物語は、原文では
「いずれの御時(おほんとき)にか女御(にょうご)更衣(こうい)あまたさぶろひたまひけるなかに、いとやむごとなき際(きは)にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり・・・・」
という書き出しで、一人の帝(みかど)を指して語り始めます。
帝とは、天皇のことで、物語ではその後四代にわたる帝が登場します。その最初に登場するのが「桐壷帝(きりつぼてい)」です。
源氏はその桐壷帝と、桐壷の更衣との間に生まれますが、その母は源氏が3歳のとき亡くなってしまいます。
生みの母は、帝の正妻ではなく、いわゆる帝の妾で源氏は帝の第二皇子です。
源氏はその後まま母に育てられ、幼時は決して幸せなくらしではありませんでした。それが女性への異常な愛に発展していったのでしょうか・・・。




きりつぼ

この巻では、桐壷帝とその妃(きさき)の一人「桐壷の更衣」との悲劇的な愛と死、そして光源氏の誕生から結婚、それに義母「藤壷の宮」への熱い想いが語られ、この大河小説の幕が切って落とされます。



桐壷帝
きりつぼてい
当時の天皇。源氏の実父。
源氏の良き理解者で終生源氏の後ろ盾となります。
桐壷の更衣
きりつぼのこうい
更衣とは、いわゆる帝の妻妾のことで、女御(にょうご)の下にランクされます。
光源氏の生母で、住んでいるところの名をとってこう呼ばれています。
桐壷帝の寵愛を一身に受けたために、まわりの女御や更衣たちの嫉妬や妬みを受け、それがもとで源氏が三才の時に亡くなってしまいます。
弘徽殿の女御
こきでんのにょうご
桐壷帝のいわゆる正妻で、帝の第一皇子(源氏の義兄、のちの朱雀帝)の母。
桐壷更衣へのいじめの張本人です。
藤壷の宮
ふじつぼのみや
先帝の姫君で、桐壷帝とはいとこにあたる。亡き桐壷更衣に似ていることから、桐壷帝の女御となり、のち、源氏との不倫へと展開していきます。
葵の上
あおいのうえ
桐壷帝の妹と左大臣との間に生まれた姫君。源氏が元服と同時に親の政略結婚のような形で結婚し、源氏の正妻となります。
光源氏
ひかるげんじ
物語の主人公。
この巻では、誕生から元服・結婚の12才までが描かれています。




当時、帝には、そばにたくさんの女御やら更衣と呼ばれる妃が仕えていました。
その中に、身分は低いが、帝の寵愛を一身に受けている更衣がいました。その更衣には、桐壷という住まいを与えられ、「桐壷の更衣」と呼ばれていました。

帝の寵愛ぶりは常軌を逸していて、他の妃をさておいて、毎晩のように帝の寝室に上がらせる溺愛ぶりです。当然、他の妃たちは許せません。嫉妬やねたみで猛烈な更衣いじめが始まりました。
とりわけ帝の正妻ともいうべき「弘徽殿の女御」のいじめはひどかったようです。
このいじめに、もともと内気で神経質な性格の更衣は、すっかりノイローゼ気味となり、病気がちになってしまいます。
すると、帝はますます更衣ばかりに心をひかれ、又、更衣は愛されれば愛されるほど苦しみがわくという悪循環で、しだいに病が重くなっていきました。

そのうち、更衣と帝との間に、またとないような皇子が生まれます。この皇子が、物語の主人公「光源氏」です。
帝には、すでに弘徽殿の女御との間に第一皇子が生まれていましたが、帝がこの二番目の皇子をあまりに溺愛するため、第一皇子をさておいて未来の皇太子にするのではと、まわりからうわさされるほどでした。
このことから第一皇子の母、弘徽殿の女御のいじめが一層ひどくなり、気の弱い桐壷の更衣は、申し訳ないという気持ちも重なり、ますます病が重くなっていきました。

そして、とうとう源氏が三才の時、母の更衣は死んでしまいます。
帝の悲嘆はあまりにも大きく、他の妃たちに目もくれず、ただ亡き更衣をしのぶ日が続いていました

更衣の死から7年がたった時、帝は、亡き更衣にそっくりの姫君を迎えました。
藤壷という名の住まいを与えられ、「藤壷の宮」と呼ばれました。
亡き更衣の生まれ変わりのような藤壷の宮に、帝もすっかり元気を取り戻します。
一方、母の顔も知らない源氏は、この藤壷の宮に、亡き母の面影を重ねて、いつしか憧れしたうようになります。

光源氏は、12才になった時、元服します。
この時の加冠の役(冠をつける役)を努めたのが左大臣で、その夜、その左大臣の姫君(葵の上)と結婚します。
この結婚は、左大臣家にとっては、右大臣家との対抗上最善の方法で、また、桐壷帝にとっても、右大臣家の勢力の伸びを押さえるための最善の選択肢であったのです。
いわば、両家の政治的都合による、政略結婚といえるものでした。
案の定、源氏は、年上でどこかプライドの高いこの姫君に、しっくりした愛情を感じません。
この時から、源氏は、藤壷の宮に対する憧れを、「恋」と自覚するのでした。


  • いまも昔も、いつの時代にも「いじめ」や「ストレス」「ノイローゼ」といったものはあったのでしょう。
    いじめくらいで死んでしまうとは、よほどそれがひどかったのか、更衣自身が気の小さいおとなしい性格だったのか。いかにも小柄で、ほっそりした美人像が想像されます。
    現代では、女性がいじめがもとで死ぬというケースはあまり聞きません。むしろ男性の方に良くあるようです。それだけ女性が強くなったからでしょうか。

  • 物語では、このあとも「死」の場面がたくさん出てきます。そのどれもが、とてもあっけなく描かれています。もっと劇的であっていいような気がします。

  • そういえば、物語では、死の場面に限らず、ラブシーンなどの濃厚場面はほとんど直接描写はありません。
    きっと読者に想像して楽しんで下さいという作者の作戦なのでしょうか。

・・・・・ほんの少し、雰囲気を。

冒頭の部分

「いずれの御時にか、女御更衣あまたさぶらひたまひける中に、いとやむべきことなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。はじめより我はと思ひあがりたまへる御方々、めざましきものにおとしめそねみたまふ。同じほど、それより(げらふ)の更衣たちは、ましてやすからず。・・・・・」

どの帝の時代であったか、女御や更衣が何人もお仕えしておられた中に、たいして重々しい家柄ではない方で、目立って帝のご寵愛をこうむっていらっしゃる方があった。
宮仕えの初めから、我こそはと自負しておられた方々は、この方を、目に余る者とさげすみもし、憎しみもなさる。
同じ身分、あるいはそれより低い地位の更衣たちは、なおさら気持ちがあさまらない。


藤壷の宮を恋慕する部分

「源氏の君は、上の常に召しまつはせば、心やすく里住みもえしたまはず。心のうちには、ただ藤壷の御ありさまを、たぐひなしと思ひきこえて、さやうならむ人をこそ見め似る人なくもおはしけるかな、大殿の君、いとをかしげにかしづかれたる人とは見ゆれど、心にもつかずおぼえたまひて、幼きほどの心ひとつにかかりて、いと苦しきまでぞおはしける。・・・・・」

源氏の君は、帝がいつもお召しになり、そばをお離しにならないので、気楽に里住みなさることもおできにならない。
その心の中では、ただ藤壷の御有様を世に類ないものとお思い申し上げて、そのようなお方をこそ妻としたいものだ、似かよった人もないほどにすぐれていらっしゃることよ、左大臣家の姫君(葵の上)は、たいせつに育てられた、いかにも美しげな人だとは思われるけれども、どうにも、気に入らぬというお気持ちがなさって、幼い心に一途に藤壷を思いつめて、ほんとに苦しいまでに悩んでいらっしゃるのであった。


日本古典文学全集「源氏物語」(小学館)より




トップページへ。「帚木」へ。