トップ パンク激減・ご機嫌チューブ 純金入りお守り 特許技術・製品 会社概要 設立経緯
歴史将棋 歴史下克上 省エネシャツ 特許・著作物・受賞等 平面画像の立体認識区分
ラミネート方法 パンク修理 YQ手帳 記念ストラップ


会社設立経緯

昭和42年4月  現代表取締役鈴木英雄 東京都立工業高等専門学校 機械工学設計科
           卒業後、当初ドイツ企業就職&留学予定も実父より生業の電気接点業へ
           強く要望され、少数精鋭ベンチャー企業(日新研究所)確立目指し参画。

           白黒・カラーテレビ用チューナーリベット型接点市場占有率3/4
           (松下電器・シャープ・三洋電機他)

           複合接点特許取得、大量生産コストダウンにより利益増大。

           三菱電機純銀製ICゲードリード加工機械・技術を考案し、さらなる利益増大。

           足立工場手狭になり、埼玉県八潮市に拡張移転。

昭和49年1月  
実父急死、遺言により弱冠27歳1カ月で代表になるもオイルショックにより
           半年間受注・売上なし。

           
新規技術・製品開発・新規取引先開拓により、苦境を乗り越える。

           異型接点・マイクロモーター用接点95%の市場占有率。

           自動車・家電・腕時計その他電気部品を開発・受注し利益増大。

           多層複合接点開発・特許出願・上場一部財閥系企業との取引開始。

           
利益増大により、会社組織を有限会社日新研究所とし、代表取締役に就任。

           その間、幾多の不況・苦難にもめげず、手形発行・割引・借入もせず、自己資
           金(設備投資・土地・自宅購入等現金決済)・無借金経営を25年間継続。

           
その時の経験・知恵・実務を活かしたYQ手法を考案・確立
           
(後の一日3分間で仕事がはかどる手帳)

           
長女・長男・次女の私立難関中学受験を進学塾を殆ど頼らず、または退塾し
           て、見事合格。
(後の一日3分間で勉強がはかどる手帳)

昭和63年4月~ 
会社全財産を実弟二人に無償譲渡し、代表取締役退任&退社。
           (理由:いわれなき嫌がらせタレこみ脱税容疑の税務署調査半年間で、当初
           の脱税容疑疑惑なし、わずか数百円のお仕着せ修正申告の結末で、周囲・
           身内での騒動等将来を見据え、涙を噛みしめて(税務署謝罪なし)

           
東京人材銀行経由で東京投資育成会社支援&大株主の林フェルト株式会社
           に開発部長として入社。


           入社すぐに、社長・取締役工場長の強い要請で、経験のない原反サイズ両面
           テープとフイルム・ウレタン・織物との自動貼り機械を社内応援なく、一人YQ
           手法を駆使し、設計・製作・自動化ラインまで完成させ、年間外注費数千万円
           他会社利益貢献した。(予算もなく、あてがえられた廃棄処分ローラー2本と
           部品代百万円で、購入した場合の機械代金○千万円といわれる。

           独自に考案したプレス打ち抜き技術やキャノン・カシオのプリンター部品製造
           方法・開発考案機械機器・部品多数により会社利益貢献大。

           
技術管理・開発・品質管理部統合の技術開発部長に昇進後、退職。
           (理由:取引先がよく行くカラオケ居酒屋に夜な夜な私と妻の偽者が出没し、
           得意先からの抗議があり、これは危ないと思い。また、社長からの要請で
           外部会社と共同で開発中の機械完成真直に新工場長より私に買い取りを
           命令された。)

           上記企業4年6カ月の勤務・退職後公的機関で6ヶ月間電気・電子制御技術
           を研鑽。

           東京人材銀行経由で店頭登録企業株式会社エバタに御術者として入社。

           入社してすぐ、夜通し生産しても解決に困っていたプラスチック製平板をYQ
           手法を駆使して、入社わずか3カ月で販売価格半分で赤字製品から黒字製品
           に解決するもわずか6ヶ月間勤務で退職。
           (理由:企業利益貢献したにもかかわらず、真夜中の作業を命令された。・・・
            管理職なので残業代等支払う必要がないとのこと)

           公的機関で経営管理・経理・総務・労務などを6ヶ月間研鑽。

2000年7月   学習支援&知的財産権研究開発事業化の目標達成勉強室 一心助けを
           千葉県流山市に開設。
           長男博英 副代表として参加。

2006年4月   成績不振者・不登校生などに立ち直り、やる気を発揮させた実績と当初の目
           的達成と特許取得多数により、知的財産権研究開発事業化に特化し、千葉
           県柏市に拠点を移し、名称も一心助けとした。

2014年4月   株式会社 一心助けに組織変更(資本金300万円)
           株主構成 代表取締役 鈴木英雄 200万円 取締役 鈴木博英 100万円