Mira Anju

Musical Data

ブロードウェイミュージカル「レディー・イン・ザ・ダーク」 (1996)
cast
安寿ミラ/ライザ・エリオット

田中健/チャーリー・ジョンソン、海軍兵、宝石商、牧師、空中ブランコ乗りの検察官
団時朗/ケンダル・ネズビット、給仕主任ピエール、ライオン使いの証人

菱谷紘二/ドクター・ブルックス
園岡新太郎/ジョー、リングマスター
平沢智/ラッセル・バクストン、運転集ビークマン
水谷あつし/ランディー・カーティス

入絵加奈子/ミス・フォスター、サットン
福麻むつ美/アリスン・デュ・ボア

戸田恵子/マギー・グラント

野村興太郎、駒田はじめ、岩渕憲昭、水谷誠司、柚原旬、ごんどうけん
佐々木しんじゅ、平野亙

あづみれいか、岡田静、初音ひかり、鈴樹葉子、坂田今日子、栗國真弓
白石陽子、岩村薫、中田由記

staff
脚本/モス・ハート 作詞/アイラ・ガーシュイン 作曲/クルト・ワイル
演出・振付/謝珠栄  美術・衣装/日比野克彦
hall
2.24~3.15 アートスフィア
3.27 長良川国際会議場メインホール
3.30~4.10 シアター・ドラマシティ
4.13/14 愛知県芸術劇場大ホール
4.16 広島厚生年金会館
story
第2次世界大戦中のアメリカ、ニューヨーク。
ある日精神分析医ブルックスの元をビジネススーツに身を固めた一人の女性が現れた。彼女はライザ・エリオット。ファッション雑誌「アリュア(魅惑)」の編集長でこれまで的確に仕事をこなしてきた。
そんな彼女が言いようのない不安に襲われるようになり仕事さえ手に付かなくなってきたと訴える
そしてライザは前日に見た夢のことを話し始める

ブロードウェイミュージカル「デュエット」(1997)
cast
安寿ミラ/ソニア・ウォルクス
川崎麻世/ヴァーノン・ガーシュ

春川さやか
玉置千砂子
石黒ゆかり  /ソニアの声、ガールズ

山形ユキオ
荒川亮
中本雅俊   /ヴァーノンの声、ボーイズ

staff
脚本/ニール・サイモン  作曲/マーヴィン・ハムリッシュ
作詞/キャロル・ベイヤー・セイガー  翻訳/小田島雄志
演出/井上思
hall
3.19~30 アートスフィア
4.3~6 近鉄劇場
4.7 名古屋青少年文化センター
4.11 町田市民ホール
story
ヒットメーカーの作曲家ヴァーノンと彼と組むことでチャンスをつかもうとしている新進作詞家ソニア。
単純なのか複雑なのか超マイペースなソニアにどんどん惹かれていくヴァーノン。やがて二人は一緒に暮らし始めるが・・・
ラブコメディ

ブロードウェイミュージカル「ロマンス・ロマンス」(1998)
cast
安寿ミラ/ジョセフィン/モニカ
山路和弘/アルフレッド/サム
北村岳子/メイド/バーブ
本間仁/   /レニー
staff
作/Barry Harman  音楽/Keith Herrman
演出/野沢那智  音楽監督/加古隆
hall
7.11~20 東京芸術劇場中ホール
7.22~26 ドラマシティー
story
1幕2幕で、19世紀末のウィーンと現代ニューヨーク近郊。
2幕通して4人の出演者が演じ、ロマンスという点以外に共通点を持たない、
2話連作というめずらしいミュージカル

1幕・他愛なきコメディー
資産家で遊び人のアルフレッド。高級娼婦のジョセフィン。
二人はそれぞれ自分の生活に嫌気がさし本物のロマンスを求めていた。
そして思いつきから貧乏詩人と田舎娘になりきり新しい出会いを求めて街に出る。偶然にもそんな二人が出会って恋に落ちる。。。。のだが。。。

2幕・夏の戯事
NY近郊の海辺の別荘を一夏の間共有する二組の夫婦
サムとバーブ、レニーとモニカ。4人は学生時代からの仲間である
特にサムとモニカはプラトニックな友情を大切にしてきた。ところが。。。

「リトル・ナイト・ミュージック」(1999)
cast
麻実れい/デジレ・アームフェルト(女優)
細川俊之/フレデリック・エーガーマン(弁護士)
安寿ミラ/シャーロット・マルコム(伯爵夫人)
寺泉憲/カールマグナス・マルコム(伯爵)

松下恵/フレデリカ・アームフェルト(デジレの娘)
岡田真善/ヘンリック・エーガーマン(フレデリックの息子)
高塚恵理子/アン・エーガーマン(フレデリックの幼妻)
池田有希子/ペトラ(エーガーマン家のメイド)
三谷六九/フリード(マダムの執事)

東恵美子/マダム・アームフェルト(デジレの母)

長裕二/エアランソン氏(リーベスリーダー)
久保和範/リンドクイスト氏(リーベスリーダー)
吉岡小鼓音/セグストラム夫人(リーベスリーダー)
鹿内真理/ノードストラム夫人(リーベスリーダー)
平澤由美/アンダーセン夫人(リーベスリーダー)

磯辺りさ・大津綾香/フレデリカ(子供時代)東京
芝崎唯奈・竹崎由佳/フレデリカ(子供時代)大阪

staff
作曲・作詞/スティーブン・ソンドハイム
脚本/ヒュー・ホウィーラー
(映画「夏の夜は三たび微笑む」イングマル・ベルイマン監督より)
演出/ジュリア・マッケンジー
音楽監督/宮川彬良
hall
6.10~27 青山劇場
7.5~18 近鉄劇場
story
20世紀初頭のスウェーデン。
18才のアンと再婚した中年弁護士フレデッリク。アンは今だに処女。フレデリックの息子ヘンリックは義母アンに密かな恋心を抱いていた。
フレデリック意中の人は昔の恋人だった女優デジレ。
デジレには恋人のマルコム伯爵がいた。

ある時フレデリックがアンを連れてデジレの芝居を見に行く。
デジレとフレデリックの仲を怪しんだマルコム伯爵は妻シャーロットを送り込み真相を探らせるが。。。

「半神」 (2002)
cast
安寿ミラ/先生/老数学者

坂井涼子/シュラ
藤井美菜/マリア

佐々木拓/スフィンクス
福島美穂/ハーピー
高橋紅緒/ユニコーン
河内大和/マーメイド
真保しのぶ/ガブリエル
山賀晴代/ゲーリューオーン

谷垣茂彦/老ドクター
坂上光紀/父
青木美智代/母

内藤千子 蛯子紀穂 佐藤幾久代
内藤由佳理 菊田香子 田島真弓
玉木舞子 柴田恵美 諸橋優   /化け物

staff
原作/萩尾望都  脚本/萩尾望都、野田秀樹  構成・作詞/岡本おさみ
作曲・音楽監督/笠松泰洋  振付/内堀照子・舘形比呂一
演出/山崎清介
hall
3.22~24 りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)劇場
4.6/7 サンシャシン劇場
story
身体が腰の部分でくっついている双児の少女たち
シュラとマリア
シュラはかしこいが醜く、マリアは美しいが身体も弱くかしこくもない
そんな二人のもとへひとりの家庭教師がやってくる

先生は尋ねる。マリアに。「ぼくの行き先わかりません?」
シュラは言う「そっちの頭に聞いてもムダよ」

そして。。。。

佐世保市制100周年記念ミュージカル「海のサーカス団」 (2003)
cast
安寿ミラ/ブラックパール団長・渚の母

さだまさし 佐田玲子/さすらいのムツゴロウ

小川心平 引田天洋/マジシャンカサゴ

永江義一/浜田岩男
松瀬樹理/ヤドカリ
尾形芙美/浜田渚
近藤光樹/浜田岩男(少年) 他

staff
脚本/市川森一  演出/原田一樹  テーマ音楽/さだまさし
音楽/甲斐正人  振付/名倉加代子  舞台美術・衣装/朝倉摂ほか
hall
3.22/23 アルカス佐世保大ホール
story
「お母さんのところへ行ってきます」そういう書き置きを残して浜田岩男の娘、渚は家を出てしまう
小舟に乗り夕日に映える九十九島を探しまわる岩男は、渚と出会ったというヤドカリに会う。
岩男はヤドカリからサーカス団のことを聞き、渚もそれを見るために海の中へ行ったことを知る。ヤドカリの魔法で子供に戻った岩男は渚を探しに海の中へ。。。

ミュージカル「星の王子さま」 (2005)
cast
宮崎あおい/星の王子さま
岡田浩暉/飛行士

ブラザートム/王様
ROLLY/キツネ&うぬぼれ男
松澤一之/地理学者
内田紳一郎/実業家&あきんど
宮川浩/点燈夫
福本伸一/呑み助&転轍手
田子裕史/トルコの天文学者

小倉圭子・川村絵良・楠美奈生・小森里子
中村明日香・山口夏絵・吉岡香織・吉原彩香  /バラたち

森山開次/ヘビ
安寿ミラ/花  

staff
原作/アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 脚本・作詞/能祖将夫
演出/白井晃 作曲・音楽指揮/宮川彬良 振付/近藤良平
hall
8.7~23 新国立劇場 中劇場
story
何もかもが深い闇に溶け込んでしまいそうな深い夜、飛行機が一機、砂漠の真ん中に墜落した。翌朝、壊れた飛行機の側で目を覚ました飛行士は”星から来た”という少年=王子さまと出会う。
「ね…ヒツジの絵をかいて」
王子さまの奇妙な頼みごとで、渋々絵を描くことになった飛行士。2人は絵のやりとりの中で少しずつ仲良くなっていく。

王子さまは自分が住んでいた小さな星のこと、そこに咲く美しい花のこと、旅の途中で出会ったヘンテコな人々のこと、「大切なことは目に見えないんだ」と教えてくれたキツネのこと、そんな不思議な話を飛行士に聞かせてくれた。
(パンフレットより)

ミュージカル「アルジャーノンに花束を」(2006)
cast

浦井健治/チャーリー・ゴードン

永山たかし/バート・セルドン/フランク/リロイ
森新吾/アルジャーノン/アーニィー/ウェイター/チャーリー子ども
小野妃香里/フェイ・リルマン/ジョー
朝澄けい/ヒルダ/ファニー/ローズ回想/ノーマ
小田島クリスティン/ルシル/エレン/ノーマ回想

戸井勝海/ハロルド・ニーマー教授/ギンピイ
宮川浩/ストラウス博士/アーサー・ドナー/マット

安寿ミラ/アリス・キニアン

staff
原作 ダニエル・キイス  脚本・作詞・演出 荻田浩一
音楽 斉藤恒芳  振付 港ゆりか
hall
2.22~3.5 銀座博品館劇場
3.8 静岡市民文化会館中ホール
3.9 大阪厚生年金会館芸術ホール
3.10 愛知厚生年金会館
story
知的障害を持つ青年チャーリー・ゴードンにある手術が施される
チャーリーの知能は日に日に高くなり、それにつれて過去のさまざまな出来事が
クリアに見えてくる。そして次第に廻りの人々を遥かに見下ろす知能まで達するようになる。その中で教師アリス・キニアンと恋をする。
しかしその知能もやがて下降線をたどり始める。。。

ミュージカル「LUV」(ラブ) (2007)
cast
安寿ミラ/エレン
森山開次/ミルト
貴水博之/ハリー
staff
原作/マレー・シスガル 台本/ジェフリー・スウィート 
音楽/ハワード・マーレン 作詞/スーザン・バーケンヘッド
上演台本・演出/高橋いさを
hall
5.10~20 ルテアトル銀座
5.22 梅田芸術劇場 シアタードラマシティー
5.23/24 兵庫県立芸術文化センター 中ホール
5.26 名鉄ホール
story
ある春の夕刻。うらぶれた姿のハリーが、とうとう流れる川にかかる橋から投身自殺を計ろうとしている。
そこへスタイリッシュな格好のミルトが通りかかった。15年ぶりの再会。2人は大学の同級生だった。
「生きていればいつだって自殺は出来る。けれど自殺したら二度と生きられないんだ」とミルトに説得されるハリーは「その生きる意志をなくしてしまったんだ」としょぼくれている。

ミルトはハリーに人生を積極的に肯定させる方法を思いついた。それはラブ=愛すること。こともあろうにミルトは自分の妻エレンを誘惑するようハリーに勧めたのだ(パンフレットより)

TSミュージカル「タン・ビエットの唄」 (2008)
cast
安寿ミラ/フェイ
土居裕子/ティエン

畠中洋/トアン
吉野圭吾/ハイン
宮川浩/ミン
駒田一/ビン/ビック
戸井勝海/ゴク

川本昭彦/チェー
福永吉洋/警官
平野亙/黒い男
島田邦人/ボーイ/スリ
藤森真貴/白い女
長尾純子/フェイ(少女時代)
中野祥子
久積絵夢

staff
企画・演出・振付/謝珠栄 脚本/大谷美智浩
音楽歌唱指導/玉麻尚一 作詞/謝珠栄
hall

1.30~2.2 高知県民文化ホール
2.3 須崎市立市民文化会館 

2.5/6 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2.10~17 第10回東京芸術劇場ミュージカル月間 東京芸術劇場 中ホール

story
ヴェトナム戦争中、小さな村ハンティン村でアメリカ軍による大虐殺が起こった。
虐殺から逃れ解放民族戦線の5人の男たちに助けられた美しい姉妹、ティエンとフェイ。
フェイは大虐殺の証言をするため一人使節団に加わりヨーロッパへ渡る事になった。姉ティエンは「また会うためのサヨナラなのだ」とフェイを送り出すが、フェイはそのまま英国人の養女となりヴェトナムへは戻って来なかった。
物語はフェイが、ヴェトナムに残った姉の消息を訪ねるために20年ぶりに祖国へ戻るところから始まる。

ブロードウェイ・ミュージカル
スペリング・ビー(Spelling Bee)(2005年トニー賞、最優秀脚本賞受賞作品) (2009)
cast
藤井隆/ウィリアム・バーフェイ
新妻聖子/オリーブ・オストロフスキー
梶原善/リーフ・コニーベア
高田聖子/ローゲン・シュワルツァンドグルーベニア(シュワージー)
坂元健児/チップ・トレンティーノ
風花舞/マーシー・パーク

安寿ミラ/ロナ・リサ・ペレッティ
今井清隆/ミッチ・マホーニー
村井国夫/ダグラス・パンチ

staff
翻訳・訳詞・演出 寺崎秀臣
音楽 左橋俊彦
振付 佐々木信彦
hall

2009.7.17(fri)〜8,2(sun) 天王洲 銀河劇場
2009.8.4(tue) 愛知県勤労会館(つるまいプラザ)
2009.8.5(wed)〜6(thu) 大阪サンケイホール ブリーゼ
2009.8.8(sat) 福井市文化会館

story
第25回パットナム郡スペリング大会!
性格も年齢も家庭環境も違う子供たちが、各地区大会を勝ち抜いてここまでやってきた。9年連続で司会を勤めるロナ・リサ・ペレッティは実は第3回大会の栄えある優勝者。出題を担当するのはレイク・ヘミングウェイ中学校のダグラス・パンチ副校長。
それぞれに気合いたっぷりの出場者たちはー前回優勝者のチップ、今大会最年少で二人のパパに育てられたシュワージー、繰り上がり出場のリーフ、全国大会出場経験もあるマーシー、辞書だけが友達の孤独な少女オリーブ、そして魔法の足を武器に昨年の雪辱を果たそうとするウィリアム。
たったひとつのスペルミスで、一人、また一人と去っていく子供たち。意気消沈する彼らを慰めるのはボランティアで大会のカウンセラーを務めるミッチ・マホーニーだ。想像を絶するプレッシャーの中で最後まで勝ち残り見事チャンピオンの座に上り詰めるのはいったい誰なのか?!
そして第25回パットナム郡ノスペリング大会がもたらしたとても素敵な奇跡とは・・・?

TSミュージカル「タン・ビエットの唄」 (2010
cast
安寿ミラ/フェイ
土居裕子/ティエン

畠中洋/トアン
吉野圭吾/ハイン
宮川浩/ミン
駒田一/ビン/ビック
戸井勝海/ゴク

川本昭彦/チェー
福永吉洋/警官
島田邦人/ボーイ/
スリ/小林遼介
滝沢由佳/白い女
長尾純子/フェイ(少女時代)
久積絵夢
彩橋みゆ

staff
企画・演出・振付/謝珠栄 脚本/大谷美智浩
音楽歌唱指導/玉麻尚一 作詞/謝珠栄
hall

7月12日 長野 長野市民劇場
13日14日 上田 上田市民劇場
15日 伊那 伊那市民劇場
16日17日 松本 まつもと市民劇場
7月19日~22日 横浜 横浜演劇鑑賞会
7月23日 宇都宮 宇都宮演劇鑑賞会
7月27日~29日 舟橋 NPO法人 ふなばし演劇鑑賞会
7月31日 四街道 ちば演劇を観る会
8月2日~5日 千葉 ちば演劇を観る会
8月6日7日 さいたま 埼玉市民劇場

8月13日~15日 東京 TSミュージカルファンデーション

8月17日18日 日野 演劇をみる会「あさかわ」
8月19日20日 大宮 NPO法人 大宮演劇鑑賞会
8月22日~25日 岡山 岡山市民劇場
 
8月27日 宇和島 宇和島市教育委員会

8月29日 兵庫 兵庫県立芸術文化センター

8月31日 長岡 長岡市民劇場
9月1日 伊勢崎 いせさき演劇鑑賞会
9月2日3日 前橋 前橋労演

story
ヴェトナム戦争中、小さな村ハンティン村でアメリカ軍による大虐殺が起こった。
虐殺から逃れ解放民族戦線の5人の男たちに助けられた美しい姉妹、ティエンとフェイ。
フェイは大虐殺の証言をするため一人使節団に加わりヨーロッパへ渡る事になった。姉ティエンは「また会うためのサヨナラなのだ」とフェイを送り出すが、フェイはそのまま英国人の養女となりヴェトナムへは戻って来なかった。
物語はフェイが、ヴェトナムに残った姉の消息を訪ねるために20年ぶりに祖国へ戻るところから始まる。




ミュージカル「アルジャーノンに花束を」再演(2014)
cast

浦井健治/チャーリー・ゴードン

良知真次/ハロルド・ニーマー教授/ギンピイ
森新吾/アルジャーノン/アーニィー/ウェイター/チャーリー子ども
桜乃彩音/ヒルダ/ファニー/ローズ回想/ノーマ
高木心平/バート・セルドン/フランク/リロイ
秋山エリサ/フェイ・リルマン/ジョー
吉田萌美/ルシル/エレン/ノーマ回想

宮川浩/ストラウス博士/アーサー・ドナー/マット

安寿ミラ/アリス・キニアン/ローズ回想

staff
原作 ダニエル・キイス  脚本・作詞・演出 荻田浩一
音楽 斉藤恒芳  振付 港ゆりか
 
hall
9.18~9.28 銀河劇場
10.16 福岡市民会館
10.18 サンケイホールブリーゼ
story
知的障害を持つ青年チャーリー・ゴードンにある手術が施される
チャーリーの知能は日に日に高くなり、それにつれて過去のさまざまな出来事が
クリアに見えてくる。そして次第に廻りの人々を遥かに見下ろす知能まで達するようになる。その中で教師アリス・キニアンと恋をする。
しかしその知能もやがて下降線をたどり始める。。。



ミュージカル「タイタニック」(2015)
cast

加藤和樹  トーマス・アンドリュース(設計士) 
鈴木綜馬 ブルース・イスメイ(船のオーナー)  
藤岡正明 フレドリック・バレット(機関士)/ベンジャミン・グッゲンハイム/三等客 
戸井勝海 ヘンリー・エッチス(一等客室係り)/ハーバード・ピットマン 
佐藤隆紀(LE VELVETS) チャールズ・クラーク(二等客)/給仕係・一等客 
津田英佑 ウィリアム・マードック(一等航海士) 
古川雄大ジム・ファレル(三等客 )/アンドリュー・ラティマー/ジョセフ・ベル/給仕係/一等客 
入野自由フレドリック・フリート(見張り係)/フランク・カールソン/ジョージ・ワイドナー/三等客・機関士
矢崎広  ベルボーイ/ウォレス・ハートリー(バンドマスター)/一等客室のウェイター/機関士
上口耕平ハロルド・ブライド(通信士)/ジョン・B・セイヤー/三等客
小野田龍之介 チャールズ・ライトーラー(二等航海士)/ジョン・ジェイコブ・アスター大佐/三等客 
栗原英雄 エドガー・ビーン(二等客)/三等客/ジョセフ・ボックスホール 

シルビア・グラブ アリス・ビーン(二等客)/三等客 
未来優希キャロライン・ネビル(二等客)/給仕係/グッゲンハイム夫人 
則松亜海ケイト・マクゴーワン(三等客)/シャーロッテ・ドレイク・カルドーザ/給仕係 
菊地美香 ケイト・マーフィー(三等客)/エレノア・ワイドナー/給仕係
関谷春子 ケイト・ムリンズ(三等客)/マデリーン・アスター/給仕係 

安寿ミラ  アイダ・ストラウス(一等客)/三等客
佐山陽規 イシドール・ストラウス(一等客)/ロバート・ヒッチンス/三等客
光枝明彦 エドワード・スミス(船長) 

川口大地 須藤香菜 

staff
演出 トム・サザーランド
脚本ピーター・ストーン 
作詞・作曲 モーリー・イエストン
hall
2015/3/14(sat)-3/29(sun) Bunkamura シアターコクーン
2015/4/1(wed)-4/5(sun) 梅田芸術劇場 シアタードラマシティー
story
モーリー・イェストンとピーター・ストーンによるトニー賞受賞作品、ミュージカル『タイタニック』。
それが再び東京にやってくる。
しかも今回は、ロンドンで大ヒットを記録した、新しく劇的に創り変えられたバージョンだ。
演出はトム・サザーランド。
彼がロンドンで創り上げた、少人数精鋭のカンパニーによる密度の濃い今回のバージョンは、ロンドンのサザーク・プレイハウス劇場で産声を上げ、多くの賞賛の声を浴びた。

****
ミュージカル「タイタニック」は、“沈まぬ船”と呼ばれたにも拘らず1912年4月14日に氷山に衝突し沈没した、豪華客船タイタニック号の最期の時を、ピーター・ストーンの脚本とモーリー・イェストンの楽曲により描き出す。
登場するのは、実際に乗船した実在の人物たちで、彼等が胸に抱いていた夢や希望がテーマとなっている。
自分たちを待ち受ける運命を知らず、三等客の移民たちはアメリカでのより良い暮らしを夢見て、また、公民権を与えられたばかりの二等客たちは富と名声を手にした人生を望み、一等の富裕層は輝きに満ちた自分たちの世界が永久に続くことを願うのだった。



ミュージカル「グランドホテル」(2016)
cast
オットー・クリンゲライン/中川晃教 成河(ソンハ) 
フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵/宮原浩暢 伊礼彼方 
エリザヴェータ・グルシンスカヤ/安寿ミラ 草刈民代 
プライジング社長/戸井勝海 吉原光夫 
フレムシェン/昆夏美 真野恵里菜 
ラファエラ/樹里咲穂 土居裕子 
オッテンシュラッグ医師/光枝明彦 佐山陽規 
デス(死) 湖月わたる
エリック 藤岡正明

金すんら 杉尾真 吉田玲菜 青山航士 大山真志 友石竜也 
味方良介 木内健人 新井俊一 岡本華奈 真瀬はるか 天野朋子
staff
演出 トム・サザーランド
振付 リー・プラウド
音楽監督 マイケル・ブラッドリ
hall
2016/4/9(sat)-4/24(sun) 赤坂アクトシアター
2016/4/27(wed)-4/28(thu)愛知県芸術劇場大ホール
2016/5/5(thu)-5/8(sun)梅田芸術劇場メインホール

story
グリーンとレッド二つのチームによって演じられ
結末が違うという異色のミュージカル

1920年代ベルリン。様々な人間のドラマが交差する豪華ホテルの一夜を描いたミュージカル『グランドホテル』。
若く美しく、だが貧しいフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵は、ギャングによる借金の取り立てから逃げている。
帝政ロシアで一世を風靡したバレリーナ、グルシンスカヤは座員を養う引退興行のためにベルリンへ。
重い病を患う会計士、オットー・クリンゲラインは、これまでの貯金を全て使って、人生の最期の日々を豪華なホテルで過ごそうとしていた。
傾きかけた織物工場の娘婿社長プライジングは、会社を立て直す会合のためにホテルへ。
ハリウッドでスターになることを夢に見るはプライジング社長の私設秘書に誘われる。

偶然にもグランドホテルで出会い、それぞれの人生が変わるような一夜を過ごす。

もどる