【 ホームページから飛び出した 単行本です 】


【 はじめての源氏物語 】 ・・・わかりやすい入門の入門
日本が世界に誇る古典文学の華「源氏物語」。その「源氏物語」をやさしく、わかりやすく解説した入門書です。
<目次>
・源氏物語目安書(ざっとアウトラインを)
・舞台背景(当時の時代感覚)
・ひとくち54帖(魅力のタイトル全員集合)
・登場人物の系図
・作者:紫式部という人
・第一部:光源氏の栄華の前半生・・・「桐壷」から「藤裏葉」
・第二部:苦悩の晩年・・・「若菜上」から「雲隠」まで
・第三部:宇治の物語・・・「匂宮」から「夢浮橋」まで

それぞれの巻に、登場人物、系図、あらすじ、原文のさわり、コメントなどを配し、やさしく、わかりやすく解説しています。

発行所:株式会社 文芸社、発行日:平成12年11月1日
著者:篠崎 辰夫
定価:本体1300円+税、(四六版・244頁)
ISDN4−8355−0944−7


【 じゃんけんおやじ 】・・・痴呆症との闘いの記録
妄想、徘徊などとつきあいながら、痴呆症の父親を支え続けた家族の記録です。
明日は我が身のこの問題を、決して悲観的にならず、明るく前向きに取組んでいくためのメッセージです。
ぼけないための自衛策あれこれを、併せて収録しています。
<目次>
・じゃんけんおやじ・・・痴呆症との闘いの記録
・ぼけないための「おまけ」
自衛策あれこれ、漢字あれこれ、創作四字熟語
クロスワードパズル、インターネットミニ入門の入門

・おやじからの贈り物・・・読者からのメッセージ

発行所:株式会社 文芸社、発行日:平成12年11月1日
著者:篠崎 辰夫
定価:本体1000円+税、(四六版・112頁)
ISDN4−8355−0938−2