物語もいよいよ第三部にはいりました。

前の「幻」の巻で、源氏を主人公とした物語は終わり、この第三部との間には、八年の歳月が流れております。
この間に、源氏をはじめ致仕の大臣(もとの頭の中将)、髭黒などは皆世を去り、世代交代して世の中はすっかり新しくなっています。
そして、物語も新しい展開をし、新しい主人公が登場します。

「匂宮」から「紅梅」「竹河」の三巻は、それ以降のいわゆる「宇治十帖」につなぐための舞台転換などを語る、つなぎとして位置づけられています。


「匂 宮」宇治十帖の主人公となる、薫と匂宮、そして二人をめぐる女性たちを紹介します。
「紅 梅」亡き太政大臣家(もとの頭の中将)の後日譚。柏木の死後、その弟が家系を保っています。
「竹 河」髭黒亡き後の玉鬘家の後日譚。玉鬘が、姫君たちの結婚問題に心いためるエピソード。

「 系図 」・・・下の画像クリックで全画面表示




におうのみや


源氏亡きあと、その面影を偲ばせる貴人は少なく、わずかに「匂宮」(当代の今上帝と明石中宮の第三皇子)と、「薫」(源氏の子。実は柏木と女三の宮との不義の子)の二人だけです。
「匂宮」は、紫の上の遺言で二条院に住み、元服して兵部卿宮と呼ばれています。
「薫」は、冷泉院にとくに目をかけられていて、元服のあと中将に昇っています。しかし、脚光を浴びる境遇に反して、我が出生に疑念を抱き、現世のことをうとましく思い、出家の志を持っています。
薫は、その身体から出る芳香に恵まれており、匂宮はそれを妬ましく思い、張り合って着衣に香をたきしめています。

世間での二人の評価は高く、「匂ふ兵部卿宮、薫る中将」と並び称してもてはやし、だれもが婿にと望んでいます。
匂宮は好色で、冷泉院の女一の宮に関心を寄せていますが、薫は出家の妨げになることを怖れて、女性には近づきません。
薫のまわりには、彼を慕う多くの女性が集まってきて、せつない思いをしています。

「夕霧」は、今や右大臣となって栄えており、落葉の宮と雲居の雁の間も落ち着いています。
彼には6人の娘がいますが、その娘の一人に匂宮をと望んでいますが、匂宮はその気がありません。


  • 「薫」は、その身体に現世の人とも思えぬ芳香をそなえているところから「薫」と呼ばれ、匂宮は、それの負けまいと着衣に香をたきしめて張り合っていることから、「匂宮」と呼ばれるようになったと言われています。


<もとにもどる>



こうばい


この巻の中心人物、紅梅大納言(按察大納言=あぜちのだいなごん、とも呼ばれる)は、故致仕の大臣(もとの頭の中将)の次男で、柏木の弟です。 正妻を亡くし、真木柱(髭黒の娘)と再婚しています。
正妻との間に生まれた姫君が二人(大君と中の君)いますが、真木柱の連れ子(蛍兵部卿宮の実娘=宮の御方)もいて、邸に一緒に住んでいます。

この三人の姫君に求婚する人がたくさんいて、帝や東宮からも意向が伝えられています。
帝には明石の中宮が、東宮には夕霧右大臣の娘が待していますが、紅梅大納言は、先妻腹の大君を帝の東宮に参内させます。
残された中の君と連れ子の宮の御方は、仲良く一緒に暮らしています。
大納言は、宮の御方を我が子のように思いますが、彼女は内気な性格からか、なかなかうちとけようとしません。

大納言は、中の君を匂宮にと思って、紅梅に歌を添えて匂宮に贈ったりもしますが、匂宮は気乗りしません。
匂宮自身の関心は、連れ子の宮の御方にあるのです。
その宮の御方自身は、わが境遇から考えて、結婚自体をあきらめており、匂宮からの熱心な求婚にも応じようとしません。
母の真木柱も、良縁と思わぬではありませんが、匂宮の好色の噂に躊躇するのでした。

<もとにもどる>



たけかわ


髭黒太政大臣亡きあとの玉鬘一家のエピソードです。
髭黒の死後、玉鬘は三男二女を女手ひとつで育ててきました。その姫君には、思いを寄せる男達も多く、帝と冷泉院の双方からも所望されており、また夕霧の子息の「蔵人少将」も熱心な求婚者です。
玉鬘や女房たちは、内心源氏の形見とも思われる薫に心を寄せていましたが、薫があまり積極的でないうちに、黒髭が生前我が娘の入内を希望していた経緯もあり、その遺志を継ぎ、大君を冷泉院に参院させることにしました。
蔵人少将の悲嘆は深く、気も狂わんばかりです。しかしどうしようもありません。

人々の落胆をよそに院の人となった大君は、最初こそ冷泉院の寵愛をうけていましたが、やがて弘徽殿女御の嫉妬を受けるようになります。
一方、大君の参院を恨んだ今上帝からのたびたびの懇望で、玉鬘は中の君を帝に入内させることにします。
しかしこの中の君も思うような幸いが得られず、玉鬘は心痛めます。
月日は流れ、薫も蔵人少将も立派に成人しますが、玉鬘はその姿を見るにつけ、今更ながら自分の意思とは違ってしまった二人の娘に、後悔をせざるをえません。

主人亡き邸の心細さはいかんともしがたく、隣り合う紅梅大納言家の賑わいを見るにつけ、父大臣の盛時の頃のことが思い出され、嘆く毎日です。
  • 源氏亡きあと、物語は「匂宮」「紅梅」「竹河」の三巻で、各家の子女たちの結婚問題を中心に語りながら、新しい物語の世界を切り開こうとしています。

    「匂宮」では、源氏直系の子孫、薫、匂宮の動向を、
    「紅梅」では、故致仕大臣(頭の中将)の家のその後を、
    「竹河」では、当主なき斜陽貴族たる故髭黒大臣家についてを語り、
    次のいわゆる「宇治十帖」に引き継ぎます。


<もとにもどる>