トップ パンク激減・ご機嫌チューブ純金入りお守り 特許技術・製品 会社概要 設立経緯
歴史将棋 歴史下克上 省エネシャツ 特許・著作物・受賞等 平面画像の立体認識区分
ラミネート方法 パンク修理 YQ手帳 記念ストラップ

特許】パンク激減・ご機嫌チューブ

ボタンをクリックしてください。
詳細

Amazonでの説明やご注文等


平成28年2月23日(火)「セカンドライフビジネスプランコンテスト2016」              表彰式でゆる起業賞を受賞しました。

パンク原因の80%を占める内部パンク・リム打ちパンクを劇的に減少。(刺さり物パンクは15%)

パンク激減する理由

チューブ内に弾性粉粒体注入→タイヤ内に装着(通常の方法で)→空気注入(通常空気圧)→
  

走行→弾性粉粒体チューブ内部外側に張り付く(遠心力によりほぼ均等に)→段差等でチューブ

内面同士ぶつかり穴や硬くなるのを弾性粉粒体が保護する(パンク激減)→空気クッションで走行

 

*速度注意喚起チューブ(通勤通学のママチャリや発展途上国等の悪路に最適)

急坂等20km/時以上の速度の場合、内部の弾性粉粒体(若干の偏りによる)遠心力により、はず

み車的体感が発生し、速度出し過ぎ危険注意喚起を促します。

                       

*速度注意喚起減少の少ない弾性粉粒体軽量チューブ(長距離のロードバイクに最適)

急坂等約40km/時の速度の走行で、内部の弾性粉粒体重量約半分に軽量化(容量ほぼ同量)

内部の弾性粉粒体遠心力による速度出し過ぎ危険注意喚起体感が少ないチューブです。

                      

実証事件結果

1回だけの空気注入で夏から翌夏まで、段差・砂利道・草むら・悪路・一般道3000km以上実

走行し、パンクなし、走行持続。

     

学習院サハリン悪路自転車ツアープロジェクト(通常のチューブで視察試乗でパンク多発)

【特許】パンク激減・ご機嫌チューブ装着し、サハリン悪路200km一台もパンクなし。

プロジェクト成功に貢献!

          

大学生北海道自転車ツアー

【特許】パンク激減・ご機嫌チューブ装着自転車のみ1回もパンクせず、完走。

装着していないすべての自転車は最低1回のパンク発生!

  
ラオス・カンボジア等悪路実験

ラオス・カンボジア貧困と悪路による通学困難中学生に装着自転車寄贈し、これまでパンクなし。

***カンボジア悪路・過剰積載・過剰乗車人数でのパンク激減実証実験開始!***

        

*品質管理

チューブ内に弾性粉粒体を注入→空気を注入(2倍程度に膨らます)→24時間放置→欠陥検査

→チューブ本体不良品発見→良品を梱包→出荷

*チューブ本体に欠陥があると下記の写真のように一部分が膨らみ、24時間放置検査で破裂。

              

                      良品検査画像

                  
        
                自転車用          オートバイ用