自宅:


大きな地図で見る

271-0088
松戸市二十世紀が丘柿の木町41

TEL : 047-366-0012
FAX: 047-331-3531

 

アフリカへ
毛布を送る運動

 


  マイチャンネル
Youtubeチャンネル

せいいち通信 春号です。ぜひご覧下さい。

 
  

 ↑↑クリック


せいいち通信 秋号です。ぜひご覧下さい。 

 マイチャンネル

 ↑↑クリック


平成26年3月議会報告
平成26年度 予算審査特別委員会委員長として松戸市民の為、数多くの予算の審査に精査致しました。

予算について

新聞記事

松戸市議会予算審査特別委員会
当初予算5事業を削除
市民自治モデルは2年連続
松戸市議会の予算審査特別委員会が17日開かれ、委員一般会計当初予
算案の一部を削除した修正案が提出され、賛成多数で可決した。削除されたのは新規を含む5事業で、中には本郷谷健次市長の肝いりの中核市移行に向けた検討や市民自治のモデル事業も。市民自治事業は昨年の当初予算でも削除された。市議会最終日の24日の本会議に諮られ最終的な判断が下されるが、修正案が可決される見通しだ。

特別委で削除されたのは中核市移行に向けた諸課題などを研究する「政策研究事業」(328万円)、市内の地区ごとに課題を解決する為の制度づくりを目指す「市民自治検討事業」(1500万円)、北松戸保育所の移転新築に伴う予算(7819万円)、JR新松戸駅前の自転車駐輪場新設の設計委託費(970万円)。災害時の衛生携帯電話導入費(176万円)。5事業の総額で約9,444万円に上がる。
政策研究事業の内訳は@緊急政策フォーラム開催費先るA近年減少傾向にある市の人口動態を調べる政策課題調査研究費B中核市市長会にオブザーバーで参加する負担金。内容の異なる事業だが、特別委から”丸ごと削除”された。
本会議雲道予算が認められなかった場合、同事業を担当する政策推進研究室は執行する予算がない状態で新年の業務がスタートする公算が大きい。同研究室は「残念な結果。自治体のシンクタンクという組織の位置づけだが、ご理解いただけてない」としている。同研究室は本郷谷市長が就任後に新たに設置した部署。
市民自治検討事業は、本郷屋市長が2010年の市長選事に掲げたマニフェストの1項目「地域協議会の設置」の前段となる事業。
「地域のことは地域で解決する仕組み作り」を構築するため、新年度は2〜3地区をモデル地区に指定し具体的な利用方法を検討してもらう予定だが、特別委から予算を認められなかった。

平成26 年度一般会計予算修正(削除)部分について

●総務費  4,785千円
 ◎総務管理費 4,785千円
  ・政策研究事業 3,285千円
   (政策推進研究室)
  ・市民自治検討事業
   モデル地区事務局運営費負担金
   (市民自治課)  1,500千円

●民生費 78,192干円
 ◎児童福祉費 78,192干円
   ・市立保育所関係事業
    北松戸保育所新築工事設計委託
    (保育課)  23,000 千円
    新松戸南部保育所屋上防水工事他
    (保育課) (北松戸保育所関係・開発許可等業務)
          22,000千円
    北松戸保育所移転事業(継続費)
    (保育課)  30,000千円
    北松戸保育所土地賃借料
    (保育課)  3,192千円

●土木費 9,700千円
 ◎都市計画費 9,700千円
  ・自転車駐車場管理運営事業
   自転車駐車場調査・設計等委託料(新松戸駅・委託料)
   (交通政策課)  9,700千円

●消防費  1,767千円
 ◎消防費  1,767千円
  ・防災施設整備事業
   衛星携帯電話導入関係経費
   (危機管理課)  1,767千円

歳入と歳出の主な増減内訳


PDFファイルですがご覧下さい。
<こちらをクリック>

平成26年度松戸市当初予算

詳しくPDFをご覧下さい。>>>

平成26年3月市定例会議案概要

平成26年3月市定例会 議案の概要をPDFでご覧いただけます。>>


続きを読む24年度の活動報告は<こちら>からご覧頂けます。