あずまや

はからずも垣間見た浮舟に、大君の面影を感じた薫。
弁を通じて浮舟の母「中将の君」に意向を伝えますが、薫に憧れながらも、あまりの身分のちがいに思いためらっていました。
中将の君は、娘の浮舟を連れて「常陸の介」と再婚していますが、娘には八の宮との不幸な自らの轍をふませたくないと、結局身分相応の左近少将を婿に選びます。

浮舟の継父常陸の介は、莫大な財産家ですが、その成り上がり者ふうの教養の低さは、貴族的な感覚を持つ中将の君には、いかにも不釣合いでした。
その財力を目当てにした求婚者も多く、その中でとくに熱心だった左近少将を身分相応と考え婿にえらんだのです。

しかし、結婚の日も迫ってから、その左近少将は、浮舟が常陸の介の実子でないと知り、財力のある常陸の介の実子の婿になりたいと、浮舟の妹にあたる常陸の介の実の娘に急遽乗り換えてしまいます。
中将の君は、常陸の介との間に幾人かの子をなしていましたが、浮舟を溺愛しています。
浮舟のこの不運を嘆く母は、彼女を異母妹の中の君のもとに預けることにしました。
中の君の邸で、匂宮の優雅な容姿を見た中将の君は、その立派さに感動し、さらに匂宮が出掛けたあとやってきた薫を見て、その容姿の見事さに目が釘づけにされてしまいます。
浮舟をこのような人に嫁がせて、左近少将などを見返してやりたい・・・と思ったりもします。
中将の君が、中の君に浮舟の世話を頼んで帰ったあと、匂宮が浮舟を見出して中の君の異母妹とも知らずに強引に言い寄りますが、急に京からお呼びがかかって帰ることになり、その場は事無きをえます。
しかし事情を聞いてあわてた中将の君は、浮舟を引取って三条の小家に移してしまいました。
秋も深くなり、御堂も出来上がったので、薫は宇治を訪れます。
そして、浮舟への思いをかきたてられ、弁に仲立ちをたのみ、雨の夜自ら三条の隠れ家を訪れ、まだ明けきらぬ翌朝、浮舟を牛車に乗せて宇治に連れ出します。

薫が浮舟を宇治に連れ出しながらも、その心のうちには、亡き大君へのやり場のない想いがたえず漂い、それを悲しくかみしめるのでした。

<浮舟へ>