SIDE MENU


TOPICS
SHOW
NEW YORK編
SANFRANCISCO編
Linkについて
Contact
Profile



CONTENTS
ラスベガスへのアクセス
ラスベガスの位置と概要
ESTA/パスポート/ビザ
入国と出国
ラスベガスの気候と時差
通貨と両替
電話と郵便
ラスベガス生活実用
ラスベガス旅行プランニング
ラスベガスのテーマホテル
夜景スポット
ラスベガス市内交通
ラスベガスの治安
医療事情
オプショナルツアー
ラスベガスグルメガイド
いざという時の便利帳
カジノ・ゲーミング
使える英会話
海外旅行損害保険
映画で観るラスベガス
ラスベガスのお土産
CM動画




 

ラスベガスの医療事情





ラスベガスでの健康管理


ラスベガスは乾燥している地域のため水を飲む機会は多いですが、水道水は硬水のためお腹を壊す恐れがあります。ラスベガスではなるべくミネラルウォーターを飲用した方がよいでしょう。また昼夜の気温の寒暖の差が激しいラスベガスでは重ね着などで上手く体温調節を。日中の日差しはかなり強いので日射病に注意が必要です。また日焼け止めはラスベガスでは必需品です。


ラスベガスでの医療機関


ラスベガスで万が一病気やケガをしてしまった場合はストリップ周辺であればFamily Medical Group(ファミリー・メディカル・グループ)が有名です。日本語通話が可能な電話対応も24時間OKです。もしもの場合はホテルのフロントに連絡するのがいいかもしれません。高額な医療費が心配なところですが海外旅行損害保険に加入済みの場合、保険会社によっては旅行者が立替え払いをしなくてもすむ提携病院を紹介してくれます。  

 Family Medical Group      
(702)737-3088(日本語通話)                (702)220-7700( 英語通話 )
4415 W. Flamingo Rd.,Las Vegas NV 89109










 

TIME DIFFERENCE



現在の時刻
東京
ラスベガス









ラスベガスでの医療費 について


ラスベガス(アメリカ全般)は医療費が非常に高額で救急車も日本とは違い無料ではありません。もしもに備え渡航前に海外旅行損害保険に入る事をお奨めします。持病をお持ちの方は日本で診断書と処方箋(いずれも英文)をもらっておくと安心です。



海外旅行損害保険の手続きは↓


損保ジャパンの新・海外旅行保険
















TOP PAGEへ
当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、 その全てを保障するものではありません。当サイト利用により 生じたいかなる損害において一切責任を負いません。