あさがお

亡き藤壷への追慕の情が、この巻全体にただよっています。
藤壷というかけがえのない女性を失った源氏の心のゆらぎが、紫の上を、藤壷の面影を宿した理想の女として、あらためて認識させます。
源氏を拒みつづける朝顔の姫君の存在には、どこか藤壷の影が感じられます。



桃園式部卿宮
ももぞのしきぶのきょう
桐壷院の弟宮。源氏の伯父。
朝顔の姫君
あさがおのひめぎみ
桃園式部卿宮の娘。内心源氏に惹かれつつも、その愛を拒みつづける。
女五の宮
おんなごのみや
式部卿宮の妹。源氏と朝顔の君との結婚話を再燃させる。


ここクリックで 系図




藤壷の女院が亡くなったころ、桐壷院の弟宮、桃園式部卿宮が亡くなり、その娘「朝顔の姫君」は、叔母の女五の宮とともに桃園の邸に住んでいました。
かねてからこの娘に思いをよせていた源氏は、またぞろ彼女への慕情が燃え上がり、女五の宮の見舞いにかこつけて、桃園通いがはじまります。生来の癖とは言うものの、藤壷を失った空虚な心が、そうさせているのかも知れません。
源氏びいきの女五の宮は、源氏と朝顔の結婚を望んでいます。
しかし、朝顔の姫君は、源氏と六条御息所との実らぬ恋のやるせなさを思い、自分は源氏とはかかわりを持つまいと、心にきめ、源氏の愛を拒み続けていいました。
姫と御簾をへだてて対面した源氏は、内大臣という高い身分とは不釣合いな若々しい気分をよみがえらせますが、姫君は、以前にも増して、つつしみ深く、源氏はいたずらに思いをつのらせるばかりでした。
世間では、この関係をむしろ好ましく取り沙汰し、いつか噂は、紫の上の耳にも入ることとなります。
紫の上は、身分としては同じ皇族の出だが、世間の名声は姫にくらぶべくもなく、源氏の愛だけをたよりにしてきた紫の上の、悩みと不安は、次第に深まっていきます。
そうした紫の上の苦悩を目前に見ながらも、源氏はまたしても装いをこらして桃園へ赴くのでした。
朝顔の姫君は、いまさら源氏の愛を受け入れる気はありません。それは皇女としての誇りでもあります。
それでも源氏はなお姫を訪れつづけます。
紫の上には、もの思いの日々が続きます。
ある雪の日の夕暮れ、紫の上を慰めようとした源氏は、彼女に藤壷の面影を見つけます。そして、その夜の夢に、藤壷が現れて恨み言を述べる姿を見て、いまさら、その業の悲しさ恐ろしさにふるえる思いがします。
源氏は、世間の思わくを考え、特に誰の供養ということではなしに、寺々に誦経(ずきょう)を依頼し、その鎮魂を祈りつづけます。

  • 高貴な身ゆえに、源氏に惹かれつつも終生源氏の求愛を拒みとおした朝顔の姫君。
    どうも源氏物語の女性には、慎み深いというか、謙虚というか、生真面目というか、臆病というか・・・・好きことは好き、欲しいものは欲しいといった方が・・・と歯がゆく思うことがあります。このへんが、今とちがうところでしょうか。
    ただ、今も昔も、このような慎み深い女性には、男性としては自然とやさしくなるのではないでしょうか。


・・・・・ほんの少し、雰囲気を。

・ 亡き藤壷、源氏の夢枕に立って恨む部分

入りたまひても、宮の御ことを思ひつつ大殿籠れるに、夢ともなくほのかに見たてまつるを、いみじく恨みたまへる御気色にて、(藤壷)「漏らさじとのたまひしかど、うき名の隠れなかりければ、恥づかしう。苦しき目を見るにつけても、つらくなむ」とのたまふ。


御寝所にお入りになってからも、藤壷の宮の御事を思いながらおやすみになっていると、夢にともなくぼんやりとそのお姿を拝するが、たいそうお恨みになっているご様子で、「漏らすまいとおっしゃいましたのに、浮名が世間に現れてしまいましたから恥ずかしくて。苦しいめにあっているのにつけても、うらめしく思われまして」とおっしゃる。

日本古典文学全集「源氏物語」(小学館)より



トップページへ。「 少女 」へ。