白鳥飛来

最高気温16度、温度が低いが穏やかな1日

大群編隊での白鳥が多く見られた、上空を飛んでくる

群れは当地でなく他県に行くのだろう、鳥インフルエンザ

の影響で餌付けをしなくなったので、年々、最上川河口

に訪れる白鳥の数が減ってきているようだ。

各金魚の冬越、最後の水替え作業をやる。

 

2017年10月15日