響 ストレスケア【山梨県甲斐市中下条にあるこころとからだの診療所、心療内科・精神科・リハビリテーション科】
Stress care 響 ストレスケア 〜こころとからだの診療所 TEL.055-267-8111 FAX.055-267-0118
〒400-0124 山梨県甲斐市中下条1933-1-2F
TOP クリニックのご案内 診療内容のご案内 復職支援リハビリ アクセス
クリニックのご案内
 
ごあいさつ
 

開院10年目を迎えて(2018年5月)

2008年5月の開院後、おかげさまで10年の月日が経ちました。これも、開院以来通って頂いた2000名弱の患者さん達が当院を選び、受診して下さっての事です。まずは、患者さん達に感謝の気持ちを伝えたく思います。皆さんが、当院を受診して下さらなければ、いくら理想の医療を、と思っても実践出来ませんでした。本当に有り難く思っております。開院時の挨拶文にもあるように、ストレスケア、という名称で開院し、病気に至るストレスについて着目し、治療をその点に関し重点的に行うという事を行ってきました。こころとからだの診療、というのは中学生の頃から考えていた事です。それを少しでも思うような形にすべく、診療を重ねてきました。その経過の中で、診療の5本の柱が整理されました。

1.最大限の症状の緩和を、対話を通じて目指す
2.心身相関の考え方を用いる
3.集団、コミュニケーションを活用
4.連携を重視
5.ライフステージに注目

今後、もう少し、それぞれについて整理し、情報を更新したいと思いますが、当院の診療の基本はここにあると思います。ただそれを行っていくのに、自分だけでは成し遂げられない、という事を痛感した10年でもあります。多くの方にお力添え、励ましを頂いた日々でした。日々を過ごし、一緒に働くスタッフや自分自身は、そんなに変わらないような気がしますが、開院時には小学生だった息子が大学生になり、保育園だった娘が高校生になったのを見ますと、多くの嬉しい事、悲しい事を思い出すと共に、決して短くない月日が過ぎた事を実感します。また次の10年を目指して、1日1日診療を重ねて、より良い医療を行っていくつもりです。皆様方には、引き続きご指導、ご支援頂ければ幸いです。

開院時のご挨拶(2008年5月)

どんな精神の病気であれ、ストレスを受けないで病院に来られる方はまれで、多くの方がストレスを受けて来院されます。職場、学校、家庭などストレスは日々の生活と切り離せないものであり、現代のように生活がこれだけ慌ただしく、ゆとりがないと当然なのかもしれません。また、日々診療をしていると、こころとからだはつながっている、ということもよく考えます。同じストレスを受けても気分が落ち込むという方、意欲が出ずに十分な活動が出来ない、眠れなくなる、息苦しくなったり、お腹の調子が悪くなる等、人それぞれにこころやからだに個別の症状が出ます。そのような様々な症状を診ているうちに、ストレスによるこころの痛みやからだの不調に気付き、その症状やストレスそのものを一緒にケアするという視点を大事にしようと考えるようになりました。そうした治療をこころを響きあわせながら行っていく場として「響 ストレスケア〜こころとからだの診療所」を開業させて頂く事になりました。

街中の小さい診療所ですが、信頼出来る他科の先生方、病院など他施設とのネットワークを活かして、こうしたストレスによるこころとからだの病気を治療していきたいと考えております。スタッフと共に、家族、友人、もちろん自分が受けたいケアを行えるように運営して行くつもりです。どうぞよろしくお願い致します。

院長 大橋昌資
 
院長プロフィール
 
院長 大橋昌資 / 精神保健指定医

略 歴 所属学会
平成 9年 秋田大学医学部卒業   ・日本精神神経学会
平成 9年   横浜市立市民病院   ・日本社会精神医学会
平成 12年   山梨医大附属病院   ・日本精神科救急学会
平成 13年   市立甲府病院精神科 兼務   ・日本高次脳機能学会
平成 15年   山角病院    
平成 20年   響ストレスケア〜こころとからだの診療所 開設    
 
Top クリニックのご案内 診療内容のご案内 復職支援リハビリ アクセス
 
響 ストレスケア:心療内科・精神科・リハビリテーション科 山梨県甲斐市中下条1933-1-2F/TEL.055-267-8111

Copyright© 2008 Hibiki Stress Care Clinic all rights reserved.