ドライブの組込電源コネクタの接続編


パーツを取り付ける前に添付の説明書等をよく読んでから作業しましょう。

パーツの取付位置や取付向きに注意

  DVDドライブの取付   DVDドライブ電源ケーブルの取付
   DVDドライブの取付              DVDドライブ電源ケーブルの
取付


 DVDドライブデータケーブルの取付   HDDデータケーブルの取付
 DVDドライブデータケーブルの取付        HDDデータケーブルの取付

 HDD電源ケーブルの取付    ケーブル類をまとめる

 HDD電源ケーブルの取付             ケーブル類をまとめる


 

電源コネクタの接続
電源の接続個所は2箇所、24ピン電
源と8ピン電源の両方を接続します。
コネクタは一定の方向からしか

入らないようになっていますので
方向を確認して取り付けましょう。

電源コネクタ24P 
電源コネクタ24P 
電源コネクタ8P
   電源コネクタ8P

パワースイッチコネクタの接続
パワースイッチコネクタの接続

パワースイッチケーブル他各種ケーブル
パワースイッチケーブル他各種ケーブル

主要部品の取り付けが終了したので、作業が確実に行われていたか確認するため

動作チ ェックをしてみます。キーボード、マウス、ビデオカード、モニタ、

電源コネクタ、パワースイッチを取り付 け、接続を確認、電源を入れてみます。

ケースフロント部の電源ボタンを押してみましょう。BIOSが起動します。BIOSにより

取り付けた各パーツが認識され、問題なく起動すればこれまでの取り付けは成功です、

電源ボタンを長押しで電源を切ります。
もし起動しなければ、確認を行うために電源ボタンを長押しで電源を切り電源ケーブル

をコンセントから一度抜き次の確認をしましょう。


異常時の確認箇所

PC本体の電源ケーブルがきちんと差さっていない。(コンセント、本体電源ケーブルを
確認)
ケース裏側の電源スイッチがONになってない。 ケースの電源スイッチのジャンパースイ
ッチの
接続が間違っている。

 
マザーボードへの電源コネクタの差込が甘い。

ディスプレイの電源ケーブル、スイッチの確認
ディスプレイケーブルがVGAカード側、ディスプレイ本体側にしっかり刺さっているか
を確認。
ビデオカードがしっかり刺さっていない
CPU、メモリがしっかり差し込まれていない。
CPUクーラーが正常に設置されておらず、熱暴走をしている

 などの原因が考えられます。よく確認して再起動してみましょう。  
 
重要事項

【注意】動作中のパーツには絶対に手を触れない事!故障の原因になります。

失敗しないためのポイント:もしも異常のあった時は一旦電源を落としてから、

再度取り付け作業をやり直します。この時点で動作チェックを行っておく事で、CPU、

メモリ、各種ドライブの取り付けが確実に行われていたかを確認すると同時に、

もし取り付け不良が合った場合でもケースのふたを閉じた後に比べ修正も楽に

行えます。

次は各種コネクタ、スイッチ類を取り付けて作業完了編

簡単自作パソコン組立方法 完全ガイド トップへ戻る