山形県/蔵王温泉 高砂屋旅館 料理 館内 湯めぐり 蔵王を知る 山形名山 トップ
大女将&女将の作品集 料金・交通 予約・お問合せ 日記帳

蔵王を知る
       
 
〜 蔵王の歴史 〜

蔵王の美しい景観を創った蔵王火山群は幾重にもわたって噴火を繰り返し、
100万年前頃までに今の山が出来たと言われています。
蔵王のシンボル「お釜」は1182年の噴火で火口ができ、
1820年の鳴動で水が溜まり始めたと言われています。
注目の大きさは直径南北300m・東西200m、最大水深25mになっています。
蔵王温泉は110年、日本武尊の東征に従った吉備多賀由が発見したと伝えられており、温泉発見ゆかりの蔵王大黒天が奉られています。
かつては「最上高湯」と呼ばれ、白布温泉(山形県)、高湯温泉(福島県)と共に「奥羽三高湯」の一つとして名を馳せていました。
含硫化水素強酸性明礬緑礬泉という強酸性の強力な湯は、
神経痛・リュウマチ・皮膚病・眼病・婦人病・疲労回復などに効果があり、湯治に訪れる人も多い。
   
     
〜 蔵王の歴史年表 〜  













 
 時 代  西 暦   事 項
   100万年前  噴火 今の山が出来たと言われる
   110年  日本武尊の臣 吉備多賀由 温泉発見する
   690年  役の行者小角が刈田嶺に金剛蔵王大権現勧請と伝え、
 「蔵王山」の名の起源となる
 奈良  773年  噴火 実存する最古の記録
 平安  1182年  噴火 今の火口が出来る
   1188年  文治 西行法師、出羽の国 瀧の山を訪れ詠歌あり
 山家集「たぐいなき思い出羽の桜かな 薄紅の花のにほいは」
 鎌倉  1227年  蔵王山鳴動
 北条九代記「石降ること雨の如し」
   1251年  北条時頼 瀧山閉鎖
   1356年  最上家始祖・欺波兼頼 蔵王大権現前殿創建
 江戸  1620年  神池ことごとく焼け震動雷の如し 以来神池を「お釜」という
   1669年  噴火
   1689年  松尾芭蕉 山寺に一泊する
 「閑かさや岩にしみいる蝉の声」
   1775年  蔵王地蔵尊建立
   1794年  噴火 山頂神宮焼失 蔵王山の名で記録
   1809年  噴火 硫黄が流れ阿武隈の魚が死す
   1820年  鳴動 火口に水が溜まり始める
 明治  1901年  奥羽本線開通 山形駅開業
 大正  1925年  スキーコース開く
 昭和  1928年  大正7年以来の噴煙が止み休火山となる
   1934年  熊野岳山頂に斉藤茂吉歌碑建設
 陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中にたつ
   1952年  蔵王空中ケーブル開業
   1958年  国民保養温泉地指定
   1960年  映画「銀嶺の王者」ロケ
   1962年  蔵王エコーライン開通
   1963年  山形空港開業
   1964年  蔵王ライン開通
   1984年  西蔵王高原ライン開通
   1992年  山形新幹線開通
   
         
トップ 料理 館内 湯めぐり 蔵王を知る 山形名山 大女将&女将の作品集 料金・交通 予約・お問い合わせ 日記帳
山形県/蔵王温泉 高砂屋旅館