安寿ミラ ダンスコラボレーション
FEMALE vol.12
〜35th anniversary〜

CAST

安寿ミラ
佐藤洋介 佐々木信彦 初音ひかり 真丘奈央(Vo.)

35th anniversary Special Guest
森奈みはる(6/4)
蘭寿とむ(6/5 6/17・18)
こだま愛(6/6)
春野寿美礼(6/7)
STAFF

構成・演出・振付・作詞 ANJU
振付 前田清実 福井亜紀 原田薫 佐々木信彦 佐藤洋介
音楽 阿部篤志

Musician

キーボード  阿部篤志(東京・神戸)
ヴァイオリン  廣川抄子(東京)Tsukasa(神戸)
ベース  岸徹至(東京)吉田聖也(東京)齋藤順(神戸)
ドラム  東佳樹(東京)川島佑介(神戸)

東京・草月ホール 2015年6月4日(木)〜7日(日)
新神戸オリエンタル劇場 2015年6月17日(水)18日(木)




2015年6月紫陽花の花咲く季節に

Female Vol.12の幕が上がりました!

それではいつもの

ヤンさんのことが好きなだけやん観劇記いってみよ〜!

初日はいつもわくわく

早めに座席に座っていますと

場内アナウンスが!

おお〜〜〜!

ヤンさんのお声だ〜〜

ヤンさんが携帯電話など音の出る機器の電源はお切りくださいますよう

って言われてる〜〜

その一言に「はい」「はい」とうなづく私

いつかの「踊り子には手をお触れになりませんよう」というアナウンスを思い出し
クスっとひとりウケちゃったりなんかして〜〜〜*^^*

さあ始まります!

ACT T ブエノスアイレスの夜

劇場にわかに暗くなり



音もなく上手そでよりいでし白いドレスの女性・・・

阿部篤志さんのオリジナル曲、福井亜紀さん振付のコンテポラリーなダンスで幕開けです

ヤンさん・・なつめさんのドレスをまとい

暗闇の中で光をもとめて彷徨う女

つかもうとしても、つかもうとしても届かない光

女性が消えるや響くのはパトカーのサイレン

そして登場するトレンチコートの男女!

きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

パサド〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!


こんなことがあっていのか!

またこれを見ることができるのか!!

1998年9月劇場版「BROKEN ANGEL」で誕生したあの伝説のダンスシーン!

追う

佐藤さんだけが違う色のトレンチ、初音さん、佐々木さん、ボーカルのはずの真丘さんまでが

ところせましとトレンチひるがえし踊る踊る

佐藤さんは手錠を、真丘さんはクスリを

なるほど〜〜〜警察VSクスリの売人なのね

そこへヤンさんもトレンチ&ハットで登場〜〜!!!
無造作に束ねた髪がカッコイイ〜〜〜

ヤンさんが両脇に佐藤さん佐々木さん従えて踊る姿に

あ〜〜ヤンさん

胸はときめき目はハート

うまく逃れた売人一味、つかまえそこねた刑事YOUSUKE、

場面は変わり

タンゴクラブ

やってくる真っ赤なドレスのヒカリさん(初音さん)

その手をとり踊りだすクラブのオーナー(佐々木さん)

歌うのはカウンターのバーテンダー(真丘さん)

がっつりと魅せるタンゴ

バーテンダーの歌も素晴らしい

そこへあらわれるブルーのドレスの女ミラさん(ヤンさん)

アップの髪、客席に背を向けバーテンと話すその後ろ姿の美しさったら非常事態です!

そしてやおら振り返り

ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

緊急事態です!

美しすぎます!

紺のドレスが似合いすぎです!セクシーすぎです!

オーナーとミラさんのタンゴ

がっつりタンゴ!

クラブのオーナーはタンゴの振付家でもあります!

ミラさんとではありませんでしたが

ヒカリさんを抱いてクルクルまわる振りは印象的だったなあ〜

佐々木さんの娘さんが喜んでくれそうな振りですよね

そこへ刑事が追ってくるわけです

踊れる刑事!ヨウスケさん!

恋人のヒカリさんと踊り始めるのですが

それは刑事の目をひきつけるためでもあったのですよね

その隙に、ミラさんはバッグから白いコナのはいった袋をオーナーに手渡すのです



麻薬も罪だが、これからおこる男と女の、いったい誰が罪を犯すのか

恋人との踊りを楽しんだヒカリさんは

次はミラさんと踊れ、とすすめます

この時ヒカリさんは何を思ってそうしたんでしょうね?

試したのでしょうか?

踊りだす刑事とミラさん

二人の絡み合う視線に危ない火種がポッポッポ

ハトポッポ(ちがうわ!)

これ以上は危険と感じたヒカリさん、恋人と店外へ

カウンターにもどるミラさんにオーナーが手渡すキャッシュ

パラパラと数えてバッグにしまうミラさん

けだるげな風情がたまりません

戻ってきたのは刑事

ミラさんはきっと戻ってくると思っていたのか

疑いつつもミラさんの魅力にあらがえない刑事

その様子をただだまって見つめているバーテン・はっぱちゃん

ふたりは消え、バーテンの悩ましい歌に、

ふむふむ、なるほどね(こら!)

ミラさんと刑事は素足、そして乱れた髪でふたたび踊りだす

カウンターにヤンさんを乗せ・・・ドキドキ

え?これから何が?と一瞬アホな妄想が頭を巡りましたが

それはなく

ホっ(笑)

そこへヒカリさんが戻ってきます

怒りのダンス!迫力ありました!

(このあたり順番定かではありません、スカステの放送で明らかになれば書き換えます)

場面は変わって

カルナバル

仮面をつけた男女が踊る踊る

ミラさんとヒカリさんは刑事をめぐって冷ややかに火花散らし

ミラさんは半分遊びで半分本気な感じで

ヒカリさんは本気でかなり酔ってます

刑事と睦まじく踊るミラさんに心が揺れに揺れて

たまたま落ちたミラさんのバッグからこぼれたクスリを

刑事に見せてしまうのです

終焉

こういうお芝居はすべてマイムなのですよね

必死で訴えるヒカリさん

とまどう刑事

それ言っちゃう?的なミラさん

無言のお芝居に引き込まれてしまいました

恋人を取り戻すために仲間を売ったヒカリさんの苦しそうなお顔に涙が・・・

黙って差し出すミラさんの両腕に手錠をかける刑事

時間がとまっったみたいに感じました

手錠につながれたまま踊るダンスは悲しくて

掴み取れなかった光はあまりに遠くて

哀れな女の終焉かと

思ったのに!!

去り際のミラさんの表情
、見ましたあ!?!?

ひょえ〜〜〜〜〜ですよ

この男はアタシのものよ

と言わんばかりの

勝ち誇ったお顔!

ツンと顔あげ刑事と去っていく・・・・

アンタら取調室でハネムーンか!!

とにかくあの最後の表情にやられてしまいました!


そしてみんな何かを失った

暗くて哀しいブエノスアイレスの夜でした

振付は前田清実さん

ACT U Collaboration!!〜スペシャルゲストを迎えて〜

私がみたのは初日の森奈みはるさんと、二日目の蘭寿とむさん

どちらも最高に楽しくステキでした!



みはるちゃんは客席後方から歌いながら登場され

その拍手の温かさったら!

かつて Vol.9で匠ひびきさんが登場された時の拍手に匹敵する温かさ

拍手にも音色あるんですね

スパルタカス♪いつか夢見てた〜 から始まり

哀しみのコルドバ♪エル・アモール

ブラックジャック♪願いをかなえるためには何かを捨て去るしかない〜


ベイシティーブルース♪スピークロウ
・・デュエットダンス

心の旅路♪誰もが変わり続ける

メランコリック・ジゴロ♪主題歌

そんで最後はヤンさんが「さあ、おいで」というふうに両手広げて
みはるちゃんがその腕の中に飛び込むんですよね

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


もう言葉はいらない

ありがとうございます!



そして蘭寿さんとは、最強の♪オンブロードウェイ!!!

ひえ〜!どひゃ〜!ひょえ=!

あああああ

あんなカッコいいダンスがありましょうか!

しかもです、ヤンさんと蘭寿さんが顔を近づけるシーンがあったのですが

息が止まったわ、一瞬

あの瞬間で一時停止してもらっていいですか・・

お二人そろってポーズ決める瞬間もちょっと止めてもらっていいですか

もうたまりません!

ヤンさんの力の抜けた大人のダンスと

蘭寿さんの力いっぱいキメキメのダンス

ほんとに素敵でした!

♪FATE CITY

なんとヤンさんの振付〜〜〜

カッコ良かったです〜〜!

蘭寿さんのドレスにお着替えタイムには

♪ifi ヤンさんと佐藤さんが静かに優しく踊られます(佐藤洋介さん振付)

お衣装はVol.11のでしたよね

そしてデレデレのトークの後は♪リベルタンゴ

蘭寿さんは佐々木さんとを踊られました!



6日のこだま愛さんの日には同期生の方もいっぱい来られてて
6月6日だから66期の日なんですって!

トークもとてもリラックスされてたわ、と友達から教えてもらいました

7日の春野さんの日には
なんとヤンさんのトートダンサーが見れたそうで!

春野さんの歌が素晴らしかったと友達は皆、絶賛でした

春野さんゲストの回はスカステで見れるようなので楽しみです!


ACT V エピローグ〜踊り続けて〜

最終章の始まりです

♪スーパーウーマンのイントロが聞こえて

ヤンさんが登場です

なんだかとても変わったお衣装

ゴスロリっぽくふんわりふくらんだスカートに

マニッシュなトップ

飾りのついたハットをかぶって

私はあなたたちのスーパーウーマンではないのよ!

と歌われます

そうなのよね、分かってるんです

ひとりの女性だってことは・・・

でもヤンさんははやっぱり私たちのスーパーウーマンなのです

ヤンさん退場と入れ違いに

初音さん、佐藤さん、佐々木さんが

モノトーンのオシャレなスーツでご登場!



♪ジャズメドレーです

まもなくヤンさんも登場され

♪風のささやき ♪ソーインラブ ♪サマータイム ♪枯葉

スマートでオシャレでとても洗練された粋なダンスメドレーでした

振付は原田薫さん

キャストさんたち、バンドの皆様があいさつされて


ヤンさんが美しいドレスで再び登場です

ベージュとシルバーのそれはそれは素敵なドレス

衣装は今回もドルドルドラニさん

ジプシー・キングスの♪マイウェイ

魂のダンスを見せてくださいます

踊り続けることの苦しさも含めて

踊ることが人生と・・・

祝福の紙ふぶきあびながら

くるくると踊り続けるヤンさんの姿に

涙がこぼれてしまいました

ヤンさん、これからも踊り続けてくださいね

その魂、後に続く方たちにも受け継がれていくと信じています

素晴らしいステージをありがとうございました!

そして

35周年おめでとうございます!


次はいつかな〜?

楽しみに待っています!



読んでくださりありがとうございましたm(__)m

もどる


2015.7.4記
なずな