Home NPOの概要/理念・目的

理念・目的

x

包む会の理念

人間社会の活動によって、温暖化や砂漠化に代表される環境破壊が急速に進み、今日の地球環境は危機的な状況にあると認識している。「NPO法人世界の砂漠を緑で包む会」は砂漠化防止のボランティア植林活動を通して、緑が命を養い、緑が命を守り、緑に対する敬意から緑を大切にするという「命の緑」の価値観の共有を目指し、地球環境の保全と生態環境の保護に努める。

「NPO法人世界の砂漠を緑で包む会」は、ゴビ砂漠の緑化に役立てばという純粋なボランティア精神に基づいた民間ボランティア団体である。環境が、社会が、そして人間の心が急激に変動する中で、誰かの役に立ちたい或いは、誰かの役に立っているというボランティア精神が求められている。このボランティア精神の原点を忘れずに、市民ボランティア主導の環境保護活動を推進する。

包む会の目的

「NPO法人世界の砂漠を緑で包む会」は、「自力再生」という考えに基づき、ゴビ砂漠の中国・内モンゴル自治区アラシャン地域において、砂漠緑化、環境教育と国際交流をテーマとする砂漠化防止事業を行い、砂漠化した草原の自然回復と貧困遊牧民の生活向上、つまり「持続可能な地域社会の発展」を実践し、砂漠化防止のモデル事業の確立を目的とする。

包む会の方針

「NPO法人世界の砂漠を緑で包む会」は、「豊かな自然環境を未来の子供たちへ」という基本理念のもとに、無私と純粋なボランティア精神と国際協調精神に基づいて、砂漠化防止をはじめ地球環境の保全を目的とし、下記の活動方針を宣言する。

  1. 私たちは、ゴビ砂漠ボランティア植林活動を原点として、砂漠化・温暖化など地球環境保全の取り組みを積極的に展開します。
  2. 私たちは、自立と共生の視点から地元住民の自主的かつ自発的な環境保護活動を支援し、環境に優しい循環型モデルの確立を実践的に行います。
  3. 私たちは、「緑を大切にする心こそ環境問題の根幹である」と考え、地道な環境教育活動を通して、緑の価値観の共有を率先的に行います。
  4. 私たちは、グローバルな見地から顔の見える国際交流をいっそう促進し、相互理解と友好協力の輪を広げて、世界の平和と安全に寄与します。
  5. 私たちは、市民主導のボランティア活動に徹しながら、積極的な情報公開を行い、幅広い協力ネットワークの構築に努力します。
このページのトップへ