生成されるJavaScriptとHTML

 Kyanyo Kyanyoで生成されるJavaScriptに書き込まれる著作権表示を外さないでください

 Kyanyo Kyanyoで生成されるJavaScriptは、Windows OS 上のInternet Explorer 4 以上とNetscape Navigator 4以上に対応したコードになっています。 他のOS、ブラウザでの動作確認はしていません。また対応の予定もありません。

 HTMLは、Internet Explorer 4 以上とNetscape Navigator 4 以上の両方に対応できるように書かれています。 片方で省略できる書き方もありますが、両方に対応できるようなコードで書いています。 多少コードが長くなっているところもありますが、コードを書き換えた場合、動作しなくなることもありますのでご注意ください。

 Internet Explorer 4 以上とNetscape Navigator 4 以上の両方で横スクロールバーを表示させるため「scroll.gif」という透過画像を使っています。 これはNetscape NavigatorでDIVとBRタグで囲まれた文字列がフレームからはみ出しても、スクロールバーが表示されないのを表示するようにするためです。

 Netscape Navigator 4.7までのバージョンではテキストの後ろに画像を配置するとNOBRを指定していても改行されてしまうため、 「otherw.gif」は、「plus.gif」または「minus.gif」のすぐ後ろに配置しています。 テキストの後ろに配置しますと正常な画面表示をできない場合がありますので、直接HTMLファイルをカスタマイズする際は、ご注意ください。

 Netscape Navigator 4.7 までのバージョンでは、HOVER 対応がされていないことを確認しております。 但しHOVERを追加してもNetscape Navigatorでは無視されるだけでエラーにはなりませんので問題はありません。

 Internet ExplorerとNetscape Navigatorでは、DIVでSTYLE指定をしたときの背景色の有効範囲が違います。Netscape Navigatorではテキスト部分の背景色だけが有効になり、画像部分は有効にはなりません。 ですから各アイテムの背景を有効にしたときは、表示に微妙な違いが出ます。

 各アイテムのテキスト部分をトップに表示させるためにALIGNを使用しています。 スタイルシートを使っていますので「vertical-align:text-top」を使用したいところですが、Netscape Navigatorではうまく動作しないため、ALIGNを指定しています。