わかむらさき

源氏18歳の春。こんどは、われわれにはとても考えられないどんでもないことを企てます。
幼女を強引に連れ去り、この子を気長に理想の女性に育て、自分の妻にしようというのです。 源氏は、ロリータ趣味もあったのでしょうか。
その幼女こそが、後の物語のヒロインともなる「紫の上」です。
その一方で、あこがれの藤壷の宮と密会し、懐妊させたりもします。

物語はいよいよ佳境に入り、おもしろくなっていきます。



若紫
わかむらさき
のちの「紫の上」。藤壷の宮の兄「兵部卿宮」の姫君。つまり藤壷の姪。
恋しい藤壷によく似ているため、源氏の目にとまり、運命的出会いとなる。



源氏18才。恋の冒険は「病」の治療からはじまります。
この頃源氏は、「わらは病」というマラリアのような病気に悩まされており、この病気治療で、北山の名高い修行者のもとにおもむきます。
治療の合間に山中を散策していると、偶然に思いを寄せる藤壷の宮にそっくりな少女を垣間見ます。
その少女が藤壷の宮の姪とわかると、なんと源氏は、少女の祖母の尼君に、結婚を前提に後見を申し出ます。しかし当然のことながら、幼さゆえに拒まれます。

この少女の一件で気が紛れたのか、「わらは病」はどこかにいってしまったようです。すっかり回復した源氏は下山しますが、少女も源氏を好ましく慕うようになります。

帰京しても相変わらず冷ややかな正妻「葵の上」にあきたらない源氏は、北山でしきりに文を通わせるようになります。 その一方で、そのころ病気で宮中から里帰りしていた藤壷の宮にせまり、ついに彼女は源氏とあやまちをくりかえしてしまいます。そしてこの一度の逢瀬で源氏の子を宿してしまいます。

北山では、少女の祖母の尼君が死に、父の兵部卿宮が少女を引き取ろうとしますが、源氏はその直前に先回りして少女をさらってきてしまいます。
少女は、新しい二条院での生活に無邪気に溶け込んでいきます

「若紫」のちの「紫の上」の誕生です。

  • 「わらは病」の「わらは」というのは、もしかしたら、少女をあらわす「童」という意味を含んでいるのでしょうか。少女がその病を直してしまったようです。
  • この少女は、のちの物語のヒロインとなる「紫の上」、やがて誕生する藤壷との不義の子は、のちの「冷泉帝」・・・。物語の長編化の契機となる重要な巻といえるでしょう。
    ここにきて、物語のおもしろさが一層増してくるようです。


・・・・・ほんの少し、雰囲気を。

・冒頭の部分

わらは病にわずらひたまひて、よろづにまじなひ、加持などまゐらせたまへど、しるしなくて、あまたたびおこりたまひければ、ある人、「北山になむ、なにがし寺といふ所に、かしこき行ひ人はべる。去年の夏も世におこりて、人々まじなひわづらひしを、やがてとどむるたぐひあまたはべりき。

源氏の君がわらは病にお悩みになって、手を尽くしてまじないや加持などおさせになるけれども、効験がなく、たびたび発作をお起こしになったので、ある人が「北山でございますが、何々寺という所に、すぐれた修行者がおりましす。去年の夏も世間に流行して、さまざまの人がまじなっても効きめがなくて、てこずっておりましたのを、即座になおした例がたくさんございました。

日本古典文学全集「源氏物語」(小学館)より



トップページへ。「 末摘花 」へ。