病診連携は、現在、医療の分野では「機能分化」と言って 地域の「かかりつけ医」、「家庭医」と基幹病院
がそれぞれ別の役割を持ち、一人の患者さんを連携して診ていく「医療連携」という形が主流になってきて
います。
普段は「かかりつけ医」、「家庭医」 もしそこで重症な病気が疑われ、より詳しい検査が必要なときは基幹
病院が受け入れるという、いわゆる分業制です。

宇賀治医院
本文へジャンプ

甲状腺機能亢進症の症状
汗が多く出る いらいらする 手がふるえる 疲れやすい 暑がり 発熱
月経不順 よく食べる 胸がどきどきする 息切れがする 下痢 

宇賀治医院 甲状腺超音波検査

リンク
かかりつけ医、病診連携

福井赤十字病院〜かかりつけ医について〜

甲状腺 の病気

結節性甲状腺腫の分類

症例は 超音波検査 単発性のう胞充実混合性結節
穿刺吸引細胞診 Class 2 良性甲状腺結節
臨床診断 結節性甲状腺腫

早期発見紹介により 入院も回避
でき 心筋梗塞も予防でき 正常
心電図になり 当院でその後 通
院し元気に仕事復帰となる。
福井循環器病院にて 心カテーテル検査、当院の指摘どおり 狭心症のため 心カテ中に 治療処置
当院受診 心電図で狭心症指摘
心カテーテル検査必要のため紹介
病診連携 : 地域の基幹病院をじょうずに利用しましょう。

甲状腺の悪性腫瘍
乳頭癌
濾胞癌
髄様癌
未分化癌
悪性リンパ腫
転移性甲状腺腫瘍



宇賀治医院は、基幹病院と連携し
医療の質向上に資することを目的として、地域医療連携システムを構築し 患者さんの診断、治療の充実に努めます。

甲状腺の良性腫瘍
甲状腺のう胞
濾胞線腫
線種様甲状腺腫
機能性結節

当院での 病診連携の 症例 紹介

甲状腺機能低下の症状
皮膚乾燥 疲労感 むくみ 寒がり 無気力 便秘 体重増加 頭髪の
脱毛

当院 「家庭医」 から 紹介のメリット

1.紹介病院の診察日・時間を予約していますので、病院での待ち時間は大幅に短縮できます。

2.当院での検査結果やデーターがありますので、紹介基幹病院でまた同じ検査を繰り返すこ
  とはありません。

3.患者さんの病歴や体質などの注意事項を 詳細に 基幹病院に 伝える事で 医療事故を
  防ぎます。 


4. 入院治療が必要な場合 基幹病院の開放型病床に、紹介により速やかに入院可能です。
 

福井県済生会病院|患者さん|外来受診のご案内『連携カルテとは?』

社団法人 福井県医師会