【 もじり歌 34 】
34の歌










『 誰もかも 知る人もない 赴任先 心細くて すぐにも泣くに 』
原作品・・・「 たれをかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに 」
誰もかも・・・
知る人もない・・・
赴任先・・・
心細くて・・・
すぐにも泣くに・・・
たれをかも
知る人にせむ
高砂の
松も昔の
友ならなくに
  • 突然の片田舎への転勤で、知る人もいない心細さ、泣きたい気持ち をじっとこらえています。
    そんないくじなしで、どうする!。

【 投稿作品 】ありがとうございました。
氏名「 中村 靖典 」さんの作品 ( 神奈川県横浜市 )。 
もじり歌 『  誰もかも 知る人にせよ 票がため しかも昔の 友ならなおに 』
  • ある選挙事務所で参謀が運動員にハッパをかけている歌。      


【 原作品の解説 】

原作品 34.「 たれをかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに 」
 たれをかも しるひとにせむ(ん) たかさごの まつもむかしの ともならなくに
作者


  • 藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

  • 貫之と同時代の平安時代初期の歌人。
    三十六歌仙のひとり。官位は低かったが、当時有数の 歌人で「古今集」にはたくさんの歌が入っている。
背景

歌の意味








(興風)
またひとり、仲の良かった友達が死んでしまった。
・・・・・いまはもう誰もいない。

今わたしをなぐさめてくれるのは、高砂の松くらいかも。
ただ、その松も昔馴染みの友というわけではない。 (話相手にはならない・・・)



  • 「知る人にせむ」・・・知る人:自分のことをわかってくれる 友人。せむ:すればいいのか。
  • 「高砂の松」・・・兵庫県高砂市。長寿の松で知られる。
  • 「ならなくに」・・・ではないのに。ではないものを。

  • 昔からの友人がつぎつぎに死んでいき、心の通う友人がいなくなった 孤独な老人の嘆き。
    高砂というとおめでたい歌のように思うが、寂しい歌。

    これは男の老いの歌ですが、そういえば女の老いの歌が前に出て きました。思い出しましょう。

    「花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせしまに」(小野小町)