.....「i+i設計事務所の基本ポリシー」


     

 

■世界でたった一つの家をつくるという意識
  新しい家では、前の家ではできなかったことが可能になる、新しい家では、自分にピッタリの居心地良さがある、新しい家では、家族が生き生きと楽しく暮らすことができる、それが家を建てる一つの意味だと考えます。
 人と同じでいいなら、建売住宅やマンションで十分です。建築家・設計事務所に依頼して注文住宅を建てるなら、「あれはできません、これはできません」という制限はありません。少なくともハウスメーカーには作れないもの建てるべきと考えます。
 そして、敷地固有の特種条件を正確に把握し、住まい手の特徴や多様なニーズ=「こだわり」を考慮しながら、「世界でたった一つの家をつくる」という意識が大切だと思います。

■自分らしい家
  アイプラスアイは、デザイン・スタイルにも、エゴイスティックなこだわりはありません。個人の依頼で仕事を受ける以上、設計者としての我を通すより、要望を聞きながら、その人らしい家にした方が、クライアントにとって幸せだと考えるからです。アイプラスアイの過去の事例を振り返ってみると、同じ設計者の案件とは思えないくらいのバリエーションがあります。
  住宅のクライアントは個人であり、設計料を頂戴する以上、そのクライアントに満足していただくことが私たち、設計者の努めです。  
 法規やコストの制限はもちろんありますが、和風でも洋風でも、RCでも鉄骨でも木造でも、外断熱でも内断熱でも、工法、規模、様式、すべて自由に考えることができます。




■材料だけは絶対にこだわる

 でも、材料だけは絶対にこだわります。それだけは絶対に譲れません。ハウスメーカーの商品化住宅と、私たちがつくる住宅の最も大きな違いは、「素材の違い」だと考えるからです。
  クレームを避けるため、ハウスメーカーは、自然素材などのばらつきのある材料は、基本的に使いません。反対に、アイプラスアイでは、彼らの定番材料である、タイル風のサイディングも、木製風の玄関ドアも、ウレタン塗装の合板フローリングも、木目シート貼りの既製品のドアや家具も、決して使うことはありません。そのニセモノ感が耐えられないのです。どんなにコストが限られる案件でも、フローリングは無垢材で、建具、家具は必ず製作します。キッチンも大工さんに製作してもらうことがほとんどです。



■コストと性能の意識
 家の性能やコスト、使い勝手にもこだわります。
  よく、設計事務所に頼むと、「使いにくい」「暑い寒い」「高い」といった話を耳にします。デザインはもちろん大事ですが、クライアントに満足して頂くためには、そういった、家の性能とコストに対する配慮も、デザインと同じくらい大切であると考えます。
  使い勝手については、お客様と十分コミュニケーションをとって設計を進めます。家事動線は、プラン作成時の大きなテーマになります。
  断熱については、形状がどんなに特種であっても、フラット35仕様の高気密高断熱の住宅を標準とし、室内を無駄なく使えるよう、必ず屋根通気層を設けています。
  コストについては、基本設計が固まった時点で、詳細な見積をとり、減額調整してから実施設計に入ります。コストコントロールは最も得意とするところです。ご安心ください。

■町に開いた表情豊かな家
 私たちは、「生き物」のような豊かな表情のある建築をつくることを常に目標にしています。 家の外観は、環境にふさわしいシルエットを持ちながら、内部から生活の息吹が感じられるようなものであって欲しいと思っています。道路側に、大きな窓を設けたり、特徴ある表情をつくったりしているのは、そのためです。
  外観は町にとっても重要な要素です。刑務所みたいに「窓なしの壁を外側に回し、内部に開く」といった、建築はもちろん建設可能ですが、こういう建て方は町にとっては、ちょっと考え物です。同様に、間取りパズルの結果として表れた、新建材造りの家も困りものです。
  注文住宅では、家の外観は自由に決められます。アイプラスアイでは、法規制やご要望をお聞きした上で、平面と同時に家の外観を考え、提案いたします。



■自由な間取り
 
せっかく一生に一度の家を建てるのです。注文住宅は、ゼロから自由な発想で、平面そして空間をつくるべきだと考えます。 
 
注文住宅では、家の間取りは本来自由であるべきです。でも、ハウスメーカーは、工法や構造によって間取りが制限されるので、完全に自由ということは、まずありません。傾斜地だったり、狭小だったり、変形地だったりすると、建てられないことすらあります。
 本来は、欲しい空間がまずあって、最適な工法が選ばれるべきと思うのですが、ハウスメーカーでは、その会社の仕様や標準間取りというものが、まず優先されます。そして、できるプランは、3LDKのマンションとなんら変わりがありません。
 前の家ではできなかったことが可能になる、新しい家では、自分にピッタリの居心地良さがある、家族が生き生きと楽しく暮らすことができる、 そういったことが実現できないなら、マンション住まいで充分です。注文住宅である以上、徹底的にこだわって、自由に発想して頂ければと思います。  

  ■home
■faq
profile
■blog
■works