わかりやすい各パーツの役割

パソコンはいくつかのパーツの組み合わせから出来ています。

 パソコンのパーツを役割で分類すると、次の様になります。
 1.コントロールパーツ
 2.記憶パーツ
 3.入力パーツ(機器)
 4.出力パーツ(機器)

各パーツの役割
 
コントロールパーツ(CPU)

すべてのパーツ(機器)をコントロールするパーツです。
OSやアプリケーションソフトの指示を分析し、各パーツ(機器)に作業命令を出します。
そしてデータの計算をするパーツです。
  

記憶パーツ(機器) 

メイン記憶パーツが メモリー 
サブ記憶パーツ(機器)が HDD、CDD、DVDD、メモリーカード、フロッピーディスクDなど
OSやアプリケーションソフトのデータが保存されます。
サブ記憶パーツ(機器)に保存されているデータは必要時にメイン記憶パーツ(メモリー)にロードされ、指示が実行されます。


入力パーツ(機器)

キーボードやマウスやHDD、CDD、DVDD、メモリーカード、フロッピーディスクDなどとスキャナー、ボイスレコーダーやデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ他
 入力パーツ(機器)は、記憶パーツ(機器)にOSやアプリケーションソフトのデータを取り込む装置です。
 

出力パーツ(機器)


モニター、スピーカー、プリンタ、リモコン機器の自動制御など

計算結果や入力、保存データ、写真、動画などを、人が見たり聞いたりできるよう表現する機器です。
各パーツの役割
サポート万全のパーツショップはこちら

次はメモリーの役割とはへ