直線上に配置

しーまん・ラーメンとうどんの部屋

  至高の一品! どのような努力もいとわず食すべし。  長文コメント付き
     瞠目の一品! 一度は絶対に食すべし。         中文コメント付き
        優良の一品! お近くにお寄りの際はお勧めです。   短文コメント付き
          普通の一品! お腹がすいているときにはどうぞ。    短文コメント付き
             沈黙の一品! たまたま私の好みではないだけで・・・  文コメント付き

用語解説          CP・・・コストパフォーマンス 費用対効果 値段に対して内容がどうかということ
                デフォ・・・デフォルト 初期設定 トッピング等何も加えていない基本メニューのこと
                オペレーション・・・ラーメン調理やホール担当接客の様子
                カネジン・・・カネジン食品、本社が札幌にある有名製麺所、札幌ラーメンによく使用される
                インスパイア・・・特定の有名店を模範として自店の味を決めること。単なる模倣とは違う
                プロ・・・プロデュース 有名店店主等が新規店の味構成、内装等に深くかかわって決定すること
                連食・・・地方遠征時等、予定を立てて一日で複数のラーメン店を訪れること
                無化調・・・調理の手順で化学調味料を使用しないこと。醤油等も不使用品を使う店もある
                宿題店・・・かなり以前より話題になり、行かなくてはと思いつつ訪れる機会がなかったお店。 
                純すみ系・・・札幌の味噌専門店、純連・すみれに代表される、表面にラードが浮いた味噌ラーメン。

平成19年実績 264杯
平成20年実績 295杯
平成21年実績 371杯
平成22年実績 371杯
平成23年実績 340杯
平成24年実績 374杯
平成25年実績 348杯
平成26年実績 353杯
平成27年実績 354杯
平成28年実績 353杯
平成29年実績 342杯
平成30年実績 386杯
令和元年実績 364杯
令和2年実績 361杯
令和3年実績 350杯
15年間合計 5226杯
令和4年目標 380杯
遠征予定
なし
令和4年6月分
144 6月1日(水)
(新支店) 沖縄地料理
波照間 東京ソラマチ店
最寄駅:私鉄各線地下鉄 押上
住所:墨田区押上1-1-2
よくばりそば単品
1050円
東京スカイ
ツリーの6階飲食店街にでき
たお店。最近のNHK朝ドラに乗じた流行狙いの企業系沖縄料理店ではなく、那覇の国際通りに本店がある地元の沖縄料理店の東京進出
店。それでもスカイツリータウン内という観光立地のため、ジューシー(混ぜご飯)とモズクの酢の物がお膳になったセット物が主流。もちろん私は観光客
ではなく文字通り墨田区で働く地元民なので沖縄そば単品で。それでも三枚肉、ソーキ(骨付き肉)、中身(豚のもつ)が全部乗ったよくばりそ
ばにしてみた。プライスは1050円と観光地らしい4桁乗りだが、これだけ沖縄特産の豚肉各種が入っていればCPはそんなに悪くないだろう。
145 6月2日(木) (新店)
つけ麺 青桜
最寄駅:地下鉄新宿線 岩本町
住所:千代田区岩本町3-3-1
濃厚つけ麺
880円
最寄駅は地下
鉄新宿線の岩本町だが、JR
秋葉原駅からも徒歩圏内。以前は中国系の年配のご婦人がカウンターの中で調理をするラーメン店だった。内装はそのままだが、今度はいかにも
ラーメン店の大将風の人が調理している。日本系のお店になったのかと思いきや、店内の公用語は相変わらずチャイニーズだった。基本となる
つけ麺はいわゆる「またおま系」の豚骨魚粉。そして不思議なことに鶏白湯系のつけ麺もある。2〜3人も入れば動けないほど狭い調理場で
どうやって濃厚豚骨スープと鶏白湯スープを炊いているのか。言ってみれば便利な世の中になったもの。これでは若い調理人は育たないだろう
146 6月3日(金) (新分店)仙臺自家製麺 こ
いけや分店 緑裁(リョクサイ)
最寄駅:総武線快速緩行 新小岩
住所:葛飾区新小岩2-13-4
こいけ屋タンメン
(大) 980円
新小岩の
平和橋通りから少し東に
入った狭い道に面している。隣は下町町中華の名店「五十番」(住所は一緒!)仙台の評判店「自家製麺 こいけ屋」の分店。FCなどではな
く、ご店主は仙台本店の同級生で公認の分店。いただいたのは仙台本店でも評判のこいけ屋タンメン。ちょっとピリ辛のスープに特徴ある中太
麺が泳いでいる。麺は大盛無料で同料金。結構な麺量がある。野菜たっぷり麺もたっぷり、味も素晴らしく美味しい。プライスは980円と少々お
高めだが、このタンメンの味は東京都内では他で味わったことはない。それを考えると逆にこのプライスは大変お買い得といえるのではないか。
147 6月4日(土) (うどん) 丸亀製麺
船橋芝山店
最寄駅:東葉高速鉄道 飯山満
住所:船橋市飯山満町1-1402-1
ぶっかけ(温玉)+
野菜かき揚げ570円
午前中家事
をしながらTVを見ていると、
美味しそうな天ぷらが映っていた。急に天ぷらが食べたくなりこちらのお店に。私は普段うどん店では天ぷらを乗せたりはしないのだが、頭
野中は天ぷらでいっぱいだったので珍しく野菜かき揚げを。それでも温かいそばやうどんは苦手なので、冷たいぶっかけに天ぷら別盛で。
そんな時でも丸亀製麺は暖かいうどんつゆが使い放題なので、天つゆ替わりで美味しくいただいた。それでも570円。うどんのCPは高い!
148 6月5日(日)
日帰り遠征
(新店)
千葉 富士見家
最寄駅:千葉都市モノレール 葭川公園
千葉市中央区富士見2-9-6
ラーメン
720円
千葉都市モノレール
の千葉駅から2つ目の駅
。ヨシカワコウエンと読む。この店は以前は豚二郎という二郎インスパだったのだが、いつの間にか家系に衣替え。内装は以前のままなので、企業
けいのナンチャッテ新店なのかもしれない。ちなみに日曜の午後だというのにお客は私だけ。例によって家系など食べたこともないだろう若いお
姉さんに「(麺)硬め(油)多め」で注文すると(壁にも注文の仕方は書いてある)「麺硬め、味濃いめですか」ととんちんかんな答えが。しっか
り研修しておいてください。そんなお店だから味の方も推して知るべし。この店から見えるような近くの千葉中央公園横には今や大行列店
のS田家千葉駅前店が。15時近くなのに10人ほどの行列。この商圏状態でこのレベルの家系営業ではお先真っ暗と言わざるを得ない。
149 6月6日(月) (新支店)
三ツ矢堂製麺 渋谷店
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 渋谷
住所:渋谷区道玄坂2-9-2
つけ麺
920円
渋谷のマークシティー
脇にできた三ツ矢堂製麺
の新支店。当然だが周囲にはラーメン店やうどん店など麺関係の店舗がひしめいている。しかもこちらの新支店は飲食雑居ビルの2階で全く目
立つ場所ではない。にもかかわらず開店時間11時半になっても看板も出ないし明かりもつかない。11時45分頃になってようやく看板が出て
きた。開店は今月1日。開店から僅か6日しかたっていないのにこのやる気のなさ。こんな状況で生き馬の目を抜くといわれる渋谷駅近くで
勝負できるとは思えない。強いのは920円という高いプライスだけ。その割には並盛りのポーションが少なすぎる。こんな店が存続するほど甘くない
150 6月7日(火) (新店)
麺屋 HERO
最寄駅:JR山手線地下鉄 駒込
住所:文京区本駒込5-41-5
ラーメン 少な目
830円
駒込駅東
口からアザレア通りをひたすら
670m南下して広い通りに出たところにできた二郎インスパイアの新店。ご店主は本家ラーメン二郎桜台駅前店にいらっしゃった方。今月5日に
開店したばかりだが、そりゃあ混むだろうと思い開店15分ほど経った午前11時15分到着。行列は覚悟していたが、10人ほどなので食券を
買ってから最後尾に連結。注文はラーメン少な目。ちなみに麺量は230g。普通のラーメン店の大盛との表示あり。普通のラーメンは300gで850
円。普通のラーメン店の約2倍の表示あり。予想通り30分ほどで着席できたが、その時私の後ろには倍の約20名の行列。注文はニンニク、アブラ
で。麺はゴワくも無くヤワくも無くちょうどいい硬さ。スープは非乳化で大変美味しい。やはり本家出身。既存のインスパとは一線を課す美味しさだ。
151 6月8日(水) (新店)
ラーメン 伊勢路
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 池袋
住所:豊島区西池袋3-26-1
しじみらー麺(塩)
680円
西口バスロータリ
ーの向かい側。おそらく夜は
一杯飲み屋になる僅か5席のカウンターのみ店舗。麺メニューはしじみらー麺(塩)のみ。しじみを(小ぶりながら)20粒ばかり使用している。しじみ
は有名な青森十三湖産とのこと。実際には夜の時間帯もラーメン営業時間として表示されているので専門店化したようだが、どうやらそれでも
680円はこの池袋界隈では破格に安い一杯だ。それなりに原価はかかっていそうだが、残念ながら夜営業一杯飲み屋の昼二毛作営業の
域を出ていない。難点としては麺を食べようとするとしじみが多少邪魔になること。しじみは全部食べるかして丼の外に避難させてから完食
152 6月9日(木) (新FC?) 萬馬軒
橙(ダイダイ) 池袋店
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 池袋
住所:豊島区西池袋1-24-6
味噌つけ麺
(300g) 880円
以前目黒にあ
った萬馬軒だが、一時期閉
店していたかと思ったらこのところポチポチと店舗が開店している。定かではないが開店ペースから判断するとFC事業を始めたのではない
か。今回のお店は池袋西口の飲食街。1階はカウンターのみ6席ほどと狭小だが、どうやら2階、3階があるようだ。いただいたのは味噌つけ
麺。たいていラーメンとつけ麺がある場合、つけ麺の方がプライス高めのお店が多いが、こちらではラーメンもつけ麺も同料金。しかもつけ麺は20
0g、300gを同料金で選べるのでつけ麺の方がお得だ。二郎風に野菜とニンニクの増量ができるが、麺を300gに増量したので野菜とニンニク
は増量しなかった。それでも男性でも充分な量があるのでCPは悪くない。ショッパイという意見もあるようだが、萬馬軒の味噌はこういうもの
153 6月10日(金) (新支店) 横濱
本丸亭 新橋店
最寄駅:JR地下鉄各線 新橋
住所:港区新橋4-15-8
本丸塩ら〜麺
850円
本店が
横浜元町にあるお店の新
支店。すでに厚木や川越にもお店があるが、知名度の割には支店が少ないのでFCで☆はなく暖簾分けや支店なのだろう。ともすれば
塩ラーメンで多店舗展開すると特徴のないスープになりがちだが、今日久しぶりにいただいたところ、そんなことは少しも感じなかった。かえ
ってチャーシューが大変香ばしく美味しくいただいた。またカウンターには春菊をスープが熱いうちに浸しておくと美味しいです等気配りも感じた。
154 6月12日(日)
日帰り遠征
(新店)
中華そば 福籠(フクロウ)
最寄駅:京成本線 酒々井
印旛郡酒々井町上岩橋1108-1
醤油ラーメン
850円
千葉県佐倉
市に所用があったので、
近くにできたこちらの新店に。東関道酒々井ICからすぐの場所だが、私の住む船橋からは結構高い高速料金を使用するよりも、京成成
田空港線に沿って作られた国道464号(鎌ヶ谷から成田に向かって直線がほとんどでしかも信号がほとんどない)を利用しても所用時
間はあまり変わらない。ところが途中から雨が降ってきて、このお店で食べ終わるころには土砂降りになってしまった。おかげで所用を
中止してそのまま自宅まで戻ってしまった。肝心の味の方はほぼ特徴のない醤油ラーメン。わざわざそれを食べるためだけの遠出だった。
155 6月13日(月) (新店?)
シンちゃんラーメン
最寄駅:JR私鉄地下鉄各線 新宿
住所:新宿区新宿4-2-7
中華そば
950円
経営母体もご
店主の出身も系列?同士
のつながりも何一つわかっていない「ちゃん」系の新店。最近首都圏ではかなりの数が開店している(一説によると11店目とか)謎が多
いちゃん系だが、不思議とその味には結構統一性がある。基本の中華そばは澄んだ淡い醤油系のスープに平打ち麺。チャーシューは手作り
感満載の美味しいもの。今日も美味しくいただいたが、基本の中華そばが950円、もり中華は4桁乗りの1050円というハイプライスはウクライナ
紛争による小麦の不足や円高問題に影響されているので致し方ないだろう。場所は新宿バスタ(甲州街道のバスターミナル)の東側隣り。新
宿の喧騒とは少し離れた場所だが駅には近い。私のいる間に親しそうな同業者らしき方が来たがどこの人だろうか。ちゃん系の関係者?
156 6月14日(火) (新店) らぁ麺
ふじ田 荻窪店
最寄駅:JR地下鉄各線 荻窪
住所:杉並区荻窪5-30-8
塩らぁ麺〜ポルチーニ
香る〜 850円
各地で行
列を形成しているラーメン店、
はやし田の監修により開店した新店。荻窪の南口(青梅街道側ではなく丸長側)を出て数分の好立地。ラインナップは醤油、塩、つけ麺、ま
ぜそばと至ってノーマルだが、気になったのは「塩らぁ麺〜ポルチーニ香る〜」850円と昨今開店した新店の中では決して高いほうではない。
つけ麺は麺が異なるため(ホールの方がきちんとことわっている)少々時間がかかっていたが、私がお願いした塩らぁ麺はあっという間に
配膳されてきた。カウンター席は一人ずつアクリル板で仕切られていて感染対策も万全だ。麺は全粒粉使用の細麺で茹で時間も短いのだろう
。チャーシューは最近流行りの鶏胸肉と豚チャーシューの2種盛り。穂先メンマ。それに刻み赤タマネギの食感がいいアクセントになっている。美味しい。
157 6月15日(水) (新店)
貝と煮干し、時々濃厚
最寄駅:地下鉄各線 大手町
住所:千代田区大手町1-6-1
蛤と煮干しの醤油
らぁ麺 1000円
大手町の老舗ビル大手町ビルの地下2階
飲食店街にできた新店。運営は銀座の行列店むぎとオリーブとのこと。それならば期待できるだろうと訪店した。11時開店のお店に11時
半頃到着したが、いただこうと予定していた蛤醤油トリュフバターらぁ麺はすでに売り切れ。特に数量限定の表示はないがいったいどれくらい
の数を仕込んでいるのか。限定メニューが売り切れているのは仕方のないことだが、グランドメニューが開店30分も経たないうちに売り切れにな
るとは思えないが。6〜7人ほどの並びだったが全く進まない。入店してみてわかったのだが、カウンター内の調理場に男性3人も入っている
のだが、恐ろしく手が遅い。食券も何度も確認しないと頭に入らないのか。一人分の食券を少なくとも5、6回確認している。とても繁盛店
むぎとオリーブの運営とは思えない。麺は三河屋永麺と共同開発の特注麺とのことだが、残念ながらこのsスープとの相性があまり良くない
のか少しも美味しさを感じない。そればかりか茹でている間に攪拌はしているようだがだまになって食感も悪い。どうにも感心できないお店
158 6月16日(木) (新店) 自家製麺
毘舎利(ビシャリ)
最寄駅:地下鉄私鉄各線 町屋
住所:荒川区町屋2-2-3
小ラーメン
850円
各私鉄の
町屋駅からすぐの好立地。
以前は元屋とおいう居酒屋さんだったとのこと。客席の一番奥まった半個室のような場所に製麺機が置いてある。居酒屋時代は団体用
の席だった場所のようだ。コロナ禍もあったので居酒屋が業態変更でラーメン店になったのは珍しくないが、二郎インスパでしかも自家製麺
という腰の座った形態にするのは珍しい。基本の小ラーメンはデフォで麺量300gあるようなので、少な目にしようか少々考えたが、結果的に
野菜の量が他店に比べて少な目だった(もちろん増量もできる)のでちょうどいい量で完食できた。麺も平打ち気味の美味しい麺で合格
159 6月17日(金) (新店)
濃厚豚ボナーラ ポルコ
最寄駅:JR総武線快速 新小岩
住所:葛飾区東新小岩1-2-1
濃厚豚ボナーラ
900円
新小岩駅周辺
は麺屋一燈のドミナント戦略
(地域集中戦略)の総本山だ。なかなか他のラーメン店が進出しずらい場所ではあったが、神保町のイタリアンの別業態としてこちらのお店が
開店した。一燈グループとは業態を全く異にするので良いとは思うのだが、ここ新小岩という土地柄、スープオフのまぜそばで基本900円、小
ライスを付けると4桁1000円は少々強気だ。特に麺に特徴があり、オーション使用のかなり太めのうどんのような麺なので、茹で時間が結構
かかっている。まだ開店直後なので昼時でもお客は私を含めて数組だったが、混みあった時にこの茹で時間はネックになりそうな気がする
160 6月18日(土) (新支店)家系ラーメン 王
道家直伝との丸家 船橋店
最寄駅:東武野田線 馬込沢
住所:船橋市馬込町1171
ラーメン
750円
以前は
地元の町中華の結構大き
な店舗だった。駐車場もかなり大きく、やはり近くの馬込斎場の法事狙いかなと思ったが、やはり町中華では法事客にはあまり向かなか
ったようで撤退となった。その場所に王道家直伝(王道家では吉村家との確執のせいか直系とは言わず直伝と言う)のとの丸家が開店し
た。これが結構広い店舗で単独の家系ラーメンだけでは問題があったのか、約半分を仕切って同じく王道家系列のまぜそば専門店清水家
が開店したのだが、なぜか開店1週間ほどで臨時休店になってしまった。味調整のためということになっているが、実態は不明。機械の具
合か大人の事情か。この日はまだ清水家の部分は休業中だったが、同じ系列なので清水家のTシャツを着たお姉さんも研修を兼ねてか
一緒にとの丸家で働いていた。さずが王道家といったところで味には何ら問題が無い。おなじみの無限ニンニクもご飯に乗せて堪能しました。
161 6月19日(日)
日帰り遠征
(宿題店)
麺処 丹治(タンジ)
最寄駅:JR各線私鉄 佐倉
住所:佐倉市表町3-21-8
塩ラーメン
850円
京成本
線本佐倉駅近くにある本
佐倉城址(佐倉城址は二つあって、中世千葉市が治めていた本佐倉城と、現在一部が国立歴史民俗博物館になっている、江戸時代に
老中堀田氏が入城していた佐倉城がある)に所用があったので、宿題店になっていたこちらのお店に。私が住んでいる船橋市から佐倉
市はそんなに遠くはなのだが、佐倉市は意外に広く、京成勝田台あたりが西の端で、この本佐倉城がある本佐倉は東の端の成田市に
近いところにあり、船橋からは結構距離があるので、2017年に開店し佐倉市の中でもランキングが結構上位のこちらのお店は宿題店となっ
ていた。いただいたのは基本の塩ラーメン。自家製麺のようだが、結構手間のかかる細麺も上手に仕上げていた。スープも美味しく丁寧だった
182 6月20日(月) (新支店) 大阪王将
カメイドクロック店
最寄駅:JR総武線私鉄 亀戸
住所:江東区亀戸6-31-6
ラーメン+半チャーハン
880円
以前から小
規模のSCだった場所だが
、全面的に立て替えてカメイドクロックというSCに生まれ変わった。元々亀戸にはランドマークと呼べるような施設はなかったが、これができたお
かげで、隣の錦糸町に負けないような繁華街になっていくかも知れない。そのカメイドクロックの4階カフェテリアに大阪王将が入店したので久し
ぶりに尋ねてみた。他にもおなじみのハンバーガーショップなどが入っている。今日はあえて大阪王将の一押しである餃子以外のメニューにして
みた。いわゆる醤油ラーメン+半量チャーハンの半チャンラーメン。醤油ラーメンには全く期待をしていなかったのだが、思いのほかきちんと作られてお
り、チャーシューもこういった場所ではよく見るハムのようなものではなく、ちゃんとしたバラ巻きシャーシューだった。880円は今時の適切プライスか。
183 6月21日(火) (新支店) どうとんぼり
神座 KAMEIDO CLOCK店
最寄駅:JR総武線私鉄 亀戸
住所:江東区亀戸6-31-6
おいしいラーメン
760円
昨日と同
じく多忙だったため、職場
の近くのこちらのSCに立ち寄り。昨日は4階にある大阪王将にお邪魔したが、今日は同じく4階のもう1軒の麺類取り扱い、神座に訪店。
いただいたのは基本のおいしいラーメンの単品。カフェテリア方式なのでちょっと心配したが、他の店舗と同じく販売カウンター横にニラの和え物が置
いてあったので一安心。もちろんたっぷりと入れさせていただきましたが、私の前の中年のご婦人は、一杯のラーメンにもかかわらず、子供
用の小さな丼に山盛りにニラを持っていった。。わたしはおそらくそのご婦人より長く生きてはいるが、そこまで図々しく生きてこられていな
いのでちょっと真似は出来ない。バックの中にパックでも入っていて持って帰るのかしら。出来たら私もそうしたいくらいこのニラは美味しいと
思いますがね。ラーメン本体は相変わらず美味しい、と言うか他には見ない独創性のあふれた一杯。長い間よく守ってきていると感心する。
184 6月22日(水) (新店)
つけ麺大ちゃん
最寄駅:JR総武線地下鉄 錦糸町
住所:墨田区江東橋3-5-10
牛すじつけ麺
1000円
基本メニューは牛すじ
つけ麺のみで、並盛200g
1000円、大盛250g1100円。錦糸町場外馬券売り場(WINS)の横にあり、カウンターのみ4席と狭小。トイレや手洗い用の洗面台も見当た
らず、飲食店営業の許可(許可証は見当たらなかった。取れているとしてもそれだけで違反)が取れているかどうかも怪しいようなお店。
牛すじつけ麺は牛すじがツケダレの中に入っている。アイデアは悪くないと思うのだが、まるで煮込みが足らず硬くて食べられたものではない。
185 6月23日(木) (新店) 錦糸町
中華そば さん式(サンショク)
最寄駅:JR総武線地下鉄 錦糸町
住所:墨田区太平4-2-1
烏賊背脂煮干
中華そば 880円
JR錦糸
町駅からは500mばかり離
れた北側の蔵前橋通りに面した都営住宅の1階下駄ばき店舗。並びには以前から天下一品等あったが、今では町中華が並んで入って
おり、ミニ中華街と言ったところ。店名はさん式と書いてサンショクと読むようだ。麺は菅野製麺所の中華麺を使用。従来から烏賊出汁を使用し
たラーメンはたまに見るが数は少ない。ともすれば烏賊の味が強すぎてスープが台無しになる場合が多いが、こちらのスープはそのあたり上手
に処理をしていて烏賊の味が強すぎることもなく、煮干しの味とうまく調和していて美味しかった。本郷のねむ瑠ご出身のようだ。良品です
186 6月24日(金) (新店)
しののめヌードル
最寄駅:JR総武線緩行私鉄 亀戸
住所江東区亀戸3-45-16
しののめまぜそば
1000円
昨日お伺
いしたさん式さんが、錦糸町
駅から北に向かい、蔵前橋通りを右折した500mほどのところだったが、今日お伺いしたこちらのお店は亀戸駅を北に向かい、蔵前橋通り
を左折した600mほどのところ。実はこの2つの新店は同じ蔵前橋通りで200mほどしか離れていない。ただしどちらも駅からは少し距離
がある。到着したのは12時10分過ぎ頃だったが、満席で店頭には3人の並び。1日10食ほどのしののめまぜそば狙いで来ているので
少々心配したが問題なくゲットできた。情報では女性二人のオペレーションとのことだったが、この日は女性一人でのワンマンオペレーション。カウンター
6席はいいとしても、4人掛けのテーブルもあり作って運ぶのは少々きつそうだった。いただいたしののめまぜそばはドライプチトマトがいいアクセント
になっており、だいぶ洋風の造りながら最後まで飽きずに食べ進むことができる逸品。亀戸天神の横で場所的にはいまいちだががんばれ
187 6月25日(土) (期間限定)ラーメン豚の花道
PREMIUM 諸国ラーメン紀行
最寄駅:JR各線私鉄 船橋
住所:船橋市本町7-1-1
味噌ラーメン
780円
例によっ
て終日船橋から離れられな
かったため、昼食は東武百貨店船橋店内の札幌西山ラーメン主導で、月替わりの期間限定店として出店しているこちらのお店に。今月は
札幌白石区にある「豚の花道」というお店。こちらもその本店は未訪。北海道の本店より少し値段はお高めだが、関東地区に出店するに
は何かと物入りなのだろう。そう大きな特徴はないのだが、純すみ系のような好き嫌いがはっきり分かれてしまうこともなさそうだ。
188 6月26日(日)
日帰り遠征
(新店) 油そばまぜそば
専門店 まる伊
最寄駅:京成千葉線 京成稲毛
住所:千葉市稲毛区稲毛東2-16-32
油そば
900円
京成千葉線の稲
毛駅から150mぐらいの場
所。BARか何かで営業していたのをコロナ禍をきっかけにまぜそば専門店に衣替えしたようだ。雑居ビルの地下で、置き看板がなければ
ラーメン店とはわからないだろう。メニューは基本の油そばと辛いバージョンの辛まぜそばのみ。カウンターの奥に簡便な厨房があるようだが、スープ
を仕込むスペースまでは取れなかったのでスープオフのみの営業らしい。それでも頑張って驚くほどおいしいまぜそばや油そばを提供している
お店もあるのだが、こちらの油そばはカエシがしょっぱくてとても食べられたものではない。先日4月に引退した一条家元のがんこもしょっぱ
くて有名だったが、あの店のお客はある意味そのしょっぱさを求めて、納得して集まっているのだからそれはそれで価値がある。ところが
通常のお店で限度を超えてしょっぱいのは、その店の味造りをしている責任者のセンスの無さと言えるだろう。もっと他店の味を参考にして
189 6月27日(月) (新支店) ラーメン豚山
東京ラーメン横丁店
最寄駅:JR各線地下鉄各線 東京
中央区八重洲2-1 八重洲地下街内
ミニラーメン
780円
八重洲
地下街の北端に位置して
いる東京ラーメン横丁だが、正式オープンは明後日6月29日。それに先駆け現在4店舗が先行プレオープンしている。そもそもプレオープン(ソフトオープ
ンと称する場合もある)とは正式オープン前の、いわば従業員の訓練や味の組み立て、また厨房機器に問題が無いかどうか試験するといった
段階なので、私はめったに行かないのだが、昨今の二郎インスパの新規開店店の混雑を目の当たりにしているので、こちらのお店に限って
はプレオープン時に訪店しておくことにした。それでも昼時なので10人ほどの行列。それでも厨房内やホールはさすがに豚山の精鋭揃揃いなの
で回転は素晴らしく早い。購入した食券は豚山では最小量の「ミニラーメン」それでも麺量は125gで野菜は山盛り、豚は大ぶりのマキバラチャーシュ
ーが2枚と私にとっては充分な量(ちなみに小ラーメンは250g、大ラーメンは375g)そしてこちら豚山には日替わり、店舗替わりで「アレ」という
無料トッピングがあることを知る人は少ない(この日もカウンターに並んだ8人ほどの中で「アレ」を頼んだのは私だけだった。この日の東京横丁店
の「アレ」は刻み高菜だった。これがまた豚山特有の脂っこいスープにぴったりとよく合っていた。これで正式オープン後には並ばなくて済むな
190 6月28日(火) (うどん準新店)
TOMBO
最寄駅:JR各線地下鉄各線 新橋
住所:港区新橋4-18-1
とり天ぶっかけ
うどん(冷) 500円
新橋駅
そばに所用があたので、
昨年11月に開店していたこちらのお店に。立ち食いなのだが、こちらのとり天はボリュームがあっておいしいと聞いていたので、本日ようやく
訪店。噂のとり天は大振りのトリ天が三つ乗っている。しかも揚げ過ぎていないので(人によっては少々心配になるくらい軽く揚げている)
うどんも硬すぎず、しかも腰を保っているので非常に食べやすい一品だと言える。テーブルの上には入れ放題の揚げ玉もあるがカロリーが心配
191 6月29日(水) (新支店) 釜焚きとんこつ
がっとん東京ラーメン横丁店
最寄駅:JR各線地下鉄各線 東京
中央区八重洲2-1 八重洲地下街内
ラーメン+替え玉
780円+120円
いよいよ本日
東京ラーメン横丁がグランドオー
プンとなった。店舗は町田商店、いと井、がっとん、豚山、元祖油堂、長岡食堂、風雲児の6店舗。少し詳しい人ならお分かりの通り、6店
舗の内5店舗は町田商店を旗艦とする(株)ギフトの大船団。風雲児と(株)ギフトの関係性は不明だが、ラーメンコンプレックスと言うよりも(株)
ギフトの集合店舗と言ったほうがよさそうだ(東京駅地下街で少し古株のラーメンストリートも神仙の開店でますますせたが屋色が強くなったが)
今日いただいたのは博多風豚骨ラーメンのがっとん。店舗は神奈川県内が多いのでまったく訪店したことはないので初訪だが、まずスープ
が美味しくない。逆に言えば博多豚骨のスープはどの店も似たり寄ったりだが、それは変化球を投げると大外れになるからと言った意味合
いが強い。残念ながらこちらのスープは大外れ。そして麺も感心しない。おそらく(株)ギフトの四之宮製麺だろうが粉っぽLくて味がしない。
192 6月30日(木) (新店)
麺屋 木ノ下
東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー
住所:墨田区業平1-9-9
醤油ラーメン
850円
押上にあ
る東京スカイツリーの足元にで
きた新店。店内蘊蓄によれば、大きな樹(スカイツリー)の足元なので木ノ下という店名にしたとか。ワンタンメンも推しのようだが初訪なので基本の
醤油ラーメンを。出汁に椎茸を使用していることも推しのようで、確かにスープからは椎茸のグアニル酸を強く感じる。最近豚と鶏胸肉のお2種の
チャーシューを使用する店が増えたが、こちらでは豚バラ、鶏胸肉に加えて牛肉(だと思う)も使っているようだ。しかも未確認だが挽き肉らしき
もの(もしかしたらスープを作るときの濁り取りかもしないが(も入っていた。麺は腰が強めの中細麺。丁寧に作った上質な中華そばだった。
令和4年最高峰五つナルトの名店
直線上に配置
令和4年7月分
193 7月1日(金) (新店)
江戸麺 GOODLE
最寄駅:JR私鉄地下鉄 高田馬場
住所:新宿区高田馬場4-13-13
背脂煮干グードル
900円
以前この辺
りに都内唯一の天理スタミナ麺
(天スタ)の店があったと思うが今はもうないのかな。企業系とのうわさもあり、またご店主は千葉八千代にある食の道場の出身との説もあ
る。確かに6月23日に開店して1週間ほどとは思えないほどオペレーションは安定しているので、ラーメン店以外の店舗を経営していた企業系の
新業態かもしれない。基本は醤油グードル(GOODなNOODLE)だが、今日いただいたのは背脂煮干グードル。最近流行りの豚と鶏の2種
チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉が乗っている。普段他の店ではそんなに感じないのだが、今日はお水を1杯飲んでおいしいなと感じた。どうや
ら浸透膜を利用した特殊な浄水器を使用しているようだ。ともすればあまり目立たない工夫だとは思うが、飲食店は水商売と言われるほど
水は大切。感心した。それとカウンターにい草(畳表に使用する材料)を使用しているのがとても印象的でしかもこの上ない清潔感が出ている