宿泊施設

町内の宿泊場所は以下の通りです。他に上里地区(市街地から25km)に「ランプの宿つべつ」があります。
でてこいランドについて斡旋をいたします。申込時にその旨を記載ください。

北海道でてこいランド~芸術劇場で受けます。

「All for one. One for all.」のかけ声の元に、北海道にバリアフリーの「みんなが出て憩う宿泊交流施設」を建設しようと、多くの寄付とボランティアによる労力奉仕により開設されました。その後、阪神・淡路大震災被災の子供たちを初めとし、多くの方々に利用されています。バリアフリーの考え方を理解してもらえれば幸いです。
なお施設的には宿泊交流施設ですので、合宿所のような施設と思っていただければよろしいかと思います。交流会後の2次会会場や演奏会後の打ち上げ2次会会場になることが多いです。安眠を妨げる場合もありますが、朝まで語らいを希望する方はこちらにどうぞ。宿泊料金は、朝食込みが2,500円、その他の日は朝食抜き2,000円となります。冬季は(リコーダーセミナー)+500円(冬季のため)となります。


ゲストハウスnanmo-nanmo(なんも・なんも)~芸術劇場での受付を検討中です。

2020年3月、人口減少が進む津別町に、移住者、関係人口を増やし盛り上げていこうと地域融合型のゲストハウス「nanmo-nanmo(なんも・なんも)」を開業。地方創生事業である「道東エリアリノベーション(後略」を受けて多くの町民等の参加による空き家をリノベーション=再生したゲストハウスです。「なんも」は、いやいや・ちっともなどの意味をあらわす北海道の方言。「世話になりますねえ」「なんもなんも~」などといった温かみのある会話が施設内でされれば、との願いがあります。
素泊まり3,500円~となっておりますが、経営者と相談して、セミナー用の設定をしたいと思っております。なお、もうすぐホームページが立ち上がる予定ですが、現在、休業状態になっております。
〒092-0235 網走郡津別町字幸町79-1 TEL 0152-77-8670(受付時間8:00~21:00) E-mail nanmo.nanmo.2020?gmail.com(?を@に)
Facebookはこちら https://www.facebook.com/nanmo.nanmo.2020/

宿泊施設「みぃと イン つべつ」(津別町体験交流施設)~直接申し込みください。

「ファームスティ・ティエラ」の母屋と26年7月に完成した新館からなります。管理運営は(有)日本ミートが指定管理者として行います。「みぃと」は、お肉屋さんの「meat」とみんなに会える「meet」の意味を込めているそうです。直接宿に申し込み下さい。
網走郡津別町字豊永40番地3(旧 民宿ティエラ) 電話:0152-77-3732 FAX:0152-77-3733
※ふるさと納税で宿泊券がもらえます。