているのに対して、こちらのお店は高井田系の総本山と言われている。住吉より少し
ひろいカウンター10席。丼は住吉より少し大きめ。その分何となくスープにカエシが少ないような気がした。しかしそれは私だけの感想ではないようで
、卓上にはカエシが調味料入れに入って置いてある。おそらく薄味が好きな人向けに作って、濃い味が好きな人は足してくださいと言うことだろ
う。麺は住吉とほとんど同じ太めで短めのストレート麺。このスープにこの麺が揃って高井田系と言えるだろう。この店も近所の河内のおばちゃん
(この辺りは大阪と言うよりも河内と言いたい)が買いに来ていた。こんなレベルの高いラーメンがいつでも食べられる河内の人がうらやましい。
260 9月19日(土)
遠征C
二両半 布施駅前店 最寄駅:近鉄大阪線 布施
住所:東大阪市長堂1-2-14
塩並
730円
2軒続けて高井
田系醤油をいただいたので、布施
の駅前まで戻ってきてこちらのお店に。本店は近鉄で数駅西側の鶴橋にある。こちらのメニューは同じ値段で醤油、塩、味噌が選べる。東京と
言うか東京だけではなく大抵の店ではなぜか味噌だけが少し高めに設定されている。味噌ラーメンは野菜を中華鍋で煽る等製法による手間の
違いで少々高くしているところが多いが、ただスープに味噌を溶かすだけでも高いのは少々疑問だ。ただしこちらのお店は鶴橋の本店も含めて
塩が有名なので塩をいただいた。いわゆる駅前の中華店的な味わいと麺だが、さすがに最後まで飽きずに食べさせるだけの力強さがある。
261 9月20日(日)
遠征D
金龍ラーメン
道頓堀店
最寄駅:地下鉄私鉄各線 日本橋
住所大阪市中央区道頓堀1-7-26
ラーメン
600円
昨日はミナミの繁
華街の真ん中できた新しいホテルに
宿泊した。普段大阪に遠征したときはわざと中心地から外れた場所に宿をとるのだが、今回は午前中に和歌山に移動したかったので南海
難波駅まで歩いて行ける場所にしたのだ。普段遠征した時は健康も考えて、あえて夜はラーメンを食べずに土地の人が利用するスーパーマーケット
で土地の人が普段食べているものを食べることにしている。鮮魚売り場などを覗くと関東ではあまり見ない魚が刺身で売られていたりするの
で興味深い。ところが今回はあまりにもミナミの真ん中に宿をとったのでスーパーマーケットがほとんどなく、あまりいい夕食は取れなかった。かと言
ってコロナも怖いので夜の街で外食は控えなければならず結構困った。朝食は大阪では恒例の金龍ラーメンにした。ほとんどの金龍ラーメンは24
時間営業なので日曜日の早朝に行くと仕事上がりのホストたちが騒がしいので、今回は8時開店の道頓堀店にした。何ということはないライトな
豚骨醤油なのだが、キムチとニラとニンニクをたっぷりと入れて食べると「あぁ大阪に来たんだな」と思う。私にとって大阪食い倒れは金龍ラーメンかも
262 9月20日(日)
遠征E
麺屋 ひしお 最寄駅:JR南海電鉄 和歌山市
住所:和歌山市卜半町45番地
紀州湯浅吟醸醤油
ラーメン 748円
南海難波駅から
特急サザンに乗って和歌山市駅まで
は約1時間。クロスシートの指定席もあるが地元の人と一緒にロングシートの普通車で移動。今回の和歌山遠征は、2008年に来た時には井出商
店をはじめとして、どちらかと言えば井出系(和歌山ラーメンには豚骨をきつく煮出してスープの味で食べさせる井出系と、紀州独特の醤油の味
を前面に出した車庫前系がある)中心に食べ歩いたが、今回は車庫前系を中心に食べて行こうと思っている。ところが1軒目に尋ねた老舗
のKは地図をたどっていってもたどり着かない。サイトの口コミも2014年あたりが最後なので、おそらく閉店してしまったのかも知れないと思い
諦めた。ところが地図の表示にやや誤りがあり、ワンブロック違うところを探していたようだ。東京では住居表示がしっかりしているので、こんな
ことはほぼ絶対おきないのだが、地方に遠征した時は気をつけなければならない。仕方なく次の店に。こちらはすぐにわかった。和歌山で
も老舗の醤油屋さん、湯浅醤油を使用しているので期待が持てたが、予想通り素晴らしい醤油ラーメンだった。やはり醤油の影響は大きいな
263 9月20日(日)
遠征F
ラーメン〇イ
十二番丁店
最寄駅:JR南海電鉄 和歌山市
住所:和歌山市十二番丁87
ラーメン
820円
和歌山での2軒
目はこちらのお店に。こちらも車庫
前系の有名店だが、中之島にある本店は夜19時からの営業。すでに書いたが私は遠征の時にも夜はラーメンを食べないので、支店だが昼
も営業しているこちらのお店に。こちらのお店は通常のラーメンでもスープが全く見えないほどネギの小口切りが乗っていることで有名だ。関西
なのでネギはもちろん青ネギだ。青ネギから抽出されるエキスでスープにとろみがついてしまうほど大量にネギが入っている。ところがメニューには
ネギラーメンもある。写真のみ見たことがあるが、丼がネギで覆いつくされているばかりではなく、上方に山のように盛り上がっている。私も
ネギは嫌いなほうではない。駒形どぜうに行くとネギを山盛りにして食べているが、さすがにこちらのネギラーメンは注文できない。デフォで充分
264 9月21日(月)
遠征G
丸美商店 最寄駅:JR阪和線 和歌山
住所:和歌山市美園町5-61
中華そば
730円
昨日はJR和歌
山駅すぐ近くのホテルに宿泊した。
朝食ブッフェ付きのプランだったので、一番の6時30分に食堂に行き、炭水化物抜きでサラダとソーセージだけをとり、その後朝風呂に入ってお腹を
すかせた。多くのラーメン店が午前11時開店の中、こちらのお店は和歌山駅の駅ビルMIOの中なので10時開店なので今日の口開け店に。
駅ビルの中とは言え、こちらのお店は井出系ながら地元の人に人気のあるお店。さすがに10時少し過ぎなのでお客さんは少ないが、それ
でもカウンター6席、テーブル12席の半分ぐらいは埋まっていたのには驚いた。やはり和歌山の人はラーメンが好きなんだなと思い知らされた。テーブ
ルの上には和歌山のラーメン店ではおなじみの早寿司が乗っている。お手頃な大きさなのでつい手が出そうになるが、連食なのでここは我慢
265 9月21日(月)
遠征H
(大人気店)
井出商店
最寄駅:JR阪和線 和歌山
住所:和歌山市田中町4-84
中華そば
750円
今回は井出系
ではなく車庫前系中心に食べ歩
くことにしていたが、やはり和歌山に来たからにはこの店を外すわけにはいかないだろう。初めて井出商店をいただいたのは新横浜のラーメン
博物館だった。それまで一風堂や勝丸、六角家やすみれ等名だたる名店はすべて食べていたが、こちらのお店の1杯には驚愕だった。それ
まで和歌山ラーメンの存在すらあまり知らなかったが、その後わざわざ2008年に食べに来ることになろうとは思っていなかった。と言うことで和
歌山の本店は今回で二度目。開店11時の10分ほど前に到着したが前40人ほどの大行列。まぁこのお店は何人並んでいても別に驚かない
が、一般の観光客の方々は口々にびっくりしていた。それでも約1時間で入店できて12時半には和歌山駅に戻ってきた。初めてらしきカップル
の女の子が卓上の早寿司を食べて美味しさに驚いていた。ラーメンにはそんなに感動しなかったようだが。帰りに早寿司をお土産にしていた
266 9月21日(月)
遠征I
麺や マルショウ
新なにわ大食堂店
最寄駅:JR新幹線地下鉄 新大阪
住所:大阪市淀川区西中島5-15-5
台湾まぜそば
780円
今回の遠征締めくく
りは新大阪駅地下に2016年にで
きた飲食店コンプレックス「新なにわ大食堂」にあるこちらのお店に。今回は都合により帰京が早い時間なので(15時24分のぞみ112号)念のた
め既存の路面店は避けて、地下鉄御堂筋線(和歌山から快速紀州路で天王寺で乗り換えた)新大阪駅北口に直結しているので時間がない
時には安心だ。このお店は大阪にありながら名古屋名物の台湾まぜそばがメインのお店で、他に居酒屋やステーキハウス等を展開している、いわ
ゆる企業系のお店だ。丼の見た目は本場のはなびとよく似ているが、海苔が乗っていたりと微妙に異なっている。食べてみると思った通り名
古屋(東京にもある)のはなびとは全く味が違う。何と言うか過度に和風にベクトルが向いてしまっていて、迫力が全くないのが残念だった。
令和2年9月分
212 8月3日(月) (新店)NIPPON RAMEN
凛 RIN TOKYO
最寄駅:JR各線地下鉄各線 東京
住所:千代田区丸の内1-9-1
醤油らぁめん
990円
本日オープンしたJR
東日本が展開する、東京駅地下
1階と地上1階にまたがる新グランスタ。飲食店だけでもかなりの数が新規オープンしている。特徴としては一部改札外だがほとんどが改札内に位置
している。その中でラーメン専門店は2軒(中華料理店やタイ料理店で麺類を提供しているところは除く).1軒は松戸とみ田グループ、二郎インスパの雷
。そしてもう1軒は今日お伺いしたこちらのお店。札幌の人気店「Japanese Ramen Noodle Lab Q」がプロデュースしてJR東日本の関連会社JR東日
本フーズが運営している。家主であるJR東日本の関連店だけあって、銀の鈴(従来からあった地下1階の待ち合わせ場所)から八重洲地下街に
直接出られる八重洲地下中央口の真横。塩ラーメンや背脂醤油などもラインナップするようだが、本日が開店日でしばらくは醤油らぁめん一本で勝負す
るようだ。11時15分頃到着する(何とほとんどの飲食店は早いところで午前7時から。ラーメン専門店2軒とも午前8時から営業している。東京駅での
朝ラーの選択肢が増えて嬉しい限り)とほとんど並びなく入店することができた。麺は松戸とみ田グループの心の味食品。雷ももちろんそうだろうから
グランスタは2軒とも心の味製麺なのだろう。3種の地鶏と豚から抽出したスープは素晴らしいが、それに比して何とチャーシューの貧相なことだろう。チャー
シューは札幌のお店の仕様なのかもしれないが、東京都心でこのチャーシューで990円とっている店は私はほぼ知らない。改良の余地は多々あると思う。
帰り際に雷の方を覗いてみた。11時45分頃ともちろん時間も違うのだが、すでに10人以上の外待ちが発生していた。皆さん良くご存じだなぁと感心。
213 8月4日(火) (新支店) ラーメン 雷
東京本丸店
最寄駅:JR各線地下鉄各線 東京
住所:千代田区丸の内1-9-1
雷そば(並)
950円
東京駅に新しくオ
ープンしたグランスタ東京。その
中のラーメン専門店の内1軒は昨日のお店で、もう1軒は本日お邪魔したこちらの雷。松戸とみ田系列の二郎インスパのお店だ。こちらのお店も午前
8時から営業(昨日は10時からだったようだ)なのでその内遠征時の朝ラーとして使えると思っている。しかもエキナカ(改札中)なので、ここまでの
交通費もかからない。なんせグランスタ全体の営業主体がJR東日本なのでお墨付きがあるようなものだ。11時15分頃到着するとすでに10人ほ
どの並び。やはりとみ田系の雷と言えばガッツリ好きにはたまらないネームバリューがあるのだろう。しかし回転は速く20分ほどで着席できた。行列して
いる場所にも、しきりにポーションの多い店と告知がしてある。確かに野菜普通盛のミニで他店の大盛並みにポーションがある。私は久しぶりに雷のワシワ
シとした麺を堪能したかったので並盛の野菜少な目で。もちろんその麺はとみ田系列の心の味食品製。2か月ほど前千葉駅近くの雷の新支店に
お邪魔したときも感じたが、私には少々タレ味が濃すぎるように思う。次回からは味薄目でお願いしようかなとも思ったが、加齢がばれそうだな。
214 8月5日(水) (新支店) 俺流 塩
らーめん 原宿駅前店
最寄駅:JR山手線地下鉄 原宿
住所:渋谷区神宮前1-21-13
塩らーめん
680円
新店周りも新宿、
特に歌舞伎町や池袋西口周辺
は少々怖くて情報が溜まったままになっている。どうしても東京駅や大手町界隈の新店が先になってしまっている。今日は久しぶりに東京山手線
西部の原宿駅近くの新支店に行ってみた。チェーン展開している俺流塩らーめんの原宿駅前店。店頭の券売機で食券を買おうとしていると、店員の
あんちゃんが飛んで出てきて「この時間はランチメニューがお得です」とマスクもあごに下げたままで叫ぶから、単品の塩らーめんにしました。この時期に
その行動は嫌われます。いつものように卓上にある岩海苔ととろろ昆布をたっぷりと入れて美味しくミネラルを補給させていただきました。ご馳走さま
215 8月6日(木) (新店) つけ麺
GAKU
最寄駅:JR山手線地下鉄 五反田
住所:品川区西五反田2-11-11
エビつけ麺(中)
900円
そろそろ城北・城東
地域もネタ切れしてきたので城西
地域へ。今日は五反田駅から5分ほどの場所にできた新店へ。従来からある堀切二郎系の大の斜め向かいになる。最近雨後の筍のようにできた
海老出汁ラーメンのお店。ただしこちらはつけ麺専門店でラーメンはないようだ。以前はつけ麺〜という店名でもラーメンを出していたものだが、やはり五反
田位の激戦区になると専門化したほうが何かと有利なのだろう。麺は浅草開花楼の中太麺。少々ゴワゴワとしていて海老出汁のような強いつけ汁に
は合っている。麺量は並が200g、中盛が300gで同料金。400gの大盛になると+100円になる。若者が多い五反田なので、同料金でもう少し麺量
は増やしたいところかもしれない。コロナ対策で隣の席とはアクリル板で仕切られてはいるが、昔ながらの奥から詰めさせる座らせ方。これでは密となる。
216 8月7日(金) (新店) KURO−OBI
宮下パーク店
最寄駅:JR山手線地下鉄私鉄 渋谷
住所:渋谷区神宮前6-20
黒帯(イートイン)
979円
コロナ禍の影響で
開店が遅れていた渋谷の宮下
パーク。三井不動産が運営している。駅からも近く高層建築ではない(屋上部分が新しい宮下公園になっている)ので行きやすい。1階は各地の名産
等が食べられるスペースになっていて、駅側が九州、奥が北海道と並んでいる。2階3階にはブティック等おしゃれなお店が並んでいて、3階の一番奥に
フードコートがある。フードコートと言ってもテイクアウトとイートインの複合施設といったとところ。その中に一風堂を展開する力の源ホールディングスのKUROーOBIが
ある。ちなみに隣のスペースには同じく力の源ホールディングスのPANDA EXPRESSが開店している。いただいたのは店名にもなっている黒帯。同じ傘
下の一風堂とは違い、スープは鶏白湯仕立になっている。味も濃いのでお水はどこにあるか尋ねると「お水は置いていない。200円で買ってほしい」と
言われびっくりしてしまった。テイクアウト専門スペースならいざ知らず、立派なイートイン設備もあるのに飲料水もないとは。どちらかといえば運営側の責任だ
217 8月9日(日) 博多ラーメン
ガツン 両国店
最寄駅:JR総武線緩行 両国
住所:墨田区両国2-17-1
ラーメン
600円
久しぶりの休日出勤
。出勤前に新しくできたショッピングモ
ール有明ガーデンに寄ってみたが、少々時間が速すぎてまだ飲食店がオープン前だった。特に急ぐこともないのでオープン迄待とうと思ったが、駐車料金
が1時間700円と都心並みの価格なのでラーメン新店訪店は次回以降にすることにした。そんなわけで職場そばのこちらに久しぶりに訪店。消費税
が上がる前は550円だったが現在では600円。それでも替え玉1玉付きでこの値段がすごく良心的だと思う。豚骨ラーメンの命であるスープの濃度も
充分だし、バリカタ(私はいつもこの茹で加減)の塩梅も申し分ない。替え玉の注文からのタイミングピッタリ。1000円超のラーメンだけが美味しい訳ではない
218 8月10日(月) (新店) 濃厚煮干し
豚骨つけ麺の店
最寄駅:JR総武線快速緩行 市川
住所:市川市市川1-3-7
濃厚煮干しつけ麺
850円
毎年世間がお盆休
のこの時期は、どこに旅行に行っ
ても宿泊や航空券が高いわりにJRの座席が混んでいたり高速道路が渋滞していたりしていいことはないので東京で仕事をすることにしている。
まぁ時期的に1年中で最も忙しい時期でもあるからなのだが、今年はそれに加えてスマートフォンの調子が悪く、思い切って新機種に機種変更したの
でやらなければいけないことが重なってしまっている。夜はコロナ禍の影響で外出もままならないので、せめて昼食だけでも新店周りをしたいの
だが時間がない。今日は出勤途中で市川にできた新店に。と言ってもすでにあった豚極有(トンゴクウ)というお店が屋号変更したに過ぎないが。
この場所は以前は市川ウズマサという名店があった場所だ。昼頃到着すると前客2名のみ。空いてて良かったと思いきや、次々とウーバーイーツの配
達員が品をとりに来るので、空いているのにつけ麺が出てくるまでに20分以上かかった。これが最近の飲食店なのだろう。面白いのは注文の方
法。一蘭のように紙に書いて渡すのだが、注意書きがあって「前金制です。お金を頂戴してから作り始めます」と明記してある。ワンオペなので注文
をとったりお金を領収するのが大変なのだろう。ペイペイやラインペイ等も使えるようで、そのあたりでも最新の店だ。ありがちなつけ麺だがまずまず。
219 8月11日(火) (新店) 凱亭縁(カイテイ
エン) (テイは女偏に亭)
最寄駅:JR各線地下鉄 神田
住所:千代田区神田須田町1-18-2
藍采和(ランサイカ)
(鶏香湯) 930円
確か以前もラーメン店
で、そのカウンターの座席の以後ごち
の悪さに大変不満足だった覚えがある。人間工学的にカウンターと席の感覚が狭すぎて体制が取れない上に、カウンターの高さと席の高さのアンバランス
さで大変疲れたのだ。到着する前に場所はわかっていたので、またあのカウンターに座るのは嫌だなと思っていたら、空いていたので店長らしき人
が二人掛けの席にどうぞと言ってくれたので助かった。メニューは計8種類あるのだが、それぞれに仙人だか何だかの名前が漢字三文字でついて
いる。その名前からはラーメンの内容が全く分からない上にそれぞれにスープが2種類選べるようなのでこれは大変だろうと思う。私は事前にHPで
下調べをしていったので良かったが、入り口横の食券機だけでラーメンの内容は絶対わからない。ということでまず客を席に座らせて、先ほどの店
長らしい人が品名になっている8人の仙人の話から始めるのだ。申しわけないが私は途中で遮って食券を買いに戻ったが、私の後に来た四人
連れは来店から10分経っても品名が決まらずに店長の話をずっと聞いていた。夜ならいざ知らずランチタイムにこれでは大変だ。HPによればオーナー
はどうやら中国系のご婦人で、その方の趣味なのかもしれない。麺は浅草開花楼。私が注文した藍采和はエディブルフラワー(食べられる花、食花
が入っている。しそや三つ葉と同じような使い方だが大変珍しい。チャーシューは鶏胸肉と豚バラ。穂先メンマ。鶏香湯も大変良くできていたし、開花楼
の細麺ともぴったりと合っていた。何でも普通にすればいいというものではないが、日本人が築いてきた飲食店の常識はそう簡単には崩れない
220 8月12日(水) (移転)
博多食堂
最寄駅:地下鉄各線 新宿三丁目
住所:新宿区新宿5-8-14
博多ラーメン
650円
新宿三丁目の駅か
ら10分ほどの東京医科大学通り
に面している。周囲には飲食店はほとんどない場所だ。以前歌舞伎町にあったお店が移転してきたという情報があるが未確認。基本となる博多
ラーメンは650円とリーズナブル。しかもランチタイムにはサービスとしてご飯がついて、同じ料金のラーメンセットがあるが、発見するのが容易ではない。私も結構
じっくりとメニューを見る方なのだが、普通の博多ラーメンを頼んでしまった後に発見した。ちなみに接客の女性は全く教えてくれないタイプだった。博多
豚骨ラーメンとしては可もなく不可もなしといったところ。いい点としては辛し高菜がオンテーブルでとり放題なところ。問題点は替え玉が150円するところ
221 8月13日(木) (うどん) 
丸亀製麺 両国店
最寄駅:JR総武線緩行 両国
住所:墨田区横網1-3-13
ぶっかけ(大・冷)
+温玉 480円
私は暑がりでエアコン
は欠かせないのだが、夜寝てい
る間、エアコンをつけたままにしておくのはあまり好きではない。どんなに涼しくてよく寝られても、朝起きたときに体がだるいのだ。かと言ってこのと
ころの連夜にわたる熱帯夜では、エアコンをタイマーテでオフにすると今度は熱中症の危険があるので悩ましいところだ。今日も朝起きると体がだるかっ
たが、別に病気ではないので昼近くなるといつものようにお腹はへってしまった。さすがに熱いラーメンを食べる気はしないし、私は冷やし中華が大
の苦手だ。最も食べたかったのは山形の冷やしラーメンだったが、都内でそれもなかなか難しい。と言うことで今日は冷たいうどんにすることにした
。東京駅グランスタなどこのところ連続してオープンした施設でもよかったが、うどんに高額をはたくのは何となくはばかられて、結局は丸亀製麺に。
222 8月14日(金) (新店)
麺や 丸三(マルサン)
最寄駅:JR中央総武線 大久保
住所:新宿区百人町1-22-15
醤油拉麺
1000円
JR中央総武線
大久保駅すぐそばに開店した新
店。マスコミによく取り上げられる辛いラーメン店の少し東中野より。まず食券機は完全に店外にあるので戸惑うだろう。カウンターのみ7席で狭小なのだ
が、この辺りのお店に共通の三角形の地型。調理場はもっと狭小だが麺茹で器等上手に配置して作っている。年配のご店主と助手の女性が一
人で調理場は位置替えも出来ないほどパンパンだ。メニューは開店当初だからだと思うが醤油拉麺1本。プライスは1000円と微妙。チャーシューは豚と鶏胸
肉の2種乗せ。豚肉は薄くスライスしたものをその都度加熱して使っている。そして最も変わっているのは玉子焼きが入っていること。玉子焼き用の
特別な鍋で作ったタイプだ。実はこちらのご店主は和食出身者。この玉子焼きもうなずける。ほとんど甘くしていないのもラーメンにはぴったりだ。これ
までは大久保と言うと若者向けの店が多かったが、こちらのお店は文字通り大人向けのお店だ。やや麺が弱いように感じた。製麺所は不明。
223 8月17日(月) (新店)
リンダ軒
最寄駅:西武新宿線 西武新宿
住所:新宿区西新宿7-4-6
つけ麺(こってり)
750円
最寄駅は距離的に
は西武新宿駅だが、この店は
小滝橋通りに面しているので地下鉄西新宿駅の方が便利で近い。JR新宿駅からでも7〜8分ほどで到着する。以前は古武士というお店があった
場所。周囲はラーメン店ばかりと言っても過言ではない激戦区。麺類のメニューはラーメンとつけ麺でそれぞれにあっさりとこってりがある。後は油そば。
麺類よりも唐揚げなど酒のつまみ的なメニューが多く、夜の方を重点的に狙っているようだ。カウンター席は横との間はアクリル板で仕切られてコロナ対策は
されているようだが距離的には近いので少々心配。暑いのでつけ麺にしたが、ツケダレに今一つコクが足りず、スープ割りのスープも味があまり良くない
224 8月18日(火) (新業態)ラム骨らぁ〜麺
専門店 らむね屋
最寄駅:地下鉄各線 新宿三丁目
住所:新宿区新宿3-28-15
特製らむらあ〜麺
980円
新宿駅から地下
鉄新宿三丁目に向かい、紀伊国屋
書店の前のビックロ(ビックカメラとユニクロのコラボ店舗)の横あたりに位置するお店。雑居ビルの4階で1階にはあまり大きくないA看板しかないので、見つ
けるのは少々骨が折れるかもしれない。エレベーターで4階に上がると踊り場なしでいきなり店舗になるのでやや戸惑う。新規開店店舗というわけでは
なく、同名のラム肉専門店がランチタイムにラーメンを始めたという、いわば同資本による昼のみラーメン店営業。基本のラーメンが私がいただいた特製らむらぁ
〜麺。基本のメニューに特製の名を冠するあたり少々気負っているようにも思えるが、ラーメンの中に入っているラムロースのチャーシューとラムアバラ肉のソテーは
さすが専門店だけありなかなか美味しい。また麺は冷麺のような茶系の麺でこれも面白い。味変として柑橘類が添えられているが、これは小さくて
あまり味変要素にはならない。かえって卓上の自家製調味料(唐辛子や山椒が入っている)の方が味変としてはよくできている。ひところはやった
牛骨ラーメンよりもスープの味わいは深いので満足感もその分大きい。ラムラーメンはMENSHO@春日の方が元祖だが、こちらも負けずに美味しかった
225 8月19日(水) (新店)
とりジンジャー
最寄駅:JR各線地下鉄 御徒町
住所:台東区上野5-19-6
とりジンジャー
770円
JR御徒町駅下
にラーメン店数軒が並んでいるスペー
スがある。蒙古タンメン中本やボンドオブハーツ系のチラナイサクラ等が入っている。そのすぐ近くにジャパンウィスキー博品館(博品館と名前は付いているが普通の
バー)というお店がある。そのお店の昼だけ間借り営業して開店した新店。昼11:30から14:30と短時間営業なだけでもハードルが高いが、営業する日
が週3日の月、火、水のみという開店早々もう幻化しているお店。ご店主はトライアスロンをする方のようで、開店直後はトライアスロンのお仲間が手伝う日も
あったようだが現在では完全にワンオペ。もともと12席とあまり広くない店内だが、現在ではコロナウィルスの影響で5席ほどに絞っているのでワンオペでも問
題はなさそう。生姜風味の効いたきれいなスープに細麺が合っている。味変用に生姜パウダーが無料で用意されているのも好感度が高い。美味しかった
226 8月20日(木) (新支店) ラーメン
豚山 荻窪店
最寄駅:JR中央総武線地下鉄荻窪
住所:杉並区上荻1-5-9
ミニラーメン
730円
荻窪駅から徒歩3
分ほどの場所にできた新支店。
春木屋さんの少し手前になる。いわゆる二郎インスパのお店の新支店。東京、神奈川中心に14店舗ほど展開している二郎インスパの中では大手と言え
る規模になってきた。二郎インスパなので麺量が多いが、こちらの良いところは食券機に麺量が大きく明記されているところ。他店で並盛とも言える量
はミニラーメンで麺量125g豚2枚、小ラーメンは250g、大ラーメンは375gになる。最近主治医にカロリーオ-バーに気を付けるように言われているのでミニラーメンに
した。コールは着丼寸前で、ニンニク、アブラで(カロリーのことを考えたんではなかったか?)麺量は足らないというほどではなかったが足りないというほどでも
なかった。むしろ他のインスパに比べると野菜の量が少なめなので野菜コールにしても良かったかもしれない。さすがに客層は若い人が多い。最年長?
227 8月21日(金) (新店)
ラーメン 堀田家
最寄駅:JR各線地下鉄 神田
住所:千代田区内神田3-8-6
ラーメン(並)
650円
神田すずらん通りの麺
屋武蔵神山の右隣りという場所
。そして家系の名店わいずの少し手前。斜め前は三田製麺所というおそらく日本でも屈指の激戦区。そんな場所に出店するのだからさぞやバックの
大きい企業系だと思ったがそんな気配は全くない。どうやらご店主の名前が堀田さんのようで武蔵家で修行した方の様で個人店なのか。この辺りの
家賃と言ったらそれこそ半端ないのだが、個人店だとしたらよく思い切って出店したものだ。そして何人かの書き込みにもあるが、このコロナのご時世
に調理場ではマスクをあごにずらして大きな声でおしゃべりの真っ最中。ある意味下手な怪談話よりぞっとする。麺は家系御用達の酒井製麺。それは
いいのだがスープが少々気になる。家系だからある程度獣臭くて当然で、ぶれも家系の魅力の一つなのだが、豚骨の処理にやや問題がありそうで、
スープに血の色が混じってピンク色になっている。他の系統より豚骨の掃除は軽くていいのだが、これは少々軽すぎるのでは。営業と調理方法が心配
228 8月22日(土) (新店)
郷(サト)
最寄駅:新京成線 新津田沼
住所:習志野市津田沼3-20-17
沖縄そば
700円
確かかなり以前は
恵比寿ラーメンというお店だったよ
うな気がする場所。そのごいぼくんちという素朴な名前のお店になってからは訪店したことが無かった。しないままに今度は郷(サト)という更に素朴
な名前のお店に変わってしまった。ランチメニューは麺類は鯛(出汁)ラーメンと沖縄そばの2本立て。その他にはタコライスとまるで沖縄料理のお店のようだ。
夜は角煮やゴーヤチャンプルーなどで一杯やれるようだ。若いご店主らしき人のワンオペ。まぁこれぐらいメニューを絞っていれば一人でもできるだろう。驚いた
のは沖縄そばの麺の調理。茹でるというかほぼ湯通し程度。私は沖縄そばの調理経験がないのでそれでいいのかと驚いた次第。ソーキではなく豚バ
ラ肉のチャーシューが入っている。後は沖縄かまぼこが2枚。卓上にはコーレグースもちゃんと置いているので美味しくいただくことができた。頑張って欲しい
229 8月23日(日) (新店?) 西安麺荘
秦唐記 永代総本店
最寄駅:地下鉄半蔵門線 水天宮前
住所:江東区佐賀1-1-16
炸醤麺(ジャージャーメン)
750円
茅場町方面から隅
田川に架かる永代橋を渡ってす
ぐ左に入ったところ。以前も確か中華料理店だったような気がする場所だ。この店そのものは2年ほど前は八丁堀のあたりにあって、その頃に訪店
した覚えがある。どうやら移転のようだが、シンメー商事という中華系?の企業系。最近認知度が高くなったビャンビャン面(世界一画数の多い漢字を使用
していることでマスコミが飛びついた)を提供している。味は辛味が効いた油ポウ麺、トマト麺、それに私がいただいたジャージャーメンの3本立てが゙メイン。3
種とも汁なし麺だがバリエーションとして若干の汁あり麺もラインナップされている。一時期増えて消えて行った手延べ中華麺よりもはるかに美味しいと思う。
230 8月24日(月) (新店) 豚そば
月や 東京
最寄駅:地下鉄日比谷線 広尾
住所:渋谷区広尾5-4-16
豚そば
800円
広尾の地下鉄駅す
ぐ上、広尾商店街入り口の老舗
銭湯広尾湯の隣にあるEAT PLAY WORKSという飲食複合施設の2階にできた新店。複合施設と言ってもそんなには広くなく、1店舗当たりのスペース
もそんなに広くない。本店が福岡中洲川端にある同名店の東京進出店。本店も2018年の開業なのでそんなに古くはない。博多の店舗なのだが博多
豚骨ではなく澄んだスープの豚清湯。淡く味をつけたバラ肉を薄切りにしたものが2〜3枚浮かんでいるだけで、その他の具は別添えであさつきの小口
切りとカボスの小片が付くのみ。博多らしいのは替え玉150円が設定されているところ。珍しいアイテムとしては追いスープ200円がある。替玉しようとしたが
スープが足らなくなってしまった人用か?麺はラーメン用麺専用のラー麦を使用した博多製麺所製。気をつけなければいけないのはこの施設全体がキャッシ
ュレスオンリーだと言うこと。クレジットカードやプリペイドカード等の支払いに限る。一応注文をとるときにことわっているようだが、私には何もなかった。私は訪店
前から情報を持っていたし、いつもクレジットカードや〜ペイなど数種類もってはいるが、食べちゃって現金しかなかった場合はどうするんだろうか。私は
決して大食いの方ではないのだが、そんな私でも少々物足りなかった。豚清湯という端麗なこともあるのだろうが、もう少しチャーシューが厚かったらな。
231 8月25日(火) (新支店)
虎ノ門 勝本
最寄駅:地下鉄日比谷線虎ノ門ヒルズ
住所:港区虎ノ門1-17-1
中華そば
850円
6月に開業した
虎ノ門ヒルズももうはや2ヶ月以上
経過した。このコロナ禍のさなか現在でも繁盛しているようだ。3階の虎ノ門横丁に出店している勝本が併営している地下1階のてんせんめんは味噌
担々麺のお店だが、開店時から清湯味噌担々麺一本で営業しており、もう一つのメニュー、濃厚担々麺が開始されたら行こうと思っている。その都合で
本体の勝本も未訪のままでいた。こちらでも将来的にはつけ麺を予定しているようだが、今日現在まだ中華そばのみ。11時40分頃到着すると満席で
10人ほどの並び。開店時に比べると行列は短くなったようだが。それでもこの虎ノ門横丁で最も長い行列を形成している。かぎ型のカウンターの正面に
座ることができ、ちょうどスープの寸胴を空けている最中で内部がよく見えた。ガツンと煮干しが効いたスープなので煮干しが多いことは当たり前だが、そ
の量はかなりのものだ。煮干しはカタクチイワシで、驚いたことに頭がそのままついていた。はらわたをとっているかどうかは判別できなかったが、煮干し
を使う時はエグミが出ないように頭とはらわたはとる店が多のだが、このお店のスープにエグミなどみじんもない。あくまで煮干しの旨味のみが出ている素
晴らしいスープだ。どちらかと言えばご店主の松村氏が経営するお店の中では銀座八五のようなマニアックなお店のスープ(カエシを使用していない画期的な
スープ)が注目されがちだが、原点とも言えるこちらのスープこそが素晴らしさを物語っている。10人が食べると9人以上が美味しいと感じるスープだと思う
232 8月26日(水) (新店)
てんせんめん
最寄駅:地下鉄日比谷線虎ノ門ヒルズ
住所:港区虎ノ門1-17-1
味噌淡々麺(清湯)
1000円
昨日訪店した
虎ノ門ヒルズの中にある、勝本の
新ブランド。勝本本体は3階の虎ノ門横丁の中にあるが、こちらは地下1階にある。どうしても虎ノ門横丁の方がマスコミに取り上げられることが多いから
か、そもそも勝本の別業態と知らない人がほとんどなのか、昨日記したように勝本本体は12時前でも10人以上の行列ができていたが、こちらは全く
待ちがなくすんなりと着席できた。現在は清湯仕立ての味噌淡々麺(開店当初はこの清湯も、そして近日発売としている濃厚も、メニューには普通に担
々麺と表記していたが、本日チェックすると清湯の方は淡いという漢字を使用して味噌淡々麺と変わっていた。また相変わらず発売開始していない濃厚
は、開店時は清湯と同じ1000円になっていたが、現在950円と表記されている。提供も始まらないうちから値下げとは面白い)今日いただいた清湯仕
立ても充分にコクがあり大変美味しい。おそらく甜麺醤を使用していると思うが、僅かに感じる甘さがとても上品に仕上がっている。今のうち狙い目かな
233 8月27日(木) (新店)
萬馬軒(マンバケン)
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 新宿
住所:新宿区新宿3-34-4
味噌ラーメン
840円
新宿駅南東口
(新宿御苑側)を出て5分ほどの
場所。2軒隣は大勝軒まるいちがある場所。萬馬軒と言えば過去目黒にあって、惜しまれつつ閉店したお店。古いラーメン本には必ずと言っていいほど
掲載されていたお店だ。創業は昭和63年。そのお店が新宿で復活した。これ以前にも新宿御苑のすぐそばに萬馬軒という同名店が今でもあるが、
その店の売りは辛い味噌ラーメンなのでちょっと目黒のお店とは色が違うので資本関係その他は不明。このお店はのれんにも目黒萬馬軒と染め抜い
ているし創業昭和63年とも書いている。しかも目黒のお店に飾ってあった色紙がこちらに移動してきているのに驚いた。普通ラーメン店の色紙と言えば
芸能人やテレビ局関係者、ラーメン評論家の方々が多いが、こちらのお店の色紙は競馬関係者が非常に多い。萬馬軒=万馬券にあやかりたいのだろう
。一押しは味噌ラーメンで、昭和の味噌ラーメンを彷彿とさせるクラシックな一品。鍋で煽る札幌方式なので香ばしさもかなりある。大きなバラチャーシューも嬉しい
234 8月28日(金) (うどん)
丸亀製麺 両国店
最寄駅:JR総武線緩行 両国
住所:墨田区横網1-3-13
ぶっかけ(並)+温玉
370円
このところ残暑が
厳しくて、さすがに連日熱いラー
メンというわけにもいかない。今日はことさら暑いのと、今月中使用可能なクーポンがあったのでこちらで冷たいぶっかけうどんを。再三書いているが、
私はうどんに種物を入れたり乗せたりしないで、純粋に麺を楽しみたいので夏はぶっかけうどん、冬は釜揚げうどんが多い。唯一玉子はうどんと共に
楽しみたいのだが、冷たいぶっかけうどんに生玉子は合わないので温玉にしている。それにしてもうどんとラーメンの値段はどうしてこうも違うのだろうか
235 8月29日(土) (新店) 下総
タンタンメン 白浜軒
最寄駅:JR総武線、京成 幕張
住所:花見川区幕張町2-2621
下総タンタンメン
759円
京葉道路武石ICと幕
張ICの間にある幕張SA上り線
の中のフードコート、パサール幕張にできた新店。一応京葉道路は有料道路だが、下り線の幕張ICから入って次の武石ICで降りて、すぐに上り線に入れ
ばこのSAは交通料金なしで利用できる。ちなみに上り線は次の次、花輪ICで降りれば無料だし、このSAは外の一般道からも利用できる((専用駐
車場あり)メニューはこの下総タンタンメンと千葉県のもう一つの地ラーメンである竹岡式ラーメンの2種。本来千葉のタンタンメンは勝浦が本場で勝タンとも呼ばれて
いる。勝浦は上総で(昔房総半島は陸路で進むのが困難な場所だった。船だと南部の方が京都に近かったので勝浦あたりを上総、船橋や市川あ
たりを下総と呼んだ)下総タンタンメンはこのお店がある幕張のあたりを意味しているのだろう。もしかすると勝浦タンタンメンの名称は大人の事情で使えなか
ったのかも知れない。スープの味はそれ程悪くないのだが、麺が決定的に美味しくない。先月訪店した東北自動車道の蓮田SAにできたせたが屋も
やはりスープはいいのだが麺が最低だった。どちらもそんなに辺鄙な場所ではないので製麺所の配達も可能だろう。これも大人の事情があるのかな
236 8月30日(日) (新店) 元祖肉そば
越智 八街(ヤチマタ)店
最寄駅:JR総武本線 八街
住所:千葉県八街市ほ723-21
肉玉そば (並)
880円
最もご飯に合
うラーメンがキャッチフレーズの肉そば
おとどは都内や松戸市に数店を展開してそこそこお客さんは入っていた。ご店主は越智氏と言って強面だが一生懸命働く人に見えた。それがいつの
間にか越智氏の手を離れて企業系になっていたとは。今回千葉県の八街市(東関東道酒々井が最寄だがそこからも距離がある)にこの新店ができ
て、しかも本日訪れるまで全く知らなかった。駐車場に止めるとどこかで見たようなマークが。亀甲六角枠に雲という漢字が三つ、龍という漢字が三つの
おとどのマークだった。別業態を作ったのかと思ったが、カウンター内にいたのは紛れもない越智氏。やっと店名を思い出した。お店の看板には浅草開花
楼の負死鳥カラス氏の写真。越智氏が着ているのはおとど時代と同じ。少し知っている人間には面白かった。味もおとどの肉そばそのもの。というかも
っと美味しい卵黄を使用している。山吹色で箸で持っても崩れない卵黄だ。ご飯は軽くだが無料で提供される。連食の予定を中止してご飯も頂いた。
237 8月31日(月) (新店)
EBIKURA
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 渋谷
住所:渋谷区道玄坂2-7-2
海老つけ麺(大)
880円
京王井の頭線の
渋谷駅横、道玄坂にできた新店
。ビルの地下でしかも入り口が本当に狭いので、看板が無ければまず見つけられないだろう。階段を降りるといきなり店舗で、小さな食券機が置いて
あるカウンター5席の超狭小店。でも席と席の間にはしっかりとアクリル板の仕切りがあり、新型コロナウィルス対策はしているようだ。メニューは海老つけ麺と海老
まぜそばの2種。厨房までは良く見えなかったが、客席もこのスペースなのだから厨房もそんな広いはずがない。それwでも海老出汁のつけ麺が提供
できるのだからいい時代になったものだ。麺は全粒粉使用のもので、他の全粒粉物以上に穀物感が残っていて美味しい良い麺だった。狭小でも。
令和2年8月分
177 7月1日(水) (新支店) つじ田
Otemachi One 店
最寄駅:地下鉄各線 大手町
住所:千代田区大手町1-2-1
つけ麺
900円
先月末にオープンし
た大手町のオフィス商業施設Otemach
i Oneの中にできたつじ田の新支店。先月26日に隣の田中そば店に行った時にも書いたが、その田中そば店とこのつじ田とは厨房と客席に仕
切りが無い。カフェテリアのように共通と言うわけではないが、仕切りは全くないのでお互いによく見える。今日改めてみると、つじ田の店員さんは
つじた、たなか、かねこ大手町と背中に書いたTシャツを着ている。かねことはその隣にある天丼の行列店金子半之助のことだ。しゃれで造った
のだろうが、3店合併したようで面白い。いつものようにつけ麺をいただいた。まだできたばかりで時間も早かったので、神田と違って全く並ば
ずに入店できた。店員さんたちの元気がいいのはいいが、目の前で大声であいさつされると、いつもなら気分がいいが今年限りはコロナが怖い。
178 7月2日(木) (新店)
ラーメン いいかお 
最寄駅:都電荒川線 庚申塚
住所:豊島区巣鴨4-35-2
(煮干しが薫る)
白醤油ラーメン 850円
ご店主は秋葉原
にあった大人気店、福の神食堂に
いた方。福の神食堂は少々駅から距離があったが、こちらは都電荒川線(さくらトラム)庚申塚駅すぐそば。以前昭和歌謡ショーと言うお店があっ
て、ご店主が調理の傍らギターを弾きながら昭和歌謡をうたうお店として有名だった。決して美味しくないお店ではなかったが、あまりにもインパクト
が大きいのでそちら方面でよくマスコミに登場していた。閉店したのも知らなかったが、あの福の神食堂出身者が新しいご店主なのでまた期待が持
てる。カウンターのみ5席ほどの小さなお店なので当然ご店主のワンオペ。メニューは基本の醤油ラーメンと私がいただいた白醤油ラーメンの2種に絞っている。
チャーシューは醤油ラーメンが豚肉2種で白醤油が豚肉と鶏胸肉を変化を持たせている。かなり効いている煮干しの風味はスペースの関係もあるので、ス
ーフは共通で゚香味油で差を出しているのかも知れない。丁寧に作っているのがよくわかる暖かいお店だが手狭なだけに混んできたときが気になる
179 7月3日(金) (新支店)元祖餃子舗
aa 大手町店
最寄駅:地下鉄各線 大手町
住所:千代田区大手町1-2-1
酸辣湯麺セット
980円
ここ数日通った大手町
のOtemachi Oneというオフィス商業ビ
ルの地下2階にできたaa(ミンミン)の新支店。地下鉄大手町駅からは地下2階にダイレクトに入ることができるので、つじ田や田中そば店がある地下
1階よりもある意味いい場所かも知れない。この店は餃子屋さんだが、酸辣湯麺がなかなか美味しい。わたしはどちらかと言えばすっぱいものは
苦手なので滅多に酸辣湯麺は食べないが、今日のようにたまに食べたくなる時もある。その酸辣湯麺に餃子7個または半チャーハンがついて、更に
小ライスと小さな杏仁豆腐がつくセットが+180円。餃子と半チャーハンどちらにしますかと店員さんが訊くので「半ライスはつくんですよね」と聞き返してしま
った。半チャーハンに半ライスをつけるという人は果たしているのだろうか。当然餃子7個に。餃子専門店だが正直餃子は全く美味しくなかった。残念だ。
180 7月4日(土) (新支店) 鶏白湯
蔭山 有明ガーデン店
最寄駅:ゆりかもめ 有明
住所:江東区有明2-1-8 有明ガーデン
鶏白湯塩そば
968円
自由が丘に本店
がある蔭山楼が完成したばかりの
有明ガーデンのフードコートに出店してきた。正式な店名はストアカードによれば蔭山楼ではなく蔭山有明店のようだ。どうやら中華料理がメインの店舗は
蔭山楼、ラーメン主体の店舗は鶏白湯らーめん蔭山と区別したようだ。しかしもらったレシートには鶏白湯麺蔭山楼とあり、まだ区別はそんなに進んでな
いと思われる。すでに蔭山楼、ラーメン蔭山合わせて12店舗もあるようで、いつの間にかチェーン展開していると言ってもいいだろう。しかし味はさすが
蔭山楼と言ったところで、フードコートながらなかなか品質の高い鶏白湯を提供している。最安基本の鶏白湯塩そばが968円。フードコートも高くなったな
181 7月5日(日) (新店) らーめん食堂
まっしぐら
最寄駅:地下鉄東西線 葛西
住所:江戸川区中葛西5-33-9
Aランチ
800円
地下鉄東西線葛西駅
すぐそばにできた新店。先日テレビで
も取り上げられていたが、当初は居酒屋としてスタートするはずが、コロナウィルスのアルコール提供時間制限のあおりを受けてラーメン酒場と言う折中案に変
更したらしい。そのため午前11時半開店ながらアルコールやつまみメニューが充実している。この日も開店直後に訪店したが、先行の二人組はラーメンを
注文しないでビールとつまみで昼から盛り上がっていた。基本の醤油ラーメンにミニチャーシュー丼が付いたセットにしてみたが、醤油ラーメンもごく普通の味で
これといった欠点も見つからないものなのだが、どうしても居酒屋の昼だけ営業の片手間ラーメンに感じてしまう。どちらかに絞った方が良いかな。
182 7月6日(月) (新店) えび豚骨
ラーメン 真面目 押上店
最寄駅:地下鉄私鉄各線 押上
住所:墨田区業平3-16-6
えび豚骨塩拉麺
790円
最近海老出汁を扱う
新店が目立つようになった。つい
この前までは海老出汁など珍しく、一時期マスコミでも大きく取り上げられていたが、最近では全く話題にも上らなくなった。もはや醤油、味噌、塩と
いった味の1種でしかなく、海老出汁と言うよりは海老味と言ったほうが正しいようだ。厨房の内部のことまではなかなかわからないが、果たして
自店で海老出汁をとっている店舗がどれだけあるのかは疑問だ。今日のお店も豚骨ラーメン海老風味と言ったところで、790円と言うのは少々強気
183 7月7日(火) (移転・復活)
ら・めん 風
最寄駅:地下鉄大江戸線 両国
住所:墨田区亀沢1-11-8
ざるつけ麺
800円
以前は同じ両国
だがもっと隅田川よりの墨田区に
あった。以前と言っても確か3年ほど前の夏に、本当に惜しまれながら閉店してしまったのだ。今回突然復活したのだからみんな驚いただろう。今
度のお店は北斎美術館そばの文字通り北斎通り沿い。以前も駅から遠かったが、今回は地下鉄の駅が近くになった。久しぶりなので基本の醤油
ラーメンにしようかと思ったのだが、今日は梅雨の中休みで午前中から暑かった。そこで3年前にもあった懐かしいざるつけ麺を。諸物価値上がりの
中、3年経っているのに80円しか上がっていない。11時半の開店時に訪店したが、あっという間に満席。食べ終わって外に出たのが12時頃だった
が、20人を超える長蛇の行列。中には両国らしく相撲取りの方も混じっている。ご主人も奥さんも元気そうだったので安心した。また通わなければ
184 7月8日(水) (新店)
恋し鯛
最寄駅:JR総武中央線 水道橋
住所:千代田区神田三崎町3-1-18
鯛塩濃厚そば
850円
JR水道橋駅から
神保町方面に向かって300mほど
の場所にできた新店。近くには神田勝本やつじ田など名店がずらっと揃う激戦区。メインはいわゆる鮮魚系の鯛で出汁をとった塩ラーメン。その他辛味
を加えた担々麺等用意されている。いただいたのは基本と思われる鯛出汁の塩ラーメンなのだが、食券機は担々麺の方が上位にある。鯛出汁で売
りたいのであればもう少し前面に出してもいいのではないか。鯛出汁は上手にとってあり、生臭みはほとんど出ていない。その点はいいのだが、最
近では鯛出汁を筆頭に鮮魚系が多すぎる。まるで1時代前の鶏白湯のようなのでそろそろ飽きられてしまうかもしれない。美味しいので頑張って
185 7月9日(木) (新店)
麺屋 上々
最寄駅:地下鉄大江戸線 蔵前
住所:台東区蔵前3-17-3
鴨清湯煮干(醤油)
800円
最寄駅は地下鉄
大江戸線蔵前なのだが、所在地的
には寿3丁目。春日通りから少し浅草橋寄りに寄ったところで、この辺りのメイン大通りの江戸通りからもかなり離れている。周囲は小さな問屋さん
ばかりで、決していい場所とは言い難い。間口もそんな広くないので目立たないので、何度か店頭を通ったがあまり期待してはいなかった。本日
ようやく訪店してみると、その上質な一杯に驚かされた。どちらで修行されたかは不明だが、年配のご店主が厨房で頑張っている。文字通り鴨
出汁に煮干しを加えたものなのだが、個性の強いその2種が全く喧嘩をしないで上手に調和されている。めんもそのスープにあった中細ストレート麺。
現在は清湯をベースにした醤油と塩の2種類だが、これから清湯以外にも挑戦したいとのこと。今日は星の数を五つにしようか四つにしようか大変
迷ったが、近々塩をいただきに行って判断したいのでとりあえず四つで宿題としておいた。大丈夫とは思うが場所が場所だけにちょっと心配だ。
186 7月10日(金) (新店) 東京油そば
入谷とんちん軒
最寄駅:地下鉄日比谷線 入谷
住所:台東区入谷1-4-4
東京油そば(大)
780円
地下鉄入谷駅から言
問通りを浅草方面に100mほどの
左側。この辺り入谷はラーメン激戦区ではないが、数年に一度のペースでなかなか美味しいお店ができるので目が離せない地域だ。今日も新しい
油そばの店が開店したばかりなので期待を込めて訪店した。カウンターのみ7席ほどのあまり大きくない店内。カウンターと言っても厨房とは逆の位置
にあるのでワンオペは難しいのかも知れない。油そばはスープオフなので通常のラーメンに比べると原価は低く抑えることができる。たまに何を勘違い
したのか油そばなのにラーメンより高い1000円近くのプライスを設定している店もある。その点こちらのお店は基本の油そばが680円となかなか良
心的。しかも油そばの命である麺は浅草開花楼製と原価をかけるところはしっかりかけている。やや特徴に欠けるので今後のメニュー開発次第か
187 7月11日(土) (うどん) はなまる
うどんイオンモール津田沼店
最寄駅:新京成線 新津田沼
住所:習志野市津田沼1-23-1
牛肉温玉ぶっかけ
(小) 506円
このところ平日が忙し
く土曜日も買い物等でほとんど一日
つぶれてしまう。今日も津田沼のイオンで買い物をしていたらすでに午後14時近く。お腹もすいたのだがまだまだここを離れることができない。と
いうことでフードコートのはなまるうどんへ。リンガーハットとどちらにしようか迷ったのだが、夕食まで時間があまりない時は軽いうどんに限る。いつも
はシンプルなぶっかけなのだが、今日は肉分が欲しくて牛肉ぶっかけに。夏はラーメン店でも冷やし等多くなるが、それほど冷たくない場合が多い。Y
その点チェーンのうどん店では冷やしを注文すると、氷をこれでもかとぶち込んだ水で絞めてくれる。やはり冷たいものはうんと冷たいのが美味しい
188 7月12日(日) (新店) Mix Soba
hiro
最寄駅:JR常磐線緩行 北松戸
住所:松戸市栄町西2-921-2
まぜそば
800円
つい数日前までスナックだったの
ではないかという店舗の造り。椅子
もそういったお店でよく使われるものだ。カウンターのみ8席ほどの店内。ちょうど私が入店したのが他のお客が全て帰るところだったのでとりあえ
ずしている席に座っていた。カウンターの中には茶髪の女性が二人。いつまでたっても水も出てこないし注文も取らない。水が出て注文をとるまで
に10分ほど。基本のまぜそばを注文したのだが一向に作り始める気配がない。その内知り合いが外から呼ぶと、作り手の方は外に出て世間
話。他に二人のお客が来た時点でようやく調理が始まる。もう一人の茶髪は洗い物に忙しい。調理にはかかわらないのかと思ったら、麺が茹
で上がってからやおら卵を割ったりしている。調理補助なら洗い物は後回しであらかじめやっておくべきだ。おかげで麺が茹で上がってから提
供されるまで更に10分以上。おまけに後から来た二人の客に先にまぜそばを出す始末(同じ茹で加減)何から何まで食事を提供するお店とし
ての常識に欠けている。そういえば飲食店営業をしている店の義務としての衛生責任者の掲示もない。飲食店の届け出をしているのかも疑問
189 7月13日(月) (新業態) 〇惠(マルエ)
中華そば
最寄駅:JR山手線地下鉄 巣鴨
住所:豊島区巣鴨1-14-1
中華そば
850円
巣鴨の駅から数
分の場所。というよりも元蔦(ツタ)の
跡地といったほうがわかりやすいかもしれない。中目黒にあるらーめん惠本将裕の系列店。本店は煮干しがメインになっているが、こちらの売り
は上質なチャーシューが入った塩味の中華そば。スープ的にはこの塩一本の勝負だ。開店したのは今月四日。開店直後から評判を呼んで結構な行
列で連日スープ切れ早じまいが続いていた。ようやく少し落ち着いたとのことなので満を持して本日訪店。開店時間の11時半4分前に到着すると
シャッター4番。蔦時代からおなじみの(終期は整理券方式になっていたが)横のマンション通路に並ぶスタイル。カウンターのみ8席なので期待通り第一ロット
で入店することができた。チャーシューが評判なのでチャーシューメン(チャーシューは1枚増し200円から20枚増し4000円迄食券機にある)にしようかとも思っ
たが、このところ若干のコロナ太り気味なので基本の中華そばに。それでも厚切りのチャーシューが入っていて、充分に堪能することができた。麺は
だるま製麺製のようだ。このスープとの相性は抜群。惠本将裕さんも渋谷神泉のお店は閉じて中目黒とこちらで勝負をかけるようだ。頑張って。
190 7月14日(火) (新店) 麺処
リュウグウ
最寄駅:地下鉄各線 神保町
住所:千代田区神田猿楽町1-3-6
あさりらーめん
860円
都心の通常行動
範囲の新店は、大抵開店前から情
報を押さえているつもりなので、開店日あるいは開店後数日は避けているが、特殊な事情(昨日の〇惠さんも落ち着くまで待った)が無い限りは
できるだけ早めに訪店することにしている。ところが神保町という行動範囲ど真ん中にもかかわらず、こちらのお店は6月29日の開店にも関わらず
、きょうまでその存在すら知らなかった。偶然RDBを検索していて発見して即訪店してきた。水道橋駅から錦華通りを神保町方面に進み、勝本さ
んやうどんの名店丸香さんの手前になる。一押しのあさりらーめんをいただく。ツイッターによればあさり出汁をとって更に追いあさりをして仕上げてい
るとのこと。確かに7個もの殻付きあさりが入っている。具には他には穂先メンマとねぎがたっぷり。卓上には調味料の類は一つも置いていない。当
初あれっと思ったが、意外にデフォルトで胡椒が効いている。私は胡椒好きなのでちょうどよかったが、胡椒に弱いひとや辛味に態勢の無いお子様
には少々つらいのではないだろうか。そして麺が秀逸に美味しい。麺箱が見えなかったので製麺所は不明だが、固目の茹で加減で大変美味しい
191 7月15日(水) (新支店) 中華そば
ふくもり 日比谷RA店
最寄駅:地下鉄各線 日比谷
住所:千代田区内幸町1-7
中華そば
780円
JRんぽ有楽町と
新橋の間の文字通り高架下に出来
た飲食店の集合施設。その中に3軒のみだがラーメンコンプレックスが開業した。日比谷グルメメゾンラーメンアバエニュー。3軒は金沢に本店がある神仙、福岡に
本店があり博多新風、そしてせたが屋系列のふくもり。ふくもりは本店というか店舗は世田谷の野沢にある煮干しらーめんが売りのお店だ。この
施設でも煮干し中華そばをメインにしている。他の2軒は神仙が味噌主体で新風が豚骨なのでバランスはとれている。たしか羽田空港国際線ターミナル
、京急ビルの品達でもせたが屋系の福味と神仙は同居していて、ある程度せたが屋が力を貸しているようだ。行動範囲からは遠いので久しぶりに
ふくもりをいただいたが、昨今流行りの煮干しのきついニボニボ系とは違い大変食べやすい。私にはこれぐらいが適当で、濃度勝負の煮干はきつい
192 7月16日(木) (新支店) 麺や
一途 導 豊洲店
最寄駅:地下鉄 ゆりかもめ 豊洲
住所:江東区豊洲2-2-1 ララポート3
舞 カレークリーミー麺
850円
豊洲ららぽーとの一
番新しい施設ららぽーと3の中に
できた新支店。本店は武蔵小山にある。ご主人はマキシムドパリ等有名フレンチにいた方で、現在も完全予約制で個室フレンチのフルコースを提供している
ようだ。一時期そのフルコースのおかげで頻繁にマスコミに取り上げられていたが、最近は露出は一時期ほどではない。このお店の本当の価値はその
フレンチのコースではなく、その手法を生かした多様なラーメンにある。そして各々のラーメンのネーミングもまた興味深い。今日は本店でも未食の舞 カレークリ
ーミー麺をいただいた。ともすれば強いカレーの風味が出汁を殺してしまいがちだが、しっかりと旨味を残している。他のメニューはいろいろとサイドメニュー
が付いているので1000円超のものが多い。基本だけで充分美味しいのだが。オープンキッチンにもかかわらず、調理人の私語が多すぎるので減点
193 7月17日(金) (新支店) 金澤味噌
ラーメン 神仙 日比谷
最寄駅:地下鉄各線 日比谷
住所:千代田区内幸町1-7
味噌ラーメン
780円
一昨日に続いて日比
谷にできた新しいラーメンコンプレックスの
中の1軒、金澤味噌ラーメン神仙さんへ。一昨日いただいたふくもりさんの隣になる。基本の味噌ラーメンを。ちなみに3軒とも基本のラーメンは780円で
統一している。麺は味噌ラーメンらしく加水率低めの中太チジレ麺。いい香りはしているのだが、札幌の純すみ系ほどのコクはない。おそらくラードの使
用量が純すみ系ほど多くないせいかもしれない。スープそのものの濃度も今一つのような気がする。言ってみれば可もなく不可もない味噌ラーメン
だ。独立した路面店であればこのぐらいの味で充分通用するのだが、コンプレックスの中で隣がせたが屋系のふくもりさんとなるといささかきついかも
194 7月18日(土) (新支店) れんげ食堂
Toshu 妙典店
最寄駅:地下鉄東西線 妙典
住所:市川市妙典 4-2-12
ランチ裏Cセット
605円
東京城東地域から千
葉県にかけてチェーン展開している
中華東秀の店舗が続々れんげ食堂Toshuに模様替えしている。店名は横文字も入り若干おしゃれになったが、メニュー構成等は従来の中華東秀
のまま。しかしさすが多店舗展開しているだけあって、コロナ対策はその辺の個人店に比べてしっかりしているので安心だ。ただどの店舗に行って
も平日昼から生ビールやサワーを飲んでいるおじさん(先日は若い一人女性客が昼からサワーを飲んでいてびっくりしたが)が多いので、できるだけ
そういった人のそばは避けるようにしている。醤油ラーメンに半チャーハンのセットが17時まで605円で食べられるのは大変ありがたい。貴重な存在だ
195 7月19日(日) (新店)
ラーメン一色(イッシキ)
最寄駅:JR総武線緩行 小岩
住所:江戸川区上一色1-8-21
広東麺
700円
私の仕事は今月、来
月が1年で最も繁忙期にあたるので
今日は休日出勤。自宅から事務所へのルートの途中にできたこちら新店に。昨日開店だったようだ。個人店のようだが環七に面していて都内で
は珍しく駐車スペースも2台分ある。先日までつけ麺ホセ小岩というお店だった場所で内装も外装もそのまま。tだ祝花もあったので単なる店名変更
のナンチャッテ新店ではないようだ。その以前のお店はご店主らしき人のワンマンオペで、その方に覇気が全く感じられないので味も美味しく感じなかっ
た記憶がある。今度はご夫婦らしき方のオペレーションなので頑張って営業してほしい。こういったタイプのお店はスープが弱いことが多いので、今日は
広東麺にした。広東麺は上に乗る餡の味が濃いので、スープが弱くてもそこそこ食べられる。ラーメン650円、広東麺700円は広東麺お得感たっぷり
196 7月20日(月) (新支店) 新潟発祥
なおじ 東陽町店
最寄駅:地下鉄東西線 東陽町
住所:江東区東陽2-5-18
背脂中華そば
750円
東京で仕事をしている
とありがたいことに全国のラーメンを
食べることができる。同じ背脂チャッチャ系でも東京由来のホープ軒(ホームラン軒、貧乏軒)系の弁慶やなりたけも食べられるし、新潟燕三条系の背脂
ラーメンも食べることができる。個人的な好みもあるだろうが、私は東京で食べることができる燕三条系の中でもお気に入りは蒲田や亀戸にある
潤になる。それも思いっきり健康に悪そうな鬼脂(背脂の量。大脂のさらに増量になる)が好きである。どうしてもそれと比べてしまうが、こちらの
新潟系背脂中華そばはどうにも物足りない。言えば背脂増量もできるのかも知れないが、少々スープが弱いのでバランスが悪くなるかもしれない。
197 7月21日(火) (リニューアル) 志奈そば
田なか 明神下店
最寄駅:地下鉄銀座線 末広町
住所:千代田区外神田3-4-1
にぼたん
830円
この場所は今回
リニューアルした志奈そば田なか系の
お店が何度かリニューアルしている。元々は志奈そば田なかsecondというお店だったのが、先日巣鴨庚申塚に開店したラーメンいいかおのご店主が
いて、惜しまれながら閉店した福の神食堂になり、つい先日までは田なか系の志奈田というお店だった。今度のお店は煮干し中華そばとにぼた
んという汁なし担々麺の2本柱(限定販売の裏にぼというメニューもあり)今日はにぼたんをいただくことにした。辛さ、痺れとも3段階から選ぶことが
できる。分類上は汁なし担々麺なのだが、結構汁も入っている。上手に混ぜないとこぼしてしまうぐらい汁がある。麺は少々変わっているつるっ
としたタイプで、スルスルと食べ進むことができる。大変美味しいのだが、私には少々ポーションが少ないように感じられた。替玉(和え玉)もありますがね
198 7月22日(水) (新店)
らーめん 新(シン)
最寄駅:地下鉄浅草線 本所吾妻橋
住所:墨田区吾妻橋2-2-4
あごダシラーメン
(ランチ) 800円
地下鉄本所吾妻橋駅
近くにできた新店。本所吾妻橋と
言っても実際降りたことがある人は少ないだろう。大観光地浅草とスカイツリーのある押上の間だから何となく挟まれた感がある場所だ。浅草通りとい
う結構大きな通りに面しているので、支持を得れば大化けするかもしれない。年配の方と若い方と男性二人でオペレーションしている。年配の方は麺
上げTぽ麺類の盛り付け、若い方は餃子等その他の調理とホールも見ている。正直年配の方はこの商売日が浅いのではないかという感じ。一方
若い方は若い方にありがちなてきぱきとした動作に加え、お客への気配りも出来ている。年配の方が私へのランチセットのご飯を出すのを忘れたの
を(ちゃんと催促しましたが)しっかりと見ていて、帰り際にわざわざ入り口近くまで謝りに出て来てくれた。一方年配の方は何回も食券ホルダーを見
てしまって、実は注文は何も頭に入っていない。これは慣れもあるが、多くは本人のセンスの問題。この解決は時間だけでは無理で努力が必要だ
。味の方はオーソドックスなあごダシ醤油ラーメンと札幌式の味噌ラーメン。あご出汁の方をいただいたのだが、丁寧に出汁をとっているのがよくわかる。
第1回福島・郡山・小名浜遠征
199 7月23日(木)
遠征@
せたが屋
pasar蓮田店
最寄駅:JR宇都宮線 蓮田
住所:埼玉県蓮田市pasar蓮田上り線
らーめん
830円
今日からの4連休を
利用して福島・郡山・小名浜遠征
に。ちなみに私は東京都民ではないので他県への移動は禁止されてはいないが気をつけながら。昼までには福島市に到着するつもりで午前
7時頃自宅を出発したが、なんと東北自動車道は事故で浦和ICから久喜ICまで渋滞中とのこと。頼むからこんな朝っぱらから事故なんか起こさ
ないで欲しい。考えた結果外環からいきなり東北自動車道には乗らずに、草加近辺から一般道で蓮田SAに向かう。初期の計画では新しくなっ
た蓮田SA下り線のせたが屋によりという案もあったが、やはりダイレクトで福島へという案に変更したのだが、この渋滞を避けるために当初の案に
戻った。本線の大渋滞を横目に一般道から蓮田SAに。フードコート形式になっており、せたが屋はそのうちの1軒。上り線だけあってがらがら状態。
一般道からSAに入る裏技を用意しておいてよかった。いつもの上質な豚骨魚介スープは変わりない(セントラルキッチン方式だろう)のだが、麺がまる
で本店を含めた東京地域とは違う。麺はこの近くの業者から仕入れているのか、あるいは私の舌がおかしいのかまるで美味しくなかった。
200 7月23日(木)
遠征A
(宿題店)
自家製麺 えなみ
最寄駅:福島交通飯坂線 泉
住所:福島市南矢野目字中江12-1
コッテリ中華そば
750円
渋滞もあり長距
離を走ってきたのでなんだか疲れ
てしまった。最近遠征の時は、最初の日に結構予定が狂ったり、思いの他疲れてしまったりしてあまり杯数が上がらない。予定通り福島西ICで降
りてカーナビにこちらの住所を入力しようとするとうまく入力できない。確か山形に遠征したときも富士吉田に遠征したときもそうだったが、どうもカーナビ
が古くなってしまって、更新してないので地方には適用していないのかも知れない。仕方ないので住所を頼りにようやく到着した。人気店で駐車場
もあるのだが、13時を回っていたので6人待ちほどで着席できた。もちろん注文はしなかったが、こちらにはワシワシという二郎インスパのメニューもある。
地元の若い人たちは結構それを注文していた。オーソドックスな中華そばに背脂が浮いたこってり中華そばは自家製麺も含めてなかなか美味しかった
201 7月24日(金)
遠征B
伊藤商店
吉倉店
最寄駅:JR東北本線他 福島
住所:福島市吉倉字八幡6-4
朝ラー
500円
福島市で朝ラー
が食べられる店はそう多くない。昨
日は福島市内で1軒行った後はことごとく麺切れ、スープ切れで振られてしまった。私は基本的に遠征時も含めて夜はラーメンを食べないので、中休み
時間を過ぎてしまうとその日の連食は終わりになる。こう決めておかないと一日中炭水化物ばかりになってしまうし、せっかく遠くまで行っているの
にラーメンしか食べていないのは健康にも良くないし第一悲しすぎる。ということで昨日は福島市で1軒しか食べなかったので、今日は朝から張り切っ
てラーメン店回り。8時半ごろ到着(朝7時開店)するとすでに数人の待ちが発生している。地元の人ばかりのようで、女性一人や家族連れも多い。
基本的にはノーマルタイムとほぼ同じ内容の中華そば(660円)がワンコイン500円で食べられるので、ほとんどの人は朝ラーを注文している。良い朝ラーだ
202 7月24日(金)
遠征C
丸信ラーメン
駅前店
最寄駅:JR東北本線他 福島
住所:福島市栄町12-1
醤油ラーメン
700円
福島市では珍しく朝
10時から夜21時まで通し営業。
当初はこちらを朝ラーにと考えていたが、もっと早くから営業しているお店を発見したのでそちらで朝ラーを済ませて10時半ごろ訪店。駅前店とは
言っても駅から5分ほど離れた繁華街の中。それでも数組の地元の方たちが来店していた。どうやらこちらはチャーシューが評判のようで、お土産用の
チャーシューの切り落としも販売している。しかも安価なので遠征中でなければ買いたいところだ。年配のご夫婦お二人で営業しているので、正直衛生
状態があまり良いとは言えない。特に今はコロナウィルスの影響であちこち開け放っているので虫が入ってきているようだ。昔ながらのラーメン店ですね
203 7月24日(金)
遠征D
(宿題店) 麺や
うから家から
最寄駅
住所:福島市置賜町8-37
塩らーめん
820円
実は昨日訪店す
る予定だったが、14時ごろすでに
麺切れで閉店していた。こちらのお店は福島駅の反対側、西口にある市の観光案内施設、コラッセふくしまの中に店舗があったころから評判の高
いお店で、ほぼ毎日麺切れで閉店が速いことはわかっていたが、14時でもう閉まっているとは驚いた。新た寝て開店時間(11時)に訪店。口開け
のお客になった。連食の前店が醤油だったのでこちらでは塩を。塩はあのカンホアの塩。麺に使用しているのはユメチカラ、タキホナミ等のスペシャル国産
小麦で、東京都心でも充分通用するポテンシャルの一杯を提供している。女性にも優しい味で、午前中から若い女性一人で来ているお客さんもいる
204 7月24日(金)
遠征E
(宿題店)
支那そば 正月屋
最寄駅:JR磐越西線 郡山富田
住所:郡山市桑野2-7-15
支那そば(中太麺)
750円
福島市から郡山
市に移動。1軒目はこちらの宿題
店に。店頭に広い駐車場があり一見大衆ラーメン店のような佇まい。しかしこちらは郡山でも屈指の有名店で、昼過ぎ12時半ごろで14台停められる
駐車場はほぼ満車状態。それでも5分ほどの待ちで調理場の良く見えるカウンターの特等席に座ることができた。本来はカウンターは10席のようだが、
コロナウィルス対策で仕切りをつけたりして7席ほどに減らして営業している。一般店でも大変なのに、こういった繁盛店だと席数を減らすということは
回転率が下がるので影響は大きいだろう。噂通りのオーソドックスだが素晴らしい一品。4人の職人さんが流れ作業で作っている。美しい流れだ。
205 7月25日(土)
遠征F
(宿題店)
コンドル軒
最寄駅:JR磐越西線 郡山富田
住所:郡山市朝日3-2-30
醤油ラーメン
710円
郡山での朝ラー
はこちらのお店に。候補はもう1軒
あったのだが、何となく店名にも惹かれてこちらに。午前7時からの営業で8時半ごろ到着。思ったほど他のお客はいない。八王子ナンバーの仕事
用バンが1台停まっており、これから郡山で出張ガテン仕事と見える男性がラーメンを食べていた。やはり好きな人はある程度RDB等で下調べしてか
ら出張してくるのだろう。壁には何かのチャレンジメニューの成功者たちの写真が飾ってある。いわゆるガッツリ系の店のようだが醤油ラーメンも美味しかった
206 7月25日(土)
遠征G
(宿題店)
チーナン食堂
最寄駅:JR常磐線 いわき
住所:いわき市小名浜字栄町66-30
ラーメン
630円
福島県は最も東で海
に面している浜通りとJR東北本線
や東北自動車道が通る経済の中心中通り、それに最も西寄りで山がちな会津の三つの地方に分かれている。それぞれ文化も違うし一日の天候
でさえ大きく違う場合が多い。会津は言うまでもなく会津若松や喜多方などラーメン文化が盛んな場所が多く、今回訪れた福島市、郡山市、それに
以前訪れた最南部の白河市とこちらも独自のラーメン文化がある。ところが東部海沿いの浜通りはこれと言って目立ったラーメン文化はない。その中
でも最も有名なのが今回訪店したいわき市小名浜のチーナン食堂だ。もともと今遠征では郡山からダイレクトで帰京する予定でいたが、磐越道を
利用すると少々遠回りだがそんなに遠距離ではなく、しかも渋滞の心配もあまりなかったのでこちらに寄ることにした。小名浜はいわきが近いこと
もあり、漁業基地だけではなく石炭等各種工業原料や製品の集積地となっており、こちらのチーナン食堂も小名浜港の発展と共に繁盛していたよう
だ。有名な双子のおかみさんとその一族で切り盛りしている。正直あか抜けない朴訥としたラーメンで、都会育ちの私には少々物足りなかった。
207 7月25日(土)
遠征H
味世屋(ミセヤ)食堂 最寄駅:JR常磐線 いわき
住所:いわき市小名浜竹町23-1
味噌ラーメン
750円
小名浜でもう1軒、今
遠征の最後の1杯はこちらのお店。
同じ小名浜でも港湾部分からはやや離れた住宅街の中にあるお店なので、地方都市によくあるラーメン店兼町中華といった感じ。今遠征では味噌
ラーメンを食べていなかったのでこちらでは味噌ラーメンを注文した。丼に味噌を入れてスープで溶かす東京(関東)スタイルの味噌ラーメン。北海道の純す
み系のようなパワーもないし東北系の辛い刺激もない。まるで家庭の日常食べている味噌汁をラーメンにしたようなほっとする安心感があった。
令和2年7月分
208 7月27日(月) (新支店) 博多新風
日比谷ラーメンアベニュー
最寄駅:地下鉄各線 日比谷
住所:千代田区内幸町1-7
博多豚骨ラーメン
780円
JR高架下の有楽
町駅と新橋駅の間にできたラーメン
コンプレックス、日比谷ラーメンアベニューには3軒のラーメン店が入居している。せたが屋系の煮干豚骨ふくもり、金沢発祥の味噌系神仙、そして博多発祥の
豚骨系新風だ。ふくもりと神仙にはすでに行ったので、最後に残った新風に行って来た。この3軒は基本となるラーメンが780円で統一されている。そ
してこの店は博多系なので替え玉が150円、他の2店は大盛が+150円とこの辺りもと統一されている。しかしながらもともと博多豚骨は麺のポー
ションが少ないのが常で、こちらのお店もおそらく120g前後、どうしても替え玉したくなるが、替え玉すると930円と博多豚骨ラーメンらしくないプライスに
なってしまう。どうやらこの3軒は東京のこの施設ではせたが屋が運営のお手伝いをしているようで、そのあたりでプライスも統一しているのだろう
209 7月28日(火) (新店)
カレと。Men
最寄駅:地下鉄各線 清澄白河
住所:江東区白河3-6-7
牡蠣煮干し醤油
BLACK Men 968円
江東区の清澄白
河といってもどこだかわからない人
も多いだろう。地下鉄半蔵門線水天宮前駅から錦糸町方面に向かって次の駅になる。以前は清澄庭園以外何もない場所だったが、最近は古い
民家や倉庫を利用してノスタルジックでお洒落なカフェが多くなって、従来は全く見かけなかった若い女の子も多くなってきた。そんな場所に新しいラーメン
点ができた。名前が変わっている以外に何の面白みもなさそうだが、実はこの店はオーナーがすごい。数年前に惜しまれながら閉店した竈@大久保
のご店主だった清水氏がオペレーションしている。当時はご当人袋麺の走りの時期で、どこのスーパーに行ってもその清水さんが袋から笑いかけていた
のを思い出す。もちろんお店にも何度もお邪魔したことがあり、大久保のビル内の店舗で長時間並んだ経験もある。今回カレー専門の方とタッグを組ん
で出店したようで、メニューにはラーメンとカレーが並列に書かれている。私はどちらかといえば小食の部類で、しかも炭水化物はできるだけ少なくするよ
う主治医にも言われているのでどちらかでいいのだが、どうやら双方のセットを要望している人も多いと聞く。この日もカレーを食べ終わってお勘定を
している女性がセットにしないのかと尋ねていた。しかしその女性はフルポーションのラーメンとカレーをペロリと平らげていたので、セットの必要性はないのでは。
もちろん清水氏が作るのだからラーメンは1級品。牡蠣の風味と煮干しの味覚、それにマーユのコクが相まってボリューミーな逸品だ。美味しかったです。
210 7月29日(水) (新店)
麺処 ぱちぱち
最寄駅:地下鉄各線私鉄 浅草
住所:台東区雷門1-5-11
俺達の肉冷や
ちゅう 880円
浅草の雷門通り
から2本ほど南に入った場所にでき
た新店。以前は都心に数店を展開している帆のるの浅草店だった場所。この帆のるは決して不味い店ではなかったが、この浅草店は決められた
開店時間も守らずに臨休も多く、こんな営業形態ではだめだと思っていたら1年弱ほどしか持たなかった。ほぼ居抜きで開店したこちらはどんな
お店かと思っていたら、裏浅草(雷門から見て観音様より北側はこう呼ぶが、地元出身者としては別に失礼な意味ではなく、みんながこう呼んでい
る)にある「浅草じゅうろく」という日本そば店の姉妹店(実はご主人が自分で作っていた)とのこと。日本そば店と言ってもスーパーなおそば屋さん。
夜はほとんどが予約制で、四万十川や仁淀川などの天然アユを提供していて、客単価が1万円を優に超える高級店なのだ。もちろんおそばも美味
しいのだがこの時期の直送天然アユの味はそっれは見事なものだ。荒木町あたりだったら倍ほども取られそうだ。もちろんいただいた独特な冷し
中華(何度か書いたが私は所謂町中華の冷し中華が苦手だ。あの甘ったるい酢が許せない)は大変美味しくいただけた。このプライスはお得だった
211 7月30日(木) (新店) 横浜家系
ラーメン 小鳥遊家
最寄駅:JR埼京線 北赤羽
住所:北区赤羽北2-31-16
ラーメン(塩)
750円
TV番組で珍名さん特集の
ようなものをやると、必ずこの漢字
が登場する。「小鳥遊」と書いて「タカナシ」と読む。意味は鷹などの猛禽類がいない場所は小鳥たちも安心して遊べる。鷹がいないからタカナシなんだ
そうだ。東京の北の入口である赤羽の埼京線の次の駅、北赤羽が最寄駅。JR高崎線の次の駅は川口でもう埼玉県なのだが、埼京線の場合は
次の駅北赤羽も東京都内だ。駅前に小規模の商店街があり、その中の1軒。メニューは家系としてはオーソドックスなのだが、まず致命的なのがスープが
少ない。ラーメンというものは一つの丼の中に麺と具とスープが同居しているので、それらの比率というものがほぼ決まっている。確かにこの三つの中
でスープは結構原価率が高いものだが、だからと言ってバランスを欠くほど減らしては絶対にいけない。そして家系には必須のご飯が別料金であるこ
と。これも非常にまずい。私の後から入ってきた三人連れのガテン系の人は「ライス別料金なの!」と大変不満そうだった。もう少し基本を守って欲しい
212 7月31日(金) (新店)東京ラーメンショー
拉麺久留米本田商店
最寄駅:JR地下鉄私鉄各線 池袋
住所:豊島区南池袋1-24-5
ホンダラーメン1号
純味 750円
当初は石神氏プロ
デュースの各地ご当地ラーメン店の期間
限定店舗。その後は渡なべスタイルプロデュースのやはり期間限定店が開店していた、池袋の楽園タウンというパチンコ店内の外向き特設店舗スペースに
新しいお店が開店した。駒沢公園で毎年行われている東京ラーメンショーに2013年から続けて出店している久留米の本田商店。開店は6月19日で
少々日が経っているので祝花は片づけられていたが、律義に送り元を書いたカードは残して壁に貼ってある。見るとやはり東京ラーメンショーで知り合
ったのだろう日本中の有名店からの物が残っている。久留米と言えば南京千両を筆頭とした老舗が多く、博多豚骨のルーツともいわれている。最近
は博多豚骨は全国区となりライトなものが増えてきたが、まだまだ久留米は大砲やモヒカンなどドトンコツと言えるものが多い。こちらもかなり離れた
ところから豚骨を炊くにおいが漂っている。久しぶりなのでラーメンショーにも出していた1号純味をいただいた。バリカタの麺がぴったりなドトンコツだった
150 6月1日(月) (新支店)
天雷軒 麹町店
最寄駅:地下鉄有楽町線 麹町
住所:千代田区二番町3-4
台湾まぜそば
650円
LUNA SEAというバ
ンドの真矢と言う人がプロデュースして
いるお店。現在の本店は神谷町にあり、この麹町のお店は支店になる。もう結構長い間ラーメン業界で経営しているが、いい言い方をすれば上昇
志向が強く、次々と店を閉めては新しいところに出店する。失礼な言い方だがあまり腰の落ち着かない店舗展開でもある。いわゆるスクラップ&
ビルドと言ったところ。一押しは琥珀醤油拉麺なのだが他の店舗でも何度かいただいたいるので今日は台湾まぜそばにしてみた。4月7日開店
だったが、コロナウィルス蔓延のせいでつい先週までテイクアウト専門で営業していた。そのテイクアウトで人気だったのがこのまぜそばだったようだ。台湾
まぜそばと言えば名古屋のはなび(東京にも店舗あり)が有名だが、茹で上がりに麺をテボに押し付けてタレのからみをよくしている。そこまで工
夫してこその台湾まぜそばなのだが、こちらでは不味くはないのだがタレのからみが今一つ。押し付けているかどうかは不明だが改良の余地あり
151 6月2日(火) (新店)昆布の塩らー麺
専門店 MANNISH
最寄駅:地下鉄各線 蔵前
住所:台東区浅草橋3-25-6
冷たい昆布の塩
らー麺 1000円
蔵前1丁目交差
点すぐの場所。最寄駅は地下鉄都
営浅草線蔵前駅だが、同じ都営でも大江戸線蔵前駅は大変遠い。かえってJR浅草橋駅の方が近いかもしれない。以前は北地蔵と言うラーメン店
だった場所。実は私はこの近辺が出生地で、この北地蔵と言う店は結構長く10年以上営業していたように思う。今度のお店は神田に本店があ
り、最近亀戸に支店を出した塩生姜らー麺専門店MANNISHの関連店。どのような関連かは不明だが、当初ご友人関係かインスパイアかと思ってい
たが、今日お訪ねしてみるとスタンプカード等似ているものを使用しているので資本関係もあるのかも知れない。暑くなってきたので最近始めたという
冷たい昆布の塩らー麺をいただいた。実にさっぱりとした上品なスープに三河屋製麺の細チジレ麺がぴったりだ。大きな梅干しも入って夏向きの一品
152 6月3日(水) (新支店) 新潟発祥
なおじ 西新宿店
最寄駅:大江戸線 西新宿五丁目
住所:新宿区西新宿5-24-16
背脂中華そば
780円
都内に何店舗か展開
しているなおじの新支店。本店は
もちろん新潟にある。新潟に何種類かある地ラーメンの内燕系の背脂ラーメンで有名なお店だが、店舗は燕市ではなく新潟市にある。こちらのラーメンは
麺に特徴があり、まるでうどんのような白い中太ストレート麺。ラーメンの麺としては賛否両論あるかも知れないが、なおじを食べなれるとやはりなおじの
背脂ラーメンはこのうどんのような麺がいいなと思えるようになってくる。東京ではぐくまれてきたホープ軒系の背脂ラーメンとはまた違ったものだし、京都
のますたにのような背脂ともだいぶ違う。やはり金属加工工場に出前する際冷めにくくした工夫が独特な新潟背脂ラーメンを形作っているようだ。
153 6月4日(木) (新店) 旨麺屋
かつくに 荻窪店
最寄駅:JR中央線地下鉄 荻窪
住所:杉並区荻窪4-32-8
旨辛かつくに(2辛)
880円
JR中央線荻窪駅南口を
出て阿佐ヶ谷方面に5〜6分歩い
た場所にできた新店。老舗の丸長(今日も昼時10名以上の行列だった)の前を通過して少し行ったあたり。店頭の看板には「日本初の女性プロデュ
ースのお店」と書いてあり、ポスターには若い女性がにっこりと笑う写真が使用されている。東京近辺だけでも女性店主のラーメン店は山ほどあるし、若い
女性が経営する店もたくさんある(元AKBアイドルだった方のお店もある)のだが。蒙古タンメン中本の白根社長から祝花が来ていた。厨房内で働いて
いるおじさんが中本出身なのかな。あるいは技術提供が中本さんなのかな。確かに中本と同じ辛い麺が看板商品のようだ。店内POPには例の女
性は系列の居酒屋の店長だったとあるがプロデュースというのは?厨房内は若い男性3名とそのおじさん。そのおじさんは若者を「急げ!急げ!」とあ
おるばかり。厨房の基本である帽子または頭手ぬぐい巻きもそのおじさんだけ無し。若者をあおる前に衛生の基本を守ろうよ。せっかくコロナ対策で
席数減らして営業しているのにこれじゃ台無しです。味も中本のように麻婆豆腐が入っていないので、辛さの中に旨味も無くただ辛いだけ。残念。
154 6月5日(金) (新支店) クルン・サイアム
六本木ヒルズ店
最寄駅:地下鉄各線 六本木
住所:港区六本木6-2-31
カオソイヘーン
1200円
都内に9店舗ほ
ど展開するタイ料理の専門店の新
支店。新しくできた六本木ヒルズノースタワーの地下1階にある。六本木ヒルズは少々六本木駅から遠いのが玉にきずだが(六本木ヒルズに住んでいるヒルズ
族やヒルズにオフィスのあるエリートたちは地下鉄なんか使わないセレブだから関係ないか)今度できたノースタワーは今までで一番駅に近く、地下1階で直接
駅とつながっている。つまりこのお店は六本木駅から一度も地上に出ないで到着できる。どれも美味しそうだが、是非こちらの支店、六本木ヒルズ店
にしかない限定のカオソイヘーンを食べて欲しい。平たく言うとカレー味のまぜそばで、1200円と少々お高めだが、スープや生春巻きも付いているのでCPは
かなりいい。その辺のいい加減なラーメン店の汁なしそばやまぜそばよりははるかに美味しい。本場風にナンプラーなど使い放題なのも嬉しい。サイドに
とても辛くスパイシーな香辛料が添えてあるので、通常のまぜそばのようにとりあえず混ぜてしまうととんでもないことになるので注意が必要だ。美味
155 6月6日(土) (新支店) 恵比寿
ブタメン 市原店
最寄駅:JR内房線 八幡宿
住所:市原市八幡3-10
ブタメン(中)
780円
同じ千葉県内の大網
白里にあるお店の支店。コロナウィルス
蔓延の影響で、テイクアウト主体で営業している。駐車場をつぶして簡易テントとテーブルを設置してその場でイートインすることも可能。ただし店内には飲食
スペースはなく調理場とレジカウンターのみ。基本的に豚麺と言うネーミングのまぜそば専門店。麺量は小で150g、中で250gとあまり多くないとのことだっ
たので中で野菜少な目で注文。まぜそばながらタレは多めで、最後に備え付けのポットに入った煮干しスープで割って飲めるのも大網白里の本店と同
じスタイル。前述のように駐車スペースをつぶしてしまっているせいか3台分しかなくやや狭い印象。近隣のファミレス等に駐車しないように呼び掛けていた
156 6月7日(日) 麺屋 美好(ミヨシ) 最寄駅:JR外房、内房線 本千葉
住所:中央区寒川町1-80
ワンタンメン
700円
終日千葉市寒川町の
マリーナに所用があったのでこちらの
お店に。以前は大衆町中華店だったが最近改装して綺麗になったそうだ。入り口のガラス扉に「昭和の店」とキャッチフレーズが書かれている。半チャーハン
が付いたラーメンもそそられたが、ラーメンが単品600円で半チャンをつけると900円になるということに納得がいかず、ワンタンメンにしてしまった。お店が書いた
キャッチフレーズどおり昭和な味のラーメンスープ。カウンターでは日曜日と言うこともあり、近所のおじさんが昼時からかなり出来上がっていた。まさに昭和の店
157 6月8日(月) (新支店) らーめん
玉(ギョク) 豊洲店
最寄駅:ゆりかもめ地下鉄 豊洲
住所:江東区豊洲2-4-9ららぽーと
濃厚魚介らーめん
850円
豊洲のららぽーと
1階フードコートに開店した玉の新支店
。実はもうとっくにできていたのだが、コロナ禍の影響で開店が遅れに遅れていた。このららぽーとのフードコートには前からTETSU系のきみはんが営
業していたが、その正面の位置に玉が開店して一騎打ちの様相になった。昨日は遅れていた開店の影響もあり、玉には4〜5人の行列ができて
いたがきみはんの方は行列はなかった。川崎にある本店でも何度かいただいているが、玉の豚骨魚介はかなりクオリティーが高いと思う。特にカツオ
ブシがいいアクセントになっていて、豚骨魚介ながら最後まで飽きないで食べることができる。隣は天丼の金子半之助だがそちらはまだ開店準備中。
158 6月9日(火) (新店) じげもん
ちゃんぽん 赤羽店
最寄駅:JR各線 赤羽
住所:北区赤羽西1-4-13
白ちゃんぽん(中)
780円
赤羽駅南口を西側
に出てすぐの場所にできた新店。
予定ではもう少し前に開店していたはずだが少々遅れたようだ。じげもんとはちゃんぽんの本場長崎弁で地元民の事のようだ。つまり地元民に
愛されているちゃんぽん店と言いたいのだろう。そうかもしれないが、長崎市民にアンケートをとって、市内で最も好きなちゃんぽん店はと聞くと、リンガ
ーハットという答えが出ると聞いたことがある。東京でも食べることができるリンガーハットだが、あの味は本場長崎市民も好きなようだ。ちゃんぽんは
具を食べるものでラーメンとは別物だという人もいるが、充分ラーメンの1種として認識することができる。中央線沿いにある長崎料理居酒屋のじげも
んとんとは特に関係はないようだ。スープはなかなか美味しいのだが、具には豚バラ肉と野菜、かまぼこのみで海産物がないのが少々寂しい。
159 6月10日(水) (宿題店)
麺駒(メンコマ)
最寄駅:地下鉄各線私鉄 浅草
住所:台東区駒形1-9-9
かきたまラーメン
600円
いわゆる町の中華屋
さん。それもカウンター5名と二人掛け
二つという狭い店内。メニューは八宝菜定食や中華丼など町中華屋さんメニューは一切なく、麺類と餃子のみ。私も実家のそばなのだが実は行ったこ
とが無く今日が初訪。1992年の開業だから28年間営業のなかなかの老舗。なぜ宿題店になっていたかと言うと、先日支店を亀戸に開店させた
神田の生姜ラーメン、話題のMANNISHのご店主のご実家だということが分かったから。今日はあえて基本の醤油ラーメンではなく、塩ベースのスープ
にかき玉子が乗ったかきたまラーメンを。素朴な中に韮のパンチもあってなかなか美味しい。これで600円とはさすが浅草の町中華。心意気を感じる
160 6月11日(木) (新店)あさりダシの
塩らーめん しおつぐ
最寄駅:JR各線地下鉄各線 新橋
住所:港区新橋3-19-2
塩らーめん
740円
新橋駅の近くに開店し
た塩ラーメン専門店。新橋駅周辺は言
わずと知れたラーメン激戦区で、新店ができては消えていく場所になっている。以前も違うラーメン店だった場所だが、もう何回も変わっているので
記憶には残っていない。ちょっと濁りのある塩ラーメンで、上品一辺倒な塩ラーメンではないところが新橋向きかも知れない。卓上にはおろしニンニクは
もちろんすりごまや魚粉、ユズコショウなど多種多彩なものが揃っている。それでもやはり塩ラーメンと言う宿命かパンチに欠けるところがある。昼時に
塩ラーメンが食べたいというサラリーマンやOLにはいいかもしれないが、終電間際の酔客には物足りないと思われてしまうかもしれない。がんばれ。
161 6月12日(金) (新支店)かけラーメン
まさ屋 渋谷店
最寄駅:JR山手線私鉄地下鉄 渋谷
住所:渋谷区宇田川11-1
醤油A麺定食
530円
話題の二郎系かけラ
ーメンのお店。本店は蒲田にある。
まさにかけラーメンで店名の入った小さな海苔以外は何も乗っていない。太麺はA麺で醤油と味噌がある。細麺はC麺。麺単品では普通盛が
200gで380円、大盛が300gで480円。普通盛にご飯と生玉子が付いた定食が530円とどれもリーズナブル。場所は渋谷東急ハンズの前の路地を
入ったゆうじという焼肉店の2階。店舗内はカウンターのみ10席あったようだが現在ではコロナの影響で7席ほどに抑えられている。ついこの前までは
テイクアウト専門で営業していたようだ。リーズナブルで味もそこそこ食べられるのだが、どれをとっても本気の商売には見えない。まず支払いは電子
マネーのみで現金は全く通用しない。スイカ等で支払うと伝票も出ないので、果たして正しい金額で引かれているのかもわかりずらい。お水も麺の
丼も紙の簡易食器だし、ご飯の茶碗も紙製で小さく、まるで小さい子がままごとに使うもののようだ。せっかくの生玉子もこぼれてしまった。
162 6月14日(日) (新店) 横浜家系
ラーメン 蓮(レン)
最寄駅:京成本線 京成大久保
住所:習志野市大久保1-16-13
ラーメン(並)
700円
京成大久保駅から日
大生産工学学部や東邦大学に向
かう商店街の一角と言う絶好の立地にできた新店。以前からこの商店街にはラーメン店が多いが、よほど変則的な営業形態や変わった味を提供
していない限りはどこも繁盛している。商店街からは外れてしまっているがその日大生産工学部の正門前にある京成大久保二郎はそれほど大
きくない店舗ながら二郎の中でも繁盛店として知られている。この周辺には家系のチェーン店系大型店はなかったので、個人店のようだが家系
はいいところに目を付けたかもしれない。若いご店主で少々手際が良くないが、それも時間が解決するだろう。今より先々が楽しみなお店だ。
163 6月15日(月) (うどん) えびすや
うどん博多 中野店
最寄駅:JR中央総武線地下鉄 中野
住所:中野区中野5-57-4
カルビぶっかけ
うどん(冷) 780円
土曜日の昼に放送し
ている王様のブランチを見ていたら、
うどんライターの井上こんさん(ライターの他にうどんスナック「松ト麦」も経営している)が夏に向かっての冷たいうどんを紹介していた。それを見ていたら
何だか冷たいうどんが食べたくなって紹介されていたこちらのお店に。中野駅北口から北に延びる通称ラーメンストリートの中にあります。有名店青葉
の少し先の右側。カウンターのみで6〜7人でいっぱいになってしまう、あまり広くないお店。到着したのは昼少し前、ちょうど満席で一人だけ並んで
いました。外看板にもあるお勧めのカルビぶっかけうどん(冷)をお願いしました。口頭注文で後会計。780円とうどんにしてはややお高め。しかし
銀座あたりに展開している「T」のように4桁にはなっていない。博多をの乗るだけあって、讃岐とは対極をなす柔らかい麺。これはこれで美味し
いと思います。少しカルビと汁を残しておいてご飯(まぜそばの追い飯)を入れるのもありのようだが自重。少々お肉が硬かったのが残念だった。
164 6月16日(火) (新支店) 東京油組
総本店 神保町組
最寄駅:地下鉄各線 神保町
住所:千代田区神田神保町1-19
油そば(W盛り)
780円
油そばもたまに無性
に食べたくなる時がある。スープレス
なので原価は安いのはわかっているが、それでもほぼ毎日スープありのラーメン類を食べていると油そばが恋しくなる。そもそも私は日本そば屋さん
に行くとほぼ必ずざるそばかもりそばを注文する。昨日もうどん屋さんで冷たいうどんをいただいたが、麺類は冷たいほうが好きなのかもしれない
。油そばは別に冷たくはないが、中華麺の味がストレートに味わえるところが気に入っている。こちらの東京油組総本店はチェーン店だが余計なものが
入っていないので無難に美味しい。普通盛(160g)大盛(240g)W盛(320g)同料金なので、こちらではいつもW盛をいただいている。お腹一杯
165 6月17日(水) (新支店)
鮎ラーメンプラス
最寄駅:地下鉄日比谷線 虎ノ門ヒルズ
住所:港区虎ノ門1-17-1
鮎涼ラーメン
1320円
今週新規開業した地下鉄
日比谷線虎ノ門ヒルズが最寄駅とな
る虎ノ門ヒルズビジネスタワー3階にできたレストランコンプレックス、虎ノ門横丁の一角にできた新支店。本店は二子玉川にある、以前は赤坂見附等にも支
店があった。同じく虎ノ門ヒルズの虎ノ門横丁には神田に本店がある勝本も店舗を出しており、実は今日はそちらに先ずはお伺いするはずだった。
ところが原則休業日がないビル内のコンプレックスではめったにないことなのだが、勝本さんだけ水曜日が定休となっていて今日は休みだったのでこ
ちらに転戦。二子玉川や赤坂にはあった鮎ラーメンや鮎〇ゴトラーメンはこちらでは夜だけのメニュー。昼は今日いただいた鮎涼ラーメン1種類のみ。要する
に骨を抜いた鮎の一夜干しが乗ったつけ麺にご飯が付いている。ツケダレは鮎出汁の煮凝りで適宜二番出汁で割るようにできている。美味しいの
だがこのご時世に隣と肩が触れ合わんばかりのカウンター席のみで立ち食いまである。他は椅子を減らしたり、椅子が固定式のところ(こちらも固定
式だった)は一つ置きに座らせたりしているのにこちらはフルに使い満席状態。その内大学生らしき男女三人組が座ってマスクもしないで大声で
会話と笑い声。ご店主も目の前の厨房内にいるのに注意しようともしない。これでランチ1320円はいくら何でも暴利だ。味以前の飲食店非常識。
166 6月18日(木) (新支店) ファイヤーホール
4000 虎ノ門ヒルズ
最寄駅:地下鉄日比谷線 虎ノ門ヒルズ
住所:港区虎ノ門1-17-1
火鍋担々麺
1000円
赤坂四川飯店に
て陳健一氏に師事した菰田欣也氏
のお店。独立前は四川飯店グループの総料理長まで勤めていた人。本店は五反田にあり麻布十番にもお店がある。日本の四川料理の祖、陳健一
氏の御父上、陳健民氏譲りの本格的な四川料理を得意としている。今回3店舗目を虎ノ門ヒルズの中にある虎ノ門横丁に開店した。夜は豪華な四
川料理を提供する店だが、昼は簡単安価な定食に加えて担々麺も出している。きょうはその担々麺が目的でこちらのお店に訪店。ともすれば辛く
なりがちの四川料理だが、担々麺は誰にでも合うように辛さが抑えられている。別注文+100円で辛味が得られるので辛い物好きの人にも喜ばれ
るだろう。中華店でありがちな既製品のラー油で辛くしただけでスープの風味が薄い物とは違い奥深いところに美味しさが潜んでいる。さすが菰田シェフ
167 6月19日(金) (新店)
麺屋 時風(トキカゼ)
最寄駅:つくばEX 青井
住所:足立区青井4-34-16
濃厚鶏そば
750円
つくばEXの青井駅近
くに所用があったのでこちらの新店
に。飲食店らしくない造作で、おそらく物販の店を飲食店に改造したのだろう。基本は醤油ラーメンのようだが、壁に貼ってある写真を見ると昔懐かし
い中華屋さんのラーメンのようなので、回避して濃厚鶏そばにしてみた。店舗と厨房に様子から想像するに鶏出汁を圧力釜等を使用して濃厚に、いわ
ゆる鶏白湯状に煮出すのはほぼ難しいだろう。最近は普通の鶏出汁スープに混ぜるだけで、一瞬にして鶏白湯に化けてしまう魔法のスープの素も市
販されている。それを使ってはいけないというつもりはないが、どこで食べても同じ味の鶏白湯もどきになるのは避けられない。実際には不明だが。
168 6月20日(土) (新支店) れんげ食堂
Toshu 原木中山店
最寄駅:地下鉄東西線 原木中山
住所:船橋市本中山7-5-6
Bセット
638円
以前は、と言うか今で
も残っているが中華食堂東秀という
町中華のチェーン店が店名を「レンゲ食堂Toshu」と言う名前に変えてリニューアルオープンしている。名前はしゃれた名前になったが、メニューの内容はほぼ
従来の中華食堂東秀のままでリーズナブルに食事ができる。こちらの新支店は地下鉄東西線(乗り入れではなく本線で東京都以外に地下鉄が延伸
しているのはこの東西線と都営新宿線のみかな)原木中山駅すぐそばなのだが、ここに東秀があったという記憶があまりないのでもしかするとリニュ
ーアルではなく新規開店なのかもしれない。本当は1か月ほど前に開店の予定だったが、コロナウィルスの影響で、内装外装は完成したまま開店が延び
ていた。その間人件費や光熱費の一部はかからなかったかもしれないが、賃貸だとすればかなりの損害だろう。。母体が中華食堂だけあって、シン
プな醤油ラーメンもなかなか美味しいが、この店の特徴はチャーハンが美味しいことだ。醤油ラーメンと半チャーハン、餃子3個がセットになったBセットがベストだな。
169 6月22日(月) (新店)
ちえちゃんラーメン
最寄駅:JR各線地下鉄 神田
住所:千代田区鍛冶町2-13-7
中華そば(並)
850円
神田駅の文字通りガー
ド下にできた新店。以前は凪系列
の「凪BUTAO:」というお店だった場所。一説によると凪の隠れ関連店(新業態)ではないかという説もあるが詳細は不明。メニューは中華そば850円
ともり中華950円が基本の2本建て。このもり中華と言うネーミングに少々引っ掛かりながら、今日は雨模様で寒かったため中華そばにした。ルックスは
表面に薄く油が張った中華そばなのだが、麺とチャーシューにやや特徴がある。麺は白っぽい癖のないもの。チャーシューはほとんど脂身の無いもので
味の染み加減は薄めのものが意外にたくさん5枚ほど入っている。隣の人がもり中華を注文したので見てみると、ツケダレは薄目で大き目の器に入
っている。どうも私は凪と言うよりも東池大勝軒系のような印象を感じる。あまり他では味わったことがないタイプのラーメンだ。次回はもり中華にしたい
170 6月23日(火) (新支店) 家系らーめん
武将家 外伝
最寄駅:JR地下鉄私鉄各線 秋葉原
住所:千代田区神田松永町16
ラーメン(並)
700円
秋葉原駅昭和通り口
から北に150mばかり行った左側
。各地に武将家を名乗るお店は多いが、なぜこちらだけが外伝なのだかは不明。実は今日は家系の気分ではなかったのだが、ある新店に臨休
で振られてしまったので時間が無くなりこちらに。今日はほぐしチャーシューが10円でサービスされていたので当然お願いした。普段はあまりチャーシュー増
し等は頼まないので、結構お腹いっぱいになってしまった。家系ではいつも麺固め、油多めでお願いするのだが今日は油がきつかった。年かな。
171 6月24日(水) (新店)
らーめん しん
最寄駅:JR総武線快速緩行 新小岩
住所:江戸川区松島3-13-4
醤油らーめん
560円
JR総武線新小岩駅が最
寄だが、商店街を根けて500mほ
どある。商店街からも外れているので場所的にはかなり苦戦しそうな場所だ。カウンターのみ6席ほどの小さなお店で若い店主が一人でワンオペレーショ
ン。各ご店主の個性と言うものがあるだろうが、申しわけないが何が面白くないのかずっと仏頂面。無理に笑う必要はないだろうが、お金を支払う
お客さんにはせめて感謝の態度を表さないと次はない。駅前の一見ばかり、あるいは酔客ばかり扱う店ならいざ知らず、これでは先が思いやられ
る。基本の醤油らーめんが560円は今時頑張っているとは思うが、スープはさておき麺がまるで美味しくない。麺箱がなかったのでどこの製麺所か
は定かではないが、スーパーで買ってきたような麺を出していてはだめだ。あと40円上げて600円でもいいのでもう少し良い麺を使わないと損だ
172 6月25日(木) (新支店)
T’sたんたん 池袋店
最寄駅:JR各線 池袋駅構内
住所:豊島区南池袋1-28-2
たんたん麺
780円
JR池袋駅目白駅寄り
の構内にできたいわゆるエキナカの
新店。(株)日本レストランエンタプライズとジェイアール東日本フードビジネス(株)が合併してできた(株)JR東日本フーズが展開する担々麺の専門店。JR東日
本の100%子会社だけあって構内の素晴らしい場所え営業している。ここ池袋の他にも東京駅や上野駅構内に店舗がある。実は1か月以上前
に開店予定だったが、コロナウィルスの影響で開店が延び延びになっていた。席数を減らしたり席と席の間にアクリルの仕切りを設けたりしてようやく開店
した。最近目立って多くなってきたサスティナブル(自然にやさしい)な材料だけを使用している。入り口の食券機で食券を買うと番号が書いてあり、出
来上がるとその番号が呼ばれる方式。サスティナブルな材料だが、辛さはしっかりと付いている。花山椒が使い放題なのも嬉しい。辛い物が苦手な人
のために担々麺ではなく普通のラーメンも提供している。なんせエキナカなので改札を出ないで食事ができる。乗換え時などに便利に使えるだろう。
173 6月26日(金) (新支店)中華そば専門
田中そば店 大手町店
最寄駅:地下鉄各線 大手町
住所:千代田区大手町1-2-1
中華そば
770円
大手町1丁目2番
地に先週オープンした大手町ONEと
いうオフィスビルの地下1階と地下2階が食堂街になっている。その地下2階部分に田中商店の新支店が開店した。右隣りはつじ田、左隣りは天丼
の金子半之助という激戦区。面白いのは右隣りのつじ田と厨房が、店内ともつながっていること。もちろん入口は別々で、食券機も外向きで別々
なのだが、店内はつながっていてカウンターもつながっている。厨房は一応分かれていて動線も交わらないように作ってはあるが、ガスメーターは別に
してあるだろうが、電気等はどうやって分けているのか興味深い。今日はたまたまつじ田の方が少しお客は多かった。この状態ではお互いに意識
せざるを得ないだろう。田中商店もすでにこの店で13店目。台湾にまで展開している。大元、豚骨の田中商店と合わせると15店と言う一大勢力に
なってしまった。足立で豚骨1軒でやっていた日が夢のようだ。その前は田中さんその前は確か環七に面した金太郎(閉店)に居たんじゃなかった
かな。久しぶりの田中そば店の中華そばに唐華(唐辛子ベースのオリジナル調味料。これがうまい)をたっぷりで大満足だった。近いうちにつじ田にも
174 6月27日(土) (新店・店名変更)
下かまた村
最寄駅:地下鉄新宿線 瑞江
住所:江戸川区東瑞江1-29-3
煮干しラーメン
880円
瑞江駅から3分ほど
といういい立地。本年3月に開店し
た直後からコロナウィルスの影響で自主閉店したいた。夜はさておき昼まで閉店する必要があるのかと思ってみていたが、政府の警戒宣言と東京都
のトウキョウアラートが終わったので再開したと聞いたので行ってみた。すると店頭では店の入り口をふさぐようにして弁当を販売している。そして何より
店名が「がむしゃら」から「下かまた村」に変更になっている。店頭にいた人に聞くと中ではラーメンを提供していると言うので食べていくことにした。
店内に人はおらず外で弁当を売っていた人が中に入ってラーメンを作っている。基本は鶏ガラベースの醤油味の中華そばで、魚粉を足して煮干しラーメ
ンにしているらしい。鶏ガラの出汁も悪くないし煮干し粉も旨くエグミを消している。しかしこの店に最も有らないのはやる気のようだ。集中するべきだ
175 6月28日(日) 博多ラーメン
ガツン 両国店
最寄駅:JR総武線緩行 両国
住所:墨田区両国2-17-1
ラーメン
600円
久しぶりの休日出勤
。出勤前に新しくできたショッピングモ
ール有明ガーデンに寄ってみたが、少々時間が速すぎてまだ飲食店がオープン前だった。特に急ぐこともないのでオープン迄待とうと思ったが、駐車料金
が1時間700円と都心並みの価格なのでラーメン新店訪店は次回以降にすることにした。そんなわけで職場そばのこちらに久しぶりに訪店。消費税
が上がる前は550円だったが現在では600円。それでも替え玉1玉付きでこの値段がすごく良心的だと思う。豚骨ラーメンの命であるスープの濃度も
充分だし、バリカタ(私はいつもこの茹で加減)の塩梅も申し分ない。替え玉の注文からのタイミングピッタリ。1000円超のラーメンだけが美味しい訳ではない
176 6月30日(火) (新店)
らぁ麺 虎武(トラタケ)
最寄駅:地下鉄銀座線 虎ノ門
住所:港区西新橋2-2-3
つけ麺(期間限定)
880円
JR新橋駅近くに
所用があったので、少し歩いてこち
らのお店に。最寄駅は地下鉄銀座線の虎ノ門だが、JR新橋駅も烏森口から出ればそんなに遠くない。と言うのも先日虎ノ門ヒルズ内虎ノ門横丁
の新店に行ったとき、JR新橋駅まで歩いてみた時に途中にこの店があったのでわかったことだ。基本は貝出汁の醤油ラーメンと貝と鯛出汁の塩
ラーメン。貝出汁こってりの味噌ラーメンもある。どちらも最近のトレンドであちらこちらでいただいたいるので、期間限定のつけ麺にしてみた。麺はどれ
も三河屋製麺製で、味噌ラーメンは太麺、細麺が選べる。ちなみにつけ麺は細麺オンリー。麺はごく薄い出汁(だと思うが)につかって登場する。麺の
上にはとろろ昆布が乗っている。ラーメン、つけ麺の具にとろろ昆布を使うのは珍しい。小さなスダチが味変で付いてくる。つじ田でも有名な手法だが
、それ以外にも卓上に黒七味と花椒油が置いてある。この花椒油が結構強烈な個性で、もとより花山椒好きの私にはぴったり来る味だった。
令和2年6月分
122 5月1日(金) (新店) 本格四川
料理 千成
最寄駅:地下鉄新宿線 浜町
住所:中央区日本橋浜町2-24-2
牛肉ラーメン
750円
さすがに平日在宅勤
務が多くなると週末にどうしても出
勤しなくては済まない仕事が溜まってしまう。例えば宅急便の受け取りとかはどうしても週に1〜2階は必要だ。というわけで今日は事務所に
出勤をしたので、時間の関係で昼食も職場の周囲で済まさなければならなくなった。斜め向かいの鶏白湯の名店はもう1か月近くも臨時休業
している。こんなに長く休んで大丈夫なんだろうかと逆に心配してしまう。ということで少々遠いが徒歩片道15分ほどのところにできた中華系の
新店に。到着してみると本当にどこにでもある中華系町中華店。四川と名がついているので辛い牛肉ラーメンにした。辣油の味しかしないスープに
町中華独特の腰のない麺。牛肉はごろっとしたバラ肉がたっぷり10個近く入っているのが救いだ。コロナウィルスの蔓延のおかげでまず計画してい
た今週末の関西遠征を中止にし、代替で計画していた福島遠征も非常事態宣言が全国的になったので自粛をした。何だかストレスが溜まりそうだ
123 5月2日(土) 来来亭
鎌ヶ谷店
最寄駅:私鉄各線 新鎌ヶ谷
住所:鎌ケ谷市北初富2-3
チャーハン定食
950円
本当にラーメン店舗が営
業していない。行くところ行くところ
臨時休業又はテイクアウト専門。こうなってくると頼りになるのは全国展開している大店。しかし一風堂のように上場していると大人の事情なのか
このところずっと全店舗臨時休業が続いている。新型インフルエンザ等対策特別措置法では19時以降のアルコールの提供を控えるようにとのこと
だが、それを受けて多くの自治体では、ゴールデンウィーク中は飲食店の終日営業自粛を要請しているところが多い。東京都をはじめとしてステイホーム
週間と称してすべての外出を自粛するようにとのことなので致し方ないのだろうが、食事の場まで規制すると若年層が反発することは目に見え
ていた。立ち入り禁止の海岸や河原でバーベキューなどしている若者が多いのもその影響だろう。ということで中規模で全国展開しているこちらの
店舗に。こちら来来亭は本店が滋賀にありそちらへも数年前にお邪魔している。京都の影響を色濃く受けているからか焼きめしが美味しいのだ。
124 5月3日(日) こってりらーめん
なりたけ 幕張店
最寄駅:JR京成千葉線 幕張
住所:花見川区武石町1-242-1
しょうゆらーめん
750円
昨日と同じ分析の元、
こちらのお店なら営業しているだろ
うということで訪店。最寄駅はJR総武線緩行幕張なのだが、遠くてとても駅からはいけない。京葉道路の武石ICの目の前なので車が便利。こ
のゴールデンウィークは群衆が観光地へ行くことを抑制するため高速道路の休日割引を廃止しているが、この京葉道路武石ICは料金所設置の都合
で下りは幕張ICから武石ICの間、上りは武石ICから花輪ICの間は無料なのでお金がかからない。本店は津田沼にあるいわゆる背脂チャッチャ系
のお店で、東京の人にはあまり知名度はないが、チャッチャ系の元祖ホープ軒(ホームラン軒)の流れを汲む名店だ。このお店は食券を渡すと背脂の量
を聞いてくれるが「多めで」と言うと「当店は最初から多いですが大丈夫ですが」と聞かれる。もちろん知っているので大丈夫と答えるとすごい!
125 5月4日(月) (新店) らぁ麺
辻〇(ツジマル)
最寄駅:地下鉄新宿線 大島
住所:江東区北砂5-19-28
辻〇らぁ麺
700円
休日出勤するので車
で北砂のあたりを通りかかると、先
日テイクアウト専門となっていた新店が今日は店内飲食で営業していたので急遽訪店。壁には麺の固さ、脂の多さ、味の濃さを指定下さいと書いて
あるので家系なのだろうかと思う。ところがカウンターで食べてる人を見るとショップ系独特の平べったい丼で、しかも白髪ねぎが天盛りになったラーメン
を食べている。どうやら家系とショップ系のいいとこどりの独創スタイルのようだ。麺固め、脂多めでお願いしたが、脂は油(チーユ)では背脂チャッチャだっ
た。スープも家系とは全く違う豚骨醤油。どちらかと言うとショップ系に近い。それならばネギラーメンにしたのにと思った。ナンチャッテ家系張り紙でした。
126 5月6日(水) ラーメン魁力屋
船橋成田街道店
最寄駅:JR総武線緩行 東船橋
住所:船橋市前原西1-38
醤油ラーメン
715円
数日前にも書いたよう
にこのゴールデンウィークは本当にラーメン
店が営業していない。繁華街に行けば営業しているのだろうが、もしその店を目指して電車や車を利用して行ってみて臨時休業している場合は
がっかりする度合いが半端ではない。特に新店の場合はただでさえ排水施設の不具合やその他の機械的障害により臨時休業が多い。また最
近よく見かけるのが「スープの出来が良くないため」などとツイッターでつぶやいて臨時休業にするケース。以前のように店頭まで行って張り紙で振ら
れるよりはいいが、いくら新店とは言えプロとして恥ずべきことだと思ってほしい。その点こちらのお店は自宅から徒歩圏内。便利に使っている。
127 5月7日(木) (業態変更) 麺処
ほん田 東十条店
最寄駅:JR京浜東北線 東十条
住所:北区東十条1-22-6
小ラーメン
900円
大勝軒ファミリーの
ほん田が秋葉原に本店を移転して
1か月近くたった。すでに行列店になっているようだ。それでは従来の東十条のお店はどうなったかと言うと、秋葉原に移転する前後のほんのち
ょっとの間お試しのように提供していた二郎インスパイアをメインメニューにして本格的に営業を開始した。ほん田と言えばもともと大行列店。それが若者
が大好物の二郎インスパに業態替えしたとあれば行列は必至だ。こんな時代なので3つの密の一つ「密集」は避けなければならないので、もし大
行列していたら他に転戦するつもりで開店(11時半)10分前に到着。並んでいるのは8人で9人目に滑り込んだ。このお店は席がカウンターのみ10席
なのでぎりぎりワンロット目に参加することができた。作るのは5人前ずつなのでセカンドロットだが、これならば密にならないうちに食べることができそう
だ。メニューはミニ150g850円、小250g900円、大400g1050円になる。男性客の内7割は小、後の猛者は大、女性はミニが多いようだ。ヤサイマシ、
ニンニク、アブラ、カラメは提供直前に聞かれるタイプ。二郎インスパで野菜マシを頼むと夕食にまで響くのでヤサイ少な目で。麺は極太で手もみちじれにした
もの。ただし茹で時間を少々長めにしているようで顎が付かれるような固い麺ではないのが好感が持てる。スープは二郎や二郎インスパの中でも
とりわけ乳化が進んでいるもの。全くしょっぱくないので私は大好きだ。隣の若者はカラメで注文した上に卓上のタレをびんの1/3ほど。スープが真
っ黒になるほど入れていた。個人の好みだから周囲がどうこう言う問題ではないとは思うが、味覚障害と笑われることは覚悟した方が良いね。
128 5月8日(金) (新店)
麺創庵 砂田
最寄駅:都電荒川線 庚申塚
住所:豊島区巣鴨4-24-6
中華そば
780円
最寄駅は都電荒
川線庚申塚駅だが、JR巣鴨駅か
らも同じぐらい、徒歩10分少々で到着する。豊島市場の近く、国道17号線と地蔵通りの間の路地に面している。自家製麺で無化調。キャッチフレーズ
は「山手線沿線で白河ラーメンが食べられるお店」。千葉まで行けばとら食堂の分店などあるが、確かに都内山手線沿線で白河ラーメンは珍しい。加
水率が高くモチモチとして強くちじれた麺でスープをよく持ち上げる。チャーシューは炭火で吊るし焼きした本格的なものが2種乗っている。カウンター内はご
年配(50代)のご店主のワンマンオペレーション。本来はカウンター7席+二人掛けのようだが、コロナウィルスの影響でカウンターは4席、二人掛け席はウェイティング席
にしている。50代になってから脱サラし、あの著名なフードプロデューサー、渡辺樹庵氏の渡なべスタイルで修行をしたようだ。ちなみにこちらも話題の
きつね@芦花公園も少々先輩の同門のようで祝花が来ていた。巣鴨もミシュラン星持ち「蔦」が代々木に移転してから少々寂しくなったが、JR巣鴨
駅から地下鉄西巣鴨駅にかけて、この店をふくめて元気な新店がちらほらと開店してきた。池袋はすでに飽和状態なので今後は巣鴨が楽しみだ。
129 5月9日(土) ラーメン かいざん 最寄駅:JR総武線緩行 東船橋
住所:習志野市谷津6-21-4
ネギラーメン
750円
買い物のついで
に、久しぶりに自宅そばのこちらの
お店に。ある意味ショップ系の究極とも言えるこちらのお店。名物はショップ系らしくネギラーメン。ただしこちらのお店から500mほどのところに従来のま
まのショップ系があるので食べ比べが容易にできる。やはり決定的に違うのがスープとチャーシュー。こちらのチャーシューはお土産にする人が後を絶たない
ほど美味しい。あまり売れていないお店のチャーシューはなんだかすえたような臭いがする場合があるが、お土産を含めて強烈な回転率ではけていく
ので臭いが出る暇もないと言ったところ。ネギラーメンのネギは辛く和えたショップ系独特の物。ご飯に乗せても美味しいのだが今日は麺の上でした。
130 5月10日(日)
日帰り遠征@
中華そばつけ麺魚介
の達人久兵衛取手店
最寄駅:関東鉄道常総線 稲土井
住所:茨城県取手市米ノ井167-28
濃厚つけ麺
830円
茨城県取手市は南
部で千葉県我孫子市と接している。
取手駅も常磐線で上野から41分とかなり近い。ところが接している我孫子市のすぐ南に位置する柏市と比べるとかなり地方色が強くなる。柏が
下北沢や吉祥寺と比べられるのでその対比になってしまうのだが、このお店の最寄駅稲土井駅を通る関東鉄道常総線となると乗ったことがある
人は少ないのではないだろうか。取手市取手駅と同じ茨城県の筑西市下館駅を結んでいる。なんと電化はされておらずいまだにディーゼルカーが
走っている。そんな稲土井駅のそばにあるこちらのお店に。店名に中華そばとつけ麺が並列になっているように、どちらもこの店の売りなのだが
中華そばは二郎インスパ、つけ麺は太麺の豚骨魚介。麺は浅草開花楼製を使用しており本格的に食べられる。取手市内のランキングも高い。
131 5月10日(日)
日帰り遠征A
麺屋 玄徳 最寄駅:関東鉄道常総線 稲土井
住所:茨城県取手市戸頭208-1
味噌ラーメン
730円
遠征の場合、例えば地ラー
メンでそこでしか食べられない味で
あれば同じ味を連食もいとわないのだが、そうではない場合はできるだけ味を変えて連食することにしている。1食目がつけ麺だったので、その
お店から10分ほどの場所にある味噌ラーメンが売りのお店に寄ってみることにした。最寄駅は前のお店と一緒で関東鉄道稲土井駅だ。駐車場も
広くドライブイン的ルックスのお店だ。一押しである味噌ラーメンを注文。セミオープンキッチンだが作っているところは見えなかった。しかし中華鍋を振っている
ような音がしていたので札幌方式なのだろう。あまり待たされずにほどなく着丼。スープも熱々で期待は高まったのだが、一口麺を食べてその気
は吹き飛んでしまった。どう間違えたのか、あるいはそれがデフォなのかちょっとわからないが麺が驚くほどフニャフニャなのだ。麺に問題があるので
はなく、どうやら数人前一緒に作っていたので麺を茹ですぎてしまったらしい。調理場は若い人で不慣れだったのかも知れないががっかりだ。
132 5月11日(月) (新店)
中華そば 半ざわ
最寄駅:地下鉄大江戸線 西巣鴨
住所:豊島区西巣鴨4-13-6
中華そば
780円
この新店も最近
元気な店が多い巣鴨に開店した。
最寄駅はJR巣鴨駅から地下鉄大江戸線で一駅の西巣鴨。国道17号線と明治通りの巨大な交差点のすぐそばと立地は最高だ。修行元は葛西
の名店ちばき屋さん。売りは繊細な味の中華そばなのだが修行元を彷彿とさせる素晴らしい出来だ。麺はカネジン製の細チジレ麺。もう少し太いほ
うが私の好みなのだが、この繊細なスープにはこの細麺の方が良いと判断したのだろう。コロナウィルス騒動で席を減らして営業しているようだが、本
当にこの時期開店になってしまったお店は大変だと思う。本来であれば開店即大行列でもおかしくないお店だがしばらく辛抱が続くかな。余談に
なるが、店名はどこからとったかは不明だが、本当であれば春ドラマでTVで半沢直樹シーズン2も始まっている時期なのに、こちらもコロナウィルスの影
響でスタートが遅れてしまっている。マスコミが飛びつきそうな店名なのにこの辺りもちょっとかわいそうだった。仕事が丁寧で実に美味しい。お勧め
133 5月12日(火) (新店) 麺工房
綺凛花(キリカ)
最寄駅:JR総武線緩行 平井
住所:江戸川区平井5-14-7
濃厚海老ポタ
ラーメン 850円
JR総武線平井駅そば
にできた新店。以前もラーメン店だった
場所を居抜きで開店した模様。前のお店の時もそう思ったが、まるでスナックかバーのような椅子で、およそラーメン店らしくないので多少落ち着かない
。今度のお店の売りは海老出汁ラーメンのようだ。最近海老出汁のお店が増えてきて、まるで一時期の豚骨魚粉のように「またお前か」状態になり
つつある。麺は三河屋製麺の中太チジレ麺。スープとの相性は悪くない。これが山手線内や港区あたりだったら受けそうな気もするが、ここ平井は
東京都内でも高齢者が非常に多い地域だ。この海老出汁のもったとした濃厚なスープは高齢者にはいささかきついかもしれない。今後注目だ。
134 5月13日(水) (新店)豚骨イタリアン
ラーメン 伊太そば
最寄駅:地下鉄各線 東銀座
住所:中央区銀座5-13-19
伊太ポルチーニ
990円
坂上&指原のつぶれ
ない店と言うTV番組の企画で、京
成本線実籾駅にあるきむらさん家というイタリアンのお店がイタリアンラーメン店にリニューアルした。私も訪店してきたが、少々値段は高めながら他店にはない
コンセプトで感心した。そのリニューアルを指導したのがタコ焼きのチェーン店築地銀だこの佐瀬社長だった。そいの築地銀だこを運営する(株)ホットランドが
運営するカフェテリア形態の「ギンダコハイボール横丁」と言うお店が東銀座の三原橋交差点の角にある。そのカフェテリアでそのイタリアンラーメンを始めたという
ので行ってみることにした。ラーメンは4種類。カルボナーラ、ポルチーニ、アラビアータ、ジェノベーゼ。今日は多種類のキノコを使用したポルチーニをいただいた。野菜
を刻んだものやトリュフの小片などが底の方に沈殿しているので、よく混ぜてお召し上がりくださいとの案内があったが、今流行りの底がすぼんだ切
立ち丼なのでよく混ぜられない。スープは実籾のお店とほぼ似てはいるが、麺はおそらくデュラム小麦を使用したパスタのような麺。麺は実籾のお店と
は少々違うかもしれない。オープン記念で替え玉無料券を配っていたが、麺量は少なめでおそらく140g前後。男性では到底お腹は一杯にはならな
い。替え玉をいただいてやっとちょうどいいような状態。これで税込み990円は銀座に近いとはいえややCPが悪すぎるような気がする。
135 5月14日(木) (新支店) 赤い鯨
人形町店
最寄駅:地下鉄各線 人形町
住所:中央区日本橋人形町2-5-2
汁なし担々麺
930円
赤坂に本店があるお
店の新支店。ラーメン店だけではなく
多様な飲食店を展開する(株)クロコのお店。この場所は以前はいし川と言うお店があって、確かそのお店も(株)クロコが経営していたような記憶があ
る。あまり入っていなかったようで、そういった意味では業態替えのナンチャッテ新店とも言える。赤坂の本店にも行ったことはあるが、周囲は年収の高
そうなサラリーマンやOLが多く、お店の造りもそれなりに個性的。こちらのお店は古民家を改造した店舗で、2階に上がる階段も狭くて危ない。これで
よく消防署の許可が下りたと感心するほどだ。赤坂でもこちらと同じ値段で基本の担々麺、汁なし担々麺は930円。前述のように赤坂のお店は造作
もおしゃれで客層もそれなりだったのでいいが、こちらでは強気過ぎるプライス設定。なんせ数メートル並びにあるうどんの名店あかとんぼでは素晴ら
しいこしのうどんを330円で昼食にすることができる。単純な比較は出来ないかも知れないが、どうして担々麺のプライスはどこも強気に過ぎるのだろう
136 5月15日(金) (新店) 清湯豚骨白
醤油拉麺 LABO麺
最寄駅:JR総武中央線 中野
住所:中野区中野3-36-5
白醤油らーめん
750円
JR中野駅南口
を出て右手の横断歩道を渡った
ところに西向きに上がる坂がある。ほぼ人しか通れない狭い道だが、レンガが敷いてあるので通称レンガ坂と呼ばれている。そのレンガ坂を途中ま
で上って右側にできた新店。姉妹店のフレンチレストランのシェフが考案した白醤油をカエシに使用したラーメン。白醤油は江戸時代から作り続けられている愛
知県七福醸造の物を使用している。特製1000円にはポルチーニ茸等入るようだが、一昨日東銀座でポルチーニ茸をいただいたばかりなので基本のラーメン
にした。それでも大ぶりのチャーシュー、長い細筍、鎌倉生麩、白髪ねぎが入っているので実に豪華だ。丁寧に出汁をとったことがわかる良い豚骨スープだ
137 5月16日(土) (新店) 桂林餃子
満足 幕張本郷店
最寄駅:JR総武線緩行 幕張本郷
住所:習志野市花咲1-3-24
担々麺ランチ
1000円
幕張本郷駅から少し離れ
た住宅街にできた新店。コロナウィルス
の流行で中華料理店もテイクアウト専門のところが増えてしまったが、さすがに新規開店だけあって店頭にはテイクアウトのお弁当がいくつか並んでいたが
、店内でも食事可能とのことで食べていくことにした。30人ほどは入れる比較的大箱の店内。ランチが数種類あったが、その中から麺類が付いたCランチ
にした。麺は担々麺、五目麺、叉焼麺から選ぶことができる。清湯ベースでもある程度食べることができる担々麺にした。中華料理店らしくサラダ、半チャ
ーハン、搾菜、杏仁豆腐とウーロン茶がついてランチ1000円。中華料理店のランチにしては結構高めだ。厨房には結構な年齢の中国系と思われる厨師が六
人もいる。これでは人件費にかなり食われているのだろうと想像できる。担々麺の味も今一つだし、チャーハンが他店に比べるといささか味が薄いようだ
138 5月18日(月) (新支店) らぁ麺
はやし田 赤羽店
最寄駅:JR各線 赤羽
住所:北区赤羽1-22-2
まぜそば
800円
最近新宿周辺で
多店舗展開しているはやし田グループ
の新支店。赤羽駅から5分ほどの、マスコミによく登場する有名居酒屋まるます屋のそば。今日もコロナウィルスの自粛中で、しかも月曜日の午前中にもか
かわらずたくさんの人が一杯やっていた。実は最初に目指したのはこちらの新支店ではない新店だったのだが、RDBにレビューが上がっていなかった
ので危ないなとは思いながら訪店すると、開店予定日は過ぎているのにシャッターが閉まっていて開店前だった。赤羽は普段の行動範囲からは大きく
外れているので、万一のためにこちらの新支店を予定リザーブにしていたのだ。新宿でも何回かいただいているまぜそばを。こちらのまぜそばは汁気
も多く、一緒についてくるトリュフ風味の卵黄も秀逸で、他店のまぜそばとはかなり違う出来になっている。私は大変気に入っているのでリピートしている
139 5月19日(火) (新店)
中田(ナカタ)
最寄駅:地下鉄新宿線 船堀
住所:江戸川区船堀3-5-19
喜多方ラーメン
690円
地下鉄新宿線船
堀駅近くにできた新店。新店と言って
もこのコロナウィルス騒動の前までは会津料理の居酒屋をやっていたようだ。お酒が19時までしか売れなくなったり営業が20時までしか出来なくなったの
でやむなくラーメン店に衣替えしたようだ。ただしご店主は会津の方のようなので、喜多方ラーメンを提供することにしたようだ。そして福島の餃子の名店
ニイダ餃子に餃子の製法も学んだようだ。私は残念ながらこのニイダ餃子さんは全く存じ上げないのだが、店内外のチラシで大きく宣伝しているとこ
ろを見ると福島では結構有名なお店なのかも知れない。居酒屋から業種替えをしたばかりとは思えないほど上質なスープと麺。自家製麺とは書いて
いないのでいずれかの製麺所からなのだろうが、麺もスープも喜多方市内でこれを提供していても行列になるだろうと思われるほど美味しい。ご郷里
が会津の大崎氏に試してもらいたい。駅に近いとは言え、ビルの地下で階段も小さく狭いが、でもこれだけ美味しければ口コミで広まり繁盛するだろう
140 5月20日(水) (新店) らーめん
一信 本郷店
最寄駅:地下鉄各線 本郷三丁目
住所:文京区本郷5-23-11
鶏白湯ラーメン
750円
元はマスコミにもよく登
場していた東大卒業の店長さんが
いて、ミドリムシを配合したラーメンで有名だったゆきラーメン山手(惜しまれつつ閉店)があった場所。東大の正門が近く場所的には決して悪くない場所。
今度は鶏出汁清湯と鶏白湯が押しのお店。蘊蓄では大山鶏を使用しているとのこと。コロナ騒ぎで大学も休講ばかりなのだろうが、昼時他にお客は
入っていなかった。鶏白湯をいただいたが、やや臭みが気になった。圧力釜で鶏出汁を炊いているようだが、動物性の出汁は魚乾物や昆布出汁よ
りもその日によってのブレが大きい。たまたまこの日のスープには鶏の臭みが出てしまっていたのかも知れないが、卓上の柚子胡椒を少し入れると
だいぶ解消できたので、開店前にしっかりと味見をして、臭みがあるようだったら生姜を多めに使うとかしていかないとこの先やや苦労しそうだ。
141 5月21日(木) (新支店)塩生姜らー麺
専門店MANNISH亀戸店
最寄駅:JR総武線緩行私鉄 亀戸
住所:江東区亀戸5-2-13
塩生姜らー麺
850円
神田にある同名
店の新支店。有名な亀戸餃子の
ほぼ向かい側にできた。思えば2016年3月に神田(現在の場所とは異なる)のMANNISHU神田と言うダイニングバーの昼だけ間借り営業としてスタート
した。その時にもお邪魔したが、間借り営業なのでラーメン店らしくない暗めの雰囲気と背の高い椅子で全く落ち着かなかった思い出がある。それで
も提供していた塩生姜らー麺は当時からきらりと光るものがあったと記憶している。その店が約4年で支店を出すまでになり、更にこの店のインスパ
イアのお店までできた(浅草橋にできたというので明日行ってみようと思う)とはすばらしいことだ。今日も相変わらず上質な生姜風味の塩ラーメン。
麺も菅野製麺所製の細麺がとてもいい。生姜は皮ごと使っているようで、そのあたりが野趣あふれる素晴らしい出来につながっているのだろう。
実はこちらのご主人の実家もラーメン店。私の実家のそば、浅草駒形なのだがなぜかそちらは未訪。今度是非行ってみなければなるまい。楽しみだ
142 5月22日(金) (リニューアル)
味噌専門店 彩雲
最寄駅:JR中央総武線快速 中野
住所:中野区中野5-56-15
味噌ラーメン
(黒・太麺) 800円
以前は麺や神笑とい
うお店だった。リニューアルオープンのよう
だ。基本の味噌ラーメンは白、赤、黒とあり、それぞれ太麺、普通麺が選べる。赤はおそらく豆板醤が入った辛い物。黒は普通に作った味噌ラーメンに
最後にマーユを加えたもので香ばしいマーユの香りが効いている。好き好きだが、同じ値段なので黒にお得感がある。もやし中心の野菜は中華鍋で
注文のたびに炒めるのだが、そこにスープは投入せずべつの中華鍋であらかじめ作ってある味噌味スープを注ぐ札幌東京折中方式。昼時だった
からかもしれないが、この形だと味噌の風味がある程度飛んでしまうのは否めないだろう。昼時はある程度の省略は必要だが気をつけないと。
143 5月23日(土) ラーメン
すけがわ
最寄駅:新京成線 新津田沼
住所:船橋市前原東1-9-1
しょうゆラーメン
790円
ほぼ終日津田沼
にて所用があったのでこちらのお店
に。最寄駅は新京成線の新津田沼だが、その駅もJR津田沼駅ももっと遠いので、来ているお客さんは地元の人ばっかりのようだ。近くにはイオン
ショッピングセンターがあるが、買物に来ているファミリー客はあまりこちらの店には来ていないようだ。と言うのもこちらのお店は二郎インスパで、インスパの中
でも普通盛麺量300gと非常に多いので、どちらかと言うとストロングスタイルの若者が多いようだ。女性向きには150gでチャーシューが1枚(通常バラ巻き
チャーシューは2枚乗っている)のミニもあるが、価格が740円と50円しか違わないのであまり注文している人は多くない。それでも近くの若いご夫婦らし
きカップルが来ていて、奥様も普通の体系の美人なのだが、普通盛300g野菜、ニンニク、アブラマシにしてぺろっと平らげた。人は見かけによらない。
144 5月25日(月) (新店) 九州ラーメン
黒之門
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 新宿
住所:新宿区西新宿7-1-4
らーめん
690円
新宿駅からすぐそば
、大ガードを西に出てすぐ、甲州街
道と尾竹橋通りの交差点近くと立地的には素晴らしい場所。しかしなぜかラーメン店はあまり長続きせずにくるくると変わる。この店の前は渋谷の
名店チャーリーハウスの息子さんがお店を構えてだいぶ話題になった。それでも今一つだったということは家賃が異常に高いとか表面には出てこない
何かがあるのだろう。今度のお店は九州豚骨の専門店。690円で替え玉1玉無料とやっていることは間違いなく、バリカタで頼んだ麺の茹で方も
おかしいところはなかった。しいて言えば出来合いのメンマとチャーシューを使用していて異様に甘かった。いっそのことメンマなんかなくしてしまえば。
145 5月26日(火) (新店) 北海道ラーメン
熊源
最寄駅:JR総武線地下鉄 市ヶ谷
住所:新宿区谷田町1-1-1
札幌味噌らーめん
760円
事前に見たメニュー構
成が何となく見たことあるなと思っ
たので調べてみると、北海道らーめんみそ熊等いくつかのブランドを展開している(株)グラストのフランチャイズ形態だった。あまりよそで見たことないの
で最近始めたのかも知れない。メニュー構成と言い、店舗造作、味の造りなども当たり前と言えば当たり前なのだがみそ熊と全く一緒。大盛りが無
料なのも一緒で卓上のマーユ、揚げニンニクや揚げタマネギの種類や器まで同じ。以前何軒かのみそ熊で食べた時の感想とほぼ一緒(当たり前か)
だが、チェーン展開しているお店にしては味もいいしポーションもたっぷり、麻生製麺の太チジレ麺もまぁまぁ美味しい。企業系チェーン店、しかもフランチャイズ
なのだが、個人店でもこのレベルの味噌ラーメンはなかなかない。CPもまずまずなので、このレベルを維持していけば多店舗展開できるだろう
146 5月27日(水) (新店) 麺屋
鷹守家(タカモリヤ)
最寄駅:地下鉄三田線板橋区役所前
住所:板橋区大山東町28-10
豚骨醤油ラーメン
750円
山手通りの板橋区役
所前から東武東上線大山駅に向か
う大山銀座に入ってすぐの左側、以前は煮干し中華そばの十六夜と言うお店があった場所。経営はそのままなのかどうかは不明。いわゆるオーソ
ドックスな家系。以前の煮干しを使用したガッツリの二郎系の方が若者には受けがいいのではと思えるが、こればかりはしばらくたってみないと何と
も言えないだろう。店長さんらしき方が入ったばかりの若者に丁寧にいろいろと教えていた。マニュアルに頼らないこういうやり方は好感が持てる。
147 5月28日(木) (新店)麺酒 ライオンが
目を開けるまで
最寄駅:地下鉄新宿線 大島
住所:江東区北砂5-1-33
ライオンの大蒜
中華そば 850円
最寄駅は地下鉄新宿
線大島駅だが、マスコミ露出の高い
砂町銀座の一角と言ったほうがわかりやすいだろう。確かに最寄駅は地下鉄新宿線大島駅なのだが1.2`も離れている。その代わりと言って
は何だが、周囲は旧住宅公団や都営の大型団地が林立しており、それだけでかなりの商圏を形成している。変な言い方だが都心の下町のた
め大きな土地が少なく、駐車スペースもほとんどないため、自家用車を持っている人は少ないと思われる。そのため近隣には大型スーパーは少なく
、砂町銀座のような旧来型の商店街が生き残っているのだろう。しかしそのため自動車は通れないしコインパーキングも少ない。規定上平日は15時
以降の夕方が買い物タイムに通行止めとなっているのだが、午前中から配達の車以外は通行していない。通行しようものなら商店主と買い物客か
らものすごい目で睨まれるからだ。そんな商店街の中にできた新店。一押しは大蒜中華そば。大蒜は「オオビル」と読み古語でニンニクのこと。読める
人も意味の分かる人も少ないだろうが、店主と会話の話題にはなるだろう。香ばしくて美味しいのだが、残念ながら麺が弱すぎる。細チジレ麺な
のだがコシがほとんどなくフニャフニャしている。多少茹ですぎた感もあるが、もともとがそういったタイプの麺なのだろう。ここさえ改良すれば希望大だ。
148 6月29日(金) (新店)
中華そば うめ川
最寄駅:地下鉄三田線板橋区役所前
住所:板橋区板橋3-44-6
つけ麺
800円
一昨日に続いて
気になる板橋区役所前駅周辺。
確かに最寄駅は地下鉄三田線板橋区役所前なのだが、中山道から王子方面へ向かう王子街道を500mほど歩く。ちょうどもう一つ都心よりの
新板橋との間ぐらい。ただ板橋区役所前からだと下りになるのでそちらの方が楽だ。ちなみに帰りはJR側に用件があったので埼京線板橋駅ま
で歩いた。1キロ弱ほどだがしっかりと汗ばんでしまった。この店になる前は来味と言うお店だった。そう、あの新潟淡麗醤油煮干し系の名店来味
が東京に移転していた場所だ。こちらのご主人はその来味から独立して店名替えをしたとのこと。新潟ラーメンと言えば杭州飯店に代表される燕三
条系の背脂ラーメンや、青島食堂が代表の長岡生姜系、濃厚で割りスープが同時に用意されるこまどり、東横などの濃厚味噌、三条市のカレーラーメン
等個性的なものが多い中、新潟市街にあった来味を代表とする淡麗醤油煮干し系は新潟の良心とも言える名店の味だ。その来味の味をしっかり
と継承しているのがこちらの新店だ。本来であれば基本の中華そばをいただくのだが、この日は暑かったのでつけ麺を。美味しゅうございました。
149 6月30日(土) (新支店)  新浦安
麺屋 土竜(モグラ)
最寄駅:JR京葉線 新浦安
住所:浦安市入船1-4-1
かっこいいらーめん
1000円
JR京葉線新浦安駅
前のイオンショッピングセンター4階にでき
たお店。いわゆるカフェテリア内に1店ではなく、独立したスペースを持つお店だが、外の通路から店内全部が見える形式で造られている。隣の回転
寿司店も同じようなセミオープン方式で造られているので、このフードフロア全体のコンセプトで統一されているのだろう。八王子にある同名店の支店の
ようだが、八王子のお店は、未訪なのでよく判らない。店内POPによれば基本的に生醤油(火入れしていない醤油)を使用したラーメンが一押し
のようだ。ともすればスープに生醤油を使用すると尖った感じになりやすいのだが、そのあたりは上手に処理しているようで美味しい。唯一気に
なったのは商品のネーミング。いただいた味玉、角肉が乗ったものはかっこいいらーめん。その他全部乗せにあたりそうなのがドドドーンらーめん
、肉の豪華盛が王者の肉らーめんとどのネーミングもあか抜けない。八王子あたりではこのネーミングが受けるのだろうがちょっと首をかしげてしまう
令和2年5月分
97 4月1日(水) (新店)鶏そばPAITAN
×PAITAN 新橋店
最寄駅:地下鉄三田線 内幸町
住所:港区西新橋1-16-2
鶏白湯ラーメン
590円
最寄駅は地下鉄の内
幸町だが、もちろんJR新橋駅から
もすぐの場所。新店だがいかにも企業系らしい造作とメニュー構成。メインは鶏白湯で、そこにトマトを加えたトマト鶏白湯ラーメンや辛味を加えた鶏坦坦
などがラインナップされている。スープは鶏白湯らしく白濁している。最近でこそ鶏白湯というラーメンのジャンルがあって、濃厚なものは白濁しているとい
うことが認識されているが、少し前までは白濁したラーメンスープは豚骨だと決めつけていた人が多かった。先日TV番組で、天下一品を豚骨と表
現しているお笑いタレントがいて、すかさず周囲から「あれは鶏出汁だ」と訂正されていた。鶏出汁を白濁させるのは鶏ガラだけでは難しく、かなり
の量の丸鶏やモミジも使用する必要があり、そしてなおかつ長時間の炊き出しも必要となるので、鶏白湯を売りにするお店は本当にに大変だ。
いろいろ便利なものもあるようだが、最近1000円超のラーメンも当たり前のようになっている中、激戦区新橋近くで590円は頑張っていると思う。
98 4月2日(木) (新店)
眞久中(マクナカ)
最寄駅:地下鉄各線 神保町
千代田区神田小川町3-22-17
ラーメン(小)
870円
御茶ノ水駅西口から
駿河台下交差点に向かって下って
行った左側にできた新店。11時半開店10分前に到着したところシャッター2番。外出自粛やテレワークなどの影響がここにも出ているのかな。いわゆ
る二郎インスパの新店。面白いのは二郎系特有の呪文(ヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ)が呪文ではなく食券機で指定するところ。食券に印刷されて
出てくる。ちなみにヤサイは+100円の有料案件(ユーザーの感想ではこの部分に批判が集中している)麺は久しぶりのゴワゴワ系超太麺。私が注
文した(小)は150gなので、腹ペコ学生には少々足らないだろう。(中)は890円で250g。わずかな違いなのでそちらにすればいいだろう。豚
はバラ巻きチャーシュー。全体としてのバランスは悪くないのだが、野菜の量はデフォでは大変少ない。これで870円は学生街ではどうなのだろうか。
99 4月3日(金)
三鷹シリーズD
(宿題店)
らーめん 文蔵(ブンゾウ)
最寄駅:JR中央線 三鷹
住所:三鷹市下連雀3-22-6
らーめん
700円
月に一度の三鷹
シリーズ。今月は宿題店であるこちら
に。開店は2005年。高い評判は伺っていたが何せ遠隔地なのでなかなか行けずにいた。ご夫婦らしきお二人が切り盛りするカウンター9席の小
さなお店。食券機はなく口頭注文で前金制。ラインナップはらーめん、つけ麺、まぜそばがある。ラーメンは魚粉の効いた茶濁した醤油スープ。麺は白
いストレート麺。一見うどんのようなルックスだがしっかりスープを受け止めている。スープも麺も優しい口当たりで、連食でなければ中盛(半玉増し)+
50円か大盛(1玉増し)+100円にしたいところ。あまり他では見ないタイプだ。スープも完飲したくなるが魚粉が沈んでいるのでよくかき混ぜて。
100 4月3日(金)
三鷹シリーズE
(新支店) ワンタンメン
の満月 三鷹店
最寄駅:JR中央線 三鷹
住所:三鷹市下連雀4-16-15
ワンタンメン
790円
山形県酒田市に
本店があるお店の東京初進出店。
酒田の本店には2013年4月にお邪魔している。酒田はあまり知られていないがラーメン店がとても多い土地で、フリークからは「月系」と呼ばれている
。それは酒田のラーメン店は店名に月が付くところが多いことによる。2013年にもこちらの満月、そして新月、三日月軒と月系に3軒行っている。ど
うやらその月系の元祖はこちららしい。確か新月もこちらのお店から出ていたと記憶している。ということで最も歴史の古いのがこちら満月さん。
開店は昭和35年。なんと今年で60周年になる。その60周年を記念して東京に出店したと店内のチラシに書いてありました。鶏ガラ、節系、昆布主体
の優しい味の醤油ラーメン。そしてやはり出色はワンタン。餡がしっかりと入ったワンタンながら皮はふわふわと文字通り雲のようだ。すでに麺やスープは二
代目に任せていたようだが、このワンタンだけは2010年まで創業者の先代が自ら作っていたようだ。東京でこのワンタンメンが食べられるようになった。
101 4月4日(土) (移転)
とものもと
最寄駅:東葉高速鉄道 東海神
住所:船橋市本町7-23-14
塩らーめん
800円
元は京成本線の
特急も止まらない東中山という駅
のそばにあったお店。とものもとという店名はご店主の「市原ともひろ」さんからとったらしい。市原さんは東中山で開店する前は船橋の繁盛店、
まるはで修行された方。開店当初は船橋の新名物ホンビノス貝(貨物船のバラストに交じってアメリカから運ばれた外来種の貝。外来種と言ってもブラッ
クバスなどとは違って大変味がいい上に安価なので歓迎されている)を使用した清湯ラーメンでワンオペながら行列ができるまでになった。しかしその
後入院するような大病を患い、しばらく休業もしたようだが、周囲の助けによって回復され、今般かなり広いお店に移転することになった。今度の
お店は以前は二郎インスパのお店だった場所。しかしながら大幅に内装をリニューアルし、入り口横には大きな製麺室も備えた。オペレーションも厨房3人
、ホール一人の4人態勢。この日は土曜日だったが昼前からかなりの行列が形成されていた。船橋駅からはやや遠いのだが繁盛店になるだろう
102 4月5日(日)
日帰り遠征@
(宿題店)
すみれ 横浜店
最寄駅:JR横浜地下鉄 桜木町
住所:横浜市中区野毛町1-26-5
味噌(半)
600円
ご存知すみれ@
札幌の直営支店。桜木町駅から
5分ほどと絶好の場所にある。昨年2019年2月の開店で、開店直後にお訪ねしているのだが、その時は観光客も含め50人近い行列で、横浜
まで行って泣く泣くあきらめた(もちろん他のお店に転戦したが)今日は新型コロナウイルスの影響で観光客もほとんどいないだろうと踏んで訪店
した。あくまで観光や飲酒のためではなく、食事のためなので念のため。11時半開店で10分前に到着。それでもある程度の行列は覚悟して
行ったのだがシャッター2番め。あっという間に入店することができた。大好物のすみれの味噌ラーメンなのだが、今日は連食予定なので半量をチョ
イスしょいた。連食者には本当に助かるメニューだ。しかし私の前のポールポジションのいかにも量を食べそうなオジサンは、フルポーションの醤油ラーメンに
フルポーションのチャーハン。このチャーハンが大盛りの上に大変美味しそう。単品820円なのだが充分に価値はありそう(私では連食で無くても無理か
も知れないポーションだ)と思っていたら私の後ろのカップルはフルポーションの味噌ラーメン2人前に醤油ラーメンの半量を二人で。横浜の人は大食い。
103 4月5日(日)
日帰り遠征A
(宿題店) 香港
雲呑専門店 賢記
最寄駅:JR横浜地下鉄 関内
住所:横浜市中区相生町2-34-2
肉野菜雲呑(醤油・
麺無し) 770円+α
こちらもすみれと
同時期に開店したお店だが、すみれ
にいけなかった日にはこちらは臨休だった。今日は見事にこちらも営業していた。すみれから根岸線一駅の関内。そこから更に10分ほど港に
向かった場所。横浜らしい雲呑専門店。雲呑にはオプションで中華麺が入れられてワンタンメンにすることができる(+165円)が今日は連食なので
雲呑だけで。雲呑スープは醤油味か塩味かを選ぶことができる。メニューを見るとほとんどすべてのアルコール飲料が最初の1杯110円。今日はアルコ
ールも少し摂取したかったので渡りに船と生ビールを。十分な量の中ジョッキを110円で楽しむことができた。肝心の雲呑も評判通り案が大きくて
美味しい。基本の肉野菜雲呑の他に海老などが入った雲呑もある。タンタン亭系の皮が薄くてふわふわとしている雲呑とは少々違うが、こちら
の雲呑は皮が厚くてしっかりとしている。まるで水餃子のようだが餡の大きさがものすごい。5個入りだったが麺無しでも充分お腹一杯になる
104 4月6日(月) (新業態) 新御茶ノ水
萬龍(マンリュウ)
最寄駅:地下鉄各線 小川町
住所:千代田区神田駿河台3-2-6
ワンタンそば
880円
JR御茶ノ水駅聖橋口か
ら小川町に向かって降りて行った
左側。三井住友海上本社の向かい側になる。こちらは外にも中にもそしてメニューにも書いていないが、大阪王将が立ち上げた新業態。最近こ
の形が何軒か見かけられるが、元の大衆的ネーミングでは集客できないのだろうか。もう少し企業名を大事にしたらいかがなものだろうか。外見
やメニュー構成は今流行りの町中華なのだが麺類はわずか3種ほどしかない。もやしそばとワンタンそばとチャーシューそば。そしてそれらの組み合
わせのみ。だったらあっという間に調理できそうな気がするが、注文から出来上がるまで30分近くかかった。私の他にいた客はわずか4名の
み。厨房には3名の日本人が働いているが、実際に調理しているのは1人だけ。後は後ろで荷物整理。昼時だというのにこんな状態では店名
がどうだとか企業アイディンティティーがどうだとか言っている以前の問題。ワンタンそのものはそんなに美味しくなかったがかかっているソースはソコソコ
105 4月7日(火) 麺屋武蔵
虎嘯(コショウ)
最寄駅:地下鉄各線 六本木
住所:港区六本木4-12-6
角煮つけ麺(大)
900円
六本木と赤坂の間に
開店した新店に行ったのだが、新
型コロナウイルスの影響で営業を自粛していた。仕方ないので六本木駅近くまで戻りこちらのお店に。2011年9月の開店なのだが、六本木は私の
活動範囲から少々離れているので今日まで未訪になってしまっていた。麺屋武蔵にはシングルブランド(麺屋武蔵〇〇店・万人向きのメニュー構成)
とダブルブランド(麺屋武蔵漢字・その店独特のメニュー構成)の2つの異なる業態がある。このお店の虎嘯(コショウ)とは虎が吠えることの意味だが、
英雄が世に出て活躍することのたとえという意味もある。といってもこちらのメニューに特に変わったところはなく、武蔵特有の1キロまで大盛可
能なつけ麺が主力となっている。2016年には麺屋武蔵20周年の記念メニューをやっていたようだ。ラーメン店の中では客単価の高い店としても有名
106 4月8日(水) (新業態) チリトマ
ラーメン THANK
最寄駅:地下鉄各線 大門
住所:港区芝大門2-8-14
チリトマつけめん
850円
この店舗と同じ大門駅
すぐにあるTHANKの新業態。THA
NKは鶏白湯のお店で神田にも同業態の支店がある。ご店主はせたが屋系列のラーメンゼロ(化調はもちろんカエシも使用しないという手法で一世
を風靡した)出身。鶏白湯の分野では確たるポジションを得てきた。今度の業態は店名にあるように辛いトマトラーメン。ラーメンとつけ麺がある。そして
特徴的なのは緑色のスーパーフードと称されるモリンガを練りこんだ麺が選べること。見た目は緑色で鮮やかだが、例えばスピナッチヌードル(ほうれん草
を練りこんだ、やはり緑色の麺)のようないい香りもしないし、栄養価にも多少疑問があるのであまり価値を見いだせない。辛さの表現もトマト味
が強いのであまり魅力的ではない。日本でスパゲッティアラビアータが、他のフレーバーに比べてあまりメジャーになれない理由と同じかもしれない。
107 4月9日(木) (新業態) 鶏そば
鯛そば きょうすけ
最寄駅:JR地下鉄私鉄 秋葉原
住所:千代田区外神田3-12-2
まぜそば
750円
北海道ラーメンひむろを
多店舗展開している(株)ひむろの
新業態。鶏そばと鯛そばがメインでまぜそばもある。基本的には鶏そばが醤油、鯛そばが塩になる。外掲示の写真を見てまぜそばが美味しそう
だったので今日はまぜそばにしてみた。まぜそばにしてはタレが多めで、丼の3分の1ほど入っている。気を付けて混ぜないと失敗する(私も肉
片を外にこぼしてしまった)別添えでトリュフ風味の卵黄とシャトーレモンが付いている。店内POPによれば味変として順次加えてと書いてはあるが、
辛味などとは違うので最初から入れてしまっていいだろう。トリュフ風味の卵黄は黄色が濃くて非常に美味しそうだ。トリュフの風味をつける時にタレ
に漬けているらしくある程度硬度が上がっている。秋葉原という激戦区だが、大人も満足できる仕上がりなのである程度の集客は見込める。
108 4月10日(金) (準新支店) 麺屋
五十六 瑞江駅前店
最寄駅:地下鉄新宿線 瑞江
住所:江戸川区瑞江2-2-3
塩まぜそば
780円
同じく瑞江駅そばにあ
る同名店の駅近新支店。狭いビル
の2階なので客席スペースも狭いが厨房も超狭い。そのせいか昼はワンオペでメニューはまぜそばのみ。夜は醤油ラーメン等あるようだ。まぜそばには
もやしが多く入り、卵黄とチャーシューが乗る。チャーシューは小ぶりのバラチャーシューで冷え切っている上炙るななどの手間はかけていない。昼時なので
まぜそばだけのメニュー構成でも構わないのだが、もう少しチャーシューを炙るとか小さくてもスープをつけるとかしないと780円は相対的に高く感じる。
109 4月11日(土) (新店) 鎌ヶ谷
製麺堂てつ
最寄駅:東武野田線 鎌ヶ谷
住所:鎌ヶ谷市東道野辺3-3-16
醤油らーめん
800円
以前はいわな料理の
お店だった場所。珍しいお店ができ
たなぁと思っていたら半年余りで閉店してしまった。ちょっとマニアック過ぎたのかも知れない。その跡地にできたのがこちらのお店。以前のお店は
行っていないのでわからないが、造作はラーメン専門店の造りなので内装はやり直したのだろう。このお店は柏にお店がある茨城大勝軒系の
大勝軒てつの直営支店。メニューにはらーめんとつけ麺があり、茨城大勝軒系なのでつけ麺にしようかとも思ったが、メニューにらーめんは鶏清湯、
つけ麺は豚骨魚介とあったので、またお前かが出てくることが予想されたのでラーメンにした。特に何がいけないというわけではないのだが、期
待したのが大勝軒系のラーメンだったため、あまりにも特徴のない醤油ラーメンにちょっとがっかりしてしまった。やはりつけ麺にすればよかったか。
110 4月12日(日)
日帰り遠征
らーめん三丁目 最寄駅:関東鉄道常総線 戸頭
住所:茨城県取手市戸頭3-2-9
とりとんこつ
(太麺) 750円
東京都、千葉県、埼
玉県、神奈川県には非常事態宣言
が出ているので、自粛による臨時休業のお店が多い。飲食店、特に接待サービスを伴わないラーメン店などは、夜8時以降でなければ営業の自粛
の必要もないのだが、特に都心でチェーン店化しているところ(一風堂さん等)は自粛で昼も閉めてしまっている。そうしても通勤しなければいけ
ない人や独身の男性などは昼飯にも困ってしまうだろう。ということで非常事態宣言範囲外の茨城まで昼ご飯を食べに来た。ちなみに飲酒を
伴わない食事なので、できるだけ短時間で済ませるようにしている。年配のご主人が一人で営業しているお店。麺は関東郊外でたまに見かけ
る平塚製麺所。太麺と細麺が選べる。スープはこってりして大変美味しいのだが、少々カエシが過剰でしょっぱい。それが茨城らしいかなとも思う
111 4月14日(火) (新店) 背あぶらの里
風魔
最寄駅:地下鉄銀座線 末広町
住所:千代田区外神田3-5-5
背脂醤油
780円
店名から想像す
ると地方のドライブイン的ラーメン店のよ
うだが、地下鉄末広町駅から5分ほど、秋葉原にもほど近い都心の中心地。入り口を入ると食券機とその横に中華系のお店でよく見る縁起物
の飾りが。この時点でちょっと失敗感が漂ったが、気を取り直して食券機で基本の背脂醤油を購入。食券を渡すと案の定中華系のイントネーション
で「背脂の量はいかがしますか」と聞かれたので多めでとお願いしました。店内の公用語も中国語のようです。着丼した一品は見た目は美味し
そうです。大きなバラ巻きチャーシューも2枚入っています。スープは中華系特有の味のない清湯ではなく、しっかりと出汁が出ています。背脂はそん
なに量は多くないのですが、甘味のたっぷりとある良い物です。そして特に既存の有名店の背脂ラーメンでは良く感じるしょっぱさがありません。
実に美味しいスープです。そして驚いたことにチャーシューの下に大きなもも肉のような肉片がいくつか隠れていました。思いがけず美味しかったです
112 4月15日(水) (新店) ラーメン
菊池家
最寄駅:JR地下鉄私鉄 本八幡
住所:市川市八幡2-5-2
ラーメン(並)
650円
JR本八幡駅と京成
本線京成八幡駅の間にできた新
店。あまり広くないバス通りを挟んで向かい側も家系のお店。どちらのお店もご飯無料でおかわり自由と張り紙でアピールしている。ただこちらのお
店が今月開店したばかりなのでラーメンは50円安くして650円。消費者としては大歓迎なのだが、向かいのお店も大変だなぁ。更にこちらは家系
の伝家の宝刀「酒井製麺」使用を売りにしている。11時開店3人目で入店。「固目、多目」だけで通じた。家系の味としては可もなく不可もなく
といったところ。最近家系でもデフォのラーメンが800円前後だったり、更にご飯が有料なところも多い。やはり家系ならこの位の値段でご飯は必須
113 4月16日(木) (新店)
麺屋 勇
最寄駅:JR地下鉄 浅草橋
住所:台東区柳橋1-13-4
鯛塩ラーメン
500円(750円)
昨年わら屋というお
店が開店したばかりだったのにもう
違うお店になってしまった。売りは鯛出汁を使用した塩ラーメン。すでに多くの新店で売りにしているメニューなので、すでに「またお前か」と言える状
況になってきた。鯛のほぐし身が入っているのだが、たまたま私のところにはうろこの残骸が混入していて歯にあたった。異物ではないので
そっと外に出して食べ進んだが、鮮魚系、鮮魚出汁を売りにするのであればこの辺りは絶対に気をつけなければならないところ。鮮魚系出汁を
売りにして行列店になっている錦糸町の某店でも、また鮮魚系の中では老舗と呼ばれている神田の某店でも一度もそんなことはなかった。
114 4月20日(月) (移転) 麺処ほん田
秋葉原本店
最寄駅:JR地下鉄私鉄 秋葉原
住所:千代田区神田花岡町1-19
醤油ラーメン
1100円
本田氏が独立し
て東十条で開店したときは、確か
まだ10代だったように記憶している。それまで東十条という場所にほとんどなじみがなかったので、迷いつつ到着し、そして彼独特の出汁使い
の非凡なる才能に驚いて帰ってきたものだ。その後マスコミにもたびたび取り上げられ、天才若手店主として名声を得てきた。まさかその本田氏
が本店を移すとは思わなかったし、しかもそれが大激戦区秋葉原とは驚いた。先週4月15日の開店だが、開店当初から30人、40人という強烈
な並びが形成されていた。今日はコロナウイルスによる外出自粛、しかも朝から雨ふりということで多少は行列が短いだろうと思い13時半ごろ訪店
。思った通り5人ほどの並びと10分ほどで着席することができた。最安メニューは私がチョイスした醤油ラーメン1100円。つまりすべてのメニューが1000円
超という今時のラーメン店。特製は1500円。ただし味玉が入ってチャーシューの量が増えているのみ。塩もラインナップされているが、開店直後なのでま
だ開始されていない。いただいての感想は、もちろん出汁も自家製麺も具材もほん田らしい素晴らしいクオリティーなのだが、東十条で感じた驚き
ほどではなかった。それはほん田が驚きに値するお店ではなくなったわけではなく、ようやく時代がほん田に追い付いてきたのを感じたからだ
。余談になるが秋葉原の中でも最も場所がわかりにくい店になりそうだ。本来神田花岡町にはヨドバシカメラと駅前広場くらいしかない。ガード下
と言うよりも総武線の線路の真下。真っ暗でとても飲食店がありそうな場所ではない。他では出店を躊躇しそうな場所だが天才ほん田なら。
115 4月21日(火) (新支店) 麺屋 翔
御徒町店
最寄駅:JR地下鉄各線 御徒町
住所:台東区上野5-10-14
塩ラーメン
900円
新宿に本店があるお
店の新支店。御徒町ラーメン横丁とい
うコンプレックスの中。以前はなんつっ亭が入っていた場所だ。こちらのお店はもうだいぶ以前になるが2011年に「愛の貧乏脱出大作戦」というTV
番組で取り上げられ、それ以降めきめきと繁盛店に上ってきた。一押しのメニューは塩ラーメン。麺は菅野製麺所の極細麺。チャーシューもレアチャーシューで
なかなか美味しい。ただこれと言った押しと言うか特徴に欠ける出汁と麺。街中路面店で700円ほどで提供しているなら十分合格点なのだが、
ここラーメン横丁は蒙古タンメン中本や青葉、ボンドオブハーツ系のチラナイサクラ等大繁盛店がほとんど。その中で最安基本メニューが900円はいささか強気
116 4月23日(木) (新業態) 釜炊き豚骨
らーめん マルハ軒
最寄駅:京成本線 京成船橋
住所:船橋市本町1-7-2
豚骨らーめん
550円
JR船橋、京成船
橋駅周辺に多店舗展開しているまる
はグループの新業態。本格的な博多豚骨ラーメンのお店を開店させた。基本の豚骨ラーメンはいたってシンプル。しかしながらスープは博多らしい濃厚な
豚骨。チャーシューも大ぶりできちんと炙って使っているので香ばしい。キクラゲの量も他店に比べると多くてプラス要因。テーブル上の調味料もニンニク、紅
ショウカ、すりごまど博多豚骨店としては満足できるだけ揃っている。惜しむらくは辛し高菜が別オーダーでオンテーブルではないこと。その代わり替え玉
した時に薄まったスープに足す用の元ダレがあるのが好印象。麺の茹で方(私はカタ)も注文通りだし、替え玉の提供の速さも合格。550円は良心的
117 4月24日(金) (新支店) マグロ卸の
マグロ丼とラーメンの店
最寄駅:地下鉄各線 東銀座
住所:中央区銀座4-13-3
濃厚海老ソバ
950円
中央区の海端、
豊海町に本店があるお店の支店。
本来はマグロ丼の専門店だが、途中から始めた濃厚海老ソバが本店でも評判なので銀座への支店出店を決めたようだ。濃厚と名付けたラーメン
は数あるが、こちらの濃厚海老ソバは本当に濃厚だ。あまりに濃厚なので、店内POPのも「お好みで薄めます」と書いてあるし、今日は作り手の
店長さんから「ご希望あれば薄めます」とお勧めされた。せっかくの濃厚なのでそのままいただいたが、確かに人によってはそう感じるかもしれ
ない。具には脱皮直後のソフトシェルシュリンプを使用している。ソフトシェルクラブは海鮮レストランでもたまに見かけるが、シュリンプは珍しい。豊海では関連会
社として水産関係の会社もあるようなのでその辺はお手の物なのだろう。麺は菅野製麺所の細麺。こちらも濃厚な海老スープと相性抜群だ。
118 4月25日(土) (移転) 手打ち
らーめん 福一
最寄駅:東武野田線 馬込沢
住所:船橋市馬込沢1171
ちゃんぽん麺
830円
船橋市飯山満(全国
の難読地名問題に良く出題される
。はさまと読みます)にあったお店が数キロ北側の馬込霊園近くに移転してきた。以前も駐車場が広い大箱だったが、今度も60席ほどあるかなり
の大箱。馬込霊園が近いので法事後の宴席習いなのか知れない。今度も駐車場が広いので車で行くには重宝だ。昼食時には定食等もあるが
麺類が結構充実している。私はこのような中華料理店に昼時行った場合はうま煮そば(醤油五目そば)を注文することが多い。中華料理店はラー
メン店とは異なり、麺類だけを提供しているわけではない。酢豚や八宝菜もあるので、それらのベースになる清湯を作っておかなければならない
ので、どうしても麺類のスープとしては脆弱で特徴に欠けるものになりがちなので、野菜や肉を味の濃い醤油で調理した餡がかかっているうま煮
麺あたりがちょうどいいのだ。でも今日はメニューの中にちゃんぽん麺なるものを見つけたのでそれにしてみた。いわゆる塩味の麺類の上に玉子を
とじたものがかかっている麺だった。もちろん麺は普通の中華麺だった。なぜちゃんぽん麺と呼ぶかは知らないが、でもなかなか美味しかった。
119 4月27日(月) (うどん) 丸亀製麺
両国店
最寄駅:JR総武線緩行 両国
住所:墨田区両国横網1-3-13
釜玉(並)
370円
偶数月の月末は定期
的に原稿を依頼されている雑誌の
締め切りがあるので嫌でも出社しなければならない。しかも筆の進行が遅れていたりすると日曜も出社する必要に迫られる。普段は電車で
通勤しているが、日曜日はパーキングメーターが無料になっているので自動車で通勤する。その関係で駅から遠くて宿題になっている店に昼食に
行くのだが、昨日の日曜日はどこのラーメン店もコロナウィルスによる臨時休業かテイクアウト専門になっていて、ついに昼食はコンビニのカップ焼きそばにな
ってしまった。今日もそれと同じような状況が考えられるので、最初からラーメン店はあきらめて職場そばの丸亀製麺に。うどんは久しぶりだが
やはりこちらの釜玉うどんはコストパフォーマンスが最高だ。特に最近は1000円超のラーメンも多い中、370円は立派だと思う。壁に向かって食べました
120 4月28日(火) (新店) 漢(オトコ)
ラーメン 室(ムロ)
最寄駅:JR総武線地下鉄 錦糸町
住所:墨田区江東橋3-8-7
ラーメン
700円
錦糸町に所用があっ
たので先週開店のこちらのお店
に。JR錦糸町駅から京葉道路を挟んで向かい側。従来は小さな飲み屋が何軒も入っていた古いビル複数を解体して再開発、錦糸町プラザビル
となった。1階はマクドナルドや天やなどが入っている。その中にこちらのお店も開店した。ちなみに2階以上も飲食店だが、まだ開店していない
お店も多い。店名に「家」の字は付いていないが家系のお店。麺は酒井製麺使用と本格的。タイミング悪くコロナウィルス騒動で人通りも少ないし、開
店直後というのに昼前お客は私だけ。この騒動が収束すればいい場所なので繁盛も期待できる。私にはやや味が濃すぎるような気がした。
121 4月29日(水) バーミヤン
習志野鷺沼店
最寄駅:京成本線 新津田沼
住所:習志野市鷺沼4丁目1−3 
花椒担担麺
769円
祭日ぐらいステイホーム
をしようと思ったが昼食用の食材が
全く無かった。そこで近所のこちらのファミレスに。私は平時であればまずファミレスは利用しない。食材がどうとか味がどうとかCPがどうとかではなく
て、何となく面白みや開拓心に欠けるような気がしてしまうからだ。しかしこうも新型コロナウィルスの蔓延によって臨時休業やテイクアアウト専門が増え
てしまうと、まるで正月休み中のような状況で、ファミレスぐらいしか確実に開いているところが思いつかない。このバーミヤンはすかいらーくグループの
中華系ファミレス。ドリンクバーや余計なサイドメニューは注文しないで花山椒の効いた担担麺を単品で。なんだかお腹を一杯にするためだけに食事した。
令和2年4月分
35 2月1日(土) (移転)
光そば
最寄駅:地下鉄新宿線 瑞江
住所:江戸川区東瑞江1-36-8
(限定)らーめん
光二郎 870円
以前は京成本線八
幡駅そばにあったお店。それから
地下鉄新宿線瑞江駅北口に移転して、今般南口の方に再移転してきた。八幡時代から比較的ジャンキーな造りのラーメンは得意だったが、八幡時代
には食べたことのなかった(当時あったかどうかは覚えていない)二郎インスパイアの光二郎と言うメニューの評判がなかなかいいのでそちらをいただ
いてみることにした。ちなみに光二郎は木曜金曜夜と土日の限定のようだ。一般的なG系よりも洗練された綺麗な盛り付け。野菜ももやし中心の
荒々しいものではなく、一般的なG系初心者でも安心して食べることができる。一部卓上にレンケやティッシュ゙が無いなど気配りは今一つな面がある。
36 2月2日(日) (新支店) 家系ラーメン
王道いしい市原五井店
最寄駅:JR内房線私鉄 五井
住所:市原市五井4830
ラーメン
750円
一時期柏の王道家
が移転のため店を閉じていた間、
京葉道路の浜野付近に王道家いしいと言うお店が開店した。開店直後は王道家のご主人も何度か厨房でお見かけした。その後王道家は取手
に移転した(現在では柏に戻ってきている)その後も浜野の王道いしいは王道家グループとして行列店になっている。そのいしいが今年になって
支店を作った。場所は浜野の本店から15分ほどの五井駅近辺。少々駅からは離れているが、駐車スペースが充分にあるのでこの日も午前中か
ら行列になっていた。こちらではご飯は別料金だが、銀シャリバーと称してご飯食べ放題+様々なおかずが用意されて+150円。連食の予定もあ
ったのでパスしたが、そうでなければ是非食べてみたかった。家系にしては少々CP高めだが、近所にあったら日常使いとして重宝しそうなお店
37 2月3日(月) (新支店) つじ田
渋谷フクラス店
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 渋谷
住所:渋谷区道玄坂1-2渋谷フクラス
濃厚つけ麺
900円
もう何度も書いている
が、渋谷は再開発中のため、日本
一わかりにくい街になっている。以前は東急東横店、109、パルコ等施設の名前を言ってもらえばある程度場所が特定できたものだが、最近
はまだ施設の名前と場所が頭の中で一致しない。今回も渋谷フクラスという施設につじ田の新支店が入ったことは知っていたが、それが渋谷駅
のどちら側なのかさえわからなかった。結果逆の東急東横店側に出てしまったが、実は駅の逆側、昔からのバスターミナルの目の前だった。その
フクラスの1階につじ田が入ったのだが、フクラスの1階からはお店に入れない。一度外に出て(バスターミナルの逆側)外から入りなおすシステムだから
余計わかりずらい。注文はいつもの濃厚つけ麺。一時期なかなか高価だと思っていた時もあったが、1,000円超のラーメンがちらほらと登場する
ようになったのであまり高価だとは思わなくなってしまった。自分としてはあまりいい傾向だとは思わないが時代の流れだ。もちろん美味しい
38 2月4日(火) (新業態) ラーメン凪
BUTAO 神田店
最寄駅:JR各線地下鉄 神田
住所:千代田区神田鍛冶町2-13-7
ラーメン
830円
凪グループ(株式会社
凪スピリッツ)が展開する新業態。
BUTAO(豚王)と名前は付いているが、既存の豚王とはメニューには共通点はあるものの少々コンセプトとオペレーションが異なる。まず基本的に券売
機で購入でlきるメニューはラーメン1種類のみ。この食券機が今流行りのインテリジェンス食券機でおじさんは購入に手間取る。食券をもって席に着くと
注文シートと赤鉛筆が置いてあり、まず基本の味を4種から選ぶ。@ストレート豚骨Aマーユとイカ墨、黒胡麻で真っ黒いスープB辛味を加えて赤いスープ
にしたものCオリーブオイルトバジルを加えて緑色のスープ私はAの黒いスープにしてみた。あとは麺の固さや油の量など選ぶ。なんてことはない一蘭
と同じような注文方法だ。一蘭と違い隣客と店員さんそれぞれに仕切りはないので口頭でもいいとは思うが。ほどなく登場した一品は本当に
真っ黒い。その時点でふと思いついて食券機の上に置いてある紙エプロンをとりに行った。結果的には大正解で、Yシャツにでも飛ぼうものなら洗
濯しても落ちないかも知れない。私の釣り用のベストはイカの墨で何度洗っても斑点が落ちない。味はイカ墨のアミノ酸のおかげでなかなか美味し
いのだが、麺も極細の博多風の物なので、なんだか凪らしくなく、ますます一蘭もどきに見えてしまう。やはり凪では煮干しと一反木綿だね。
39 2月5日(水) (新支店) 帆のる
express 大塚店
最寄駅:JR山手線都電 大塚
住所:豊島区南大塚3-51-1
タンメン
680円
浜松町や恵比寿、西
新橋等に店舗があるが、各店舗
少しづつメニューが違う。それはハラール対応(イスラム教徒の方向けにポーク不使用(チャーシューはもちろんスープの出汁も)アルコール不使用ができているか
どうか)によって違うからだ。今回新しくできた大塚店もハラール対応となってはいるがハラール認証(イスラム教が公式に出した照明)は貼ってはいな
い。厨房内で働いている方は東洋人の男性と女性だが、女性はイスラム特有のスカーフをかぶっている。そのスカーフには帆のると店名が織り込み
で入っているのが興味深い。ここ大塚には大きなモスクもあるので、おそらくハラール認証は申請中なのだろう。もちろん現在でも提供しているラー
メンはハラール対応。今日いただいたのは野菜が入って鶏チャーシューが浮かぶタンメン。少々ポーションは少なめだが、このプライスであれば充分だ。しか
もランチタイムはご飯がサービスになるので、男性でもお腹一杯になれるので心配ない。女性の方が包んでいたハラール餃子が美味しそうだった。
40 2月6日(木) (宿題店)
麺屋 さくら井
最寄駅:JR中央線 三鷹
住所:武蔵野市西久保2-15-27
らぁ麺(醤油)
850円
いつもは早朝に起
きて事務所に出勤するまでいろいろ
とやることが多くぎりぎりになってしまうのだが、今日は珍しく早く済んだので、いつもより1時間早く家を出て三鷹にある宿題店を訪ねることにし
た。本来であれば休みの日に日帰り遠征で訪れるべき場所なのだが、我が家からは都心を越えて反対側のためどうにも足が遠のいてしまっ
ていた。まず訪れたのはさくら井さん。RDBのランキングでは最近のランキング8位、通算ランキング9位とともにベスト10入りしている大変な名店だ。開店
は2016年11月でまだ3年余りなのだが、来年あたりは必ずビブグルマンには載ってこようというお店だ。11時半の開店に合わせて11時15分頃到
着すると前2組4名。今日は記録的に寒い朝だったのでやや出足が鈍かったようだ。7〜8人ほど並んだところで10分ほど早く開店してくれた。
三鷹駅から10分弱の住宅街の真ん中。一押しのらぁ麺醤油をお願いした。スープの大きな寸胴にはおびただしい数のモミジ(鶏の足)が浮かんで
いる。出汁のイングリーデントjは地鶏のガラ、大山鶏の丸鶏、節、椎茸、真昆布と奇をてらったものは何もないが、素晴らしいバランスのとれたスープだ
。一切のエグミや濁りは全く感じられない。あくまでスープの味と醤油カエシの味でぐいぐい押してくる。評判通り全国でも超1級の醤油ラーメンだった。
41 2月6日(木) (宿題店)
鶏こく中華 すず喜
最寄駅:JR中央線 三鷹
住所:三鷹市下連雀3-28-21
こく塩
830円
せっかく三鷹まで
行ったのだからもう1軒寄ることにし
た。久々の連食だ。さくら井から三鷹駅に戻り駅の反対側へ。こちら側は名店みたか(伝説の名店江ぐち@三鷹の後継店)をはじめ何軒かお邪
魔をしたことがある。駅からはみたかを通り過ぎてしばらく行ったビルの地下1階。みたかもそうだが、この辺りはビルの地下1階に美味しいお店が
隠れているようだ。12時半ぐらいに到着すると前7人ほど。しばらくの待ちを覚悟したが、意外と回転は速く15分ほどで着席できた。ある意味さくら
井とは対極をなす濁りの強いスープ。それは煮干しを大量に使用しているからに他ならない。一押しは塩なのだが、これが他店の塩を想像すると
あまりの違いに愕然とする。ものすごいパワーで体ごとのけぞりそうだ。肩ロースを使用した炭火焼きチャーシューもものすごいパワーで攻めてくる。並んで
いるうちにワンオペのご主人に呼ばれると入店となり、すぐに注文して前金でお金を払う方式なので、並んでいるうちにしっかりと注文を決めておき
たい。夜はスタミナ満点ラーメンすず鬼という業態も店名もガラっと変わる。こちらも大変美味しそうなので是非食べてみたいが、なんせ遠いので困る。
42 2月7日(金) (新店)
五瞭(ゴリョウ)
最寄駅:都営地下鉄各線 三田
住所:港区芝5-24-7
牛骨白湯(並)
(コムタン) 830円
地下鉄三田駅が最寄
だが、もちろんJR田町駅からも近い
。飲み屋や飲食店が立ち並ぶ(どこも慶応大学御用達と言ったところ)路地から更にもっと小さい路地に入ったところで、残念ながら全く目立たな
い。ご主人は焼肉店で10年ほど勤めた後、ラーメン店開店のため名店篝(カガリ)@銀座や札幌に本店があり海老そばで有名な一幻で勤務をしたと
いう変わった経歴の持ち主。たまたま出身地の知り合いが訪ねて来ていて、聞くとはなしに聞こえてしまったところによると、どうやら鹿児島の
出身でアラサーらしい。メニューは今日いただいた牛骨白湯のコムタン、牛骨清湯の燻製醤油、それベースは牛肉白湯のユッケジャンの3種類。チャーシューで
はなく牛肉のそぼろが入っている。牛骨出汁と言うとあっさりしているものが多いが、こちらのスープは割とこってりしている。具にはそれ以外に
皮付きのジャガイモをシャトーに切ったものが入っている。焼肉店出身だからかメニュー名はハングル風なものが多い。悪いわけではないが、今後ラーメン
店で勝負していくのであれば、どうしても今のメニュー名だと焼肉店の昼だけ営業またはおまけ営業の印象が否めない。美味しいのだからガンバレ
43 2月10日(月) (店名変更・移転)
孫鈴舎(マゴリンシャ)
最寄駅:JR地下鉄各線 東京
住所:千代田区丸の内1-10-9
つけ麺(中)
850円
西新橋から東京
駅に引っ越してきた。引っ越しに伴
って店名を孫作から孫鈴舎に変更した。以前の店名ではよほど詳しい人間でないと六厘舎系だとわからなかったが、今度の店名であれば多く
の人が六厘舎系の他、舎鈴やもっこり豚等を展開する(株)松富士食品の関連店だとわかるだろう。場所は東京駅丸の内南口を出て、有楽町
方面に進み、はとバスの営業所を過ぎて50mほど行ったJRのガード下。これで東京駅は八重洲側のラーメンストリートと六厘舎系が2軒になったわけ
だが、こちらはまだ知名度が高くないため、昼時なのに行列はおろか店内も四分ほどしか入っていない。私は六厘舎のまたお前か系の豚骨魚
粉よりも、こちらの魚介系が強めで、生姜のパンチと紫蘇の香りが効いたツケダレの方が美味しいと思う。しかもこちらの中盛は+100円ながら450
g(普通盛300g)と大変ボリューミー。また最後の割スープがほうじ茶なのもいけている。ラーメンもあるが、今のところ夜だけの提供のようだ。美味しい
44 2月11日(火) 山田うどん食堂
船橋米ヶ崎店
最寄駅:東葉鉄道 飯山満
住所:船橋市米ヶ崎町597
たぬきうどん+
ミニパンチ 570円
埼玉県発祥の山田う
どんだが、千葉県内にも何店舗か
ある。自宅の近くにも船橋米ヶ崎店があるのだが、平成12年に当地に引っ越してきて20年経つがまだ1度しか行ったことが無かった。先日テレビ
番組でこの山田うどん店のパンチが美味しいという特集をしていたので、何となく食べたくなって訪店。祭日の昼過ぎだったが広い店内7分ほどの
入りで人気がうかがわれる。パンチと言うのは要するに豚もつ煮込みなのだが、ぽとんど野菜は入っていないのでもつの食べ応えがすごい。この
パンチを乗せた丼とたぬきうどんのセットもあったが、昼過ぎに大量の炭水化物を摂取すると夕食が心配なのでミニパンチで。翔んで(豚で)埼玉。
45 2月12日(水) (新支店) 西安麺荘
秦唐記 神保町店
最寄駅:地下鉄各線 神保町
住所:千代田区神田神保町3-2-5
ヨウポービャンビャンメン
850円
本店が中央区新
川にあるお店の新支店。本店にも
何度かお邪魔している。ビャンビャン面のお店なのだが当然日本語IMEでは漢字表記ができない。1文字で57画あり世界で最も画数が多い漢字
と言われている。要は中国式の手打ち麺なのだが、例えば蘭州手打面のようなつゆそばよりも、こちらで提供している汁なしのヨウポー面(これも
漢字表記できない)の方がはるかに美味しいと思う。それは日式とは大きく異なる、あの一本調子のスープが無いことがプラスになっている。辛さ
と麺の形状、そして温か冷か選ぶことができるので辛さは普通で形状はビャンビャン面、そして冷でお願いした。中国手打ち麺のウイークポイントである
でろでろでくっついてしまうことが冷にすることによってだいぶ改善できていると思う。雨後の筍のように林立した蘭州手打面の店もだいぶ淘汰
の時期に入ってきているようで、閉店してしまったところも少なくない。そんな中これであれば刀削麺と同じく日本に根づくかもしれない。
46 2月13日(木) (新店) RAMEN
しじみ軒
最寄駅:地下鉄各線 神保町
住所:千代田区神田神保町2-48-1
しじみ塩そば
800円
JR水道橋駅から地下
鉄神保町駅に向かって進み左側。
この場所は閉店してしまった名店「とんかつ いもや」(天ぷら いもや系列店)があった場所だ。角地で目立つので閉店の時は何となく寂しい気が
していた。外観や内装はいもや当時と変わっていないが、さすがに厨房だけはかなり変わっている。いもや当時フライヤーがあった場所にはスープの
寸胴が置かれているが、何となく昔のフライヤーの外殻が残っているような気がする。店名通りしじみ出汁を使用した塩ラーメンがメインなのだが、基本
のしじみ塩ラーメンをいただいたところ、しじみの出汁がほとんど感じられない。スープは澄み切っていて、しじみ出汁を使用したときの淡い白濁も残っ
ていない。あえて残していないのかも知れないが、それであればもう少しコハク酸の旨味が感じられないと店名倒れになってしまう。やや残念だ
47 2月14日(金) (新店)
日本橋 天馬(テンマ)
最寄駅:地下鉄各線 三越前
住所:中央区日本橋室町1-13-5
純和風煮干しだし
醤油らーめん850円
日本橋三越本店
から中央通りを挟んだ逆側。コレド室
町の横にできた新店。メニューは煮干しだしの醤油らーめんと鰹だしの柚子塩らーめん、それにスーラータンメンの3種のみ。カウンターのみ10席とあまり広く
ないのでメニューを絞ったのは良かっただろう。11時半開店直後に訪店したので、10分も待たずにサーブされたのは嬉しかったが、いくら10席とは言
え茹で場のテボが2つしかないので、麺も二人前までしか茹でられない。私の後に次々入店し、15分ほどで満席になって外行列まで出来ていた
が、一度に二人前しか茹でられないのでは最後の方のお客は30分以上待たされるだろう。まだ昨年12月の開店だからいいが、この辺りは早急
に改善しないとせっかくいい場所なのにお客が離れてしまうかもしれない。上品な煮干しだしにも共感が得られるし、向かいが出汁Barなのもいい
48 2月15日(土) 旭川味噌ラーメン
ばんから 武石IC店
最寄駅:京葉道路 武石IC
住所:花見川区武石町1-508-4
旭川濃厚味噌
800円
京葉道路の武石ICそ
ばは大きな駐車場を備えたラーメン店
がいくつかしのぎを削っている。昨年の一風堂の参入により競争はさらに激化している。こちらはおなじみ株式会社花研が運営しているばんから
。2015年3月の開業だからこの辺りでは比較的古株の方だ。武石ICを利用するときはICを出て左へ行ってしまうことが多いので、右に曲がって
幕張駅方面にあるこちらのお店は入ったが無かった。本日は未食の旭川濃厚味噌をいただくことにした。旭川と言えば蜂屋などの煮干し醤油と
言う印象だが、一般的には北海道だから味噌なのだろう。一人客は一蘭のような造りのカウンターに通される。一蘭のような完全なセパレーションでは
ないが、最近神田に開店した凪BUTAOも同じくこんな一蘭もどきのセパレーションだった。これからこういった店舗造作がはやるのだろうか。
49 2月16日(日) (新支店) 餃子市場
市川店
最寄駅:JR総武線快速 市川
住所:市川市市川2-32-3
五目そばランチ
700円
日曜も営業していて、
しかも通し営業はありがたい。JR
市川駅からは少し離れた国道14号沿いにある。外れた時間に行ったのでお客は私ともう一人だけだった。中国系の夫婦らしき二人で営業して
いる、よく見かける中国系の町中華と言った雰囲気。だが同名店が東大島や亀有にもあるのでパトロンがいるのかも知れない。こういうお店に入っ
た時はオーソドックスな五目そばに限る。ベースが汎用な清湯でも、調理の過程で醤油で炒めて餡で閉じる具が乗るので美味しくいただける。しかも
他の麺類と値段は同じだったので迷わず五目そばにした。全国の町中華で同じような味で提供している五目そばだったがお腹一杯になった。
50 2月17日(月) (新支店) 新福菜館
浅草店
最寄駅:つくばEX 浅草
住所:台東区浅草2-12-5
中華そば(並)
750円
開店は今年1月11日
だったのだが、確か開店したときは
中華そば(並)は750円で、中華そば(並)+小ライス100円のセットがあり、50円引きの800円だったような気がした。食券機に見当たらなかったので
なくなってしまったのだろう。真っ黒いスープながらしょっぱくないのは相変わらず魅力的だが、京都の本店はさておき、東京の麻布十番、秋葉原か
ら見てもかなり接客面では劣っているような気がする。やはり観光地だからなのかも知れないがちょっと残念だ。厨房では店長らしき人が、私が
もいているにもかかわらず中華だしの素(創味シャンタン)をスープに大量にぶち込んでいた。私は無化調至上主義者ではないが何だかがっかりした
51 2月18日(火) (移転)
つけめん さなだ
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 北千住
住所:足立区千住3-6-1
大山鶏のつけめん
900円
移転は昨年10月
だったが、このところ北千住に行く
所用もなかったので今日になってしまった。移転前は埼玉県三郷市にお店があったようだが、残念ながらその頃にはこの店の実力を知らず未訪
だった。今回移転してきてやっと知ったのだが、こちらのご店主はあの六厘舎初期から黄金期に店長として活躍されていた方だった。今日もある
程度の行列は覚悟していったのだが、昼時前4人とたいしたことはなかった。たまたまだろうとは思うが、やはりあの大崎の行列を知っている人間
としてはいささか拍子抜けだった。もちろんつけ麺は六厘舎譲りの濃厚豚骨魚粉。麺は浅草開花楼の太麺とくれば不味かろうはずもない。ツケダレ
は六厘舎の物を更にシェイプアップさせた感じがする。卓上のグレープフルーツ酢を入れると更に爽やかな味わいだ。私的には若干CPには問題あると思う
52 2月19日(水) (新店)
らあめん あじるく
最寄駅:JR山手線都電 大塚
住所:豊島区北大塚1-19-1
焼鯵煮干しの塩
らあめん 900円
夜は和風の居酒屋
になるお店の昼だけ営業。フェイスブック
によれば、居酒屋さんの方は元は日本橋で営業していたようだ。店名は昼も夜も同じなので間借り営業ではなくご店主は同じ方なのかもしれな
い。昼のラーメン営業は週替わりで醤油と塩のどちらかのみを提供しているようだ。今週は表題の塩ラーメンで、醤油は秋刀魚節醤油らあめんのよう
だ。メニューはこの1種類のみで、残ったスープをかけてお茶漬け風にして食べるご飯が+100円。チャーシューはレアチャーシューと鶏胸肉の2種乗せと本格
的。麺は全粒粉使用の中細ストレート。昼だけ営業の上日、月、火とお休みでハードルは非常に高いがレベルもまた高いので行ってみる価値は大きい
53 2月20日(木) (新店) 熟成味噌
タンメン 蔵味噌屋
最寄駅:地下鉄各線 茅場町
住所:中央区日本橋茅場町1-12-1
味噌タンメン
780円
ご存知(株)グラストが
運営するラーメンチェーン店。この店名の
お店は北千住にあったが、(株)グラストお得意のナンチャッテ新店でみそ熊としてリニューアルオープンしている。この茅場町の場所もそうかと思ったが、以前
は港屋インスパイアのそば店があった場所らしい。カウンター上に並んだ黒マーユやオロシニンニク、揚げタマネギ等はグラストが展開するみそ熊と笑えるほど全く
一緒だが、違うのがメインの味噌ラーメンは味噌タンメンという商品名で、こってりとあっさり、太麺と細麺、麺普通盛か麺大盛かを選べるようになってい
る。タンメンとは言えそんなに野菜がたっぷり入っているわけではないが、ガッツリで麺大盛にするとかなりお腹にたまる。若い男性でもお腹いっぱい
になるだろう。味噌もなかなか美味しい味噌を使用しているし、第一スープが熱々なのがいい。このグループ内のどの業態でもそれは同じで感心する
54 2月21日(金) (新店) らーめん
味来 両国店
最寄駅:JR総武線地下鉄 両国
住所:墨田区両国4-32-2
みそらーめん
780円
以前は個人営業らしい
家系のお店があった場所。その時に
は個人営業で家系なんて激安の競争相手も多いので大変だろうなと思っていたが、あっという間になくなってしまった。今度のお店の経営者が
同じ方かどうかわからないが、確か以前同名の味来と言うお店がすぐ近くにあったという記憶がある。そのお店は要町にあるお店の支店だった
が、今度のお店がどうであるかはこれまた不明。何にしても昨日に続いて味噌ラーメンとはいささか食傷気味だが、ここ両国は知る人ぞ知る味噌
ラーメンのパイオニア、どさん子の発祥の地(現在はもつ焼き屋になってしまっている)でもある。そんなことを思つつら二日連続の味噌らーめんだった
第一回栃木小山遠征
55 2月22日(土)
遠征@
(新店)
麺匠 天馬
最寄駅:国道16号沿い
住所:八千代市米本2168-16
八千代ラーメン
500円
今日から自車利用
で栃木県小山市に遠征。栃木県は
宇都宮や佐野には何度も行っているが、その間にある小山市はいつも通り過ぎるばかりだった。それは「これが小山ラーメンだ」という、いわゆる地
ラーメンが存在しないからだったが、何軒か評判のお店もあるので今回1泊の遠征を試みた。恒例の第1食目は国道16号の米本団地そばにある
こちらのお店に。ラーメン王石神氏が主宰を務める食の道場と同じ敷地内に付属するように作られている。未訪で未食だったのだが、午前9時から
開店しているのは存じていたので、朝ラーセットを目指したのだが、現在は食の道場の卒業生とコラボ期間中とのことで朝ラーセットはお休みだったので
単品の八千代ラーメンを。500円と言うワンコインではあるがしっかりとした出汁と具に裏付けられている。確かにこの食の道場に隣接した場所で変な
物は出せないと言うのは理解できるが、果たして採算が取れているのか心配になるような良品だ。そういえば当初あったG系も今はお休みの様
56 2月22日(土)
遠征A
らーめんつけ麺
吉田商店 本店
最寄駅:JR東北本線 小山(遠い)
住所:栃木県小山市城東5-10-17
芳醇鶏塩ラーメン
780円
小山市には昼少し
前に到着。最初の候補のお店はかな
りの並びで駐車スペースも一杯だったのでこちらのお店に転戦。以前は小山市内の別の場所で営業されていたようだが、ご店主らしき方は少し
ご高齢のようで、こちらの自宅隣に移転してきてのんびりと営業されているようだ。それでもかなりポテンシャルの高い鶏塩そば。麺は地場栃木の
磯屋商店の特注麺。残念ながら東京ではあまりお目にかかれない製麺所さんだが、小麦の香りが残るすばらしい麺だった。年季の技だ。
57 2月22日(土)
遠征B
煮干し中華蕎麦
山崎
最寄駅:JR東北本線 小山
住所:栃木県小山市駅東通り2-34-9E
煮干し中華蕎麦
880円
小山駅近くまで移
動してこちらのお店に。煮干し出汁を
前面に掲げたお店だ。その煮干し蕎麦にはさらさら系とこってり系があり、また最近流行りの和え玉(替え玉の1種で味付けがなされているの
で、そのまま食べてもスープに投入してもいける)も積極的に展開している。何だか丿貫@横浜のような出汁の組み立てとメニュー構成だ。通常
はこってりをお願いするのだが、連食中なのでさらさら系にしていた。ところがさらさら系とは言えかなりの濃度で、他のお店の濃厚煮干し級の
ボリュームがある。もちろんいつもは注文する和え玉も今回は自粛だが、美味しそうなスープが少し残ってしまった。もったいないが仕方ない。
58 2月23日(日)
遠征C
一品香 城東店 最寄駅:JR東北本線 小山
住所:栃木県小山市城東1-9-29
ラーメン
800円
栃木県内、この小
山と宇都宮に同名店がいくつかある
が、こちらの小山城東店はその中でも群を抜いて評判が高い。実は昨日山崎さんの次に寄ろうと思っていたのだが、午後3時ごろだと言うの
に長蛇の列。40台は止められそうな駐車場も満車状態と信じられない状況。これは明日出直そうと思いこの日は回避した。翌日朝11時開店
と言う情報があったので、昨日の状況を鑑みて10時半に到着。すでに6人が並んでいて7番目に接続。ところが11時開店と言うのは誤りの情
報で、実は11時半開店だったのだ。と言うことは1時間前で7番目と都内でもあまりない状態。実際開店時間11時半には何と50人ほどの行列
になっていた。いやはや間違って正解だったようだ。多くの人が支持をする通り、これ以上ないような基本を忠実に守った醤油ラーメン。食券を
勝手から並ぶのだが、これだけ並んでいてもみんな食券を握りしめて待っている。栃木の小麦文化の実力をまざまざと見る思いがした。
59 2月23日(日)
遠征D
麺屋大和 最寄駅:JR東北本線 小山
住所:栃木県小山市駅南町3-26-9
まぜそば(並)
759円
遠征の時はいわゆ
る二郎インスパイア系は避けるようにし
ている。連食が基本なのでG系を食べてしまうとその後が続かなくなるからだ。小山にもハイマウントというG系の人気店があるのは知っていたが
、今回は遠征対象からは外していた。実はこの麺屋大和さんの後も1軒予定していたので、名物のまぜそばは並にしておいた。トッピングもいろ
いろと選べるようだが、お腹にたまるものはなさそうなので一応全種類乗せてもらった。注文が終わると頼んでもいない黒ウーロン茶がジョッキで
運ばれてくる。、どうやらまぜそばを注文すろとサービスで付くようだ。ほどなく登場したまぜそばは、他店の大盛か特盛クラスのボリュームがある。
そしてなんと食べ終わるとご飯と出汁がサービスされて追い飯ができるらしい。とてもじゃないけど何とか残さないように食べるのが精いっぱいで
お茶漬け(出汁+追い飯)魔で手が回らなかった。これで690円(税込759円)とは太っ腹だ。かなり広い店内がいっぱいなのも理解できる。
令和2年2月分
60 2月25日(火) (移転)冷やし中華
専門店 HiyaChu
最寄駅:地下鉄 六本木1丁目
住所:港区赤坂2-19-5
油淋鶏ひやちゅう
950円
以前はもう少し虎
ノ門寄りにあったお店が六本木通り
沿いに移転してきた。ちょうどANAインターコンチネンタルホテルの向かい側になる。1階が理髪店の小さな階段を上がった2階になる。夜は鯖料理がメイン
らしい居酒屋さんの昼だけ間借り営業のようだ。チラシには3年連続ニューヨーク出店 NYから逆輸入とあり、HPも英語中心でそのようなことが書いて
あるが詳細は不明。メニューは5種類あり、ブラックビネガー、グリーンソース、私がいただいた油淋鶏ひやちゅう、牛とキノコのバター醤油(以上950円)ウニクリーム
1000円となる。各々サービスで簡単なスープがつく。サイドメニューとしてSPAMおむすびが置いてあり大変美味しそうだった。全体的な味付けは日本の
町中華によくある冷やし中華(私はこれが苦手だ)とは大きく異なり、ベクトルはまぜそばの方に近い。美人の女性が運んできてくれて気分がいい。
61 2月26日(水) (新支店) 舎鈴
(シャリン) 霞が関店
最寄駅:地下鉄各線 虎ノ門
住所:千代田区霞が関3-2-6
中華そば(大)
590円
霞が関の官庁街、文部
科学省の隣のビル1階。ご存知六厘舎
系のお店だ。どうしてもこのお店に行くとつけ麺をいただいてしまうので、今日は未食の中華そばにしてみた。大勝軒などはつけそばが有名だが、
中華そばも同じように人気がある。最近はつけ麺の認知度も上がってきた(つい数年前まではつけ麺を食べたことが無い一般人が多かった)の
で、8割ほどの人がつけ麺を注文している。中華そばは標準麺量が130gで大盛は200g。つけ麺の中盛と同じなのでそれにした。ちなみにつけ
麺中盛は730円。もちろんつけ麺と中華そばでは麺が全く違い、中華そばは細麺になる。スープはかなりつけ麺寄りの豚骨魚介を薄めにしたもの
を予想したのだが、全く魚介出汁の東京風中華そばに近い物。これはこれで美味しかったが、麺量に対して丼が小さすぎてやや麺が固まっていた
62 2月27日(木) (宿題店)
迂直(ウチョク)
最寄駅:JR中央線 荻窪
住所:杉並区天沼3-10-16
醤油らーめん+
肉増し 1150円
今年最初の
五つナルトは荻窪のこちらのお店。
一昨年末12月の開店だから開店してほぼ1年と数か月。もう少し早く訪店したかったのだが今日になってしまった。もともとこの辺りは土地勘が無
い上、杉並特有の迷路のような住宅地(道路が碁盤の目になっていない)にあるので結構迷って到着。このお店には並び方の決まりがあって、店
頭には4人しか並べない。と言うか椅子が四つ置いてあるだけ。それ以上になると50mほど北に進んだ歩道がへこんだ部分に並ぶことになる。店
頭の椅子が空くと並んでいる場所に店員さんが呼びに来てくれる。11時半開店で11時10分頃到着すると店頭は4人で埋まっており、先の並びスペ
ースの7番目。このお店はカウンターのみ7人なので4+7で2番目のロットで入店することができそうだ。通常のお店であれば11時50分頃には入店できて
12時10分頃には食べ終われるのだが、こちらのお店はゆっくりと言うか調理が丁寧なので、入店したのが12時10分頃で食べ終わったのは12時30
分を過ぎていた。あらかじめ時間がかかる旨店頭にも記載があるので私はその後所用が無い時に訪店したが、予定がある人は注意しないといけな
い。ご主人の修行先は一応明らかにはできないことになっているが、少し業界に詳しい人にはわかってしまう(ここでは書かない)大森海岸にある
大行列店(現在は整理券方式になった)ホームメイド麦苗のご主人と同じ修行元で弟弟子にあたるようだ。開店時にはつけ麺とラーメン、それに坦々つけ
麺の3本立てだったようだが、しばらくラーメンの提供はストップしていた。今月から4月までの期間限定で醤油ラーメンを復活させたとのことだったので、
今日は醤油ラーメンをいただいた。麺は自家製麺で、つけ麺の麺が白っぽいのに対してラーメンの麺はやや色味がかっている。全粒粉、と言うかふすま
(米で言えば糠の部分)を加えており、ラーメンの麺の方がややふすまの率が高いのかな。スープはもちろん無化調でにいがた地鶏、鰹、煮干、昆布、
干椎茸等で作っているらしい。このこの麺とスープだけでも充分価値があるが、デフォ以外めったに注文しない私が注文した肉増しがとんでもなく秀逸
だ。肉増しは量も大判5枚と圧倒されるが、周囲を赤めに仕上げたチャーシューはまさに焼豚。口に含むごとに香ばしさが鼻に抜ける。ご主人と助手の方
の接客も1級品だしBGMは竹内まりや、山下達郎、松任谷由実とドストライク。丁寧で時間がかかるのはむしろプラス。この店に五つ付けないでどうする
63 2月28日(金) (移転)
麺屋 咲(サク)
最寄駅:京成本線 東中山
住所:船橋市東中山2-3-2
中華そば(塩) 隣の市川市南大野
から移転してきた。京成本線の東中山
は平日は急行も止まらない閑散とした駅だが、JRA中山競馬場の最寄り駅なので、土日は競馬場に行く人、帰る人でごった返している。ただ周囲に
は飲食店も多く、すぐ近くには船橋の人気店ラーメンまるはの関連店が結構な規模で営業しているので、競馬関係者をターゲットとしているわけではない
ようだ。もともとこの場所はそのラーメンまるは出身者の方がとものもとというお店を営業していた(現在は東葉鉄道東海神駅そばで移転開店準備中)
で、その頃から近くのマンション等に住む若いご夫婦が中心ターゲットだった。今日はたまたま昼時になったので、近くの高校生が団体で押し寄せて来て
いて、ワンマンオペレーションのためとても忙しそうだった。カウンターのみ7席のあまり広くない店内。麺は浅草開花楼の平打ち中太麺でツルシコでとても美味しい
。そして工夫しているのは香味油の使いかたで、金目鯛の香味油と椎茸と生姜の香味油を1杯の丼に分けて使っている。香ばしくて好感が持てる。
1月1日(水) ラーメン山岡家
千葉鎌ヶ谷店
最寄駅:私鉄各線 新鎌ヶ谷
住所:鎌ヶ谷市新鎌ヶ谷3-3-6
朝ラーメン
470円
もう10年以上前から
元日の早朝には津田沼のイオンスクエア
で干支の置物をもらいに行くのが恒例になっている。単に無料だということもあるが、朝8時からの配布なので、いやでも7時過ぎには家を出発
して並ばなければならないので、元日早々から怠惰に寝坊をしなくてすんでいる。例年配布が終わった後は家に帰って朝ご飯をいただくのだが、
今年は朝ラーにすることにした。少々距離はあるが新鎌ヶ谷駅そばの山岡家であれば元日から営業しているだろうと思っていたのが的中した。
さすがに朝早くから家系のこってりはつらいので(若いころは横浜の杉田家で朝から食べていたが)ライトな朝ラーで。適度な濃度の豚骨がうまい
1月1日(水) (うどん) はなまるうどん
ビビット南船橋店
最寄駅:JR京葉線 南船橋
住所:船橋市浜町2-2-7
温玉ぶっかけ
(小・冷) 319円
ららぽーとの隣にある
ビビット船橋に所用があったので、
1階にある蒙古タンメン中本を覗いたところ、さすがの中本も元日は休業中だった。たまにはと思い2階にあるフードコートでうどんにすることにした。私
はうどんの場合ごちゃごちゃと入っていたり天ぷらを何種類も乗せるのは苦手なので、いつもの通り温玉ぶっかけの小で。319円とCPは非常に
優秀だ。昨今1000円超のラーメンが平気で横行しているが、それに見合う価値がある一杯ならまだしも許せないものも多々ある。見習って欲しい
1月2日(木) ラーメン魁力屋
東千葉店
最寄駅:JR外房線 東千葉
住所:千葉市中央区祐光4-1-6
醤油ラーメン
715円
1月1日から4日まで
某中古本店のバーゲンだったので
こちらのお店のそばにあるお店に行くついでにこちらに寄った。実は魁力屋さんは私の自宅のそばでもあるのだが、今回は関西資本の2店を
食べ比べてみようとまずはこちらに寄ってみた。もう一軒は来来亭。魁力屋さんは京都北白川に本店があり、その近くには天下一品やますた
にの本店もあり、聖地巡礼(全国展開しているお店の本店を訪ね歩くこと)するにはもってこいの場所だ。数年前私も行っている。シンプルな醤油
ラーメンなのだが、東京の醤油とは全く異なる。背脂が大量に入るのだが、東京ホープ軒系や燕三条系とも異なっている。チャーシューは薄いものが
何枚も入るところが京都北白川系の特徴でもある。基本は七味唐辛子でいただくのだが私はあえて胡椒でいただくのが好きだ。比較は後日
1月3日(金) (新支店) 味噌ラーメン
専門店日月堂南流山店
最寄駅:JR武蔵野線私鉄南流山
住所:流山市鰭ヶ崎11-12
味噌ラーメン
800円
この日月堂以外にも
多数のラーメンブランドを展開する(株)
ジングルの経営店。いわゆる企業系の新支店だ。企業系のラーメン店と言えば家系と味噌ラーメン系が多いが、やはりどちらも多店舗展開しても味が
ぶれにくいのがメリットなのだろう。こちらのお店も基本の味噌ラーメンをいただいたが、一定水準以上の、言い換えれば駅前の中華屋さんのような
大きなはずれが無いところが安心できる。化調が強いので毎日のように食べていれば飽きるのだろうが、たまに食べるのであればこれで充分だ
1月4日(土) 来来亭
千葉花見川店
最寄駅:なし 宮野木JCそば
花見川区さつきが丘1-46-12
醤油ラーメン
700円
一昨日行った魁力屋
との食べ比べのために訪店。広い
駐車場が併設されている大規模店舗。来来亭は本店が滋賀県の大津にある。セントラルキッチンや新人の研修施設や宿泊施設などが併設されている
大規模な敷地の中に店舗がある。さすが総本山の店舗だけあって従業員は全員きびきびとして見事なレベルだったのを覚えている。それと同じ
レベルを遠く離れた千葉の地にある店舗に求めても無理なのかもしれないが、そのあたりは魁力屋の方が数段上なような気がした。そのあたりの
差が関東での店舗数の違いに表れているのかもしれない。味の方は大同小異だが、ねぎが入れ放題の分魁力屋の方が好まれるのだろう。
1月5日(日) (新店) 金須屋
担担麺 梨園
最寄駅:JR常磐線北小金(遠い)
住所:松戸市小金原4-24-6
三元豚炸醤の汁なし担々麺 920円 松戸市の小金原にあ
るユーカリ交通公園のすぐそばにでき
た新店。駅からはかなり遠い住宅地の真ん中という感じの場所。正月最後の日曜日ということもあり、目の前の交通公園は家族連れで大賑わい
だったが、昼時こちらのお店のお客は私だけ。開店して間もないので知名度が今一つということもあるのだろうが、私は汁なし担々麺の味の方が
気になった。三元豚を使用するなど素材はかなりいい物を使用して気を使っているようだが、例えばその挽き肉は加熱しすぎてぽろぽろで大変
舌触りが良くない。味付けもかなりの種類の香辛料を使用しているのだろうとは思うが、スパイシー過ぎて肝心の唐辛子と花椒の香りがほとんどしな
い。ご店主が修行されたお店が相当高級店だったのかも知れないが、失礼ながら松戸の住宅街で支持されるような味ではないと思うのは杞憂か
1月6日(月) (新支店) 田中そば店
渋谷パルコ店
最寄駅:JR私鉄各線 渋谷
住所:渋谷区宇田川町15-1
中華そば(こってり)
770円
渋谷パルコが゙リニュー
アルして新しくなった。元からおじさん
にはあまり縁がない建物だったが、今回はラーメン店が2つ入ったのでまずは訪ねてみた。おなじみ田中商店は7階にある。入り口にメニューが置いて
あり、食券機もわかりやすい物なので何となくほっとした。最近のインテリジェンス券売機は、希望の物を買い終わるまでにいくつもの段階があるので
ドキドキしてしまう。いつもと同じ中華そばの食券を買って、店員さんに渡すときにこってりでとお願いする。ちなみに席について食券を渡してしまっ
てからでもこってりにすることができ、背脂を別皿で持ってきてくれる(らしい)きっと開店以来そんな人が多かったのだろう。カウンター上にはこちらも
おなじみ唐華(唐辛子主体の自家製調合調味料)が置いてある。入れ過ぎると辛くて大変なことになってしまうが。これが無いと田中商店の中華
そばは成り立たないとさえ思われる。相変わらず優しいソフトなとんこつ味。かなりな量の背脂も全く気にならない。渋谷でもホッとできるお店がある
1月7日(火) (宿題店) つじ田
六本木店
最寄駅:地下鉄各線 六本木
住所:港区六本木7-9-3
濃厚つけ麺
900円
東京タワーの近くに
所用はあったので、頑張って六本木
まで歩いてこちらの宿題店へ。開店したのが昨年の1月なので、かれこれ1年たってしまったので宿題店ということになってしまった。六本木交差
点から北に進み、東京ミッドタウンの前あたりを左に入った道に面している。間口は非常に狭く、店内の様子はほとんど見えないのだが、数名の並び
ができていたのでつじ田だと分かった。奥には少し広くカウンターのみだが15名座ることができる。本店とは違い4割ほどのお客さんがラーメンを注文して
いる。初つじ田の人がまだまだ多そうだ。もちろん私はつけ麺で。またお前か系なのだが、それだけに安心して食べることができる。スタンダードだ。
1月8日(水) (うどん) 丸亀製麺
両国店
最寄駅:JR総武線緩行 両国
住所:墨田区両国横網1-3-13
釜玉(並)
370円
仕事で食事の時間
が満足に取れなかったので近くの
丸亀製麺でサクッと昼食。いつもは温玉ぶっかけの冷なのだが、さすがに今日は雨模様で寒かったので釜玉にした。こちらでは釜玉の場合玉子を
生にするか温玉にするか聞いてくれるので助かる。何となくだけれど、外で食事するときは生玉子は避けることにしている。温玉でお願いした。
10 1月9日(木) (新業態) Jikasei
Mensho 渋谷パルコ店
最寄駅:JR私鉄各線 渋谷
住所:渋谷区宇田川町15-1
牛とろシビレ担々麺
990円
新しくなった渋谷
パルコの地下1階に入った庄野氏率
いるMenshoの新業態。まずは丼が特徴的で、強化プラスチックで成形された縦長のカップヌードルの器型。一見容量はたいしたことの無いように見え
るが、通常の丼と同じほどのポーションが入っている。注文は各席に配置されたタブレット端末から行う。基本は私のいただいた牛とろシビレ担々麺で、
同料金で汁なしも用意されている。そして最近よく見かけるようになったビーガン(厳格なベジタリアンで肉、魚はもちろん牛乳や玉子も制限している)
向きのメニューがそれぞれにあり、もちろんイスラマーの人たちにも食べられるようにしている(ハラールではないようだが)辛さは3段階から選べるように
なっている。シビレに関しては卓上に自家製山椒黒七味が置いてあるのでそちらで調整する。これはミル等に入っているのではなく、器から付属の
スプーンで入れる。かなり辛味とシビレが強いので、くれぐれも入れ過ぎには注意したい。私は無類の痺れ好きだが、スプーン半分で発汗作用が強く
働いて汗をかいてしまうほどだった。その他ナッツが多用されており、こちらもかなりいいアクセントになっている。会計も最後に行う方式なのだが、現
金は入り口横のキャッシャーマシンでセルフ、キャッシュレスはホール係に依頼するので滞留してしまうなど、まだまだ改善すべきところはいくつかありそうだ。
11 1月10日(金) (新店)
らぁ麺 田じま
最寄駅:JR私鉄地下鉄 渋谷
住所:渋谷区宇田川町31-9
まぜそば
800円
渋谷は駅周辺の
再開発に伴って新しい商業ビルが
続々とオープンしたので、それに伴ってその中に入ったラーメン店の新規オープンが続いている。昨日お邪魔したMenshoの新業態も新装なった渋谷
パルコの中で繁盛している。今日伺ったこちらのお店も渋谷にできた新店だが、場所は駅周辺の再開発エリアではなく、井の頭通り沿いの宇田川
町、ちとせ会館(懐かしいその名の響き)少し先のビルの1階だ。通常「田じま」のように個人名が店名についている場合は、新店緒ご店主の名
前である場合がほとんどだが、どうやらこちらはそうではなく、渋谷、新宿界隈で最近店舗数を増やしているはやし田のグループのようだ。この
グループはコミックス「クローズ」に登場する人名や事象名を店名にするという統一性がある。こちらの田じまもどうやらそのクローズの登場人物のようだ
(私は全く詳しくないのでようだとしか言えない)限定のまぜそばにしてみたが、タレもちょうどいい濃度でプライスも適当。大変良くできていると思う
12 1月11日(土) 横浜ラーメン
武蔵家 船橋店
最寄駅:JR総武線緩行 東船橋
住所:船橋市東船橋5-3
ラーメン(並)
650円
このところ土曜日はな
んだかんだとやることが多くて、遠出
ができていない。今日も買い物のついでに自宅そばのこちらのお店に。昨今家系でも驚くような値段を設定する店が多い中、ご飯がついて、し
かもおかわりし放題(私はそんなには食べられないが)で650円は頑張っているなぁと感心する。ちょうどスープの仕込み中で、見ていると以前は
どこの家系でも豚ガラを掃除して(家系は雑味も味の内なので完ぺきには掃除しないが)斧等で骨に割れ目を入れてスープにしていたが、見てい
るとすでに掃除が済んでしかも割ってある豚ガラを使用している。仕入れ先の精肉業者がやっているか、はたまた大規模チェーン店なのでカミサリー
(セントラルキッチン)のようなところでやっているのか。こういった効率化があるから安価で提供できるのだろう。それでもスープは自店製なのがいい
13 1月12日(日)
日帰り遠征@
(新店)
RAMEN YAMADA
最寄駅:私鉄 流山おおたかの森
流山市流山おおたかの森西1-14-6
濃厚海老ラーメン
880円
以前も書いたが、つ
いこの前まで千葉県流山市は隣が
北の渋谷と呼ばれる柏市であるにもかかわらず、東京まで直行する鉄道が無かったため、陸の孤島と呼ばれていて特筆すべきラーメン店も少な
かった(全くなかったわけではないが)それが秋葉原直結のつくばエキスプレスが開業して、それまで畑の真ん中だったおおたかの森に駅ができ
たおかげで、今では都心に通勤するニューファミリーが最も多い場所となった。そのおおたかの森駅そばにできた新店。この場所らしいローマ字表記
の店名。10台以上停められる駐車場におよそ40席以上はあろう広い店内。厨房には黒いコックコートを着たおしゃれ髪型のシェフが4〜5人もいる。
ただ先月に開店したばかりなので人数は多いのだがオペレーションの方は今一つ。時間が解決するのだろう。基本は豚骨スープでこれはなかなか
よくできていると思う。私がいただいた濃厚海老ラーメンにはオマール海老が使われていると書いてあったが今一つ美味しさに欠けている。既製品?
14 1月12日(日)
日帰り遠征A
(新店)
龍晶ラーメン 南柏店
最寄駅:JR常磐線 南柏
住所:流山市向小金1-453-13
龍晶ラーメン
500円(750円)
同じ流山市にできたこちら
も新店。国道6号線に面して、駐車場
も10台分以上ある絶好の立地。以前もラーメン店だった場所で、定かではないが大手チェーンのKラーメンだった場所ではないかな。昨日11日の開店
で、昨日、本日、明日と通常750円の店名を冠したラーメンがワンコイン500円という情報があったので、13時半ごろではあったがさぞや混んでいるか
と思いきや全くお客はいない。私のみ。理由はわからないが店内3人ほどいるホール係の公用語は中国語。注文も取りに来ない。つまり日本流
の接客の基礎がまるでできていないのだ。そして豚骨ベースのスープが異常に薄い。町中華の清湯スープに既製品の豚骨エキスを溶かしただけか
な。そして麺もまた問題。最近あまり見かけなくなった真っ黄色のかん水たっぷりの中華麺。良かったのは辛し高菜がオンテーブルなところのみ。
15 1月13日(月)
日帰り遠征@
(移転) 濃厚豚骨
ラーメン 岩地家
最寄駅:JR内房線 長浦
住所:袖ヶ浦市蔵波台2-23-16
塩豚骨
750円
内房沿いの工業地帯
から山の方に上がってきた場所。
蔵波台という住宅街の中にある。とは言っても住宅街の中の街道沿いなので中規模のスーパーや衣料品店なども並んでいて一つの商圏を形成
している。現地そばに到着してふと見るとホサナというラーメン店。最近千葉県の何番目かの地ラーメンと言われているホワイトガウラーメンの元祖のお店だ。
内房のこの辺りはマザー牧場をはじめとして牧場が数カ所点在している。そこでとれる牛乳をスープに入れたラーメンだ(タだからホワイト、ガウはソデガウラ
のガウ(笑)それはさておき、こちらは店名からでもわかるように家系の新店。変ったところでは家系なのに竹岡式ラーメン(スープをとらずチャーシューの
煮汁を湯で割ってスープにする)も置いているところ。何だかよくわからないが、いただいた塩豚骨は家系の良さが出ていてまずまず合格だった。
16 1月13日(月)
日帰り遠征A
(新店)
中華そば 一休
最寄駅:小湊鉄道 上総三又
住所:市原市海士有木574-1
華(ちじれ麺)
750円
小湊鉄道はJR内房線
五井駅から養老渓谷を通り内陸の
上総中野駅まで結ぶローカル私鉄だ。その上総中野駅からはさらに東に向けて別のローカル私鉄いすみ鉄道が走っていて、都心からわずかのこの
場所でローカル鉄道に乗れるということで鉄ちゃん達には人気らしい。その小湊鉄道の上総三又駅近く(と言っても1キロ近く離れている)に昨年
11月にできた新店。実は行ってみるまで知らなかったが、あの福島県郡山の名店ますや本店(明治元年開業。現在は本店は閉店してしまった)
で働いていた方のようだ。これは味の方も期待できそうだと思った。スープは定番醤油の華、魚介出汁の蓮、豚骨魚介の真と3種類、そして麺は
太麺、中麺、細麺、ちじれ麺から選ぶことができる。初めてなので定番醤油をちじれ麺で。真っ黒い富山ブラックのようなスープだがしょっぱくはない
。しかし残念ながらびっくりするような美味しいスープとは言えなかった。少々イングリーデンツ(材料)の総量が足らないような気がする。期待しすぎた
17 1月14日(火) (新店) 中華そば
ひらくら
最寄駅:都営新宿線 曙橋
住所:新宿区荒木町8-3
中華そば
800円
この場所は記録
的な狭小店として有名だ。最初は
たしかもぐらという店だった(かな?)何せ外から店内にある食券機で食券を買って、その後一度歩道に出てから着席するという形態はそんな
にあるものではない。その後灯花の系列店が何度か入れ替わりで入っていた。その最後の形態SALT AIRの店長さんだった方が独立して
灯花から離れこの店のオーナーになった。一売りは醤油煮干し。スープも麺も具も実にシンプルなつくりだが、それだけに凡庸になる可能性も高い。
それが完全に飲み干してしまうスープをはじめとして、平打ちチジレ麺などどれをとっても一つも凡庸なものなどない。知らないうちに完食完飲。
18 1月15日(水) (新支店) 双麺(ソウメン)
浅草橋店
最寄駅:JR総武線緩行 浅草橋
住所:台東区浅草橋1-16-5
双麺らーめん
(醤油) 780円
錦糸町のトリフォニーホール
そばに本店があるラーメン店の新支店
。浅草橋のガード下は耐震工事等でリニューアル中。その新しい場所に開店した。メインは煮干しと昆布出汁。それに鶏ガラ、もみじ、豚ガラ等動物性
の出汁を加えてスープを作っている。スープには背脂を浮かしてボリュームも出している。錦糸町の本店には何度か行っているが、今日久しぶりに
いただいたところでは、ややえぐみが出ているような気がした。ちょうど煮干しと昆布出汁スープが仕上がったところで、中身を寸胴の上に出して
いたが、煮干しは頭も腹も取らずまるのまま使っている。これがえぐみの原因になっているのかも知れない。しかしそんなに我慢できないほど
ではないので、煮干し好きの人にはかえって美味しく感じるかもしれない。背脂多め(こってり)でお願いしたが、それでも他店より少なめだった
19 1月16日(木) (新店) しょうがの湯
渋谷総本店
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 渋谷
住所:渋谷区渋谷3-10-12
白生姜ラーメン
880円
渋谷駅から明治
通りを恵比寿方面に50mほど歩い
た場所にできた新店。まるでスーパー銭湯の様な店名だがれっきとしたラーメン店。コンセプトは生姜を使用したラーメン。醤油ベースの黒生姜ラーメンと塩
ベースの白生姜ラーメンがある。店内POPによると新潟長岡醤油生姜ラーメンをインスパイアしているようだ。それにしてはチャーシューは青島食堂のような
薄切りの物がたくさん乗っているのではなく、多少厚みのあるものがいくつか乗っている。昨日と同じく本日もちょうどスープの出汁の中身を上
げている所に遭遇したが、こちらのお店でも煮干と昆布から出汁をとって、あとから動物系のスープと合わせているらしい。やはり煮干は頭と
腹をとってはいないが、大量の生姜を加えることで臭みやえぐみは全く残っていない。そのあたりを計算して作っているのかも知れない。
20 1月17日(金) (新支店) 伊蔵八
(イゾハチ)味噌らーめん
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 渋谷
住所:渋谷区渋谷3-21-3
焦がし味噌らーめん
(豚チャーシュー)880円
渋谷駅から国道
246号をまたいだ場所に新しく開
業した渋谷ストリームの2階にできた新店。本店と言うか1号店は西日暮里にあり、祐天寺に続いて3店舗目。店名等には全く出てこないので
知る人は少ないが、実はあの名店TETSUの創業者小宮氏が経営するお店。ちなみに味噌がメインのお店はここが初。味噌らーめんに大きく
分けて、野菜を中華鍋で炒めてそこに味噌とスープを投入して完成させる札幌式と、丼にデッシャーで味噌を入れてスープで溶かす東京式の2法が
あるが、こちらではあらかじめ溶かした味噌を中華鍋に投入して完成させる独自の方式をとっている。麺はカネジン食品匠の麺の極太麺。味
噌ラーメンに使用している麺の中では他店に比べてかなり太い。この麺が強烈な個性を持つスープを上手に受け止めている。さすが小宮氏のお店
21 1月18日(土) (新店) 北海道
ラーメン 温(ハル)
最寄駅:京成千葉線 新千葉
住所:千葉市中央区新千葉2-8-10
味噌らーめん
780円
京成電鉄のJRとの
乗換えの千葉駅は京成千葉駅に
なるが、その一つ手前に新千葉という駅があることを知っている人は少ない。JR千葉駅周辺の喧騒とはかなり違う雰囲気の住宅街の中に
ある。そこにできた新店。陸橋の斜め下に位置しているのでやや目立たないのがかわいそうだ。札幌ラーメンの専門店らしく麺は西山製麺製
だろうと思われる。と言うのもこの店には暖簾をかける場所が無いので、おなじみの西山製麺から贈られる暖簾がかかっていないからだ。代
わりに西山製麺のカレンダーが目立つように飾ってあるので。確かに西山製麺風な低加水のチジレ麺。もちろん中華鍋で野菜と味噌、スープを合わ
せる札幌方式。きちんと挽肉とチャーシューの両方が入っているところに好感が持てる。丁寧に作っているのかやや時間がかかるのが難点か。
22 1月19日(日) (新店) 背脂とんこつ
らーめん専門 雷門
最寄駅:地下鉄各線 門前仲町
住所:江東区富岡1-7-3
こってり醤油豚骨
720円
今日は夕方5時から
新年会が控えているというのに、
午前中忙しくて昼食も遅くなってしまった。ここでガッツリ食べると宴会料理は食べられrなくなってしまうし、かといってあまりお腹が空いたまま
の状態ではお酒が速く回ってしまうので、門前仲町に所用で出たついでにこちらの新店に寄ってみた。すでに時間は14時を回っていたが、中
休みが無いようなので何とか入店できた。と言うよりは14時だというのに満席で待ちまで出ている。見ると学生風の若い方が多いので、近くの
海洋大学の学生さんが遅い昼食を食べに来ているのかも知れない。背脂マシ無料、麺大盛または半ライス無料でそのあたりも腹ペコ学生には
魅力なのだろう。そういう私も普段だったら背脂マシ、半ライスにするのだが、新年会迄わずか数時間。ここは自粛して背脂普通半ライスなしで。
23 1月20日(月) (新店) ぼっかけ
まぜそば 灘八(ナダハチ)
最寄駅:地下鉄各線 赤坂見附
住所:港区赤坂3-18-9
ぼっかけまぜそば
(大) 880円
赤坂見附駅そば
に開店したまぜそば専門店。駅から
この店に行く途中には油そばの一大チェーン店T油そばがあった。赤坂と言うと大人の街、おしゃれな街という印象があるが、意外とこういうガッ
ツリ系のお店も多いようだ。店名にもあるぼっかけとは、神戸長田区発祥の牛すじを煮込んだもののようだ。プライスはデフォで880円とT油そば等
と比較するとやや高めだが、大盛も同料金でしかもこのぼっかけが結構入っているのでボリュームと満足感ははるかにこちらの方が感じる。小
スープが最初に供されるのも魅力的。オンテーブルされたマヨネーズや生タマネギミジン切も満足感を演出している。麺量も充分で赤坂ながらCPは良好
24 1月21日(火) (新店) kingyo
noodles
最寄駅:地下鉄各線 淡路町
住所:千代田区神田司町2-16-10
汁なし担々麺
880円
地下鉄淡路町駅があ
る靖国通りから数本裏通りに入った
所にできた新店。開店は先週火曜日の14日だったからちょうど1週間たったところだ。地図では千代田区立千代田小学校と同じブロックなのだ
がなかなか見つからない。仕事柄番地から店舗や住宅を見つけるのは得意なのだが、2度ばかり店頭を通過してしまった。と言うのもハンバーグ
店の看板があるので通り過ぎていたのだ。実はそのハンバーグ店の横にある数段の小さな階段を下りた半地下にこの店はあった。年配の男性
と女性で切り盛りしているカウンターのみ7席の小さな店舗しかも椅子の後ろにほとんどスペースが無いのでお客が通るのも大変だ。飲食店は味さえ
よければどんな場所でも成立すると言われていたのは過去の話で、やはりある程度の快適な環境が必要だろう。担々麺と潮中華そばの2本
建て。今日は汁なし担々麺をいただいた。辛さと痺れをある程度注文できるので辛さ普通痺れ増しで。無難に可もなく不可もなしといったところ
25 1月22日(水) (新支店) 北海道らー
めん みそ熊 八丁堀店
最寄駅:地下鉄各線 茅場町
住所:中央区新川1-9-9
背脂味噌らーめん
870円
このみそ熊やしお丸、
しなり丸等のラーメン店を展開する
(株)グラストの新支店。八丁堀の駅からこの店に到着する途中に同系列のしなり丸があったが、昼時とあってそちらにも行列ができていた。こち
らもメインは味噌ラーメンだが、メニュー構成と店名を変えていることで、よほど業界に詳しくないと同じ会社がやっているとは思わないかもしれない。こ
の新店の方も昼時行列。この周辺は飲食店は大変多い地域だが、それを上回るサラリーマンやOLが周囲にいるのだろう。私の数人後ろに並んで
いたのは日本人のサラリーマンとアラブ人らしき同僚の二人連れ。共通言語は英語だけのようだが、お互いに英語が片言。どう見てもイスラム教徒のよ
うだが、豚主体の出汁と豚チャーシュー、それにタレにアルコールも使っていると思われるが大丈夫なのか心配になった。この後人と会うのでニンニク無しで
26 1月23日(木) (新支店) 牛骨ラーメン
香味徳 大塚店
最寄駅:JR山手線都電 大塚
住所:豊島区南大塚2-36-1
香味徳
750円
鳥取に本店があ
り、都内では銀座に東京店がある
牛骨ラーメンの専門店が大塚に新支店を開店した。東京では2号店だがハワイに関連店がある。私も2016年の6月に鳥取の本店に訪店している。
本店は鳥取市街からかなり離れた海岸に近い場所にあり、喫茶店のような造りだった記憶がある。関東ではポピュラーではないので、牛骨ラーメン
と言うとこってりしたスープを想像する方も多いかと思われるが、実は豚骨主体のスープよりはるかにあっさりしている。こちらのスープも東京でもま
れな位あっさりしてクリアーなスープだ。それでも味が薄いわけではないのでご飯との相性が意外といい。オールタイムでご飯が無料なのでぜひ一緒に
27 1月24日(金) (新店)
麺や さい門(サイモン)
最寄駅:JR宇都宮線その他 赤羽
住所:北区赤羽1-4-15
オマール海老味噌
らーめん 880円
JR赤羽駅南口を
西方向(ヨーカドー側)に降りるとすぐ
目の前。以前山雄亭というラーメン店だった場所。その山雄亭が閉店したのも知らなかったが、あの素晴らしい店舗造作が無くなってしまってい
たら惜しいなと思いつつ訪店すると、食券機につながる通路周辺の木組みや和風の木を多用した内装等全くそのままだったので安心した。
メニューは真鯛出汁を使用した醤油ラーメンと塩ラーメン。それにオマール海老の出汁を使用したラーメンの3本立て。ちなみに同じくオマール海老出汁を使用
したつけ麺もあるが夜限定。今月初めにあまり味対して感心しなかったオマール海老出汁のラーメンに当たってしまったが、こちらのオマール海老出汁
は生臭さが全くないにもかかわらず濃厚。しかもエグミや渋みも全くない素晴らしい出来だ。丁寧に下処理をして、おそらくしっかりと焼きも入れて
いると思われる。麺はカネジンの全粒粉使用の細ストレート。この麺がオマール海老の濃厚出汁をしっかりと受け止めている。赤羽にまた名店の予感
28 1月25日(土) (移転) 麺響万蕾
(メンキョウバンライ)
最寄駅:新京成線 みのり台
住所:松戸市稔台1-1-17
醤油らーめん
850円
こちらの経営者は、以
前松戸駅そばでGONZOという居酒
屋の昼だけ間借り営業をされていた。駅からも多少離れているので、こんな場所で間借り営業ではと思ったものだ。この度晴れて間借り営業を
卒業して、同じ松戸市内の新京成線みのり台駅そばで独立店開業となった。以前は金衛門と言うお店だった場所で、私も一度訪店したことがあ
ったが、なぜか時間前に昼休憩に入られて、目の前で入り口を閉められたので二度と行かなかった。今度はそんなことはないようで、昨年12月
20日に開店したばかりなのだが、土曜日13時半ごろで八分ほどの入りだった。シンプルな醤油ラーメンで、これなら年配の人にも食べやすいのでは。
29 1月26日(日) (新店) 横浜家系
薫風家(クンプウヤ)
最寄駅:JR私鉄各線 柏
住所:柏市旭町1-4-1
家系ラーメン(並)
720円
日帰り遠征で、まずは柏に
新しくできた天下一品に向かったが
、国道6号線沿いで広い駐車場(30台以上停められるか)は満杯で、入口にも50人以上の行列が形成されているのが見えた。実は「千葉県に悲
願の天下一品が」という声も起こるくらい話題になっているのだ。フyランチャイズ店なのだが、直営店と同じクオリティーであることを期待する。と言うこと
で当然天一は回避して駅近くのこちら未訪店に。住所はわかっていたのだがなかなか見つからない。普通のオフィスビルの地下1階だった。家系な
のだが基本の醤油(並)が720円。しかもご飯は別勘定。固めでお願いした麺は茹で湯に投入してからのほぐしが足らずダマになっている。残念
30 1月27日(月) (新店) 鴨出汁中華
蕎麦 麺屋 yashiki
最寄駅:JR総武線快速緩行 新小岩
住所:葛飾区東新小岩1-3-7
鴨出汁つけそば
900円
新小岩は言わず
と知れた麺屋一燈の牙城だ。その
麺屋一燈の系列店であったつけ麺一燈があった場所にできた新店。本店から50mほどの目と鼻の先でよく、と言うかこちらのご店主は元麺屋
一燈にいらっしゃった方。店舗を禅譲されて独立したという形だ。今月10日に開店したばかりだが、ツイッターによれば昼は連日スープ切れで早じま
いのようですでに人気店と言ってもいだろう。11時開店なので11時10分頃到着。ちょうどカウンターのみ8席のファーストロットが入ったところで、セカンドロ
ットの3番目。おそらく20分ほどの待ちと思われたが、実際には45分ほど寒い店外で待たされた。よほど丁寧に作っているか、そうでなければ残念
ながら手が遅いかどちらかだろうと思われたが、店内に入って理由が分かった。10食限定の鶏白湯和えつけそばを注文する人が多く、これはか
なりの太麺でイングリーデントも多いため時間がかかっていたのだ。一燈のころから評判だったメニューのようだが、数量限定とはいえ、開店直後から
時間がかかるメニューを提供することは賛否両論だろう。昨今開店直後はプレオープンと称してメニューを絞って提供しているところも多い。あのミシュランの
星持ちだった(移転のため過去形)蔦@代々木上原でさえ結構長い間メニューを絞ったソフトオープンだった。そしてどれだけのお客さんが基本の鴨
出汁つけそばを食べたことがあるのだろうか。いきなり限定から入るのも個人の自由だが、基本を味わってから限定が普通のような気がする。
31 1月28日(火) (新支店)
大阪王将 新小岩店
最寄駅:JR総武線快速緩行 新小岩
住所:葛飾区新小岩1-29-5
半チャン中華そば
セット 880円
大チェーン店の大阪王将
の新支店。JR新小岩駅5分ほどの
好立地。大阪王将と言えば餃子が有名だ。ラーメン店でラーメンを注文すると餃子も必ず注文する人がいる。どうも私はラーメンはラーメン。餃子は餃子で
食べたいタイプで、今流行りの町中華に入っても、ラーメンと餃子は同時には注文しない。昔ビールと餃子とラーメンを注文したら、ビールとラーメンが先に出
てきて、いい加減経ってから餃子が出てきた苦い思い出があるからだろう。今ではその組み合わせが食べたいときは、まず餃子とビールを注文
して、自分のペースで後からラーメンを注文する。ただし例外はあり、半チャン(半分のポーションのチャーハン)ラーメンは大好きで、同時に出てきてもウエルカムだ
。今は無きさぶちゃん@神保町でいい加減何度も食べたからだろう。今日伺った大阪王将の新支店がタブレット注文方式(お客自らがタブレットに
入力して注文する方式)になっていたことにも驚いたが、つい半チャン中華そば定食にひかれて注文してしまった。ラーメンが結構美味しくて驚いた
32 1月29日(水) (新支店) 俺流塩らー
めん 新宿東南口店
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 新宿
住所:新宿区新宿3-36-18
俺流塩らーめん
680円
新宿に所用があり、な
んだかさっぱりとしたラーメンが食べたく
なりこちらのお店に。現在お隣の国中国は春節中で、多くの観光客が新宿にもあふれている。一説によれば新型ウイルス肺炎が収まるまで、武
漢から日本に逃げてきている富裕層もいるようだ。それでもそれでもせっかくの日本なので観光でもしてのんびりして欲しい。この店の食券機
は外向きにあるのだが、中国人の夫婦がなかなか注文を決められなくて迷っていたので私が食券を買うのも大幅に遅くなってしまった。食券
機の原則通りお勧めが左上にあって、どのボタンも同じ大きさであれば選びやすいのだろうが、単価の高いセット物ばかり左上に置き、しかもボタン
が巨大。基本の俺流塩らーめんは中間あたりに小さいボタンでたたずんでいる。こんなあざとい食券機を使用するから渋滞するんだ。店内に入
ると半分以上の日本人は基本の俺流塩らーめん680円。この店はとろろ昆布と岩海苔、その他練り梅なども入れ放題なので、さらっとさっぱり
食べたい時にはとても重宝だ。何時から食券機はこんな状態になってしまったのだろう。ちゃんと見る人はボタンの場所や大きさなんか関係ない
33 1月30日(木) (新店)
海華(カイカ)らあめん
最寄駅:京成押上線 京成立石
住所:葛飾区立石7-1-13
鶏肉塩ラーメン
780円
京成本線は青砥駅で
二方向に分かれ、一つは京成本線
として上野に向かい、他方は京成押上線として押上に向かい、都営地下鉄に乗り入れる。本線の方は何かと所用もあり、新店ができるとすぐに
訪店出来たりするのだが、押上線の方はあまり用がないので後回しになってしまう。外呑みの習慣があるならば立石は酒呑みのメッカなので、
訪れる機会も多いのだろうが、最近はあいにく家呑みがほとんどなのでこの辺りにもご無沙汰になってしまった。こちらの新店は中国系の方が
家族で切り盛りしており。私の行った昼前は開店直後で暇のようで、旦那さんは仕入れの買い物で奥さんが作ってくれた。蒸した鶏肉がたっぷ
りと入った鶏肉塩ラーメンにしてみた。中華店特有の清湯スープに何の変化もない塩味。だからこそこういった店ではこんなメニューが無難だ。スープの
複雑さもないし、醤油ダレの奥深さもない化調ラーメン。しかし台北で食べた牛肉麺に似たような単純な一本気な味だ。たまにはそんな味もいい。
34 1月31日(金) (移転)
らーめん 北の大地
最寄駅:JR地下鉄 恵比寿
住所:渋谷区広尾1-16-2
味噌らーめん
800円
地下鉄新宿三丁目駅
周辺に店舗があったが、昨年末恵
比寿駅から5分ほどの渋谷橋そばに移転してきた。北の大地と言えば昭和47年銀座で開業した老舗。一時店舗を閉じたが平成20年に新宿で復
活。移転先は渋谷橋交差点近くとかなり目立つ場所。11時半ごろ到着すると並びは全くなくすぐに着席できたが、昼に近くなると続々とお客が来
店して20人ほどは入れる店内は満席になってしまった。やはり店名からも想像できるように札幌味噌ラーメンが一押しのようだが、塩や醤油も結構
出ている。また味噌ラーメンにトンカツを乗せた物も名物のようで注文している人が結構いた。関連店が埼玉県のふじみ野にあるようだが、新札幌に
ある同名店とは関連がないようだ。麺は羽田製麺。もちろん札幌式の中華鍋でスープを完成させる方式だが野菜がそう多くないところがやや不満
令和2年1月分
87 3月22日(日) (新支店) 司奈そば
七七三 稲毛海岸店
最寄駅:JR京葉線 稲毛海岸
住所:千葉市中央区高浜4-12-2
煮干し中華
780円
本店は成田にある
お店の新支店。稲毛海岸駅そば
の小規模なSCの中にできた。従来よりラーメン店が入れ替わり入っている場所だが、今度は長続きするのだろうか。メインは煮干し出汁を使用した中
華そばと塩そば。それにおそらく鶏出汁を主体とした鶏中華など。その他に煮干し出汁を強くしたものも出しているようだ。麺は平打ちのチジレ中細麺
。やや珍しいタイプ。酒のつまみ類も豊富に用意しているようで、この辺りはこのSCの他に店舗もないのである程度需要はあると思う。まだ開店した
ばかりなのでオペレーションはたどたどしいが、時間が解決していくだろう。駐車スペースはあるが他所からわざわざ来るかどうかというとやや疑問だ。
88 3月23日(月) (期間限定) 活龍
東京ラーメンショー 極み麺
最寄駅:JR私鉄地下鉄 池袋
住所:豊島区南池袋 1-24-5
濃厚うにそば
1000円
楽園タウンという
パチンコ店の1階部分にある期間限
定店。2020年3月17日から4月16日まで。活龍は茨城県つくば市に本店があるラーメン店。茨城県内に8店舗ほど展開している。東京ラーメンショー2018年
、2019年と2年連続でグランプリを獲得している、今時旬なお店。もともとこの場所は期間限定店が入れ替わりながら入店していた場所。この前までは
渡なべのご店主でフードアドバイザーでもある渡辺氏のお店が展開していたし、その前はラーメン王石神氏プロデュースのお店が何軒か入れ替わりで入って
いた。今日久しぶりで行ってみると、これまでこの場所に入店していた各地方店舗の額がみんな取り去られていてなんだか少しさびしかった。今日
いただいたのは東京ラーメンショーでも大好評だった濃厚うにそば。鮮魚系ラーメンがあまり得意でない私としては、食べる前には少々生臭いのではない
かと心配していたが、まったくそんなことはなく実に美味しくいただいた。昨今海老出汁のお店は林立しているが、うにはこれからのトレンドになりそうだ
89 3月24日(火) (新店) つけ麺
一合 亀戸店
最寄駅:JR総武線私鉄 亀戸
住所:江東区亀戸6-60-6
にんにくつけ麺(大)
830円
亀戸駅から国道14
号にでる手前の路地入り口にでき
た新店。この場所は零やなど何回かラーメン店が入れ替わっている場所。路地の奥ではないので表通りの明治通りからもある程度目立つのだが、
間口が狭いのでなかなか入店するモチベーションにならないのだろう。確かにそんなには広くはないが、カウンター10席と奥にはある程度広くはなっている
。店名の一合は旧尺貫法の量を表す一合のようで、並盛が1合180g、中盛が1.5合270g、大盛が2合360gと表示されてどれも同料金。また同じ
値段でにんにくつけ麺なるものもあったのでそれにしてみた。麺は浅草開花楼の全粒粉が配合されたもの。どうやら全部が全粒粉ではないようで、
あまりぼそぼそしておらず大変食べやすい。お腹も空いていたので2合360gにしてみたが、つるっとしているので難なく完食することができた。問題
のにんにくツケダレは文字通り結構にんにくが入っていて少々辟易してしまった。やはり物には限度があって、適度に加えるぐらいがちょうどいいのかな
90 3月25日(水) (新支店) 麺屋
五十六(イソロク)
最寄駅:JR総武線緩行 小岩
住所:江戸川区西小岩1-19-24
炙り塩まぜそば
830円
江戸川区瑞江に本
店があるお店の新支店。瑞江の
本店は少々駅から遠かったが、昨年6月に駅近くに支店を作った。今度のお店は3号店になる。本店も一押しはまぜそばなのだが、味噌ラーメンもなか
なか美味しい。今度の小岩店にも背徳味噌ラーメンなるメニューがあって次回はそれも試してみたい。まぜそばは醤油と塩があり、食券を渡すとニンニクの量
やあるなし、それに食前スープ(無料)のあるなしを聞かれる。食前スープと言ってもさっぱりとしたコンソメ風の物が少量なので、まぜそばを待っている間に
ちょうど飲み終わってしまうので頼んだ方が良いだろう。瑞江のお店は平日でも昼時は行列なのだが、小岩の方には行列が無かった。今の内なのか
91 3月26日(木) (新店) 麺や 藏人
(クロウド) 北千住店
最寄駅:JR私鉄地下鉄 北千住
住所:足立区千住3-31
黄金の塩らーめん
854円
群馬県伊勢崎市に
ある同名店のFC店のようだ。夜
はShurimp Dininng EBIZOという海老料理店の昼だけ二毛作店。メニューは塩と醤油の2本立て。それぞれにトッピングはあるが基本的にはこの2種での
展開。基本の塩ラーメンで税込854円(メニューは税抜き777円と表示されている)少々高めかなとも思ったが、かなり大きめのチャーシューというか太肉(ターロー)
が入っているのでこれぐらいのプライスは適正だろう。海老料理店なのだが出汁にも具にも海老を使用している形跡はない。既存のラーメン店のFCだか
らしょうが無いのかも知れないが、何となくつまらない印象を持たされてしまった。もう少し特徴を出さないと昼のみとは言え生き残るのは難しいかな
92 3月27日(金) (新支店)
雷 千葉駅前店
最寄駅:JR各線モノレール 千葉
千葉市中央区富士見2-5-18
濃厚雷そば
(ミニ) 820円
同じ千葉県無いに
ある大行列店とみ田の系列店。
同名店は北松戸に本店格の店舗があり、松戸駅東口にも店舗がある。とみ田は大勝軒から出た茨城大勝軒系のお店だから、大勝軒系が二郎インス
ハを作っている。もっとも茨城大勝軒系も角ふじという二郎インスパのお店を持っているので、むしろ両立していると言えよう。通常の二郎インスパを更にこ
ってりとした濃厚雷そばをいただいた。二郎系はカネシ醤油のカエシを使用しているところが多く(二郎会が使用しているカネシ醤油とは少々味が異なって
いると言われている)むしろさっぱりとしたスープに脂が入っているタイプだが、こちらの濃厚はすでにスープに脂が溶け込んでいて茶濁している上に濃度
もどろっとしている。ニンニクの有無は聞かれるが、野菜マシアブラマシ等は別料金となっている。学校が休みなので平日にもかかわらず若者でいっぱい
93 3月28日(土) (新店) 麺や
空と大地
最寄駅:京成本線 八千代台
八千代市八千代台西3-1-15
トマトラーメン(M)
700円
京成本線の八千代
台駅そばにできた新店。駅から
は少々離れた住宅街の中にある。駅周辺でもないので駐車場が欲しいところだが、この店専用の駐車場はない。まぁ周囲のコインパーキングは都内とは
大きく異なり30分100円ほどと安いのでまだいいが。醤油ラーメンとトマトラーメンの二本立て。トマトラーメンというと太陽のトマト麺を思い浮かべるが、太陽のトマト
麺がトマトピューレが主体となっているのに比べ、こちらは缶詰のダイストマト(西洋種をサイコロ状に切ったトマトの水煮)がたくさん入っている。どちらがどうかと
いうのは個人的好みがあるかとも思うが、こちらでもPOPでお勧めしていたが食後にご飯を入れてリゾット風にするのはピューレの方が向いているかな。
94 3月29日(日) (新支店) 横浜家系
ラーメン吟家船橋咲が丘店
最寄駅:新京成線 鎌ヶ谷大仏駅
住所:船橋市咲が丘1-6-4
ラーメン(塩)
千葉麺 760円
休日は海に行ってい
ることが多い私だが、何も予定が
ない時は日帰り遠征として、少々遠隔地や車でないといけないような場所に行くことにしている。ところが今日は新型コロナウイルスの影響で不要不急の
外出が控えられている上に、関東地方は前夜からの雨が雪に変わる予報が出ていたので車(ノーマルタイヤ)での遠出は控えた。私の住む千葉県は関東
地方の中でも雪が少ない地域で、八王子や箱根が雪でも雨の時が多い。それが昼前から雨が雪に変わったので、車で15分ほどの場所にできた家系
のチェーン店新店に行くことにした。醤油と塩が選べるのはさして珍しくないが、麺が選べるのは家系では大変珍しい。おなじみの家系麺と加水率の高
いつるっとした千葉麺、そして細麺と3種の中から選ぶ。珍しい千葉麺にしたが、家系のオイリーなスープにも負けていないなかなかに美味しい麺だった
95 3月30日(月)
二郎インスパ@
(新店)
ぶたけん。
最寄駅:JR総武線緩行 本八幡
住所:市川市南八幡5-8-5
らーめん
850円
あの豚星。にいた方
が独立してお店を持った。豚星。と
言えば吉村家直系六角家の地元に二郎インスパを引っ提げて出店した人気店(現在では川崎の元住吉駅のそばに移転している。その豚星。のご主人
は直系二郎で修行した方。この新店ぶたけん。のご店主は直系孫弟子にあたる。六角橋にあったころの豚星。は自家製麺だったような記憶があるが
正直元住吉に移ってからは未訪なので、こちらのお店が自家製麺かどうかは不明。だからというわけではないが、二郎インスパでよく見る平打ち麺。ゴワ
っとはしていないが、私にはどうしてもこの麺を美味しく感じることができなかった。スープは二郎インスパにしては上品で美味しいのだが少々残念だ。開
店11時半を15分ほど過ぎた頃合いで到着したが、今日はどうしても本八幡に所用があったので大行列も覚悟して行ったが、30分ほどで着席できた。
96 3月31日(火)
二郎インスパA
(新店)
麺屋 長次郎
最寄駅:JR総武線緩行 本八幡
住所:市川市南八幡3-6-17
豚麺+特製脂だれ
750円+50円
昨日と異なり、今
日は本八幡に所用があったわけ
ではないが、本八幡という地方駅、それも100mと離れていない同じ駅の南側に、ほぼ同時期に二郎インスパの新店ができたということなので、少々
辛さが予想できたが二日続けて二郎インスパの食べ比べをしてきた。こちらのお店は夜はワインバルPORCOというお店になるいわゆる二毛作店。間借り
ではなく経営は夜も昼も同じのようだ。二毛作店ながら麺は自家製麺。カエシはカネシ醤油。そして豚は千葉県産グランドポークの林SPFと明らかに上質な
材料を厳選して使用している。もっとも豚に使用している林SPFは夜営業のメインメニューで、それを使用しているのだが。昼営業のために看板はあえて
掲げずに夜営業のPORCOとしか書いていないので慣れていないとわからないかもしれない。ただ本日は11時半開店10分前に到着しシャッター5番目
、帰るころには10人以上行列していたのでわかるだろう。5人ロットで作るので第一ローテーションに潜り込むことに成功した。スープもカネシが効いていて甘す
ぎずまた辛すぎないので素晴らしい。また売りだけあって豚(林SPF)もまた美味しいのだが、何と言っても自家製の麺がよくできている。昨日のぶた
けん。と同じく平打ちなのだが、比べ物にならないぐらい小麦の香りがして美味しい麺だった。二郎式のトッピング注文は食券を渡すときに行うが、あえ
てニンニク少しだけにした。アブラのトッピングより+50円で特製脂だれを注文したほうが、香ばしい肉片もたっぷりと入っているのでお得感満載だ。美味。
64 3月1日(日) (新支店) 鯛塩そば
灯花 ペリエ千葉店
最寄駅:JR各線 千葉
千葉市中央区新千葉1-1-1
鯛塩らぁ麺
800円
東京曙橋に本店があ
る鯛出汁を用いた人気店の新支店
これまで東京曙町周辺でドミナント戦略(地域を絞って集中的に出店する経営戦略)として展開していたが、千葉県の千葉駅ビルに出店してきた。
メインとなるのはもちろん鯛出汁を使用した塩ラーメンなのだが、本店でも最後にご飯を提供してお茶漬けにして好評を得ていたが、その鯛出汁茶
漬けを独立させてメニューとして出している。午前11時開店直度に訪店したのだが、私の次に入店してきた若いカップルはメニューを見ると迷わず鯛茶
漬けを注文した。そもそもスープは塩ラーメンの物とほぼ同一だし、ご飯も提供しているのだから効率は良いだろう。しかもご飯は大盛迄同一料金
なので、若者たちにもうけるかもしれない。ただプライス的には900円台と若者受けするにはやや高め。新しい業態なので今後の展開が楽しみだ
65 3月2日(月) (新支店)焼あご塩らー
麺 たかはし 恵比寿店
最寄駅:JR山手線地下鉄 恵比寿
住所:渋谷区恵比寿南1-1-3
背脂醤油らー麺
820円
新宿に本店が
あり、上野や渋谷、大船、中国福
建省にも支店を展開している。九州地方ではポピュラーだったが、関東ではまだなじみのなかった焼あご(飛び魚の焼干し)出汁をメインに押し出し
て、一般にも焼あごという出汁を普及させたことは大きな功績だ。焼あご出汁には塩ラーメンが相性抜群なのだが、昨日鮮魚系の塩ラーメンをいた
だいたばかりなので、あえて背脂醤油ラーメンにしてみた。背脂系の一杯だが関東風のチャッチャ系とはかなりベクトルを異にしている。上品な出汁の
中に背脂のパンチが効いていてこれはこれで絶妙に美味しい。チャーシューもバラ巻きとレアチャーシューの2種盛りでボリュームも充分だ。うえだの跡地。
66 3月3日(火) (新業態) 中華そば
神寄 巣鴨地蔵通店
最寄駅:JR山手線地下鉄 巣鴨
住所:豊島区巣鴨3-20-17
中華そば+半
チャーハン 790円
低価格ラーメンチェーンの
日高屋を展開する(株)ハイディ日高
の新業態1号店。お年寄りの原宿竹下通り、巣鴨地蔵通りの入口あたりに出店。神寄と言う店名が大きく書かれた看板。日高屋の文字は看板
にもメニューにも一切ない。唯一1号店なのだが看板には創業昭和48年と書いてある。これは現会長である神田正氏が埼玉県大宮市(現さいた
ま市大宮区)で日高屋の前身である来々軒と言うお店を創業した年。店内は日高屋と似たような造りだが、メニューがかなり絞られている。メインは
醤油ベースの中華そばだが、ワンタンメンもかなり押しで、なつかしい昭和の味と言うキャッチフレーズが付いている。値段は日高屋本体よりやや高めか
な。確か日高屋本体は中華そば+半チャーハンで税込640円前後だったような気がする。まぁ地蔵通りと言うことで多少高くてもお客は入るだろう
67 3月4日(水) (新業態) 炒爆中華
食堂 真心 四ッ谷店
最寄駅:JR総武中央線地下鉄四ッ谷
住所:新宿区四谷1-50 コモレ四谷
豚骨ラーメン+ミニ
麻婆丼 790円
偶然なのだが昨日に続い
て(株)ハイディ日高が展開するもう
一つの新業態のお店に訪店。場所は四ツ谷駅の目の前に新しくできた商業ビルコモレ四谷の2階。結構な敷地面積があり、1階はドラッグストアや
コンビニでほぼ埋まっているのだが、2階はこの店とコーヒーショップが入っているだけで後は工事中か未定のスペース。昨日の神寄よりもう少しおしゃ
れな感じでオフィスビルの中の店舗という雰囲気。注文は最近流行りの席の前にあるタブレットで行う。昨日は醤油味の中華そばにしたので、今日
は豚骨ラーメンにしてみた。こういったタイプのお店ではまず豚骨は注文しない。それは業務用のタレを出来合いの清湯スープで割っただけがほとん
どだからなのだが、やはり今日もその通りだった。化調の味ばかりが突出して旨味も何もあったものではない。比較のために久しぶりにチョイス
したのだが、やはりやめればよかったと後悔した。サイドのミニ麻婆丼もほとんど挽肉の影が見えない豆腐を辛くしただけ。昨日の業態の方がいい
68 3月5日(木)
三鷹シリーズB
(新業態) くじら食堂
bazar 三鷹店
最寄駅:JR中央線 三鷹
住所:武蔵野市西久保1-5-8
特製醤油
980円
先月から月一で
実施している三鷹シリーズの第2回目
。今回は先月21日に開店したばかりのくじら食堂bazar三鷹店に。もちろん東小金井にある名店くじら食堂の新支店。しかしメニュー構成が全く
違うので店名もくじら食堂bazar(バザール)としている。メインとなるのは笠岡式醤油ラーメン。笠岡式と書いたが、そんな定義はなく笠岡ラーメンの
インスパイア。しかしただのインスパイアではなく、笠岡市商工会から笠岡ラーメンの商標使用許可を得ている正統派。笠岡は岡山の西にある小さな
漁港市。私も2015年2月に行っている。尋ねたのはもちろん新横浜のラー博にも期間限定店として入っていた中華そば坂本。笠岡ラーメンの最
も大きな特徴はスープもチャーシューも鶏であること。スープは老鶏からとった清湯なのだが、特筆すべきはチャーシュー。鶏チャーシューと言っても最近都内
の鶏白湯などでよく見かける蒸した柔らかい鶏胸肉ではない。鶏肉を醤油で深く煮詰めた鶏肉ジャーキーのようなもの。硬いのだがこれがまた
美味しい。もちろん新横浜の坂本では食べられたが、期間限定であったため現在では笠岡まで行かないと食べられない。そんななかくじら
食堂さんが三鷹で笠岡ラーメンを出してくれているのは非常にありがたい。麺は東京の三河屋製麺の細チジレ麺だが、これがまた笠岡に近い。
69 3月5日(木)
三鷹シリーズC
(宿題店)
ラーメン 健やか
最寄駅:JR中央線 三鷹
住所:武蔵野市中町1-28-1
塩と貝のラーメン
780円
やはり東京を横
断して三鷹まで行くと、もったいない
ので連食にしてしまう。2件目は2017年に開店したこちらのお店に。くじら食堂が11時開店で3番目のお客だったので、こちらのお店の11時半
の開店にもシャッターで3番目に並ぶことができた。こちらは確か2017年〜2018年のラーメンウォーカー醤油部門の特別賞だった記憶があるが、今日
はくじら食堂からの連食なのであえて塩Tと貝のラーメンにした。こちらのご店主はおなじ三鷹下連雀の向日葵ご出身。無化調、自家製麺と良心
の塊のようなお店。スープは塩だが塩だれで白濁したもの。ボリューム感もなかなかな高い。麺はパツンとした中細ストレート麺。スープとの相性はもちろ
ん抜群だが、未食ながら醤油よりも塩の方が合うのではないかという麺だ。卓上には胡椒はおろか香辛料や調味料は全く置かれていない。
その代わり塩にも醤油にもタルテゥファータという自家製の調味料が付いている。塩と醤油では違う物とのことだが、塩についているのはオリーブと
マッシュルームを細かくすりおろし、香草を加えてトリュブオイルでなじませたもの。見た目は柚子胡椒のようだが風味は全く違いぐっと洋風に傾く。
70 3月6日(金) (新支店) 真鯛らーめん
麺魚 神保町店
最寄駅:地下鉄各線 神保町
住所:千代田区神田神保町2-2-38
サーモンらーめん
880円
実は私は鮮魚系
ラーメンは比較的苦手だ。鮮魚系ラーメン
とは鰹節や煮干しのように魚を干したもので出汁をとるのではなく、生の真鯛や他の魚で出汁をとったラーメンを指す。広義では魚ではないが甘
海老などもこれに含まれる。もちろん私は魚が苦手と言うわけではなく、刺身や焼魚、煮魚なんかも大好きである。しかしことラーメンに限っては
あまり得意ではないのだ。そんな私自身の好き嫌いを考慮しても、こちらの鮮魚系ラーメンはどれをとっても良くできている。本店の真鯛出汁は
もちろん(こちらの新支店にも真鯛ラーメンはある)今日いただいたサーモンラーメンも生臭さが良く消されていていい出来だった。ただしょうがないとは
思うが、砂摺りの部分(腹部の最下部)に皮が付いていると少し生臭さが鼻に感じる。ご店主の出身地船橋特産の青み野菜も良くマッチしている
71 3月9日(月) (新支店) 東京油組
総本店 浅草橋店
最寄駅:JR総武線地下鉄 浅草橋
住所:台東区浅草橋1-21-2
油そば(W盛)
780円
浅草橋と言うと浅草へ
の乗換駅や問屋街の玄関口と言っ
た地味な印象しかないが、社内に社食があるような大企業が少ないので昼食の需要は多い。それで学生街ではないのだがガッツリ系のラーメン店
が進出してくることが目立つ。2つ隣、しかも両隣の秋葉原や錦糸町にもあるというのに、ガッツリ系の代表野郎ラーメンがここ浅草橋にもあるのが面
白い。また750円でランチ鶏唐揚げ食べ放題や夜はドリンクを頼めば100円で鶏唐揚げ食べ放題の有頂天酒場があるのもここ浅草橋です。そんな
浅草橋についに油そばの最大チェーン店東京油組総本店が進出してきました。阿武rそば並盛(160g)大盛(240g)W盛(320g)同料金なので、
ほとんどの男性はW盛を注文します。と言ってもほとんど具らしい具は乗っていないのでそんなに苦労せずに完食可能です。W盛でお腹一杯。
72 3月10日(火) (新支店) らーめん
天天有 神田
最寄駅:JR各線地下鉄 神田
住所:千代田区内神田2-2-5
らーめん
650円
新店情報を得た
時、それが新店なのか有名店の新
支店なのかまず判断する。そして地方の名店の東京初進出やまだ首都圏に店舗数が少ない場合はできるだけ早く訪店することにしている。
京都一乗谷に天天有という名店があり、京都に5店舗ほど、そして東京大井町にも2014年に支店を出している。今般神田に天天有の支店が
できることを聞きつけ、深く考えないで京都天天有の東京2店舗目だろうと思ってしまった。ところが店頭に到着してみて、のれんに鹿児島県
のシルエットがあったのを見た時、あ、これは京都ではなくて鹿児島県姶良市加治木にお店がある天天有の東京初進出とやっと理解できた。
神田駅からは西口前の出世不動通りを抜けて広い道を左に曲がってすぐの場所。駅からは多少遠いが周囲にはオフィスが無数にある素晴らし
い立地だ。まだ昼前だったのでほとんど並びもなかったが、私の後に並んだサラリーマン四人組のうちの一人が「大井町にお店がある京都でも有
名なお店なんです」と得意そうに説明していた。到着するまで誤解していた私も同じようなものだが、やはり東京では京都天天有の方がはるか
に知名度が高いようだ。もちろん着丼した1杯は鹿児島特有のライトな豚骨に特徴あるモヤシとネギが乗っている。卓上には鹿児島特産の大根の
漬物が乗っており、着丼するまでそれを小皿にとってつまむのが鹿児島ラーメンの醍醐味なのだが、実行しているのは私だけで、やはりほとんど
の人は鹿児島のラーメンとは判っていないようだった。帰りに店長さんに「鹿児島の天天有さんですよね」と言ったら、すごくうれしそうにしてくれた
73 3月11日(水) (新店) 中華キッチン
刀削麺 登龍閣
最寄駅:地下鉄各線 上野広小路
住所:台東区上野1-10-10
担々刀削麺
750円
以前は蘭州式手打ち
麺のお店だった場所。半年ほど前、
まるで雨後の筍のように蘭州式手打ち麺店ができたが、麺がべたべたとして日本人、特に東京人向けでないのと、スープが単純な清湯しかな
く、現地の人のように黒酢や辣油を入れて楽しむ習慣がないため、大多数のお店が撤退してしまった。こちらもその前からよく見かけた刀削麺
の店に変わってしまった。刀削麺の方がまだいろいろな味が楽しめるので日本人には受けがいいようだが、しょせん辛い担々刀削麺や麻辣
刀削麺が主流なので限界はある。しかも他の中国系定食屋が750円前後であれもこれも付いているのに比べ、麺単品で750円はいかにも高い
74 3月12日(木) (新店) 横浜家系
ラーメン おうじ家
最寄駅:JR京浜東北線 王子
住所:北区王子1-10-16
ラーメン
680円
王子駅に先週開店した家
系の新店。ご店主は武蔵家の成増
店にいた方だとか。厨房内は3人態勢。開店してほどないので気合が入っているのか声が馬鹿でかい。私の目の前にも声のでかいお兄さんが
立っていたが、時節柄唾が飛ばないのか気が気ではない。厨房内に対してホールのお姉さんの方は優しい物腰だが、お好みはと聞かれて「固目、
多め」とどこの家系でも通じる言い方をするとキョトンとして意味が分からないようだ。どうやら麺固め、油多めと言わないと通じないようだ。先週
開店だから仕方ないのかも知れないが、ご店主も厨房内だけ気合を入れてないで、ホールもしっかりと教育してくれないと困ります。味は家系の
中でも雑味ばかりで旨味をあまり感じさせないもの。家系だから雑味で押せばいいというものではない。やはり直系とは一つも二つもレベルが違う
75 3月13日(金) (新支店)つけ麺専門店
三田製麺所 南青山店
最寄駅:地下鉄銀座線 外苑前
住所:港区南青山2-11-14
つけ麺(大)
790円
明治神宮外苑のいち
ょう並木を歩いて青山通りに出たとこ
ろにできた新支店。いちょう並木からは正面に見えるので目立ついい場所だ。ちょうど私の前の人で満席になったので、入り口前のベンチを案内
され「申し訳ありません。少々お待ちください」というかわいい女の子の挨拶があり「お待ちの間これをどうぞ」と言って温かいお茶を持ってきてくれ
た。もちろん待っているのは私一人なので、そのいただいたお茶を飲み干すまでもなく席に案内してもらえた。そもそも待っている間にお茶をサービ
スしてくれるのはつじ田@神田あたりから始まったような気がするが、原価はいくらでもないのだがとても心温まるもてなしだ。その上に開店記念
で店名と粗品の文字が入ったメンマをいただいた。箸やキーホルダーなどは開店記念でいただいたことはあるがメンマは初めて。真空パックになっていて
なんと賞味期限が6月17日。3か月も保つなんて食品パッケージも進歩したものだ。味はまたお前かの豚骨魚粉だが、サービスや気遣いは暖かい。
76 3月14日(土) (新業態) 伊太そば
豚骨イタリアンラーメン
最寄駅:京成本線 実籾(ミモミ)
住所:千葉県習志野市実籾5-8-8
カルボナーラ
900円
京成本線実籾駅
のそばにできた新店。新店と言う
より職種替えによる新業態と言った方が良いかもしれない。駅そばと書いたが、メインの通りからはかなり引っ込んでいるので場所的には全く目立
たない。元「きむらさん家」というイタリアンのお店だった.TV番組「坂上&指原のつぶれない店」で取り上げられ、築地銀だこの社長がテコ入れをして
イタリアンからイタリアン風ラーメン店に衣替えさせた。しばらくマスコミ効果で行列ができていたようだが、この日は雨だったのともう沈静化しているだろうと思
い訪店。それでも昼時だったので満席で1〜2組ほどのウェイティングが常に出ている状態。メニューは4種類で、カルボナーラ、ジェノベーゼ、アラビアータ、ポルチー
ニとある。カルボナーラにはパルメジャーニー(粉チーズ)と生ハムが入る。パルミジャーニーはきちんと提供の度にチーズグレイター(おろし器)ですりおろしている。生ハム
も熱が通ってしまわないように丼の縁に置いている。元イタリアンシェフだけあってそこはお手の物で上手にさばいている。美味しい工夫が効いている。
77 3月15日(日)
日帰り遠征@
(新支店)
天下一品 柏店
最寄駅:JR常磐線私鉄 柏
住所:千葉県柏市吉野沢2-10
こってり
790円
今年1月の開店だった
が、開店直後は長大な行列でとても
訪店できるような状況ではなかった。国道6号(水戸街道)に面していて、36台停められる大きな駐車場が併設されているが、開店当初はその36台
分の駐車場が満車で入れないような状況だった。この日も300メートルぐらい前から渋滞していたので、まだあの状態が続いているのかと思ったが、
その手前に一蘭ができており、そこに入る車で渋滞していたのだった。それでも日曜日だけあって数組は並んでいたが10分ほどで着席できた。
この店も最近増えつつある天下一品のフランチャイズ。それでも本店や直営店とほぼ変わらないスープが提供できていた。連食予定なので単品にしたが
、やはり天下一品のこってりは白いご飯と一緒が最も美味しい。以前あった定食(ラーメン+白ご飯)は700円未満だったような気がする。CPが疑問。
78 3月15日(日)
日帰り遠征A
(系列変更)横浜家系
ラーメン宗八 柏本店
最寄駅:JR常磐線私鉄 柏
住所:千葉県柏市柏3-1-6
ラーメン
700円
以前からあったお店な
のだが、昨年から駅の反対側にある
柏王道家のグループ店となった。何がどう変わったのかは不明だが、評判は多少上がってきているようだ。家系なのでブレがあるのかとも思うが、王道
家とはスープも麺もチャーシューも、そしてサービス、雰囲気も全く異なる。それだけ王道家が家系の中では1歩も2歩も優れているのかとも思う。やはり評判
や行列の長さは伊達ではないのかも知れない。こちらのお店もそれなりに美味しいのでナルトは3つにしたが、王道家の名前を名乗るのならもう一歩だ
79 3月16日(月) (新支店) 東京豚骨
拉麺ばんから人形町店
最寄駅:地下鉄各線 人形町
住所:中央区日本橋人形町2-6-12
ばんから
750円
各地に展開している
(株)花研が展開するばんからブランド
の新支店。郊外に広大な駐車場を有する店舗を出店したと思ったら、都心の人形町に15〜6席のあまり大きくない店舗を開店した。かと思えば歌舞
伎町にホルモン鍋がメインのお店を出したり、定額でラーメン食べ放題の今流行りのサブスクを始めたりといろいろと忙しい。今日は久しぶりなので看板商品の
ばんからをいただいてみたが、久しぶりのばんからは醤油がきつくて私には少々しょっぱかった。私の舌が老化したのか、はたまた若者の濃い味好
きに合わせたのかは不明。背脂系のラーメンなのだが確かに弁慶やなりたけなどとはだいぶ路線が異なっている。この違いが差別化になっているのか
80 3月17日(火) (新店)
麺堂 にしき
最寄駅:地下鉄各線 小川町
住所:千代田区神田小川町3-2-41
鴨だし醤油ラーメン
850円
小川町・淡路町の
地下鉄駅そばにできた新店。靖国
通りからは一本引っ込んでいる上に袋小路のような場所(実際には袋小路ではない)なので少々目立たない。主流になるメニューは鴨だし醤油ラーメンと
鯛だし塩ラーメンの2本柱。今日は鴨だし醤油をいただいた。澄んだスープにうっすらと油分が浮いている。鴨油と思われるが上品な味覚で過剰にオイリー
な感じはほとんどしない。チャーシューは薄切りの鴨肉が2枚。後は穂先メンマ。少々残念なのはスープが熱々なので、早めにいただいても鴨肉に過剰な熱
が通ってしまうこと。くれぐれも早めにいただくべきだ。麺はサッポロ製麺の細ストレート麺。淡麗なスープによく合っている。この辺りでは貴重な淡麗系だ。
81 3月18日(水) (新店)
トランキーロ!
最寄駅:都営大江戸線西新宿五丁目
住所:渋谷区本町3-41-12
らーめん(小)
780円
都営大江戸線の西新
宿五丁目駅を降りて、清水橋交差
点(山手通り)を越えて50mほどの左側。いわゆる二郎インスパで、最近のインスパと同じく汁なしやつけ麺もラインナップされている。初訪なので基本のラー
メンにした。先人の丼をいくつか見ていると結構野菜の量が多いので、あえて野菜増しにはしなかった。麺はカネジンの平打ち太麺。茹で加減は結構
柔らか目(デロと言うわけではない)で私好み。私は二郎インスパに行くと大抵は味が濃すぎると思うのだが、こちらはそんな私でもやや薄めに感じるほ
ど。まぁ卓上にカエシが置いてあるので濃いめが好きな人でも心配ないだろう。もちろん私は常人なので小を。自信のある方はわずか+30円で中にで
きるので安心だ。店名のトランキーロはスペイン語で落ち着いてと言う意味らしく、プロレスの内藤選手が使うらしい。プロレスは詳しくないので受け売りです
82 3月19日(木) (新店)
ニューピリカ 華
最寄駅:JR常磐線緩行 亀有
住所:葛飾区亀有5-20-11
五目うま煮麺
850円
東京の外延地域いく
つかに所用があったので、まとめて
自車にて仕事。昼時葛飾区亀有周辺になったので昨年できた町中華の新店に。できたばかりの頃はあまり注目していなかったが、夕方の情報番組
で町中華の新店(BS−TBSの「町中華で飲ろうぜ」という番組から火がついて最近は若い女子も含めて町中華ブームだ)としてこの店が取り上げられ
ていて、五目うま煮麺が美味しそうだったので本日訪店。さすが下町の代表地区亀有だけあって、昼前のランチタイム開店直後(11時半)だというのに、
すでにカウンターの端にはレモンサワーでご機嫌になっているおじさんがいる。私は仕事中でしかも運転中なのでうらやましいと思いつつも当初の目的であ
る五目うま煮麺を。厨房はシルバー世代のおじさんが三人で調理。昔ながらの五目うま煮麺(麺に中華丼の頭がかかっている)で大変旨かった。
第一回松本・伊那市遠征
83 3月20日(金)
遠征@
くまもと桂花ラーメン
ふぁんてん
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 新宿
住所:新宿区新宿3-21-4
朝ラーメン
650円
本日から松本・伊那
市遠征。各地に遠征しているが、
新宿駅からスタートするのは珍しいので、今回の口開けの1杯は桂花ラーメンの朝ラーメンで。新宿にも桂花は何店舗かあるが、朝ラーメンをやっているのは
ふぁんてんの地下2階だけだったような記憶がある。若いころは新宿でしこたま遊んで、帰りに始発の乗る前に桂花の朝ラーメンをよく食べた。確かそ
の頃はワンコイン500円だったような記憶があるが、今回食券機を見て驚いた。650円になっていたのだ。時節柄値上がりするのは仕方ないとは思うが
、普通の桂花ラーメンが720円(これは昔とそう変わっていない)なので、ネギとチャーシューしか入っていない朝ラーメンが70円しか変わらないのは納得できな
かった。それでも久しぶりなので朝ラーメンにしたが、桂花のふぁんてんは24時間営業なので普通のメニューもOKだ。次回は桂花ラーメンにしようと思った
84 3月20日(金)
遠征A
麺匠 佐蔵(サクラ) 最寄駅:JR篠ノ井線 松本
住所:松本市中央1-20-26
佐蔵味噌ラーメン
870円
♪8時ちょうどのあず
さ2号で・・・は狩人の名曲(古いね)
だが、実は現在では特急の〜号は上りが偶数、下りが奇数になっているので、あずさ2号は上りの新宿行だ。この日は8時ちょうどではあるけれど
あずさ5号で松本まで行くことにした。松本には10時半前後に到着したので、若干時間をつぶして11時開店のKこちらに。佐蔵と書いてサクラと読ませ
る。それはこの店が古い蔵をそのまま使って営業しているからでもある。せっかく信州に来たので1杯目は信州味噌ラーメンで。肉そぼろが入って、チャー
シュー、穂先メンマが具として入っている。全体としてバランスは悪くないのだが、麺のポーションも少ないしワクワクするところが何もない。やや残念な1杯。
85 3月20日(金)
遠征B
麺肴 ひづき 最寄駅:JR篠ノ井線 松本
住所:松本市大手4-6-3
醤油麺コクにごり
820円
松本は他の地方
都市と同じくタウンバスが走っていて、
1日券を購入して回ることもできるが、それほど大きな町ではなく、しかもラーメン店や名所旧跡がほとんど町の中心部に固まっているので徒歩で充分
回ることができる。1軒目のお店が町の中心部だったが、町の東にあるこちらのお店まで歩いて10分ほどで到着した。連食の腹ごなしとしてはちょう
どいい。こちらのお店は鶏清湯と鶏白湯にの2本立てが売り。その中でも鶏白湯の醤油コクにごりがお勧めらしいのでそちらをお願いした。かなり濃
厚な鶏白湯なのだが、東京などでよく見かけるポタージュ状ではない。鶏の旨味が上手に引き出されていて、さすがに人気店だけあるなと思わせる逸
品だった。この後国宝松本状に行く予定だったが、新型コロナウィルス流行の影響で場内には入れないし、併設の博物館にも入れない。まぁどちらも以前
見学しているので、今回は、今回は庭園からの写真撮影だけに留めることにした。3軒目までは少々遠いのだが頑張って歩くことにした。情報では
中休みなしとのことだったので安心していたが、何と14時過ぎにしまってしまっていた。すでにかなり歩いたので本日の宿泊地である諏訪湖湖畔の
上諏訪駅に向かった。こちらで1杯と思ったが、こちらの店も臨休。なんか今回の遠征は予定が狂ってばかりで嫌な感じがする。
86 3月21日(土)
遠征C
(宿題店)
楽観 立川
最寄駅:JR中央本線 立川
住所:立川市曙町2-23-1
琥珀
780円
この日宿泊したの
は諏訪湖温泉にあるホテル。この日
もいつもの遠征と同じように一人で行動していたので、宿泊はビジネスホテルのシングルルームにしようと思ったが、同じような値段で天然温泉、しかも源泉
かけ流しのこちらのホテルが見つかったのでそちらに宿泊した。翌朝も温泉に浸かってから出発。今回の遠征の主目的である伊那市に向かった。伊那
市は飯田線で上諏訪駅から1時間ほど。すでにJR東海の管内にある。未食の名物ローメンをいただくつもりで伊那市駅を降り、歩いていると何とスマ
ホを入れたはずのポケットにスマホがない。どうやら降りるときにスルリと落ちてしまったらしい。慌てて駅に戻りさっき降りた電車の車掌に連絡してもらうと
無事見つかって預かっているとのこと。ところがその車掌の乗務が天竜峡という駅までで、そちらで預かるとのこと。その天竜峡駅までは2時間かか
るとのこと。着払いで送ってもらうこともできるとのことだったが、月曜日からの仕事にも必要不可欠の物なので片道2時間、往復で5時間かけて受け
取りに行くことにした。当然ローメンはお預けで、予約変更で岡谷から飛び乗った特急あずさを立川で途中下車してようやくこちらのお店に。朝食を
食べてから10時間以上飲まず食わずで大変なアクシデントになってしまった。こちらの琥珀が美味しかったのでやや元気が出たが今回の遠征は失敗だ
令和2年3月分
305 11月2日(月) (新支店) 東京油組
総本店 東陽町組
最寄駅:地下鉄東西線 東陽町
住所:江東区東陽4-2-4
油そば(並)
780円
東陽町駅すぐそば
にできた東京油組総本店の新支
店。私はラーメンでもつけ麺でも油そばでも、そしてうどんでも具がいろいろと乗ったものはあまり好きではなく、どちらかと言えば麺の味がストレート
で味わえる基本のメニューが好みだ。そういった意味では油そば、特にこのチェーンの油そばは具がほとんど入っていない(これをチープと感じるかど
うかは人それぞれだが)ので私の好みに近い。なのでいつも麺が倍量入ったW盛り320g(普通盛りは160g)にしていたのだが、このところの
体重オーバーが気になっているので今日は並盛りで我慢することにした。さすがに並盛りだとあっという間に食べ終わってしまうが美味しかった
306 11月3日(火)
日帰り遠征
(新店) 中華料理
辣腕(ラツワン)
最寄駅:新京成線 常盤平
住所:松戸市常盤平2-9-4
担々麺セット
1100円
新京成線常盤平駅
そばにできた新店。店名からは
中華系経営の中華料理店かと思われたのであまり期待しないで訪店。駐車場はないが常盤平駅前に西友があり、1円でも買えば1時間駐車
可能のので心配はない。入店すると日本人のおかみさんが「いらっしゃいませ」と出迎えてくれた。やはり日本人の発音とイントネーションは気持ち
がいい。担々麺単品880円に小菜3品、ご飯と食後のシャーベットが付いたセットが1100円だった。ボリュームはたっぷりだが周囲のラーメン店や中華系
の中華料理店に比べるとやや高めなのが気になった。満席でもないのにオーダーミス等あったようで、人当たりの良いおかみさんもこれからだ。
307 11月4日(水) (新店) 中華そば
翔々や(トトヤ)
最寄駅:地下鉄東西線 門前仲町
住所:江東区富岡1-22-26
醤油ラーメン
880円
富岡八幡宮さんの
鳥居右横のビル3階にできた新店
。入り口も階段の幅しかなく狭い。看板も一応は置いてあるのだが、置くスペースがほとんどないため全く目立たない。一度前を通り過ぎてしまっ
た。以前しんばと言うお店があった場所で、その時も「お客をここまで上がってこさせるのは大変だな」と思ったが、そのしんばも今はもうないよ
うだ。席はカウンターはなく通常の席が20席ほど。席数よりも店内の形態が一人でのオペレーションには無理があるのだが、ご店主らしき若い方の
ワンオペ。淡麗な醤油ラーメンだが、背脂のあるなしを食券機で無料チョイスすることができる。背脂多めにすればその分ボリューミーにはなるのだが、
三河屋製麺の細ストレートもその他の具もやや独自性に欠けるのでそのあたりが残念。煮干しを効かせたものもあるようだ。どの程度濃厚なの
かは全く未知数だが、思い切ってそのあたりを濃厚にしてデフォに持ってきてしまえば話題にもなるのではないかな。特徴が欲しい一杯だ。
308 11月5日(木) (新店) 麺処 一龍庵
板橋区役所前店
最寄駅:地下鉄三田線板橋区役所前
住所:板橋区板橋2-62-8
まぜそば
850円
板橋区役所の目の前と言う
いい立地。RDBには表記はなか
ったが、一龍庵と言う同名居酒屋の昼二毛作営業。本店は池袋にあるようだ。カウンター数席と4人掛けが2つほど。まず驚かされたのはその4人
掛けの席で従業員が焼きトンの串打ちをしているところ。焼鳥屋や焼きトン屋では昼の間に夜に提供する串打ちをするのが常だが、不特定多数の
お客が出入りしている店内で、厨房内ではなく客席で、豚肉を冷やすでもなく出しっぱなしで串打ちをするなど衛生的に全く考えられないことだ。
しかもその串打ちをしている従業員はマスクもしていない。そういえばカウンターも隣席との間にアクリル等の仕切りもない。席と席の間も近い。決定的な
のは従業員の友人らしき若者が客として来店し、マスクを外して大声で談笑し始めたこと。しかも他に席も空いているのにわざわざカウンターの私の席の
隣に座っての暴挙だ。それを店員も一切注意したり咎めたりしない。もうすでに味以前の問題で、衛生面、防疫面どちらも飲食店として大失格の店
309 11月6日(金) (新支店) 雲林坊
高輪ゲートウェイ店
最寄駅:地下鉄浅草線 泉岳寺
住所:港区高輪2-19-20
汁なし担々麺
900円
中国料理雲林の
麺料理専門の業態雲林坊の新
支店。旬の新駅にちなんで高輪ゲートウェイ店となってはいるが、行きに泉岳寺、帰りに高輪ゲートウェイ駅を利用したが、泉岳寺駅の方がはるかに近
い。汁あり、汁なし担々麺の他、麻婆豆腐とご飯のメニューもある。秋葉原に初めての雲林坊ができた時は、あの神田の雲林の味が簡単安価で食
べられると喜んだものだが、店舗数が増えるに従って味のレベルは維持できているが従業員の質が見る見る低下している。担々麺の命とも言え
る辛さや痺れ具合の好みを聞くのも、おざなりで「普通でいいですか〜」と態度が悪い。味のレベルだけでなく従業員教育にも力を入れて欲しい。
310 11月7日(土) (新店)煮干し中華
そば 成る魚(ナルギョ)
最寄駅:新京成線 鎌ヶ谷大仏
住所:船橋市咲が丘2-1-5
中華そば
800円
船橋市は結構南北
に細長く、その中央部あたり。新
京成線鎌ヶ谷大仏駅が最寄になる。元珍味苑という中華食堂だった場所。この辺りでは珍しい煮干し中華のお店。厨房はクローズドタイプで客席から
は見えない。ホール担当は女性一人と男性一人で20席余りの店内なので充分な体制。お客が来るたび、また帰るたびに奥の厨房から信じられない
ぐらいの大声であいさつが聞こえる。丁寧でいいのだが、あまりにも大声なのと見えないだけにマスクをしているのかどうか心配になってしまう。そし
開店早々だから仕方がないのかも知れないが、料理の提供速度がとても遅い。ホールの2名が手持無沙汰のようだが、少し厨房をヘルプするとかしな
いと、私以外のお客も「まだかな」「遅いな」と言う声がちらほら聞こえた。変な言い方だが、見えないのだから大声よりもっと手を動かした方が良い
と思う。店頭には数台分の駐車スペースもあり、スープの出来もなかなかだし麺もいい。美味しくできている1杯だと思うので現行スピードだけ惜しまれる
311 11月8日(日)
日帰り遠征
(移転) 中華蕎麦
円雀(エンジャク)
最寄駅:JR内房線小湊鉄道 五井
住所:千葉県市原市君塚3-4-6
煮干し中華そば
780円
現在の五井駅より
もう少し都心よりのちはら台という
場所から移転してきた。以前の場所も住宅街の真ん中で、お店もそんなに小さくなかったと記憶しているが、今度のお店も駅からはかなり離れた住
宅街の中。どんな理由なのかはわからないが同じような雰囲気の場所に移転してきたわけだ。基本となるのは鶏出汁に煮干しや節系を加えたオーソ
ドックスなもので、この日いいただいたのは煮干しを強く効かせたもの。どちらも丁寧に作られていてなかなか美味しいだが今一つ個性に欠けるよう
な気がする。青みをベビーリーフにするなど若干の工夫は感じられるが、これはこの店ではないと食べられない的な売りの一品が欲しいところだ。
312 11月9日(月) (間借り・限定) 麺処
「図鑑」(ズカン)
最寄駅:JR地下鉄私鉄各線 渋谷
住所:渋谷区道玄坂2-28-1
岩手がもと煮干しの
白湯そば 900円
渋谷道玄坂の
途中を右に入ったいわゆる百軒
店の入口あたり。シブヤバル209というお店の昼だけ間借り営業。しかも営業は通常日曜日〜水曜日の週四日とかなりハードルが高い。間借り営業はい
ろいろな場合があると思うが、残念ながら単独店に比べると、これはと言うお店にあたることは少ないような気がする。そんなことが多い間借り店だ
が、こちらの提供しているラーメンはなかなかレベルが高い。まず鴨出汁を売りにしている。合鴨は鶏に比べると仕入れルートが少なく、大店でないと安定
して提供する事が難しい。冷凍の輸入品もあるが、特に大陸からの物は粗悪品も多いと聞いている。こちらでは国内岩手産の合鴨を使用している。
また麺もなかなか秀逸で、正直私はあまり知らなかったクリタ製麺(館林市)の中細ストレート。これが美味しかった。今日は限定の岩手がもと煮干しの
白湯そばをいただいた。チャーシューはもちろん合鴨で、おそらくかなり長時間炊いたスープにも負けていない。これだけのレベルで間借りはもったいない。
313 11月10日(火) (新支店) みそラーメン ど・
みそ東京ポートシティ竹芝店
最寄駅:ゆりかもめ 竹芝
住所:港区海岸1-7-1
みそこってり
830円
JR山手線浜松
町駅の東側は芝離宮庭園になっ
ている。さらに東側の浜離宮庭園に比べるとこじんまりとしているが、ここも汐入の池(昔は隅田川とつながっていて潮の干満によって汽水が出入り
する池があった)がある回廊式の庭園で、その芝離宮を越えたところに新しくできた東京ポートシティーというオフィスビルの2階飲食街にど・みその新支店
が入った。11時半開店で5分ほど前に到着したのでしばしベンチで休憩して口開けの客として入店。入り口の食券機でいつものみそこってりを探して
いると、従業員の女性がしつこく「特みそこってりがお勧めです」と何度も言ってくる。そんなに高い商品を売りたいかなぁ。うるさいので「みそこってり
はどのボタン」と聞くと、下の方に「みそらーめん」とだけ書いたボタンがあった。ちゃんとみそこってりと書けよ!と思ったがおとなしく着席。従業員の質
はさておき、みそこってりの味の方はいつもながら美味しい。そういえばビル建て替え後、修行元のときせい@両国の復活を望んでいるのだがなぁ。
314 11月12日(木) (新店) えっちゃん
ラーメン。 田町店
最寄駅:JR山手線 田町
住所:港区芝浦3-1-30
中華そば(並)
850円
いまや「ちゃん」系と
言う言葉があるほど増殖した「
〜ちゃんラーメン」と言う名前のラーメン店。不思議とほぼ必ず「凪」の店舗跡地に入るので、凪との関係が取りざたされているが、公式に関係を記した
ものもないしメニューにも共通点はあまり見当たらない。しかしシンプルながらしっかりとした出汁を感じられる一品だったり、新店舗にもかかわらず作り手
やホール係の動きが効率化されていたりとただ者ではない臭いがプンプンする。今回の店舗も田町駅東口を出てすぐのなぎさテラス1階の凪の後地。
釜前にいる職人さんは若いが素晴らしい動きで次から次へ来店するお客をあまり待たせない。私はこの店の雰囲気も味も結構気に入っている。
315 11月13日(金) (新店) 駒込醤油
ラーメン 宝勝軒
最寄駅:JR山手線 駒込
住所:豊島区駒込1-24-9 3F
中華そば
1000円
JR山手線駒込駅東口
からのびるアゼリア通りに面して
建った6階建てのビルの中。間口の狭いビルの1階から最上階6階までラーメン店になっている(正確には5階は駄菓子屋さん)10月31日開店で、開店か
ら11月4日までは各店舗100食無料を開催していて、100人を超える行列ができていたらしい。飲食店の開店サービスを無料で開催するのは、その時
限りの人達がほとんどになってしまい、あまりその後の顧客固定に役立たないというのは常識だ。どうせやるならば半額セールか次回使える無料券と
かにしないと、開店セールが終了して通常料金に戻ったとたん誰も来なくなってしまうのだ。思った通り今日昼時に行くと3階には一人もお客がおらず閑
古鳥が鳴いていた。3階は中華そばの店なのだが、極ありきたりの醤油ラーメンでチャーシューも薄く出汁もあまり濃厚とは言えない。丼とれんげだけが巨
大な見掛け倒しで、かえって原価率の高いスープを大量に必要とする分損している。感想としてはとてもデフォで1000円の価値がある1杯とは思えない
316 11月15日(日) (新店) 横浜ラーメン
相馬家
最寄駅:東関道千葉北IC
住所:千葉市稲毛区長沼原町700-4
ラーメン(並)
650円
いわゆる家系ラーメン
には、創業者である横浜吉村家
で働いていた人が、その後独立して自分の店舗を構えた吉村家直系(杉田家、厚木家、末廣家等)とその直系で働いていた人が独立した孫直系と
言われる数多い店舗。そして更にその傍流や全く家系の流れとは関係のない家系などがある。今回千葉市長沼原に開店したお店は吉村家直系で
はないが吉祥寺の大繁盛店、武蔵家の直系であるぼうそう家から独立した相馬氏が開いたお店。広い駐車場を有している。厨房はホール兼任を含
めて3人体制で、家系としては多いほうではないがベテランぞろいのようで極めて作業はスピーディー。問題はその家系に慣れていないお客が多いので
、麺の好みやご飯(無料)の盛り等に戸惑っているようだった。年配のご夫婦が、麺もご飯も半分ぐらい残してしまっていた。時間が解決するだろう
317 11月16日(月) (キャンペーン)陳麻婆豆腐
新宿野村ビル店
最寄駅:地下鉄丸ノ内線 西新宿
住所:新宿区西新宿1-26-2
幻の屋台式担担麺
(ミニ×3) 1485円
中国四川にある陳
麻婆豆腐から、唯一のれん分け
を許された店として株式会社ケンコーホルディングスが展開する麻婆豆腐と四川料理のお店。関東と関西に10店舗ほど展開している。今般ころな禍の影響
なのか思い切ったキャンペーンを実施してきた。11月14日から12月13日までの間に「幻の屋台式担担麺を3杯食べてスタンプを集めると、何と1年間毎日
この「幻の屋台式担担麺」が1日1杯無料で食べられるパスポートがもらえるとのことなので、今日新宿野村ビル店に行ってみた。先週土曜日スタートの
キャンペーンなので混雑も予想したが、いつもの昼時と変わらない。注文のまえにどれぐらいの麺量なのか聞くと、大陸系の店員が「ミニです」との返答。
おいおい答えになっていないと思ったが、とりあえず2杯注文。確かにミニサイズで麺量は70gほど。挽肉もそんなにたくさんは入っていないので、すか
さず1杯追加。2回に分けて3杯食べるつもりだったが、今日だけで3杯達成で明日から来年11月16日まで毎日無料(1杯税込495円)になった。もっと
も1杯だけではお腹は一杯にならないだろうから他の物も注文しなければならないだろうが。他の店より辛めなので辛い物が苦手な人は避けた方が
318 11月17日(火) (関連店)
麺処 大沼
最寄駅:地下鉄千代田線 湯島
住所:文京区湯島3-35-6
つけ麺(並)
850円
湯島交差点そばに
できたお店。この辺りにあった大
喜が移転してしまってからはこの辺りもご無沙汰になってしまっていた。西池袋の麺処GROWTHの関連店。西池袋のお店もつけ麺が一押しだが、
こちらのお店もラーメンはあるのだが、どちらかと言えばつけ麺が売り。お腹も減っていたので中盛りか大盛りにしようかとも思ったが、炭水化物の取り
すぎと怒る主治医の姿が目に浮かんだので並盛りで。魚介豚骨のややとろみの強いツケダレ。またお前かとは言わないが、ある日どこかで食べたこと
のある味だ。麺も美味しいのだが、これと五追った特徴のない麺。全般的に印象に残るかと言えば、そのあたりやや弱いかな。でも頑張って欲しい。
319 11月18日(水) (新店)大衆食堂
ゆしまホール
最寄駅:地下鉄千代田線 湯島
住所:文京区湯島3-34-8
まぜそば
880円
昨日に続いて湯島
にて昼食。湯島交差点から湯島
天神に向かって数メートル。夜は居酒屋営業をする店舗の昼営業。夜の居酒屋タイムもラーメンやまぜそばと提供しているようだ。まぜそばを注文。挽肉が
たっぷりと入っていて、ニラの色どりもいい。ラーメンやまぜそばは蒲田の人気店宮本出身の方が担当しているだけあって専門店のレベルだ、他のメニューや
夜のメニューとの兼ね合いもあるのだろうが、一つもったいないと感じたのはまぜそばの挽肉が細かく挽かれ過ぎていること。味をつけながら炒めて使
用するので、細かすぎるとのど越しが良くなく、しかも濃い味なのでむせてしまう。他人の咳にナーバスな時代なのでできればもう少し粗挽きがいい。
320 11月19日(木) (新店) フカヒレ
フィンフィン 新橋店
最寄駅:JR各線地下鉄各線 新橋
住所:港区新橋2-17-14
ふかひれ濃厚
オイスター麺 990円
最近JR有楽町
駅付近のガード下がオシャレにリーニュー
アルしてかなりの集客があるようだ。もともとガード下はおじ様たちが焼き鳥を食べながら仕事の疲れをいやす場所だったのだが、特に有楽町や新橋の
あたりは赤レンガでできているのでおしゃれに変身できたのだろう。新橋駅SL広場前の改札横にも赤レンガを生かした素敵なフカヒレ専門店が開店した。
夜に大枚をはたいてフカヒレを食べている人は多いが、この店ではランチにお手軽な値段でフカヒレを食べることができる。最も安価なメニューは「フカヒレ濃厚オイ
スター麺で税込990円。同じ値段で麺ではなくご飯を選ぶこともできる。もちろんこの値段のランチに大きなフカヒレを要求してはいけない。フカヒレは申し訳程
にしか入っていないが、オイスターソース仕立てのスープそのものがいい味を出している。具としては青梗菜とエノキダケが入っている。エノキダケがフカヒレのようで
少なさをカバーしているのはご愛敬だ。香味酢と今限定のトリュフオイル。ミニ搾菜とデザートにマンゴープリンもついて3桁のプライスはお店の努力がうかがわれる
こんな少しのフカヒレだったら食べない方が良いと思っているお金持ちの貴方は、フカヒレが姿で入ったフカヒレ姿贅沢フォアグラ土鍋御膳3,480円を召し上がれ
321 11月20日(金) (移転)
麺屋武蔵 五輪洞
最寄駅:地下鉄丸ノ内線 西新宿
住所:新宿区西新宿8-5-3
つけめん(あっさり味)
(大) 850円
三田にあった
麺屋武蔵五輪洞が西新宿に移
転してきた。最近どこの店に行っても炭水化物は食べ過ぎないようにはしているが、こちらに来たらそうはいかない。並盛り200g、中盛り250g、大
盛り300g同料金なのはもちろん、その上のW盛り400gから最高1キロ(1000g)まで同料金なのだ。まだこの店が三田にあった頃、800gを見たこ
とがあった(私はW盛り400gが限界だった)が、とても普通の人間の食べられれ量ではなかったのを覚えている。ちなみに慶応の学生だったと思う
が、ペロッと全部食べて行ったのには驚かされた。今日はさすがに並では寂しいので大盛り300gにした。自家製麺のつるっとした麺は、他店なら苦
労してしまう量も難なく入ってしまう。同じ新宿でもオープンキッチンの本店とは違い店内はいたって静かだ。もちろん時節柄チャーシューを切る掛け声も無い。
322 11月21日(土) (宿題店)
肉の牛忠
最寄駅:京成本線 鬼越
市川市鬼高1-1-1 ニッケコルトンプラザ内
ローストビーフ牛骨
ラーメン 1045円
JR総武線本八
幡駅と下総中山駅のちょうど中間
あたり。高架からすぐの場所だが駅と駅の真ん中なので最寄駅は京成本線の鬼越駅になる。元日本毛織(ニッケ)の工場があった広大な敷地がSC
になっている。核となるスーパーマーケットも普段私が利用している店ではないのでほとんど利用したことはなかったが、2016年に新規入店したステーキと
ハンバーグのお店が出している牛骨ラーメンの評判が意外と高いことに気づいたので訪店してみた。最近東京の湾岸地域にいくつかできたオシャレなSCは
駐車料金が無料になるハードルが高くて全く行きにくい。そこへ行くとこのSCは無料の会員登録をすると買物をしなくても3時間まで無料になるので大
変助かる。店名から精肉店が経営しているのだろう。驚いたのはお客の約半数がステーキやハンバーグではなく牛骨ラーメンを注文していること。この日は
ランチタイムだったこともあるのだろうが、値段的にはハンバーグライスもあまり変わらないのにラーメンに人気がある。確かに丁寧にとった牛骨スープに、チャーシュ
ー代わりのローストビーフが5枚も乗せられているので人気があるのもうなずける。アクセントとして少量の豆板醤が乗っているのも美味しさを増幅させる。
第一回富士宮焼きそば遠征
323 11月22日(日)
遠征@
(新店) マンゴツリー
キッチン グランスタ
最寄駅:JR各線地下鉄各線 東京
千代田区丸の内1-9-1 グランスタ内
センレックナーム
500円
本日から連休
を利用しての富士宮焼きそば遠
征。ラーメンの遠征はほぼ全県制覇してしまったので、これからは全国のうどんと焼きそばを食べて回ろうと思っている。今回は電車を利用しての富士
宮焼きそば遠征。通常のルートで考えれば東京駅に出て新幹線で三島まで行き、在来線に乗り換えて東海道線富士駅。さらに身延線に乗り換えて
富士宮に至るのが普通だ。これでもいいのだがいささか普通なので、JR東日本東京近郊グリーン車ホリデー割引を利用して船橋から熱海までグリーン車
で移動することにした。この方法だと新幹線普通車自由席を利用するより1000円以上安く、時間的には1時間ほどしか変わらない。しかも今回の富
士宮での宿は2月にリニューアルしたばかりのホテルの1泊2日2食付き、セミダブルベッドプラン1万円少々にGoToキャンペーンで50%5千円、静岡に泊まろう
キャンペーン5千円(これは発売即日で売り切れていた)で無料で泊って食べてこようと言うめったにないチャンス。1食目は通常の遠征と同じく東京駅中
グランスタでタイヌードルを。こちらもセンレックナームモーニング割引でワンコイン500円。朝食にはもってこいの優しい鶏出汁で米粉麺のセンレックナームでいい旅立ち。
324 11月22日(日)
遠征A
富士宮やきそば
アンテナショップ
最寄駅:JR身延線 富士宮
静岡県富士宮市宮町4-23お宮横丁
富士宮焼きそば(並)
450円
富士宮には予
定通り11時少し過ぎに到着。
運賃は同じなので一つ先の西富士宮まで乗車。駿河国一宮(江戸時代その国で最も重要な神社を朝廷が定めた)富士山本宮浅間大社(全国にあ
る浅間神社の総本社)のすぐ前にあるお宮横丁へ。富士宮や
きそばでは最も名前が知られていた富士宮やきそば学会が少々名前を変えたようだ。
富士宮は有名観光地ではないので、連休中だがほとんど密にはなっていない。神社境内には観光客よりも地元の家族連れの七五三参りが目立つ
ほどだ。やきそばは東京などで食べる屋台や縁日の物とは少々異なっている。麺の太さはほぼ同じだが、コシがあるので焼うどんのようで美味しい
325 11月22日(日)
遠征B
ここずらよ 最寄駅:JR身延線 富士宮
住所:静岡県富士宮市宮町1-1
やきそば(並)
500円
浅間神社にお参りし
て家内安全、商売繁盛、健康など
あつかましくいくつかお願いをしたあと、大鳥居横にある「ここずらよ」というお店に。こちらも予定内の行動だ。ここずらよとは古い駿河弁でここです
よという意味だ。どちらかと言えば静岡県内でも伊豆地方で良く使われる方言だ。こちらのやきそばの特徴は魚粉がかなりの量使われていて、油
断して強く啜ろうものにはむせてしまうほどだ。事前の情報があったので啜らなかったが、本体の味よりも魚粉の味が勝ってしまっているようだ。
326 11月23日(月)
遠征C
さのめん
お食事処 こころ
最寄駅:JR身延線 富士宮
住所:静岡県富士宮市中東町43
黒麺+玉子
450円
やきそばは量
的にはラーメンやうどんよりも少ない
のでもう1〜2杯はいけそうだったが、最初に書いたように初日は夕食付きのプランなので少々お腹をいたわっておいた。焼き鳥がメインのお店でお腹
一杯食べて生ビールを飲んでお銚子の大まで平らげて3,480円だった。今回の1泊2食のプランに付いてくるミールクーポンが1300円分、GoToの地域商品
券が2000円分なので、私がこのお店で支払ったのは180円だけ。普段山のように?支払っている税金が少し戻ってきたのかなと一人満足した。
朝食はホテルバイキングで口開けの7時頃済ませたので、本日1食目のやきそばは11時開店のこちらに。富士宮で4件ほどの製麺所の一つ。製麺所の
横がガラス張りになっていて、そこで女性陣が焼いてくれるやきそばを製麺を見ながら味わうことができる。この日は祭日で製麺機は動いておらず
やや残念だった。こちらの製麺所には黒麺・赤麺・緑麺・金麺があり、黒麺が最もコシカが強く特徴的なのでそちらで作っていただいた。富士宮やきそ
ばの特徴でもあると言われていた目玉焼きを乗せてもらった(他の店もそうだが目玉焼きはオプション)私は今回の遠征店でこちらが一番気に入った
327 11月23日(月)
遠征D
虹屋ミミ 最寄駅:JR身延線 富士宮
住所:静岡県富士宮市中央町3-9
やきそば
500円
富士宮では毎年
町おこしを兼ねてやきそばコンテスト
を開催しているようだ。そのコンテストの初回は平成15年だったようで、その時に初代の1位を獲得して鉄人の称号を得ているお店。大変こじんまりと
したお店で、5人入ると一杯になってしまうほどだ。この後横浜にもよる予定があって時間の余裕はあまりなかったが、富士宮駅にも近く、前客は
二人だけと空いていたので普通のやきそばを注文して席について待っていた。厨房では盛んにお好み焼きや焼きそばを作っているのだが(この店
の一押しはお好み焼きにやきそばが入った、東京で言うモダン焼きのようで、どうもそればかり作っている。どうやら昼時だったので、持ち帰りの注
文が山ほど入っているようだった。結局私のやきそばが出てきたのは、入店時にはまだ食べていなかった二人連れが食べ終わって退店した後で
30分以上かかってしまった。それならそうと一言ことわって欲しかったがすでに後の祭りで、結局予定していた身延線には乗れなかった。帰路も
鈍行で席の指定もなかったのでなんとか40分ほど遅れの電車に乗車できた。味の方は鉄人の店にしては何ということのないやきそばで残念。
328 11月23日(月)
遠征D
(新店)
Nood e(ヌード)
最寄駅:JR各線地下鉄各線 横浜
横浜市西区南幸1-1-1 ニュウマン8階
本枯節と帆立のしお
ラーメン 1045円
ということでやや
予定よりも遅くなってしまった。
だからというわけではないが少々疲れてしまったので、第一候補としていた新横浜ラー博に寄るのは中止にして、同じく横浜で途中下車(この辺り
が普通乗車券の良いところで、何度も途中下車ができる。しかも往路と同じく熱海から船橋のグリーン券も東海道線から総武線快速に乗り継ぐこと
が可能だ)横浜駅西口に新しく開業したJR東日本が展開しているニュウマンの8階にできた新店、Nood e(ヌード)に寄ることにした。おしゃれなカウンタ
ーでいただくおしゃれなラーメンは格別だった。ラ―博に行かなかったので予定より早く、午後7時には帰宅することができた。夕食は予定通り自宅で
令和2年11月分
329 11月24日(火) (新店) はさみ屋
五反田一号店
最寄駅:JR山手線地下鉄 五反田
住所:品川区東五反田1-16-8
ぶっかけらーめん
+生玉子 460円
どうしても新店は
既存のどこかの店舗に味や雰
囲気等がが似てしまうことが多い。一時期の豚骨魚粉つけ麺のように「またお前か」と言いたくなるようなものではなくても、「あぁ、これは〇×店
の△□麺に近いな」と思うことは意外と多い。ところが今回訪店した新店は、今までのどこの店とも近くないラーメンだ。ラーメンと書いたが果たしてこれ
をラーメンと呼んでいいのか(お店のメニューにはぶっかけらーめんと表示されているのでラーメンでいいのだろう)強いてたとえるならば、うどん店にかけ
うどん(種物を含む)があり、ざるうどんがあり、ぶっかけうどんがあるように、かけうどんがラーメン、ざるうどんがつけ麺、そしてこちらの一杯は文字
通りぶっかけうどんに相当するだろう。茹でた細麺に濃い醤油がかかっている。そしてチャーシューが入っていて、希望で生玉子や温泉玉子をトッピング
することができるのだ。まさにぶっかけとしか言えない。基本の値段が390円というのもうどん店のぶっかけうどんに十分対抗できるだろう。
330 11月25日(水) (移転)京都銀閣寺
ますたにラーメン 本店
最寄駅:地下鉄各線 日本橋
住所:中央区日本橋2-10-3
ラーメン
830円
かつて日本橋
の洋食たいめいけんそばにあっ
た京都銀閣寺のますたに日本橋本店も、ビルの再開発により閉店してしまって久しい。もちろんますたにの本店は相変わらず京都にあり、私も関
西に遠征すると良く訪れる。ただ少々電車の駅からは遠い場所なのでどうしても足は遠のいてしまう。この日本橋のお店は支店ではなく公認され
たのれん分けなので日本橋本店とするのが正しいようだ。移転前は一本裏通りだったが、今回は昭和通りに面しているので良く目立つ。しかも
つじ田@神田のような金文字の看板なので、日の当たり方によってはさらに目立つ。食券機は外に面しており、そこには「先に食券をお買い求め
ください」と書いてある。10人ほど並んでいたが、そう書いてあるので食券を買って最後尾に並ぼうとすると、親切なダンディーが「食券を買うのに並
んでいるんです」と教えてくれた。まったく訳が分からず食券を買わずに最後尾に並んだが、どうやら歩道をふさがないように2列に並ばせたくて、
食券を買う並びと食券を買ってからの並びの2列になっているようだった。だったら図示するとか、せめて食券機の食券を買ってから・・・の表示
を外すとかしないと混乱してしまう。案の定私の後に来た人はほとんどが先に食券を買おうとしていた。厨房には店長の他にエリアマネージャーのよう
な人も来ていたが、腕組みをして皆の作業を監視している暇があるならこのような不具合はすぐに解消しなければ。味はいつも通り美味しかった
331 11月26日(木) (新店) ラーメン
盛(モリ) 竹ノ塚店
最寄駅:東武伊勢崎線 竹ノ塚
住所:足立区竹ノ塚1-40-1
ラーメン
700円(350円)
足立区の竹ノ塚で
ランチタイムになった。車をコインパーキン
グに停めてこちらのお店に。入ってすぐに食券機があったので食券を買おうとすると全部×印で売り切れ中になっている。お店の方に聞くと、昨
日開店で現在半額セール中なので、普通のボタンではなくて右の一番下にある半額券を買ってくださいとのこと。何か書いておいてくれないとわか
らないよ〜。それでも半額セール中でラッキーだった。所謂二郎インスパのお店。最近野菜マシにすると夕食時まで響くのでニンニク少しとアブラマシのみで
野菜は普通で。私は二郎系の場合は味が濃すぎて困ることが多いが、わざわざ味薄目でとお願いするほどではないのでこの日も味の濃さに
関しては何も言わずデフォで。ところがその私にちょうどいいぐらい味が薄い。まぁ卓上にカエシが置いてあるので濃いめが好きな人は足せばよい
のだが思いがけず私にはちょうどよかった。ただ残念ながら注文の都度カットする豚(チャーシュー)が硬い。肉質よりも加熱しすぎたことによるようだ
332 11月27日(金) (新業態) 四川担々麺
ななつぼし
最寄駅:JR中央総武線 市ヶ谷
住所:千代田区六番町3-11
四川担々麺(白胡麻)
+温泉玉子 1050円
異なるネーミングで各
地にラーメン店を展開している株式
会社TICの新業態。今日お邪魔した市ヶ谷店の他、同名店を新橋に同時期開店している勢いのある企業系。どうもメニュー構成が見たことあると
思ったら、赤坂や人形町にある赤い鯨は株式会社クロコとの共同経営だったので、そのノウハウをこの独自店舗にも生かしてきたのだろう。実は
事前情報と入口横置看板から、今日は汁なし担々麺にしようと思っていたのだが、まだ開店1週間なので汁なしは食券機で×、つまりまだや
っていなかった。汁あり担々麺は白胡麻とブレンドの2種類あったので白胡麻にしてみた。企業系らしくそつのないハンドリングで、店外に待ちが
できている昼時でもスムースにオペレーションしていた。やや高めのプライス設定だとは思うが、この客入り具合であれば高収益が期待できるだろう
333 11月29日(日)
日帰り遠征
(新店) 中華蕎麦
ごとう
最寄駅:千葉モノレール 葭川公園
千葉市中央区富士見2-9-14
塩蕎麦
800円
モノレール葭川公
園(ヨシカワコウエン)駅から千葉駅方
面に延びる道を富士見本通りといい、一風堂など有名ラーメン店が並んでいる激戦区になっている。その一風堂の角を右に曲がったあたりにでき
た新店。以前は千葉県では少々有名店の福たけの支店があった場所だ。日曜日の昼過ぎで一風堂には相変わらず行列ができていたが、
新店であることもあり、こちらには前客2名。その後も満席にはならなかった。どうやら一押しは醤油ではなく塩の中華蕎麦のようなのでそちら
を注文した。若いご主人のワンオペで少々クオリティーに不安があったが、印象に反してレベルの高い塩中華を提供している。香味油の使い方が良い
334 月30日(月) (新支店) ゴル麺
大森店
最寄駅:JR京浜東北線 大森
住所:大田区山王2-3-6
醤油豚骨ラーメン
(並) 790円
本店は横浜にあり
、菊名など神奈川県内に4店舗
を展開しているお店の東京進出店。以前菊名のお店で豪麺という結構歯ごたえのある特徴的なラーメンをいただいたので、今日もそれでと思っ
たのだが、食券機で結構探したのだが(これがハイテクな食券機なので結構時間がかかった)見当たらないので、仕方なく醤油豚骨にした。こ
ちらのお店は湘南の名店松壱家と関連があるようで、醤油豚骨もそんなにはずれはないだろうとは思ったが、ホームページには現在でも豪麺
があるので非常に残念だ。私だけではなくHPを見てくるお客もいると思うが。東京ではこのレベルの家系はかなり多いので苦労するかも。
335 12月1日(火) (関連店) 鶏そば
156(イチコロ) 池袋
最寄駅:JR地下鉄私鉄各線 池袋
住所:豊島区池袋2-42-1
純鶏そば
850円
麻布十番にあ
る鶏そば十番156の関連店。
156と書いてイチコロと読ませる。鶏白湯とまぜそばのお店。基本の純鶏そばを注文したが、この日は何らかの都合で味玉が切れていたので、
食券機の場所で味玉が切れていることと、その代わりに鶏チャーシューを2枚にしてくれる説明があった。どうやら夜は飲み屋さんになるお店の二毛
作のようだ。麺は村上朝日製麺所の全粒粉使用中細麺。これは美味しかった。スープの濃度も申し分ないのだが、2枚にしてくれた鶏チャーシューと
太いメンマが冷たいままでスープの温度を下げてしまっていた。コロナの問題で入り口を開け放してあるので、調理台の上のチャーシューとメンマが冷たくな
ってしまったようだ。コロナ禍以前はあまり考えられなかったことだが、メンマはさておき鶏チャーシューは、サーブのたびにバーナーで焙るようにすれば、
風味も香ばしくなり一石二鳥だろう。後から入ってきたお客が特急鶏そばを注文した。鶏もも肉が丸ごと2本も別皿に乗ったど迫力の1杯だった
336 12月2日(水) (新支店) どうとんぼり
神座 八重洲北口店
最寄駅:JR地下鉄各線 東京
住所:千代田区丸の内1-9-1
おいしいラーメン
800円
東京駅八重洲北口
キッチンストリートにできた大阪道頓堀
に本店がある神座の新支店。最近東京駅は地上部分と地下部分に新しいショッピングエリアがいくつもできたため、大変わかりにくくなっている。この
神座の新支店もキッチンストリート内となっているが、実は東京駅にキッチンストリートは2つあり、一つは丸の内南口近くのキッテの地下。そしてこの店が
ある八重洲北口、黒塀横町の地上部分だ。しかももっとわかりずらいのは、この八重洲北口キッチンストリートの住所は千代田区丸の内であること。
こうなるとクイズのようで笑ってしまう。池袋駅のように西口が東武デパート、東口が西武デパートというような単純なものではない。いただいたのは
基本のおいしいラーメン。紙エプロンはありますかと聞くと置いていないとの返事。今時居酒屋二毛作の昼だけラーメン店でも置いていますよ。こちら
のラーメンのスープは和洋折衷の独特の味。卓上にある辛く和えたニラが不思議とよく合う。GoToで大阪には行けないが都内で充分大阪の味。
337 12月3日(木) (新店) 麺処
に志の
最寄駅:JR各線地下鉄 恵比寿
住所:渋谷区恵比寿西1-13-5
白醤油貝出汁そば
950円
恵比寿駅から
徒歩5分ほど。夜はダイニングバーと
してアルコールとラーメンを含むコースメニューを提供しているお店だが昼は麺類の提供。基本は今日いただいた白醤油貝出汁そば、奥出雲醤油そば、
それに三元豚角煮まぜそばの3種だが、昨日から北海道沖蛸の白まぜそばも加わった。そちらにも大きく心を奪われたが、初訪で基本の一品
もいただいていないので次回への宿題とした。貝出汁そばは文字通り貝の出汁であるコハク酸が効いており、最後まで美味しく食べ進めることが
できる。具は鶏チャーシューと穂先メンマが丼内で麺と共に供されて、別皿で鶏ロールチャーシュー、鴨チャーシュー、味変として柚子皮と紫蘇が提供される。一
応味変アイテなのだが、この一品にはどれも不可欠の構成要素と思われるので、最初から投入で良いと思う。優しい味でもちろん完食完飲でした
338 12月4日(金) (新支店) 京都銀閣寺
ますたにラーメン 室町店
最寄駅:JR総武線快速 新日本橋
住所:中央区日本橋室町4-3-14
ラーメン
830円
先月日本橋地
区の再開発に伴い移転開店した
日本橋本店とほぼ同時期に開店したますたにの室町店。日本橋本店とは1キロほどしか離れていない。こちらのお店も中央通りという大きな通
りに面しているので、歩道を歩く一般の人の邪魔をしないように食券を買う列と買ってから並ぶ列の2列に並ぶ方式。メニューやシステムは本店と全
く同じで、食券を買った後、外まで麺の硬さ等女性が聞きに来る。本店もこちらも中華系の女性で、聞きに来るほうがシステムをよく理解していな
い。わたしはますたにでいただくときには辛さは無しにしている。ますたにの辛さとは一味唐辛子のことで、京都ラーメンにはよくある方式。私はラー
メンには一味唐辛子はあまり合わないと思っている(味噌ラーメンを除く)ので辛さ無しでお願いしてあとからコショウをかける。あまりそういう人はいな
いのか、辛さに関して聞いてくれないし、辛さ無しでと言うとは怪訝そうな顔をされてしまう。江戸っ子は醤油ラーメンにはコショウって決まっているんだ
339 12月6日(日) (新支店) ラーメン
たかしや 行徳店
最寄駅:地下鉄東西線 行徳
住所:市川市行徳駅前2-13-16
ラーメン(並)
720円
市川方面に所用があっ
たので、行徳駅そばにできたこ
ちらの新支店に。東京都内、千葉県内でかなり多くの「ちばチャン」という居酒屋を経営する(株)マスミフードサービスの業態。元々ますだ家という家
系のお店を何軒か展開しており、家系としてはかなり慣れていると言ったところ。たかしやとしては4店舗ほどあるようだ。家系としてはライスも無料
ではない基本のラーメンで720円とやや強気のプライス設定。家系としては可もなく不可もなくといった味でこのプライスではリピートはあまり期待できない
340 12月7日(月) (新支店) AFURI
新宿住友ビル店
最寄駅:地下鉄大江戸線 都庁前
住所:新宿区西新宿2-6-1
醤油ラーメン
980円
新宿副都心の住友
ビル近くに所用があったのでこち
らのお店に。開店はことし6月だったのでそろそろ新支店とは言い難いが、副都心のビルの中なのでなかなか訪ねる機会が無かった。入り口に
A看板でメニューが置いてあったが、ちらっと見るなり「AFURIでこんなに高かったっけ」と思った。AFUIRIそのものも久しぶりなこともあるが、基本
の醤油ラーメンが最安メニューで980円は少々強気に過ぎるような気がする。確かに副都心のビルの中に入っている企業は一流ばかりで、昼食にこ
の値段でも高いとは感じないのかも知れない。ZUNDーBARに初めて行った時その味に感動を覚え、その後AFURIも何軒も食べ歩いたが、
確かに美味しいのだがこれといった特徴もないのでわざわざ足を運ぶことも少なくなってしまっていた。確かZUND−BARとAFURIは御兄弟の
お店だったと思ったが現在では同会社になってしまっているようだ。海外にも店舗展開をしているようで、美味しければ多少高くてもOKなのかな
341 12月8日(火) (新支店) 京都ラーメン
森井 飯田橋店
最寄駅:JR地下鉄各線 飯田橋
住所:新宿区橋場町1-16
熟成醤油京都ラーメン
750円
飯田橋駅は旧貨物
飯田町駅との関連上、カーブ部分
にホームがあったため、車両とホームの間に間隔の広いところがあり非常に危険だった。最近改良工事が行われ、100mほど市ヶ谷駅寄りの直線
部分に移動して危険はなくなった。しかし旧メインの出入り口であり、また地下鉄との連絡口であった東口は現在の停車位置からは非常に遠くな
ってしまった。その東口を降りて内堀通りを渡った場所にラーメン店が3軒入居するビルができた。今日はその2階部分のつけ麺店の開店日だった
ので行ってみると、500円(普段は750円なのでさほど安くなっているとは思えないが)セール中で長蛇の列。まぁ充分予測ができていたので、1週
間ほど先行して開店していた1階部分の京都ラーメンへ。本店は川崎の稲田堤にあるお店の新支店。それ以外にも各種飲食業を営んでいる会社
の関連店のようだ。ツイッターで本日開店の2階つけ麺店も書いているので、ビル全体にこの企業体がかかわっているのかも知れない。ちなみに3
階部分は辛いラーメン店が入るようだが未開店。駒込にできた全館ラーメン店のビルと似たようなコンセプトかも知れない。数店展開しているお店の新支
店だけあって、味の造りも接客等オペレーションもそつなくこなしている。入り口の食券機は最近流行りのハイテクだが、私はどうにもこれが苦手だ。
342 12月9日(水) (新支店) 四川担々麺
ななつぼし 新橋店
最寄駅:JR各線地下鉄各線 新橋
住所:港区新橋3-16-22
四川担々麺(ブレンド)
950円
先月末にほぼ2店
同時に新支店として開店した
(株)TICというラーメン店主体に運営する会社の企業系新店。先月27日に市ヶ谷の新支店に行った感想にも書いたが、このななつぼしという業態
は2軒だが、他の会社と共同で赤い鯨@赤坂等担々麺のお店もすでに繁盛させているので安心していただくことができる。市ヶ谷では白胡麻
味をいただいたが、こちらではブレンドという標準味をいただいた。辛さは普通にしたので私にはちょうどいい。痺れは無料範囲のMA3にしたの
で食べ終わるころには結構汗をかいた。最近テレビでも辛い物好きの女性がよく登場して、中本さんの北極等ペロッと完食しているが私には無理
343 12月10日(木) (新店)noodle art
gallery Ryota Tezuka
最寄駅:地下鉄半蔵門線水天宮前
中央区日本橋人形町2-17-9
地鶏 塩
1000円
すぐ近くの場所か
ら移転して店名も変更してきた。
以前は「麺画廊 英」という店名で、それ以前は地下鉄浅草線東日本橋の駅そばにお店があった。東日本橋時代からそうだったが、店名も含めて
おしゃれな店造りをするご店主で、それは全く悪くはないのだが、そればかりが目立ってしまっていて、せっかくの国産小麦を使用した自家製麺
や素晴らしい鶏出汁のスープなどの話題はその次になってしまうのが惜しい。もちろん女性も含めてラーメン店にもおしゃれさを求める人は多いだ
ろうし、お店の造りがいい加減なお店は味もいい加減なことが多い。でもやはりターゲットの主役客層は男性だろうし、場所も人形町と言った下町
なら、もう少し武骨な「当店は味で売っているのです」的な部分が前面に出せれば、自ずから繁盛や行列や話題は付いてくるのではないだろうか
344 12月11日(金) (新店・曜日限定)
竹岡式ラーメン世良(セラ)
最寄駅:JR山手線地下鉄 駒込
住所:豊島区駒込2-17-6
竹岡式ラーメン
680円
RDB未掲載。なぜ
未掲載かというと、この店は木、
金、土の週3日だけ営業で、日、月、火、水はRDB掲載済みの旨辛ラーメンふじ本として営業しているから。同じご店主かどうかが不明。駒込駅か
ら駒込銀座通り(東口から北に延びる商店街)を5分ほど歩いて路地にだいぶ入ったところ。駅からはそんなに遠くないが、ほとんど人通りがな
い場所でしかもわかりづらい。こんな場所で大丈夫かと思うような場所だが、開店10日ほどで昼時5席は満席で推移していた。それなりに近隣
での認知度はあるようだ。竹岡式ラーメンと名乗っているが、おそらく(茹で場が見えなかったので)乾麺ではなく生麺を使用している。チャーシューを
煮たカエシを割るのはお湯ではなく寸胴に入ったスープ。厳密に言えば竹岡式とは言い難いが、その味は充分に竹岡式を踏襲している。どちらかと
言えば梅乃家@竹岡よりも生麺なので休業中の富士屋@木更津に近いと感じる。後金制なので、もう少しで忘れて食い逃げになるところだった
345 12月14日(月) 福満園
シャポー船橋店
最寄駅:JR総武線私鉄各線 船橋
住所:船橋市本町7-1-1 シャポー内
エビ入り五目焼きそば
1188円
この週末は何かと
忙しくて、2日続けてラーメンが食べ
られなかった。3日目になるとラーメン禁断症状が出てきて食べたくなるのだが、こんな時に限って他のことを思い出してしまった。船橋の駅ビル
シャポーでいただいたレストランの500円引き券が12月20日までなことを思い出してしまった。ちょっとした関係者にいただいた券なので利用しない
わけにはいかないので、時間のある今日、シャポーの中にある中華店を訪店した。何度か書いているが中華店の清湯を使用した麺類にはがっ
かりすることが多いので今日は焼きそばにした。普段基本のラーメンが多い私には中華店の五目焼きそばはかなりの量でお腹いっぱいになった
346 12月15日(火) (新店) らぁ麺
ばらや
最寄駅:地下鉄東西線 東陽町
住所:江東区東陽4-3-1
背脂中華そば
800円
地下鉄東陽町
駅すぐそばにできた新店。居酒
屋などの飲食店チェーンを展開している(有)バラコーポレーションのラーメン業態。江東区内にこのお店の他に2店舗(亀戸→住吉、南砂町)計3店舗を展
開しているいわゆる企業系のお店。ともすれば企業系のお店は大箱のお店が多く、オペレーションはそつないのだが温かさに欠けるといったところ
が多いのだが、こちらは7席とこじんまりしており、オペレーションは若い男女が頑張っている。企業系という知識が無ければ若いご夫婦(そうかもし
れないのだが)が開いた個人店舗と思ってしまうほど温かみがある。特に女性の接客は押し付けにならない程度の親切さがにじみ出ている。
また調理担当の男性も言葉遣いが丁寧で、それでいて見事なほどのこなれた調理だ。いただいたのはあご出汁を使用した背脂醤油ラーメンだが
、背脂がきつくなく使用している平打ちの中太麺との相性も抜群だ。一日15食限定の「不揃いのチャーシューたち」(現在280円→200円でサービス中
)もまだあって頼むことができたし、店頭のチラシ(その日に使用可能)で大盛りまたは味玉もサービスしてもらえる。いいお店が東陽町にできた。
347 12月16日(水) (新支店) 魚と豚と
黒三兵 御徒町店
最寄駅:JR各線地下鉄 御徒町
住所:台東区上野5-10-14
魚出汁ラーメン
850円
西新宿5丁目
にある同名店の初支店。ラーメン
横丁のこの場所は、この前までボンドオブハーツのチラナイサクラが入店していた場所。チラナイサクラは若い女性が着物で接客していたので一時期話題に
なったが、今度はもともとサバ6製麺所など関西のお店で働いていたご店主が開いたお店。「おおきに!」などの大声が響く。前のお店とは両極
をなすお店だ。店名からもわかるように魚出汁と動物系の出汁をベースにしたスープを提供している。西新宿のお店では魚出汁と豚骨出汁をブレンド
して魚豚骨ラーメンをいただいたので、今日は魚出汁ラーメンを。と言っても全く動物系の出汁を使用していないといったわけではないようだ。バランス
が取れていて私はこちらの方が美味しいと感じた。このラーメンには柚子胡椒が別添えで一緒に供される。卓上にある高菜との相性も良く美味しい
348 12月17日(木) (新店) らぁ麺
吉井 勝どき店
最寄駅:地下鉄大江戸線 勝どき
住所:中央区勝どき1-7-1
醤油らぁ麺
850円
地下鉄大江戸
線勝どき駅に直結しているサンスク
エアという食事処が集まっているビル内にできた新店。席は12席とこじんまりしているが、厨房内で働く人たちは真っ白な割烹着と割烹帽を着用し
ていて実に気持ちがいい。どうやらこの同じサンスクエア内の旬鮮酒場八というお店の関連店らしく、ラーメン専門店らしくない内装と雰囲気はその影
響かも知れない。メニューの基本は醤油と塩で、最近タンメンも始めたようだ。鴨出汁を基本として和食の技法を多く取り入れている一杯。希望すると
柚子をおろし金でおろして加えてくれる。チャーシューは鴨と豚の2種乗せ。バラエティー感はあるが、せっかくの鴨の風味を多少豚が隠してしまったかな
349 12月18日(金) (新支店) 麺屋
こころ 小岩店
最寄駅:JR総武線緩行 小岩
住所:江戸川区西小岩4-14-23
台湾まぜそば
850円
挽肉を使用し
た台湾まぜそばは、名古屋発祥
なのは間違いない(台湾には台湾まぜそばも台湾ラーメンもないのだが)。台湾まぜそばは麺屋はなびさんの名古屋高畑本店(既訪)が発祥で、
今日お邪魔した麺屋こころのご店主ははなびで修行された方だったと記憶している。しかし店員さんが着ているTシャツには本家の文字が。よく
あるケースだが元祖と本家は違う意味なのだろうと解釈した。入ってすぐに食券機があるのだが、多くのお客がその食券機の前で滞留してしまっ
て渋滞が発生している。どうやら台湾まぜそばそのものがどんなものかわからないので買うのに時間がかかっているようだ。一昔前のお勧めや
その店のスタンダードメニューが左上にあればもう少しわかりやすいのだが、最近は高額商品のボタンを最上部で大きくしてみたり左上にしてみたりし
ているのでわかりにくくなっているのだろう。私はいつものようにノーマルな台湾まぜそばで、最後に定番の追い飯で〆た。久しぶりで美味しかった
350 12月19日(土) (新店)
志那蕎麦 大丸
最寄駅:新京成線 鎌ヶ谷大仏
住所:船橋市咲が丘1-5-20
山椒そば
840円
新京成線鎌
ヶ谷大仏駅そばにできた新店。
少々年配のご店主と女性が二人。マスクをしているのでよくわからないが奥さんとお嬢さんぐらいの年齢か。基本は志那そば780円だが、少し
ひねって山椒そばを注文してみた。。スープは動物系といりこの合わせ出汁。厨房の奥にいりこの箱がいくつか見えたが、お店の規模にしては
かなりの量でしかもいくつかの産地のものが揃っている。濃厚というわけではないが、かなりいりこ出汁が効いている。ご店主はどちらかの繁
盛しているお店で修行されたようで、素晴らしい味の提供と手際の良さを見せるが、女性陣がかなり不慣れなよう。時間が解決するだろう。
351 12月20日(日) (新店) 横浜家系
ラーメン 一腹家 市原店
最寄駅:JR内房線 五井(遠い)
住所:市原市青柳北1-1
塩豚骨ラーメン
720円
海岸沿いの国道
16号から館山道市原ICに向か
う国道297号から少し木更津方面に入ったところにあるドンキホーテUNY市原店の中にできたお店。一腹家と書いて(イッパラヤ)と読ませるようだ。
面白い名前だなぁと思っていたら、そのまま読んだら(イチハラヤ)で市原市にあるからなのかと気づいた。家系としてはかなりオーソドックスな味で、
麺も製麺所はわからなかったがかなり短めの家系独特なもので、もしかしたら酒井製麺かも知れない。それにしてもこの地域は家系が多い。
352 12月21日(月) (新支店) 伊太
そばーる 新富町店
最寄駅:地下鉄有楽町線 新富町
住所:中央区新富2-4-8
オマールビスク
990円
TVのつぶれ
ない店という番組で、築地銀だ
この社長が千葉県京成電鉄実籾駅そばにあるつぶれそうなイタリアンレストランを立て直して、その時に設定したメニューがイタリアンラーメンだ。そのお店は
いまではかなり繁盛している。私もその後行ってみたが、カルボナーラ、ジェノベーゼ、アラビアータ、ポルチーニの4種とも大変美味しかった。その後銀座
三原橋にある銀だこ直営のお店でその4品を提供している。それに対して各論あるようだが、別にその店のラーメンをパクったわけでもないし、
おそらく最初からそう言う約束の元に立て直しをしたのだろうから全く問題はないと思う。そして地下鉄有楽町線新富町駅すぐ前に伊太ソバール
新富町店として7月に開店した。開店したことは知っていたが、すでに4種とも食べていたので後回しにしていたが、ある日その店の店頭を通る
とオマールビスクという新しメニューが登場していた。その時は食事時ではなかったので、この日に改めて訪店した。正直以前食べた4品とは比べ物
にならないほど美味しかった。最後に〆のリゾットという少量のご飯110円を頼んだがこれがまた良かった。トマトベースのラーメンなどパルメザンチーズ
(粉チーズ)が提供されるラーメンもあるが、私はこれほどチーズと相性がいいラーメンは食べたことがない。正直変化球ラーメンなのだがすっかり気に入
ってしまった。ちなみにどうして新富町などというあまりメジャーでない場所かというと、実はここのすぐそばの小さなビルに銀だこの本社があるから
353 12月23日(水) (新支店・新業態) 博多
一風堂 浅草橋本舗
最寄駅:JR総武線地下鉄 浅草橋
住所:台東区柳橋1-3-6
B定食(白丸に変更)
1100円
JR浅草橋駅
は実際の浅草橋(という橋)か
らは少し離れている。その浅草橋のたもとに東京初の一風堂本舗が開店した。通常の一風堂の支店とは異なり、本舗の文字が付いている。
どこが異なるかというと、通常の支店には一風堂のセントラルキッチンで作られたスープが配送されているが、本舗では実際にその店内でスープを炊い
ている。全国でも福岡の塩原本舗に続き僅か2店しかない。もちろん特別なメニューを提供できることはもちろん、店舗で新商品の開発等も行っ
ていくとのこと。全国の店舗でおなじみの白丸元味、赤丸新味の他に、福岡大名本店で出していた江戸式醤油ラーメン、そして博多もんじゃそば
(平日は14時からの提供)もスペシャルとしてラインナップされている。この日はやはりこの店ならではの博多チャーハン(半量)がセットになったB定食
(平日15時まで)をいただくことにした。セットのラーメンはチャーシュー等入っていないものなので、+100円(この日は白丸の気分だったが赤丸や
博多醤油に変更も可)でチャーシュー入りの白丸に変更した。この博多チャーハンは具も盛りだくさんに入っており、赤かまぼこ等色どりも綺麗。普段
フルサイズで590円で出しているものなのでこの定食はお得感がある。火によっては創業者河原氏も厨房に入るそうだがこの日はご不在だった。
354 12月24日(木) (新支店) じげもん
ちゃんぽん 品川店
最寄駅:JR各線私鉄 品川
住所:港区港南1-2-70
皿うどん(中)
880円
たまにちゃん
ぽんが食べたくなると超有名
チェーンRハットに行くことが多い。たまには皿うどんにしようかなとも思うが、Rハットに行くと基本のちゃんぽんの麺倍量増しでも値段が同じなので
つい基本のちゃんぽんにしてしまう。このお店の経営母体はDaiko corpと言って中央線沿線でじげもんとんという居酒屋チェーンを展開していた
企業。確かじげもんとんとは地元の・・・といった意味だったような。今年初めぐらいからこのじげもんというちゃんぽん店を展開していて、現在
ではフランチャイズも募集しているようだ。この品川店(正しくは品川シーズンテラス店)もフランチャイズの可能性が高い。今日は久しぶりに皿うどんをいた
だいた。皿うどんは麺を茹でない分簡単調理が可能だが、ランチタイムにも関わらず上にかける餡(ちゃんぽんも)注文の都度作って、作り置きを
していないそういえばいわゆる企業系にもかかわらず、ホールの女性たち(皆さん日本の方)の接客も温かく感じる。気持ちのい店だった。
355 12月25日(金) (新店) 麺屋
彩音〜Sign〜(サイン)
最寄駅:JR山手線地下鉄 五反田
住所:品川区西五反田2-18-3

850円
五反田駅から
5分ほどの便利な場所にある。
雑居ビルの2階でやや入りにくいが、専用階段なのであまり問題はない。10月1日の開店時直後はかなり話題になって行列も長く形成されて
いたようなので、しばらく時間をとって本日訪店。11時半の開店時間10分後ぐらいに到着すると、うまい具合に行列は全くなく、ファーストロットの
ラス前に滑り込むことができた。まずは評判の高い塩をいただくことにした。事前情報によれば醤油と塩はスープから異なっており、塩のスープは
香味油とチャーシューを除いてアニマルオフ(動物系の出汁を全く使っていない)ようだ。あくまで黄金色に澄み切ったスープだ。チャーシューは鶏胸肉と豚
の2種乗せ。ワンタン等入った特製にも惹かれたが、いつもと同じようにカロリーを控えた基本の塩で。丁寧に作る一杯はほぼ非の打ち所がない
356 12月26日(土) (うどん) はなまるうどん
ビビット南船橋店
最寄駅:JR京葉線 南船橋
住所:船橋市浜町2-2-7
温玉ぶっかけ(小)
319円
最近コロナの影響で
夕食は自炊が多くなったので、
土曜日には1週間分の買い出しがあり、時間的に昼食が取れないことも多い。それでもこの日は午後3時近くになってお腹が空いてしまった。
ここでガッツリ食べてしまうと夕食に響くので、ビビット南船橋というSCの中にあるはなまるうどんでいたもの温玉ぶっかけを。こういう時にサクッと
済ませるにはうどんがもってこいだ。ラーメン店にもハーフポーション等のメニューを置いているところもあるが、男性がそれを頼むと怪訝そうな顔をされる
357 12月27日(日) (新支店) 俺の生きる
道 柏店
最寄駅:JR常磐線 柏
住所:柏市中央2-9-11
ラーメン
850円
昨日はなまるうどん
で節制したので、今日はガッツリ系
が食べたくなり、白山にある「俺の生きる道」の柏新支店に来てみた。JR柏駅からは1キロ近くありかなり遠い。こちらの俺の生きる道のご店主
は独立リーグの茨城ゴールデンゴールスの現役投手。元は関西系の夢を語れで修行された方だ。現在ゴールデンゴー^ルスの元選手で現在監督を務める
片岡祐美さんのご主人としてマスコミに登場することも多い。しかしながらただの有名人が経営するラーメン店というわけではなく、上質な二郎インスパ
を提供する自家製麺の店として名声を得ている。この店の前につくばにも支店を出していて、すでに3店舗のオーナーとして実業家の道を歩んでい
る。他の二郎やインスパに比べると野菜は少なめ。ただチャーシュー(肉)に脂身が多く、脂の質が異なるので背脂好きの私でも多少辟易してしまった
358 12月28日(月) (新支店) 東京油組
総本店 津田沼組
最寄駅:JR総武線私鉄 津田沼
住所:習志野市谷津7-7-1
油そば(大)
780円
今日は仕事納めで
銀行周りが必要だったので、JR
津田沼駅そばで昼食となった。各地に支店がある油そばのチェーン店が津田沼駅南口そばに開店したので行ってみることにした。この津田沼駅
南口には千葉工業大学のキャンパスがあり、若い学生が多いのだがその割にはラーメン店が少ない。以前は現在よりもっと少なかったので、東池
大勝軒と永福町大勝軒の双方で修行をした異色のご店主のおみせ必勝軒に毎日長蛇の列ができていた。以前はこの東京油組総本店に来て
油そばを食べる時には、W盛り(320g)まで同料金なのでそうしていたが、最近はさすがに持て余してしまうので大盛り(240g)に。前回どこか
で食べた時に、医者に指摘されているカロリーのことを考えて並盛り(160g)にしたら2時間ほどでお腹が空いてしまい、現在は大盛りでちょうどいい
359 12月29日(火) 喜多方ラーメン
坂内 船橋店
最寄駅:JR総武線私鉄各線 船橋
住所:船橋市本町1-8-13
ラーメン
620円
船橋駅周辺にいく
つか所用が重なったので、京成
船橋駅近くにあるこちらのチェーン店に。喜多方にあるばんない食堂が母体となってはいるが、現在では全く別の経営となっている。スープの味付け
も麺の状態もチェーン店としては及第点以上で、喜多方の老舗と比べること自体が間違っているような気がする。チャーシューは基本のラーメンでも、小さ
いながら喜多方ラーメンらしくバラチャーシューが6枚ほど乗っている。チャーシューは薄味仕立てながら味がしっかりしているので、サービスでつけられるご飯
との相性がいい。スープも喜多方らしい薄色醤油ベースで、こちらも再現度は高い。年末休みの多い中、町中華に入るぐらいならこちらの方が良い
360 12月30日(水) (新店)
麺屋 あせい
最寄駅:JR総武線 新小岩
住所:葛飾区新小岩2-1-23
醤油らぁめん
800円
湾岸地域のホームセン
ターに所用があったので、その帰り
に足を延ばして江戸川区葛西にできた新店に行ってみた。大体年末年始休みは各店12月31日から1月3日までが多いので、この日12月30日は
まだ平常営業しているかと思ったのだがすでに休暇に入ってしまっていた。車だったので北に向かって少し走り、JR新小岩駅そばにできたこち
らの新店に。厨房には女性の職人さんらしき人が一人で麺上げをしている。基本は醤油と塩なので醤油をお願いした。澄んだスープに淡い色の醤
油が映えている。麺は菅野製麺の中細麺。実にシンプルな造りだが、逆にこの新小岩辺りでは珍しい。超有名店一燈の牙城だが頑張って欲しい
361 12月31日(木) 麺場 田所商店
本店
最寄駅:京葉道路 武石IC
千葉市花見川区武石町1-227-1
(限定)山形味噌
ラーメン 869円
いよいよ大晦日と
なったので空いている店も限ら
れる。昨年までは年末年始はあきらめて中華系ファミリーレストランに行っていたのだが、この1年で京葉道路の武石ICにラーメン店が林立し、しかもどの
店も大きな駐車場を有しており、年末年始も休まず営業している店が多い。今日はその中でももっとも古くからある味噌ラーメンの専門店田所商店
に行くことにした。10月末にIC更にIC近くに田所商店タンタンメン部という担々麺専門店を作って、そちらの方も本店以上に行列している。こちらの
味噌ラーメンの特徴は、味噌の種類を変えて北海道、信州、江戸甘など各地特有の違った味を提供していること。今回は期間限定で山形味噌が
出ていたのでそちらを試してみた。山形の味噌と言えば赤湯の龍上海の辛味噌ラーメンが有名だが、実は日本海に面した酒田でも味噌ラーメンは
有名だ。こちらは天童ほど辛くはなく穏やかな味をしている。こちらの山形味噌も酒田風。少々豆板醤を足して辛くしていただいた。美味だった
令和2年12月分