もどる

グラフ&歌劇
YAN'S HISTORY

1990年 歌劇


ヤンさん









カラーポート
 
前髪メッシュのアンジェロヘヤーに三つ編みのつけ毛で乙女ちっく。
 ワイン色のような葡萄色のような地にしだれ桜のような紋様でちょっとノスタルジック。
タカラヅカ情報
 
花組東京公演役替わり。なつめオスカーと手を握りあうヤンアンジェロ。
 笑顔がさわやか〜〜〜!!
絵と文【見て頂戴こんな暮らし・PART】
 
ヤンさんの絵と文ですよ〜*^^*
 「御機嫌いかがでしょうか?とりあえず私は不機嫌です。・・・・」という書き出しで始まるのですから
 さすがヤンさん!(笑)
 「前月号のこのページにサチコ(詩乃)が“笑わないであげてネ”と書いていたあの台詞。
 ソフィア「随分、痩せたみたいだから気になって」。東京公演の初日にこの場面が来た時の私の緊張
 といったらアナタ、もし笑いが来たら私も一緒に笑おうと思ってたんだけど、皆さんさすがに耐えて下さって
 クスッとも聞こえない。こうなると人間って不思議なもんで、いやー、体が震える程本人が笑ってしまった。
 ハハハ‥‥・。[キャルさん(ひびき)ごめんなさい。]」ヤンさんアンジェロ初日のクスクスですね。
 その他―「奈落」―、―「まさか…」―、―「トンマはトンマか‥」―、―「8小節」―、―「今月の歌」
 と題された小話があります。
New Year’s Messages
 「
骨まで愛して、永〜〜く愛して…。」の直筆メッセージ
高声低声
 
神戸ピーター兎さまが1989年を振り返って、ヤンさん“ダンスだけでなく演技も進境著しい”と書いて
 下さっています。

 






エル・アミーゴ』2月宝塚バウホール花組公演取材
 大関先生の「安寿ミラのために・・・、安寿さんの骨格を太くし、重さを増す為に彼女をどういう風に見せようか
 ということで、まず物語の設定場所をいろいろ考えると彼女の場合はやっぱりある程度踊りを見せられる要素が
 あった方がいいのではないかと思いフラメンコとタンゴのあるアルゼンチンのブエノスアイレスを選んだわけです」
 と作品のことや各出演者のことを丁寧に話して下さっています。そしてヤンさんの抱負もね。
スターミニ情報
 
ヤンさんの両脇にかかえられたヨーコちゃん(華)とタータン(香寿)のスリーショット。
 チームワークよく楽しくホットな公演にしたい!というヤンさんのコメント。
絵と文【見て頂戴こんな暮らし・PART】
 ―ありがた迷惑―、―ソ・ソルーナさん―、―蘭このみ先生―、―「トンマはトンマか‥」()―、―今月の歌―
 以上5つの小話から構成されております。
 ―ありがた迷惑―を一部抜粋でどうぞ!
 編集のお姉ちゃんから電話がかかってきた。
 〈編〉「ヤーン、忙しいのに原稿書いて送ってくれて本当にありがとー」
 〈私〉「いーえ、いーえ」
 〈編〉「やっぱりさすがネー、すごくおもしろかったー」
 〈私〉「いや、書くことなかったからネー全然」
 〈編〉「えー!?そんなことないよオ、面白かったヨーすごく」
   (だいたいこんな風に甘い言葉でのせといたら後に続く言葉の想像はついてくる)
 〈私〉「いやあ、そオお!?」
 〈編〉「うん、それでネー……」
 〈私〉「うん、なーに!?」
 〈編〉「面白いから一年間続けてもらおうかなーって…」
 〈私〉「た、たわけたことを!!
 〈編〉「…やっぱりダメ…?」
 危ない危ない!ちょっと油断するとこうだからネ全く。
 気をつけよう甘い言葉と長距離電話。
高声低声
 
由梨香さまからヤンさんミキさんに温かく厳しい評が寄せられています。
 「安寿ミラ賛」というタイトルで東京・ともこさまより嬉しい文が!!
 





花組ベルサイユのばら、扮装写真
 
ヤンさんはもちろんオスカル!赤い軍服姿です。
エル・アミーゴ舞台写真
ベルサイユのばら再々演記者発表記事
スター特別アンケート(音楽学校受験エピソード)
 
ヤンさんの受験動機は・・・「はいりたかったから・・・」・・・・・^^;
 面接時のエピソードは・・・「バレエの面接で1列に並んだ時、20人の内一人だけ「五十番の子まっすぐ
 ちゃんと立って!!まっすぐね!」と50回くらい試験官の先生に集中攻撃された(今思えば‥‥あれは
 阿古先生だった‥‥。)
絵と文【見て頂戴こんな暮らし・PART】
 「
ヒッヒッヒ〜、クックック…お…おわるのねエ、とうとう……」と始まりましたよ。
 ―「名古屋にて」―、―「幸せの黄色い服」―、―「今月の歌」―のラストは3つのお話で終わり。
 名古屋のお話はエルアミーゴメンバーの名古屋中日劇場の花組公演観劇ツアーヤン添乗員さんのお話。
 幸せの黄色い服は、エルアミーゴを安奈惇さんが黄色い服を着て観に来て下さったというお話。
Starぷらいべいとライフ
 Private Question
 
生ゴミ出しますか?という質問に「出しますよお、うちにマンションは便利で一軒一軒廊下にちゃんと出す所が
 あるので、夜中にパジャマにサンダル姿でそこに出しに行きます」
 Favorite‥手紙カッターと文字がタンゴを踊っている男女になっている目覚まし時計
 Mascot
‥電話がなったらピヨピヨと教えてくれるカルガモのトロロ君
 Photogreph
‥「ドリームオブドリームズ」のタンゴの場面。なつめさんとのセクシーショット!
 Lunch
‥プチトマトが好きでナスが嫌いなヤンさんのおいしそうなお弁当の写真です。
 Fashion
‥エルアミーゴ中のファッション3っつ。
楽屋日記(バウホール花組公演)
 
安奈淳さんが観に来られて喜んでおられるお姿に下級生の方々はびっくりされたようですね。
 また、2幕台の後ろでしゃがんで待機なさってる姿に「ヤンさんて本当に可愛らしい!」って*^^*
高声低声
 
エルアミーゴ評が3つ。

 







カラーフォトKey word‥Sensitive
 
芦屋浜で撮られた大人っぽいショット3枚。
『気分は躁!ふたたび・・・』えと文、三矢直生さん

  男役の料理講座、ヤンさんの巻
 ―たかこちゃん風マリネ―
 1、開いた鯵を適当に切る
 2、1に小麦粉、卵、パン粉をまぶす
 3、玉ねぎ、ピーマン、トマト、きゅうりをスライスする。
 4、サラダ油2、お酢1、味の素、こしょう少々をまぜ隠し味に醤油を少し入れる。
 5、3に4をかけ、よくまぜる。
 6、鯵をフライして熱いうちに5をかける。
 7、6をうんと冷やして召し上がれ。
『ベルサイユのばら』座談会
 
前髪垂らした女らしいヤンさんはキャルさんのお隣りです。
 「再び愛するオスカルが出来て幸せです。〜中略〜ナツメさんやルコさんにとっては4人ですけど、
 私にとっては一人のフェルゼンとアンドレですので、アンドレを愛して、フェルゼンに恋をして
 オスカルの魂がどこまで表現できるか、どこまでオスカルに近づけるか、苦しみでもありますは、
 凄く楽しみにしています」という抱負を述べられています。
スター★ミニ情報
 
座談の時に撮られたのでしょうね、共にオスカルを演じられるミキちゃんとのツーショット。
 こちらは少しくだけて「オスカルの魂が再び乗り移ると思うので、乗り移った私を見に来て下さい。
 ナンチャッテ(笑)」5月末、東京エルアミーゴもさらにチームワークよく!だそうです。

 






モノクロフォト
 
珍しい花柄のドレープ襟のブラウスのヤンさん。頬にあたる指先が女らしいなあ〜
演出家随想PART2(中村暁先生)
 
一部抜粋させていただきまーす。
 「花組バウの『グッバイ・ペパーミント・ナイト」では、若手ばかりの出演であの時の稽古は毎日楽しかった。
 ヤンもミキもチコ(梢)もヨーコ(華)もミツヨ(舵)もそして出てる生徒全員(おーみんな元気か?)
 それぞれ自分達で毎日色々考えてくるので、「プハッー、それ面白いがな」と思っても「うん、まあ、ええやろ!」
 と軽くいなして稽古を進めるという具合で、皆で寄ってたかってできましたという公演でした。」
『ベルサイユのばら』楽屋取材
 ナツメさんルコさんキャルさんヤンさんミキさん(大浦、朝香、ひびき、安寿、真矢)のお喋り形式の
 楽屋取材です。ヤンさんミキさんはまだオスカルを演じてらっしゃらない時なので「参加してるような
 してないような」という感想を述べてらっしゃいます。
スター★ミニ情報
 今月は峰丘さんと梢さんなのですが、お二人で「ヤンのオスカル」「同期のオスカル」と口をそろえて
 言って下さってるのが嬉しい!
絵と文『気分は躁!!』三矢直生さん
 一部抜粋させていただきます!
 『初日から4日目のある時』「さあ、やろか‥」とヤンさんがおもむろに立ち上がる。「あ、私もすぐ行きます」
 とみき。二人は化粧前の後ろにある“ちゃぶ台”に向かう。比較的、時間に余裕のあるお休みオスカルさん達は
 ついにジグソーパズルを始めたのだ。そのうち「これ、猫の耳の内っかわの毛ちゃう?」「キャ!そうだあ!
 ねえ、左足の爪がないよ」ともう大騒ぎ。
 そのうち、ジャンヌさん(梢)ロザリーさんも加わり、更にエキサイト。
 猫背の4人の姿が平和を語る、うららかな春の昼下がりであった」以上*^^*
ベルばら舞台写真
 ヤンさんはヨーゼフ2世とフィナーレの男
楽屋日記
 かんなさん(夏城)伊織さんが書いてらっしゃいますが、とある貸しきり公演。バスチーユの場面に
 見なれない市民の男は2名出てらしたそうな。もちろんヤンさんミキさん!

 





『ベルサイユのばら』役替り舞台写真
 フィナーレの男のヤンさん、小雨降る径のヤンさん、そしてキリっとしたオスカルのヤンさん。
演出家随想PART2(谷正純先生)
 
『親孝行と寝顔』……私にも人並みに子どもが出来ました。それまでは電車の中で騒ぐ子供達を、クソガキと
 睨んでいたのが、微笑ましく眺められるようになる。我ながら不思議な程、変わってしまいました。子どもに
 教えられたのでしょう。〜中略〜子どもは赤ん坊の時に一生分の親孝行をしてしまうそうです。
 その赤ん坊の寝顔を見て創ったのが『あかねに燃ゆる君』親孝行に感謝。
スター★ミニ情報
 
初めてのディナーショーの抱負を語っておられます。
絵と文『気分は躁!!』三矢直生さん
 日課というタイトルの一文です。
 《私》三矢さん「ヤンさん、今日もお弁当、残さんと食べなあかんよー」
 《ヤ》「そんなもん、食べられマッカイナー」
 《私》「ポール・マッカートニー」
 《舵》「♪チャチャラチャチャチャン♪」
 《ミ》「それはポールモーリアでんがな」
 ‥‥このくだらない会話で、毎日開演30分前に笑いころげないと気が済まない体質になってしまったのは
 いつからだろう(これ、ホントに毎日やってたんです)ってさ*^^*おもしろい!!
Kageki box−seat Screen&Stage
 ヤンさんがケビン・コスナー主演の映画「リベンジ」をご覧になった後のインタビューです。
オスカル・スペシャル・アンケート
 シメさん(紫苑)ヤンさん、ミキちゃん、カナメさん(涼風)イチロさん(一路)さんにスペシャルインタビューです。
 5人5様のお答えはとても興味深く、別ページ作ることにします。
楽屋日記
 
大舞ちゃんによりますと、オスカル初登場の場面、「無礼者!」とフェルゼンを諌めるオスカルさま
 サーベルが足に絡まってよろよろと近付いたそうな。客席大爆笑。フェルゼンさまとオスカルさまは笑いを
 こらえて芝居を続け、セリ下がった瞬間にヤンさん平謝りだったそうな。
高声低声
 
ヤンオスカル評がいっぱい!嬉しいなあ。

 






カラーポート!!(1ページ目なのだ!!)
 私はこのヤンさんが大好き。タンクトップにミニのキュロットで上からメッシュのざっくりしたトレーナー(?)を
 かぶり、首にはおしゃれなマフラー(夏だから違う言い方あるよね、きっと)古ぼけた丸椅子に腰掛けて帽子を
 フワっと手放した瞬間、ニコっと笑ってらっしゃる。
 今迄の宝塚でこんな素敵なジェンヌさん、見たことない〜!!って思ったわ。
 スターなのにスターぶらない、なのにその輝きはまぶしくて少女のように新鮮!
TMP音楽祭舞台写真
 ユリさん(天海)ミキちゃん、ヤンさん、マリコさん(麻路)トレンディーな4人の『TOKIO』
ベルばら東京公演稽古場取材
 レポーターはなんとナツメさま!「凛々しいシメ、劇画からそのまま抜け出たようなカナメ、線の細い
 はかなげなヤン、血の濃い情熱的なミキ」と評しておられます。
 ヤンさんの写真はルコアンドレとの『愛あればこそ』のデュエットシーンです。
タカラヅカ情報
 ヤンさんの初ディナーショー(六甲山ホテル)の写真がチラリ。ラテンメドレーの写真です。
花組TOKIMEKIネットワーク
 
レポーターはルコさん(朝香)。ヤンさんとミキちゃんの仲が良すぎる写真と、ルコ、ヤン、ミキ、キャルさんの
 楽しそうな写真、花組TMP主演者全員集合の写真など。
高声低声
 東京、エル・アミーゴの公演評が二つ。

 






絵と文「まことさんのビーストヒルズ・ストーリー」真琴つばささん
 
●ヤンさん。ある日ガイチ(初風)がヤンさんに投げキッスをした。ヤンさんは、顔色一つかえずにそれを右手で
 キャッチし、ポイと捨てた。さすがクールなヤンさん☆
こだわり調査!そんな貴女がますます好き‥☆高嶺ふぶきさん
 <安寿ミラさま、旅行の巻>
 
高嶺さんのヤンさんの描写がおもしろいのでピックアップ。
 「まずこのかたは……
 ○決して取り乱したりなさらない。
 ○クールな斜め45度。
 ○その言葉にはどことなく哀愁
 ○フ‥‥‥と片頬にニヒルな微笑み‥‥」
楽屋日記
 
華陽子ちゃんの日記によりますと、プロローグのヤンさんは♪バラの〜花のヨーゼフ2世〜♪と
 歌っておられるらしい
高声低声
 
ヤンさんの六甲山ディナーショーの感想がふたつ。

 






モノクロポート
 好きなんです〜、このヤンさん。クールな瞳で考える人ポーズ!
秋のリラックスタイムアンケート
 文化祭でやってみたい役は「主役か演出か司会のどれか」
 秋の夜長、今年は何をして過ごしますか?「どーせ独りよ…ほっといて!!」(さすがはヤンさんだ!!)
高声低声
 
花組ベルばら公演評5つ。そのうちヤンオスカル評が3つ。
 そして、『大浦みずきと安寿ミラの恋愛物を観たい!』って文がラストに。私もこれを読んで「そうだそうだ!」
 ってうなづいてました。

10







『秋…冬へのプレリュード』座談会
 ブラウスの細い腰がやけに女らしいヤンさんです。
 「谷先生だし、暗い時代だし、きっとまた挫折する青年だろうというファンの期待を
 裏切って頑張ります」ということでした。
『ザ・ショーケース』座談会
 
「ナツメさんが女役で私が男役をするなんて思ってもみなかったので吃驚してしまいました。
 明るく楽しく頑張りたいです。」
絵と文「今度は私が絵と文よ」一路真輝さん
 
梅田コマ、海軍兵学校大阪大会のおはなし。ねっしいさん(日向)シギさん夫妻とカリさま(杜)一路さん夫妻は
 お向かいの下宿の大学生の男の子[何故かヤンさん]を呼んでトランプしようという事になった。
 ヤンさんの提案で、“大富豪”をしようと決定・・・とか。仲良しね*^^*
高声低声
 
またも大浦安寿を観たい!文がひとつ!

11






カラーポート
 
ブラウンのパンツスーツで物憂気なヤンさん。
秋…冬へのプレリュード・ザ・ショーケース舞台写真
 
カラーはチェス白のヤンさん。
秋…冬へのプレリュード・ザ・ショーケース楽屋レポート
 
レポーターはまたもヤンミキ。ふたりはひっぱりだこ。
 ふたりがおしゃべりしながら主要人物の紹介とコメントを紹介されてます。
タカラヅカ情報
 
「オーマイアイドル」公開録音情報
絵と文「書かされる理由」真矢みきさん
 
「オーマイアイドル」ネタがたーくさん。突然司会者に呼ばれて慌てふためくナツメさん、ルコさん
 ヤンさん、ミキさんの様子がおもしろく書かれてます。
楽屋日記
 大伴れいかさんによりますと、カンカンの場面、ヤンさんは階段上のカンカン娘たちを見て毎日
 大笑いなさっておられるらしい。
高声低声
 
秋…冬の公演評が3つ。

12








タカラヅカ情報
 
名古屋ラ・ポーラ・トークサロン。ヤンさんご出演。
スター★ミニ情報
 
来年のお正月公演へ向けての抱負を語っておられます。
スターin1990
 
このコーナーには初お目見え!
 『昨年から今年にかけての安寿の飛躍ぶりには目を見張るものがある。これほど目覚ましく頭角を現した例は
 過去に類を見ないほどだが、、それとも今迄の努力の蓄積が時分を得て開花したと言うべきだろう。さらなる
 飛翔をー』と紹介されてるヤンさん。ほんとにそうだ!
 その後の御自身のこの1年を振り返ってのコメントも謙虚で的を得ていて素晴らしいです。
 全文書いてしまいましょう!
 「『エルアミーゴ』は非常に難しい役でしたし、私は座長で組長だったので、バウの時は下級生を見るながら
 唯一生懸命ガムシャラにやったという感じです。日本青年館ではバウでやり終えてから、たくさんお手紙を
 頂いたり、先生ももっとこうしてみようと言って下さったので、それもプラスして新しく創り直すつもりで
 演じました。
 オスカルは星組で一回やって、もう一度できるなんて思ってもみなかったので、とても嬉しかったです。
 反省点もいっぱいあったので、それを一つずつ克服していくつもりで臨みました。
 オスカルをやるまでは私の名前すら知らない人が多かったので、大袈裟に言えば、去年の11月が私の初舞台
 みたいな感じでしたね。本当に大好きな、大切な役です。
 だから7月東京公演は終わってほしくないという気持ちでいっぱいでした。
 アンジェイもそれまで暗い役が多かったので、全然違うタイプの役を頂いて良かったと思います。ショーでは
 特にガイの所が踊っててゾクゾクする程好きな場面でした。
 ああいう踊りをどんどん踊ってみたいですね。今芝居がすごく好きになってきたので、どん欲に勉強して
 いろんな芝居に挑戦したいと思っています。今年は初めてのディナーショーもさせていただきましたし、
 本当に前半は忙しかったですけど、とても幸せな貴重な1年でした。感謝しています」
裏表紙
 
サントリーワイン「レゼルブ」を口にしながら宝塚に入った頃を思い出すヤンさん。

ヤンさんがどんどんスターの階段を登りつめていかれるので
記事も正比例してどんどん増えました。
書くのが大変^^;
オスカルで得た評価をきっちり足固めした1年と言いましょうか。
打席ごとのクリーンヒットにヤンさんファンは大喜び。
年末にはルコさんが退団発表されヤンさんとしては複雑な思いで大変だったのでしょうが
ルコさんもヤンさんもそれを笑顔の後ろに隠していい舞台を見せて下さいました。
ナツメさん時代の作品で組子を最大限、生かした作品!と言えば
まちがいなく「秋…冬へのプレリュード」だと思っています。大好きな作品でした。


1991歌劇へ

もどる