庄内金魚品評会要綱

以前は盛況に庄内地域1本で大々的に庄内金魚品評会として開催されていましたが

現在は遊佐町(阿部氏)では錦鯉品評会に協賛の形で庄内金魚の枠で設けられていたが第50回で中止

余目町(庄内町)では庄内金魚品評会として平成12年度の第2回目まで開催されていたが

現在は一時中止している現状である。

   出展要項としては

・サイズ、ヒレの長さ等が同じである

・上部から見て赤色が頭部から尾にかけて切れ目なく入っていること

・側面の赤色の入りも揃える、側線より上のみ、側線より下のみに分けて揃える

・各ヒレに赤が入らないこと

・当歳魚五尾一組(地域により相違あり七尾一組の所もある)二歳魚以上は三尾一組

・親魚はオスの部、メスの部がある(オス・メスを三尾一組)

・原則として上見審査で行われる