例えばKyanyo Kyanyoのツリービューで図のように入力すれば、下のツリーの動きになります。
(リンクはさせていません。フォントはItalicを指定しています。)


親ページ1
親ページ2