うつせみ

空蝉をあきらめきれない源氏は、再び紀伊守の別邸に出向き、閨に忍びますが逃げられてしまいます。
一緒に寝ていた空蝉の継娘に手をつけ、その気にさせてしまいます。
全く罪つくりな源氏です。




空蝉
うつせみ
源氏にさかんに言い寄られますが、我が身のほどを思い、逃げつづけます。
軒端の荻
のきばのおぎ
空蝉の継娘。空蝉に間違えられて源氏と関係を持ってしまいます。




源氏を拒み続けた空蝉でしたが、これでよいと思う一方で、このまま忘れられてしまうのは悲しく心残りな複雑な気持ちをいだいていました。
源氏もあきらめきれず、空蝉の弟に手引きさせて再度紀伊守の別邸に出向きます。

家の中を覗くと、二人の女が碁を打っています。空蝉とその継娘(軒端の荻)です。
いつも見ている上流の行儀正しく装った女性と違い、うちとけた少し下品な女の姿を初めて見て、非常な興味をそそられます。
その夜、皆が寝静まるのを待って、空蝉の閨に忍び込みます。
空蝉は、あの日以来あの夜のことが忘れられず、眠れない夜をおくっていました。となりには碁の相手をした継娘が寝入っています。
ふと、衣擦れの音、ききおぼえのある源氏の香、暗い中に近寄ってくる人影。とっさに単衣一枚をはおり、薄衣を残して静かに逃れ去ってしまいます。
源氏は、一人で寝ている女を空蝉と思って近づきますが、どうも大柄で雰囲気がちがいます。すぐ人違いと気づきますが、そこはプレーボーイ。目をさましてびっくりしている娘に向かって「かねてからあなたに思いをかけてたびたび来ていたのです」と見え透いた嘘で言い寄ります。
娘は、空蝉と間違えられたとも気ずかず、そのまま源氏のなすがままになります。

逃げられれば逃げられるほど、空蝉への執着は深まり、せめてもの形見にと空蝉の残していった薄衣を持って帰ります。そして手紙を空蝉の弟小君に託します。
空蝉は、小君を叱りながらも、その手紙を見て思い乱れます。もし自分が伊予介の妻という身でなかったら・・・・・。
一方、継娘の軒端の荻は、源氏のたよりがいつ来るか、心待ちにしていますが、届くはずはありません。


  • その後、空蝉は出家しますが、「逃げた」ことにより、より源氏の忘れられない人となり、最後は源氏に引取られ、生活の面倒を見てもらい、平穏に暮らします。
    こういう女性の生き方もあるのです。


・・・・・ほんの少し、雰囲気を。

軒端荻との契りの部分

君は入りたまひて、ただひとり臥したるを心安く思す。床に下に、二人ばかりぞ臥したる。衣を押しやりて寄りたまひへるに、ありしけはひよりはものものしくおぼゆれど、思ほしも寄らずかし。いぎたなきさまなどぞ、あやしく変りて、やうやう見あらはしたまひて、あさましく、心やましけれど、人違へとたどりて見えんもをこがましく、あやしと思ふべし。本意の人を尋ね寄らむも、かばかり逃がるる心あやれば、かひなう、をこにこそ思はめ、と思す。

源氏の君はおはいりになって、ただ一人で寝ているので、ほっとしてお気持ちである。長押の下に、女房が二人ほど寝ている。掛けている夜着をおしのけて、寄りそわれると、いつぞやの感じよりは大柄に感じられるが、まさか別人とは思いもよらないのであった。眠りほうけている様子などが、妙にあのときとは変わっていて、だんだん正体がおわかりになって、あまりのこととしゃくなという気持ちがなさるけれども、人違いと感づかれるのもばかばかしいことだし、女も変だと思うだろう。はじめからの目当ての人を尋ね出そうとしたところで、これほどまで逃げる気でいるのだから、その効もあるまいし、さぞわたしを間抜けだろうと、お思いになる。

日本古典文学全集「源氏物語」(小学館)より



トップページへ。「夕顔」へ。