Musical Comedy

cast

Anju Mira安寿ミラ as Ellen

Takami Hiroyuki 貴水博之as Harry

Moriyama Kaiji森山開次 as Milt

tokyo ル・テアトル銀座 2007.5.10~20
osaka 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー 2007.5.22
nishinomiya 兵庫県立芸術文化ホール中ホール 2007.5.23・24
nagoya 名鉄ホール 2007.5.26

あ〜あ、また終わっちゃいました

寂しいな〜

こんなに楽しかったことないもの

LUVって聞いた時も
キャスト聞いた時も「ヤッタ!」って思って

安寿ミラさん  貴水博之さん 森山開次さん
なんだか新鮮、そして大人!

元宝塚トップスター、ボーカリスト、コンテポラリーダンサー
「クラリモンド」の縁ですよね〜〜

チケット代、高いにもかかわらず何回も見てしまったのですが
まだ見たい〜〜〜
もっと見たい〜〜〜〜〜と思っています、しつこく^^;

その思いを込めて観劇記、いってみよう!

「LUV」
ラブラブラブ!
好き好き好き!

「LUV」って「好き」でいいんじゃない?

家に帰るとシッポ振って出迎えてくれる犬を
ぎゅっと抱きしめる時みたいに

そう、子どもの時にね
無条件の好き!がいるんだよね

エレンもミルトもハリーも子供時代は悲惨だった

♪そんなのパーラダーイス〜〜
って歌っても悲惨だよね〜

エレンは別れた両親の間を行ったり来たり
ミルトは貧乏、両親のケンカ
ハリーは「あーざになるまで殴られた♪」
命まで危うかった

♪パーラダーイス〜〜〜

歌ってる場合か!ってくらいヒドイ子ども時代
いや、3人ともそんなに悲惨だったのに
この年まで(38.36.36.)頑張って生きてきたんだよね〜〜

エライ!エライです!!

しかもその不幸を自慢出来るくらい!

これはもうある意味超越してます!
スゴイです!

だから、コメディーになるんです!!

3人のそれぞれに持つトラウマ

エレンは「結婚」
ミルトは「お金」
ハリーは「命」

この抱腹絶倒の大人のラブコメディーはいったいどうなるのか〜〜〜!!

って前置き長すぎ^^;

↑一応ブルックリン橋のつもりです
←がブルックリン
→がマンハッタンです。リッチ系です。

橋の上には街灯が3本あって、ベンチが中央にひとつとマンハッタン寄りにひとつ
ベンチとベンチの間に金網で出来たゴミ箱があります。

橋脚にはゴミ袋がひっかかってて
川面を流れる風にふわふわ揺れてたりします。

ぼお〜〜〜
ぼお〜〜〜〜〜〜〜〜

ちびまる子の友達のぼおちゃんではありません。

汽笛か霧笛か

「早く、こっち来ーーーい」って呼んでます(それはもっと後!)

ブルックリンの方からよれよれのしょぼくれた男ハリー登場!

うっわ、ほんとによれよれ〜ぼさぼさやし〜〜
でも可愛いかも〜(笑)

今生の別れにビール?コーラ?を飲み干し、びんはポイ!

♪オープニング(ハリー)

ハリーの遺書がオープニング!

ベンチの裏にくっついたガムで街灯に遺書はりつけ
「あ=」だっけ?「お〜〜」だっけ?
橋から飛び降りようとする

そこに「エレン〜!」の声

橋の欄干に立ち街灯につかまるハリー

チョ〜〜〜キザなスーツ着込んだ金髪ロンゲサングラスのミルト登場!
「どうだい?俺ってカッコイ?」ビームを全身から放ちゴミ箱をあさる

ボールペンをちゃんと試し書きするミルト、細かい奴
次は
パフパフ!

欄干からずり落ちそうになるハリー(笑える)と
ミルトの目が合う!

まさか!

♪再会(ミルト)

君か〜〜〜ハリー!!

お〜〜〜開次さんの歌声ですぞ〜〜
本邦初公開!と言っても過言ではありません!
ええ声です〜〜〜

15年ぶりの再会にミルトは歓喜
ハリーは「誰だっけ?」
この間が良かった!

ビュンビュンのミルトととぼけたハリー

ふたりは大学の同級生

♪総合文化大(ミルト&ハリー)

総合文化大って?^^;!
ふたりでダスキン(おい)持って踊り、再会を喜ぶ

そして再会にはお決まりの「今、何してんだ?」的会話
ミルトは結婚と持ち家とゴルフと金のベストとパンツを自慢
ハリーは・・・・どんぞこのどんづまり

ア”ーーーーー====!!!
突然身体が硬直するハリー
キエーーー========!!!
突然盲目、白目むくハリー
オエーーー=======!!!
突然耳が聞こえなくなるハリー

ヤケ、ヲ、オコ、スナ、ナニ、カ、ウツ、テ、ハ、アル、ハズ、ダ

ここ、笑かしてもらいましたね〜〜〜
開次さんの身体能力凄いし〜〜〜

ハリーの自殺をミルトが止め
不幸比べが始まる

♪パラダイス(ミルト&ハリー)

つまり「極楽」でんな

そんなん極楽でんがな
わし、親の顔も知りまへんねんで
じいさんばあさん、家にも入れてくれしまへん
何言うてまんねん、わしは学校も行かれなんだんや
履いていく靴がのうてな〜

そんなん「極楽」でんがな〜〜〜!!!

パーラダーイス〜〜〜♪
そんなのパーラダーイス〜〜〜〜

と賑やかな不幸合戦
旗色悪くなったハリーは
「もう聞きたくありません」と袋をかぶる!
そうなんです!
ハリーの親友、
茶色の紙の帽子君、袋君なのです

ここはお手打ち、引き分けっちゅうことで話がつきまして、
先へ進みます。

♪愛のカーニバル(ミルト&ハリー)

タイトルはカーニバルですが
歌詞は♪愛はそうさ、メリーゴーランド

ミルトは思いついて、愛する彼女の写真をハリーに見せるんですね
若い女らしいけど、のちに髭が生えてくるそうなので
トッツィーかもしれない(笑)

「おまえのワイフか?」
「ちがあ〜〜〜〜〜う」←このニュアンスをどう書けばいいのだろう^^;
「あ」と「う」の間の「〜〜〜〜〜」が山なりになるのよ
そして
「ウ〜〜〜〜リンダ!」
「リンダ」の「リ」は思い切り巻き舌

リンダはミルトの愛人
今やワイフそっちのけでリンダとのカーニバルを楽しんでいるもよう

俺はもうリンダと一緒になれなければ〜〜〜!
と橋から飛び降りようとしたりなんかして、すぐやめる(おい)

「何故、ここへ来たか、分かるか?」

「あいつは泳げないんだ」

しばし間

「ぎょえ」

おもしろいですね〜〜〜〜

「会ってくれ」

「リンダに?」

「違う、エレンだ!俺のワイフ」

あらすじどおりミルトは妻エレンをハリーに押しつけようとするんですが

この時のハリーのトーンを押さえた演技と
ミルトのしなやかな身体の動きに乗せた演技が対称的で
おもしろかったな〜〜

とにもかくにも、なんとかハリーに「うん」と言わせたところに

「ミルト〜〜〜〜〜!」

きゃーーーーーーーー====================

やっとヤンさん登場だよ〜〜〜〜

ヤンさ〜〜〜〜〜〜〜ん!!!

可憐なピアノの調べに乗り
毛皮のコート、エンジのワンピースに身を包み
金髪ボブの
エレンが登場〜〜〜

「エレン〜〜〜〜」
ミルトが恭しく迎え、櫛で髪を整えて差し上げ
コートのほこりを取って差し上げ
「あーん」「あーん」「シュッシュ」とお口にコロン

これだけでも充分おかしいし〜〜〜〜

「私は待ったわ〜〜〜、夕べあなたが帰ってきたのは○時○分○秒!」

エレーーーン、あなたはなんておかしいの〜〜〜

そして広げる掛け軸を!
グラフを!

♪「グラフ」エレン

ヤ、ヤ、ヤ、ヤ、ヤンさんがこ、こ、こんな歌を歌われるなんて〜〜〜!

せ、せ、せーよくのゲ、ゲンタイ!?
セ、セ、セーセーカツ!?
あ、あ、あなたのも、もの!!!って・・・ぎゃひーーー!
す、すりへってるとか、す、すりへってないとか

セ、セ、セックスの回数!
ついに来たか!!

ぎょえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、かまととぶるのはやめましょう(笑)

夫婦ですからね、線の急降下、線のSTOP!はいけません(はい)

それにこのナンバーでミルトをいたぶるエレンの超ドSの魅力
いたぶられる
ミルトもドMが似合う、意外と似合う
ムチですよ、ムチの場面、一瞬ですがショーストップしたい瞬間じゃございませんか!

ピシー!という音と、ムチを振り上げるエレンに
鋭く反応回転して転げるミルト!
見事じゃ!アッパレじゃ!

ヤンさんにまたがれてる開次さんが
なんか嬉しそうなんですけど〜〜〜〜〜〜
それは勘違い?(笑)

エレンのこの歌にくる拍手の意味は「さすが〜!」

そうなんです
ヤンさん登場で舞台がピシーッと締まるんですよ〜
これ、ホント。

びびりまくりのミルトがハリーを呼びにいくんですが
その病弱の若旦那みたいな姿が不憫すぎて笑えましたね

ハリーのいやがる声が聞こえて

♪「ハリーとエレンの出会い」(ミルト)

ハリーってこの時、エレンを見てちょっといいかもって思ってるよね。
ミルトはエレンの作ったグラフを川に捨ててしまって
涙ぐむエレン

で、ハリーはなんかお話なんぞしてみようかと
ギターはフラメンコかクラシックかって聞いたり
ジャジャン!って近寄ったり
笑えたのが
「いい季節になりましたね〜」

それが何故かエレンの癪にさわったらしく
突然首根っこつかまれるハリー

それでもごめんなさい、って謝って、
私たちのこと分かってるわよね

しょげてるエレンを慰めるハリー

♪「輝く星よ」(ハリー)

これが短い曲なんだけど、良かったわ〜〜〜
しょげてる時にこんな優しさに触れたらググっときちゃうな〜

そしてどうぞ願い事をと言われて

♪「レスビアン」(エレン)

なーりたいの〜〜レスビアン
とどめの歌詞が
あれです。
とても書くことは出来ませんわ〜〜〜

マジで?マジで。

ほんとにこんなセキララな歌をヤンさんの口から聞く日が来ようとは
夢にも思っていませんでした

一応、どひゃ〜〜〜!とびっくりはしましたが
こちらもそれなりの年を生きてきたんで
それが
究極の手段かと冷静に考えることも出来ます

マジで?マジで(笑)

ハリーはエレンを慰めようと自分の不幸よかマシだよ、と言おうとするんですが
「どんな子どもだった?」と聞くエレンが
徹子の部屋の黒柳徹子さんみたいだと思ったことを告白します。

♪「パラダイス2」(エレン&ハリー)

エレンはハリーの不幸を聞かずひたすら自分の不幸を歌うんですねえ
中央ベンチで
ハリーを威嚇する形でフィニッシュ!

「ハリー、私が怖い?」

それだけで笑いが起こるのは何故だ!(笑)
「男はみんな、私を怖がるの」
「私の知性、なんとか、なんとか、なんとか」って言って
何か問題出して。

♪「統計」(エレン)
はい、出ました!数学と音楽のコラボレーション
円周率の歌!

これもチョー短い歌なのに拍手喝采〜〜〜!!!
パチパチパチ〜〜〜〜〜

「話が出来て楽しかったよ、サヨナラ」

「待って!行かないで!ハリー!」

世にも不格好なへっぴり腰で、ハリーの腰にしがみつくエレン

ヤンさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん

「大学って何なの??」
この一連の発言はヒジョーにおもしろいですねえ〜〜
年配の男性もここで爆笑してらした

♪「信じるの結婚を」(エレン)

私の夢を言いましょうか

優しく結婚への夢を歌うエレン
この気持ち分かるな〜〜〜
遠い昔、私も同じようなことを夢見てたもの〜〜

この時、歌うエレンを見ているハリーの表情が優しいのです!

いいなあいいなあいいなあハリーー
ハリーは優しい!

ハリーのまなざしがエレンのハートを温めたのか
ベンチに並んで座るふたりの間に
ほんの少しの
ラブ!

試してみない?ラブを

躊躇するハリーの手をとり頬を寄せるエレン
「歌いたくない?」

ハリーは歌う

♪「誰かが」(ハリー&エレン)

貴水さんの声はボリュームがあるから、表現の幅も広いですよね〜〜
ハリーのハートにもラブの火がつき
二人のデュエット
デュエットも妙に合うふたりですよね

歌からダンスへ

「ハリー、こっちへいらっしゃい、私と踊って」

きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハリーがうらやますい〜〜〜〜〜〜

毛皮のコートをぬいでハリーと踊る

このナンバーがね
宝塚みたいに
ロマンチックなのよ〜〜〜
ハリーの衣装がよれよれの浮浪者衣装なのがタマにキズだけど
なんかいいんだよね〜〜〜
リフトでくるくる廻るヤンさんが綺麗〜〜〜〜〜

そして優しいKiss

あ〜うっとりしちゃうわ〜〜〜〜

ハリーはエレンについに告白!
愛してる!!

ヤッタ!!
なんて楽しく胸躍るナンバー!!大好きよ!!

と、ここまではロマンチックだった。

問題はここからだ。

「どれくらい愛してる?」

レディース&ジェントルメン!
イッツァ〜〜ショー〜〜タ〜〜イム!

橋の上のバカップルショー〜〜〜〜!!!

エレンとハリー!

行ってみよう〜!

こ・れ・く・ら・い
それだけ?

「私はあなたを愛してる」この言葉を検証してみましょう
「そこから始めるのか」

爆笑ポインツ満載〜〜〜!!!
バカップルショ〜〜〜〜〜〜〜

足を踏んでみて

ガツーンと!

思い切り踏んづけるハリー
○×▼*#☆○×▼*#☆!!

ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

美女をそこまで捨てられるのか〜!
それが女優なのか!

ふんぎゃあと凄まじい叫び声で痛みを我慢するおっさんエレン

♪「イエス、イエス、アイラブユー」

このおっさん声のヤンさんが忘れられない〜〜〜
ちょっと可愛い声でハリーに手をのばすかと思えば

ガツーン!と膝蹴りを入れるエレン

今度はハリーがお腹かかえて猪木になる、いや、五木か

ハリー、エレーン〜〜〜、ピローン
ハリーがエレンのワンピの肩をはずす
黒のブラひもが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

LOOTに続いて2度目のブラネタです

そして〜〜〜〜
貴水さんファンのメインエベント〜〜〜〜〜〜!!!
本日のパ**は〜〜〜〜!!!

ピンクだ〜〜〜キイロだ〜〜〜〜〜

わーーい

このあたり、舞台のバカップルに負けないくらい客席もバカになっとります。

バカでいいのだ

「寒くなあい?」貴水さんの言い方好き!

初見ではてっきりここでコート着せてあげるんだと思ってたら
川に捨てたので
マジで
ウソオ!と思いました

私のお金で買ったのに〜〜〜〜
エレン、ヤンさん、すっかり
美女放棄!

客席、笑いが止まらない

次はハリーのボロいコートが捨てられるんだな?と思いきや

ぼ〜〜〜〜〜〜〜〜(汽笛)

「いいことを思いついたわ、究極の証明」

うそ〜〜〜〜(笑)

「こお?」と身体まげるハリーが可愛い

「ああ、見てられないわ!」

ハリーやめて!いいや、やってやる!とエレンを突き飛ばすハリー

貫一お宮か!!

お、、と悲劇のヒロイン泣きをするエレンがとてもろかったです

そして飛び込もうとするハリーをミルトが止める(2回も止めるんだねえ)

エレンは、何事もなかったかのように
はいOK!と監督のカチンコなって終わるみたいに
立ち上がってハリーの所へ
ミルトは突き飛ばされて
顔面強打

ミルトのことなんかどうでもいいエレンとハリーは
ひしと抱き合う〜〜〜〜

おほん、おほん、とミルトが存在をアピール

ハリー「君の夫だ」
エレン「あなたの方が古い付き合いでしょ」
と、ハリーに事情を言わせる

そんなあ〜と振り返るハリーに、ある時は「行けよ」とアゴで
ある時は可愛く「オネガイ」ポーズ
日替わりでしたね〜〜

それでなんだ

そう、へへへ

この時、ミルト「こそ泥野郎〜」ってハリーにつかみかかるんだけど
ちょっとは嫉妬したのかしら?
してないか^^;

妻の浮気を祝福する夫となり
ベンチに立ち、
ミルトはキリスト像となる

両手を広げて首をちょいとかしげるだけで
キリストに見えるからおかしい

手を取り合うエレンとハリー

ミルトの指輪をはずし、ハリーから指輪をもらい

1幕はハッピーエンド

リンダ〜〜リンダ〜リンダ〜、ミルトの声がこだまして幕

さて、2幕の前に。

1幕最上の萌えどころをすっかり忘れておりました!

エレンがナイフを取り出して自殺を計ろうとする
ハリーが止めようとしてもみ合いになる

この知性が、円周率が、3.14が、、、

頭の良さなんかこうしてやる〜〜〜〜〜〜〜!!!

やめなさいって!

あの場面ですね〜〜〜

ヤンさんが貴水さんを押さえつけて
のどにナイフを突きつけて

みなさん、さようなら!

みなさんって誰やねん!
と突っ込みつつも
そんな矛盾も含めて
爆笑しちまった〜〜〜〜〜〜〜

けど、なんかドキドキもしちゃったもんね。
理由?
そんなもん分かりません。
分かりたくもありません!
と、袋をかぶる(笑)

以上。

それでは2幕いってみよう!

ぼお〜〜〜ぼお〜〜〜

1年後の橋の上

髪を伸ばしたエレンがブルックリン側から登場
トレンチコートです

♪「美しき夜よ」(エレン)

ア・ビューティフルミッドナイト〜♪〜〜

なんだかちょっと寂しそうなエレン
1年前に星に願った願い事を取り消して

なりたい!尼さんに〜!

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜??

ハリーとも上手く行ってないの???

ベンチに座って図書館にしかなさそうな重い本を読み出す

そこへ、すこしだらしなくなったミルトが登場!
でも髪をバサっと垂らしたミルトは1幕より素敵!

ミルトがゴミ箱をあさると、何故かウ*チ

なんでウ*チなんだよ==
しかも棒つき〜〜〜〜!!
ありえないぞ〜〜〜(笑)

大きくためいきをつくミルトがエレンを見つけ

まさか!

♪君か〜〜〜エレン!

ベンチに並んで座り、身体が触れて慌てて離れるふたり
いいわね〜〜〜この雰囲気
気持ちはまだ離れてないんだな〜〜って感じちゃう

幸せ?と尋ねるミルト

♪「悲惨な暮らし」(エレン、ミルト)

このナンバーで二人の悲惨(?)な1年が語られるんですね〜〜

エレンはベッドでハリーと愛を語る日々
語るだけ?^^;
語るだけ????

ミルトはリンダの愛欲のはけ口に!
しかもリンダにはヒゲが生えたらしい

掃除くらいはしてくれるんでしょ
というエレンに背中を叩かさせると
ボハッボハ〜〜〜
すんごい埃〜〜〜〜〜〜〜〜

そんなリンダに逃げられたミルトはまた新しい恋をしているらしい

♪「レイディ」

このナンバーの開次さんがカッコいい!
しなやかでシャープな全ての身体の動きがカッコイイ!

腰をくねくねされるともちろんセクシーだけど品が落ちない!
それよ、それ!
品が落ちないこと。
これって絶対条件よね〜〜〜

歌いながら、レイディの写真をひらひらさせながら踊るミルトのまわりを
これまた蝶のようなヤンさんが踊るんだわ〜〜

その彼女ってどんな人なの?
写真を見せてよってね

ヤンさんの写真なのよね〜〜〜〜〜〜〜〜

遠目でもちゃーーんと見えました

ミルトの歌に絡んで♪マイ、ミルト、マイ、ミルトってとこ
なんか色っぽかったな〜〜

エレンとミルトの!
ヤンさんと開次さんの!
デュエットダンスも見れるんです〜〜

それがもうあっという間に終わっちゃって〜〜
もっと踊って踊って踊って!
思ってしまいましたです。

ミルト!エレン!
ずっとアナタを愛していたわ!と抱き合う二人

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そんな〜〜〜〜〜(笑)

こういうアンビリーバボーな展開オンパレードの2幕であります。
いや、思い返せば1幕から「なんでやねん!」的展開ばっかりでありました。

これに付いていけるか、行けないか、

これを楽しめるか楽しめないか

それは自分自身を知るチェックポイント!

アンビリーバボーな展開その2

♪ハリーさえいなければ(エレン、ミルト)

うそお!

そりゃ、茶色の袋かぶってるなんて変ですよ
でも居なければ・・・って^^;
それって殺人じゃない!?って
落ちる時、目開けてない?とか
トリカブトがなんたらかんたらとか

妻とその元夫に殺されちゃうの?ハリー

悪魔のような妻と元夫に!

しかしこの悪魔のような二人のダンスがカッコいいのです!
二人左右対称にポーズ次々決めていくとこ!
めちゃめちゃカッコイイ!!

それでもやっぱり出来ないわ〜〜〜〜〜〜

とエレンが怖じ気づいてると

ヘックシュ

誰か来る!

さりげなくしていよう!

ポーズするミルト

どこがさりげないねん!!!!と思い切り突っ込めるボケがいい気持ち

ハリーだわ!

ってとこで、隠れる二人

次が最高に笑えるんですわ〜〜〜
何回見ても笑えるんですわ

袋をかぶりポテポテと脳天気に歩いてくるハリー

こーーんなユーモラスな大ボケ

天然と言わずしてなんと言おう

しかしハリーは真剣なんだ

ベンチに座って

「君に(袋だよ)話がある」

♪茶色の髪の帽子(エレン、ミルト、ハリー)

君はぼくの松葉杖だった
でも今では肩にもたれて泣ける人がいる

この歌も好きだったな〜〜

でも思った

ハリーってやっぱりエレンに甘えたかったんだ〜って
ママの顔を知らないハリー
エレンにママの夢を見てたんじゃないかな〜〜って

エレンか紙袋かそれが問題だ、と悩むハリー

エレンとミルトは変装して
ハリーを殺す機会を伺っている
でもエレンはハリーの気持ちにぐらぐら揺れてるんだけどね

しかーーし!

エレンとミルトはどこから見てもバカップルパート2なのだ!

ほっかむりしてサングラスかけて

限りなく挙動不審

ゴミ箱で見つけたラケットとほうきで普通テニスはしません

命狙われてるハリーもよく見れば
橋の上で
「変なおーじさん」を踊っています

LUVトリオ!バンザーイ!!

ここまでぶっ壊れて下さって、私は嬉しい!

さあ〜いよいよその時だ

今〜〜〜♪ 今〜〜〜♪ 

ミルトはハリーを川に突き落とそうと橋桁の上を忍びよっている

い〜〜〜ま〜♪

じゃないよね

ミルト、ハリーの天然の護身に、

お〜〜とっとっとっとっと

ズル

と落ちる

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バッシャン!!

おもしろ!おもしろ!!

まさか、ミルトが川に落っこちるなんてね〜〜〜

ま、神様のバツですね
ハリーを殺そうとしたんだから

天然で助かったハリーは、助かったことも知らず

ぼくの天使、ぼくのかけがえのない人(だっけ)って色々言って
両足をエレンの膝の上にポンと乗せて
エレンに抱きつく

ハリーがうらやますい〜〜〜

でもね、エレンは甘えられたいんじゃないのよね

エレンはハッキリ言ってあげます

あなたを愛していません!
私が愛してるのはミルト・マンビル

当然

ハリーは発作
紙袋かぶったままぶっ倒れてしまいます〜

そこへ、橋脚のはしごをミルトが上ってきます

ほんまにおかしいよね〜〜〜この展開

ボートに助けられてコーヒーとドーナツもらったって
ある日の開次さんはドーナツを食べてドーナツ吹き散らしながら喋ってはった

倒れてるハリーをもう一度川に落とそうとする
エレンとミルト

「足、持つわ」

この間のなんと良いこと!

袋かぶったハリーを橋桁まで運び、
最後の一押しをするんだ!と

ボクを愛しているならヤッテくれ!と

♪イエス・イエス・アイラブユー(エレン)

ええ、やるわ!

エレンは目もあけないで思い切りハリーを突き飛ばした!

が!

あ〜〜〜〜〜〜〜
れ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

落ちたのはミルトだった

バッシャーーーーーーーーーーン!!

この場面は最高におもしろかったですね〜〜〜

なんべん見てもバカ笑い出来るっちゅうか

次はハリーが落ちると思うじゃないですか
ハリーを落とそうとしてるんだから

なのにミルトが落っこちる

こーーーーーんなおもしろいことはありません!!

死ぬ気なんてまるでないミルトが、しかも2回も!川に落ちる

そう、運命なんてこんなもんなんですよ〜〜

ヒ・ニ・ク

飛びきりのジョーク

あのミルトが2回も川に落ちるなんて思いもしない

見事に観客の裏をかくアンビリバボーな展開

騙される快感ってのかな〜

うそお!

ヤンさんのこの反応が観客の心理にドンピシャ!!とはまる

客席に向かって、エレンとハリーが「ミルトだ!」って指差すと
釣られて後ろ振り向いてる人もいたっけ

ミルトは難なくボートに引き上げられたようでまずは安心

しかしおさまらないのはエレンだ!

ハリーは相変わらず呑気に紙袋をいじってるし
結婚は失敗だった、って言っても
「全然理解出来ません」って言うし(おかしかったな〜)

で、出ました!

必殺、折れ線グラフ!(また作ったのかあ〜!)

で、アンビリバボーな真実が!!

ハリーとエレンはゼロ!
新婚で1年間、セックスレス!!

うそお!

こんなサプライズありなんですか?
全然理解出来ません(笑)

そりゃアカンよ、ハリー

そこで、エレンはハリーに

ユーラブミルト♪

♪「僕は彼を愛してる?」(ハリー、エレン)

あなたは女性を愛せない
あなたが愛してるのはミルトよ

なるほど〜

私はこのエレンの説を支持します!(おおげさな)

ハリー自身は気付いていないし、気付こうとしないんだけどね。
紙袋をかぶるのは、他者からの逃避ではなく
自分自身からの逃避

自分を知らないで自分を認めることは出来ないし
自分の愚かさを愛さないで、自分の求めることを知らないで
明日への希望を持つのは困難だもん

ハリーはエレンの言葉に耳をふさぎ
アイラブユーアイラブユーアイラブユーアイラブユー♪
とエレンを追っかける

その姿はおもしろくて橋脚に頭、ぶつけたりなんかして笑えるけど
同時にとても切ない

ハリーはママを追い求めてるような気がするんだもん
ハリーは大人で子ども

ハリーは自分が何を追いかけているのか知らない

エレンなのか、ママなのか、愛なのか

多分、愛?

そこへミルト生還!!再び!!

ほんとにもう〜〜おかしすぎ〜〜〜

ずぶぬれミルトを子どものように抱きかかえ
拭いてやるエレン
ミルトのでれでれでれでれの笑顔〜〜
可愛過ぎる〜〜〜〜〜

その後ろで「イヤダ!イヤダ!」と駄々をこねるハリー

欠落?そう欠落ね〜

男はみーーーんなマザコンなんだ〜〜〜〜〜!!
(My心の叫び^^;)

エレンを取り合うミルトとハリー

エレンって幸せよね〜〜
二人の男性から(ちょっと変だけど)取り合いされるなんてね〜〜

エレンはミルトを選ぶ

♪「ハリーの決断」(エレン、ミルト、ハリー)

これでおしまいだ〜〜〜♪

ここんとこのハリーの伸びのある声が劇場に響き渡るのが好きだったな〜〜〜

1年間一緒に暮らしたエレンはミルトの元に帰ってしまった

川に飛び込もうとしてミルトが止める

ぼお〜〜〜〜〜〜〜〜

けれどエレン、今度はいいんじゃない?

規格はずれのアナタ、したいようにすれば?

って感じかしら

笑えたけど、決して冷淡には聞こえなかった

ハリーは飛び込む

わあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バッシャーーン!!

ミルトとエレンは仲睦まじく家に帰る

こ・れ・く・ら・い〜!ってね。

ハリーが橋脚を上がってくる

私は笑う

けれどもその笑いには色んな思いが混じっている
中でも一番大きな思いは
ハリー、頑張れえ〜!

「エレン〜、ミルト〜」

茶色の紙袋を川に捨て
ベンチにすわり、泣き笑いのハリー

歌い始める

くよくよ、するな、生きていこう〜♪

♪「ラヴ」(エレン、ミルト、ハリー)

エレン、ミルト、どうぞお幸せに!

ハリー、おもしろい小説を書いて下さいね!

エレンとミルトとハリーがベンチにポーズして

楽しかった〜〜〜〜

ほんとにほんとに
トッテモトッテモトッテモトッテモトッテモトッテモッテモッテ・・・

楽しかったです!

ありがとうございました!

後半、ちとマジメモード^^;

3人が繰り広げる橋の上の喜劇

その下には大きな川の流れ

流れる川の力強さを知らず知らず感じ取っている

大声で笑いながらね

ヤンさんのおかげでまた素敵な舞台に巡り合えました。

ヤンさん 貴水さん 開次さん、
魅力的なお3方の共演は夢のようでした。

またいつか共演していただけたら、と願っています。

最後はまたまたラブレター

アイ・ラヴ・ヤンさん*^^*

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆←おバカです


もどる